西武安比奈線廃線跡を逝く(その8) 安比奈駅(その3(糞爆)I・Jブロック) そして総集編! 

お楽しみいただいてきた西武安比奈線廃線跡を逝く、こちらもいよいよ今回で放送打ち切りです!最終回!

コレだけが楽しみでいままで生きてきたのに、終わってしまうならもう死にます、という方はいらっしゃいません(大糞核爆)!

コメントをくださるのはモハモハちゃんほぼただ一人(大糞核爆)!
人気大爆発中のこのシリーズ、いよいよ華僑× 架橋× 佳境ですよ!

(←これまでのこのシリーズを全部おさらいしたい方はこちらへ(ダレもおらんって(糞爆))
(←1.南長崎駅)
(←2.国道16号)
(←3.圓福寺まで)
(←4.八瀬大橋まで)
(←5.八瀬大橋から水道橋まで)
(←6.安比奈駅(その1))
(←7.安比奈駅(その2))

それでは今夜も例によって地図4から、逝ってみよー!

スライド4
地図4
もうみなさんお忘れだと思います。
コレが西武安比奈線の全線です。
これまでAブロック南大塚駅から順にDブロック水道橋までのご紹介をしてきました。

スライド19
地図19
最後のEブロックは安比奈線のハイライト、安比奈駅構内!
この地図は上の地図4のEブロックだけを拡大したもの。
すわなち、EブロックはさらにF~Jの5ブロックに分かれます。
すでにF~Hは安比奈駅その1、その2としてご紹介済み。

だから今夜は最後の最後、EブロックのIブロックとJブロックだ!
もうナニがなんだかわかりま温泉~~!


スライド7
地図25
・・・というワケでIブロックの拡大図です。
地図といっても地図だとなにもないので(糞爆)、今回も人工衛星を飛ばしました。
それでもナニもなさそうなので・・・・

スライド8
地図26
地図25を下敷きに、線路跡を赤い点線で示しました。
この画像を見てから、上の地図25をもう一度ご覧ください。
線路跡がうっすら白く見えていることにやっと気づきますね。

このあたりに立って見上げてみます。
RIMG0214_20170519105122480.jpg
111
うっわ、なんやコレ~~!
人工物だったハズの架線柱が、自然の木に戻ろうとしています・・・・・

RIMG0220_201705191051224ef.jpg
112
線路跡は草が生い茂って歩けません。
少し離れた道なき道から、線路跡に残る架線柱を眺めます。
この上なく荒涼とした風景。


スライド9
地図27
いよいよ、最後の最後、Jブロックへ進みましょう。
もう線路の痕跡はまったく有馬温泉。
うねうねと線状に見えるのはもろちん線路ではなく、モトクロスバイクが走り回るコース。

スライド10
地図28
黄色い7番のところに1本だけ架線柱が見えるでしょうか?

スライド11
地図29
黄色い丸を中心にしてさらに拡大しました。
架線柱の左側に長方形っぽい小さな亀裂が見えますね。
架線柱の影では有馬温泉。

RIMG0224_20170519105124775.jpg
113

今考えれば、スマホでグーグルの空中撮影画像を見ながら歩くという方法も取れたかもしれないですが、歩いている時にはそれを思いつきません。
まあ、スマホを見てもこの長方形っぽい亀裂に気づくことができたとは思えませんが。
で、このあたりまで来た時、もうこれで終わりにしようと考えました。
しかし、ここでモトクロスのオッサンが、あの木の根元にヘンな穴があるよ、と教えてくれたのです!

RIMG0225_20170519105126c1a.jpg
114
ひ?

RIMG0226_201705191051290d1.jpg
115
ヒイイイイイイイイいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~!

RIMG0227_2017051910512986f.jpg
116

RIMG0228_20170519105131347.jpg
117

RIMG0230_20170519105132d76.jpg
118

RIMG0234_201705191051371d7.jpg
119

RIMG0235_201705191051385db.jpg
120

RIMG0237_20170519105139da5.jpg
121
ピットです!
ちょうどここがトロッコに砂利を載せる場所だったのか、それとも単にトロッコのウラを洗ったりするだけのものなのか、わかりません。しかも線路幅は1067mmはないですが、600mmよりはあきらかに広い。
周りはぶんぶんモトクロスバイクが走る。なにかの拍子に軌間が広がってしまったのか?

ピットで遊んでいるとさっきのモトおっさんがしつこく見ているオレが気になったのか傍まで来て、
もう数十年ここでモトクロスをやってるけどこの先には絶対に線路はない。ここで終わりやったんやろね、と教えてくれました。

RIMG0231_20170519105133fca.jpg
122

RIMG0232_20170519105134a87.jpg
123
見上げれば、架線柱が土に還っていきます。

RIMG0239_20170519105140e47.jpg
124

RIMG0240_20170519105142436.jpg
125

RIMG0241_20170519105143782.jpg
126
ピットで踵を返すと、ふたたびここまでつながる線路をところどころで見つけることもできました。

最後に
スライド12
地図30
冒頭の地図19に、これまで発見してきた物体を全部入りしてみたのがこの地図です。
いちばん右の数字1.が安比奈駅の入口、Y字ポイントの位置。
(←Y字ポイント)

そこから安比奈駅の広大な構内に赤い点線で示した感じで線路はひろがっていきます。
その線路はもちろん軌間1067mm。
地図上の数字2.3.は残っている幅の大きな架線柱。
そして4.5.の水色の丸で示したところにあの橋脚が残っていました。
(←橋脚)

この橋脚の上には軌間600mmの線路が敷かれていました。トロッコが上る、積込桟橋です。
地図いちばん左の黄色い丸、7.が今回ご紹介したピット。
水色の線で示した軌間600mmの線路は安比奈駅構内の中心部の積込桟橋で突然始まり、途中1067mmとの3線区間を経て、このピットでプッつりと終わる。

スライド13
地図31
地図30の右上の赤い四角を拡大してみました。

1.のY字ポイントの開き角度をそのまま延長した赤い線は大体の安比奈駅の範囲を示すと思います。

中央の水色の点線が軌間600mmの線路が敷かれた積込桟橋。
架線柱2.と3.の間の終端部が1067mm軌間の貨車へ積み替えるホッパーの位置だった。
ホッパーは「トロンメル」と呼ばれる砂利と水を分離する装置が組み込まれていたそうです。


写真 5
127

探索のお供はもろちん、プリントアウトして持参したモハ冥土・アッラー氏のブログ「モハモハちゃんのなんでもいっぱい出る~」。
(→この記事(1))
(→この記事(2))

モハモハちゃん、諸々のお導き、およびご声援ありがとうございました!
いやー廃線跡歩きってホントにいいもんですねー!
それではまた逢う暇で、逢えるホキまで(大糞核爆)!
チャオ!


【糞シリーズ】名鉄6000系(3次車)のディテールその4(最終回) 室内の巻 

忘れたころにやってくる、まるで災難のような大人気企画、「糞シリーズ」。
先々週からやってる関西、西濃地区特集がまだまだ終わらず、全部やってたら忘れられたらアカンので急遽復活です!
しかもザンネンながらいよいよ今回でお仕舞い・・・・。
よかったですぬー!

最終回の今回はもろちん、大人気中の大人気、6000系の室内だー!
では、ごゆっくりお楽しみください(ダレがっ!?)!
(←これまでの糞シリーズ名鉄6000けーはこちらから)


RIMG0026_20170427105655c17.jpg
RIMG0025_20170427105653826.jpg
RIMG0022_20170427105649991.jpg
RIMG0023_20170427105651d8d.jpg
RIMG0027_2017042710565736e.jpg
RIMG0028_201704271056584dc.jpg
RIMG0029_201704271057001bb.jpg
RIMG0024_2017042710565188b.jpg
RIMG0030_20170427105700cb5.jpg
下膨れの未来的な断面、小さなドア窓、大きなガラスにヨコ引きカーテン!
豪華宇宙船みたいだけど・・・・
名鉄、もうちょっと掃除せえや~(おまる核爆)!

延々おたのしみいただいた名鉄6000けー、これで終わります。

でも・・・・

もうひとつの大糞シリーズ、西武安比奈線はまだ続きます!
おたのしみに!

チャオ♪

最近のメトロさん事情 


先週だったか、まあ、めったに見ることのない東京駅を見ました。

IMG_5100.jpg
後ろを向くとあの方の家。

地下にもぐれば!
IMG_5101.jpg
6000けー!
もちろん、乗っちゃいます♪

IMG_5109.jpg
IMG_5119.jpg
IMG_5127.jpg
IMG_5128.jpg
IMG_5129.jpg
IMG_5132.jpg
IMG_5134.jpg
IMG_5136.jpg
表参道でお見送り♪
まだいるんですね、6000けー!
かっこいい。
田の字窓でもないし、ドア窓も客窓もでっかくてあの原形の未来感はありませんがやっぱりこの顔は、一生懸命電車をデザインしたあの時代のチカラを感じます。
いつまでいるんだろう?
残りは何本なんだろう?

翌日、銀座へ向かう用アリ。
IMG_5314.jpg
ナカメで向かいのホームに、ナカメ止まりのアレがきました!
18m3扉8連から 20m4扉7連になった日比谷線。
前回は側面だけ見て不覚にもカッコイイなどと言って仕舞いましたが、こうしてみると側面も大したことは有馬温泉。

IMG_5319.jpg
前はもっとヒドいですね・・・・
まんなかの意味のないバナナはしゃべらせないようにするための猿轡ですかー?
結局、6000系で築いた遺産を45年かけて食い潰してるだけの浪費デザイン。
それにしても電車がしゃべったらイヤヤナー!

IMG_5322.jpg
引き上げ線からそのままオレが乗る電車として戻ってきて、とうとう初乗車。
中は外より、もっと安普請。

タイトルの趣旨とは違いますが、その翌日は歩いて病院へ。
あの、田園都市線の地下区間から8500系が飛び出してきたので、せめて後撃ちで、と振り返りますと!

IMG_5197.jpg
ああっーーーーーーーーーーーーーー!

IMG_5201.jpg
IMG_5211.jpg
IMG_5212.jpg
IMG_5213.jpg
IMG_5217.jpg
くっそー!

鉄道ピクトリアル7月号 東急田園都市線特集 

ご存知のとおり、私は東急電鉄に変態× たいへん批判的であります。
まあ、オレひとりくらい批判的でもまったく困らんからコレがまたハラが立つ(糞爆)!

「街潰し」等々の悪事もさることながら、いちばんハラが立つのは「人の気持ちを逆撫でする糞マーケティング」。
それがまた、大糞小市民どもの支持を得るワケですから私ばかりが浮かばれません。
ここ、二糞玉糞の駅周辺ではそんな暴走ベビーカーのオーナーである爆糞ヤングパーマーから私が受けるいやがらせは毎日、2度や3度では有馬温泉。

そんな昨今、つい先日も、ついに東京でも焼死恒例化× 少子高齢化にともなう乗客減少を告げるニュースで、なんと!
少子高齢化社会でも乗客減は先延ばしできる!ウチだけは減らない!増える!と東急が斜め上からコメント(おまる爆発)!

長年の糞マーケティングによる沿線大糞ブランディングの成果ですぬ~!
おめでとうございます~~!


チカン撲滅キャンペーンで共謀罪成立に加担して、滅菌した街や電車のベビーカーに乗った糞ガキが数十年後、どんな糞アベ糞アホになるか見ものだぜ!
オレは東急沿線が東京きっての糞アホタウンに成り果てるのを夢見てやる!

まさにそんな「ウチだけは(糞アホばかりが)増える」のを支えるのが田園糞線!
そこで鉄ピクまで!

RIMG0001w.jpg
田園糞線特集(大糞核爆)!
・・・いささか旧聞で申し訳有馬温泉、、、

つい先月もやったトコやないかー、と思って振り返ると!

RIMG0002w.jpg
4ヶ月経ってました・・・・
ヒマだと月日が流れるのも速い!
(←3月号8000系特集はこちら)


表紙をめくって仰天!

RIMG0003w.jpg
この街とともに(大糞核爆)!

まちがえて「鉄道ジャーナル」かなんかを買ってしまったのかと思いました。
この糞街とともに沈没してまえー(大糞核爆)!

うーん。
ピクらしさのぜんぜん感じられない、しかも想像力を著しく欠くこのタイトルを見て、もしかして金が出てるのかと訝しく思って、バッと表4へ裏返すと!

RIMG0004w.jpg
自社稿でした(大糞核爆)・・・・
(右は1972年版のピク東急特集表4の東急の広告)
ここまでピクが身を落としてまで特集組んでんねんからちょっとは忖度したれや、糞東急!

もろちん中身も!

RIMG0005w.jpg
RIMG0006w.jpg
こんなんはわざわざピクでやらんでもええんちゃうかい?

RIMG0007w.jpg
特にこんなんは東急の広報誌にでも載せりゃー十分やろがっ!

RIMG0008w.jpg
停車駅案内をピクに載せるのはさすがにアホやろ(大糞核爆)!?

だけど・・・

RIMG0009w.jpg
こんな魅惑のグラビアに呼応する歴史記事はさすがに読ませます!

まずは巻頭を飾るコレ!

RIMG0011w.jpg
この紙幅で「こどもの国線」だけで1章を費やすのはどうかな、とは思うものの、渋沢栄一は「田園都市理論」を最初から読み誤っていたと冒頭で指摘し、最後にこの先こそ、最初に間違えてしまった田園都市線の正念場だと締めくくるのは非常に明晰。
そう、さもなくば田園糞線になってまうぞ、というオレの主張にも一致するものでアリマス(一致するのか(糞爆)?)!

でも写真キャプションは・・・・

RIMG0012w.jpg
RIMG0013w.jpg
RIMG0014w.jpg
まるで意味不明(大糞核爆)!

・・・いったい、どうしちゃったんだろう、、、、


そしてコレはっ?!

RIMG0010w.jpg
巻頭記事と同じテーマの劣化版やんけええええええええええええええええええええ
過去記事寄せ集めの「アーカイブス セレクション」ならイザ知らず、通常号の雑誌でコレはないのデハないか?


RIMG0015w.jpg
こちらは・・・・

RIMG0016w.jpg
年代を追ったたくさんの二子玉川の配線図を網羅!
いやー、すばらしい!

そこへ!

RIMG0017w.jpg
あああっ!
みんな待ってたのはもろちん、コレですよ!


RIMG0018w.jpg
実車の面倒を見てきたあのお方ならではの詳細な内容、そしてこれらの貴重な画像!
この記事だけでもこの本を買う価値が十分にあります!

さらに!

RIMG0019w.jpg
RIMG0020w.jpg
3月号でもありがたかったこの記事の続編も!

東急は大嫌いでも8500系は大好きな私もあなたも必需本♪
いますぐ8500冊!

ええっ!?時間もオセオセなのにさらに三岐鉄道を訪ねてしくじるの巻 

もう12時やんけ、はよお寺さんへの手土産こうて高速乗らな14時の約束にマニアわんわんがな~!
・・・と、四日市あなすろう× 鉄道日永駅から逃げ出してスグ、感じのいい洋菓子店を発見、
ヘタに近鉄百貨店に立ち寄らずにすんだもんだから・・・・・
(←四日市あなすろう鉄道)

ふと気がつくと!

三岐鉄道(大糞核爆)!
コレは積荷満載、貨車たくさんで唸りながら進むあの貨物列車を撮るための試し撃ち。
(←三岐鉄道は去年、あの半壊電車イベントの帰り、ゲルハルト洋一の操縦するF1マシンでネルソン・トニー、ナイジェル・ポンキチの4人で訪れています)

RIMG0031_201706011507092ca.jpg
そして、こちらは最初にやってくるはずの空荷の下り貨物列車を水田に写る姿とともにという場所での試し撃ち。

そしたら、なんと下り貨物列車は!!

・・・

ウヤ(大糞核爆)!

さらにつぎにやってくる満載便を撮りに元の位置に戻ればなんと!
上り貨物列車は!


RIMG0030_201706011507126df.jpg
機関車回送(大糞核爆)!


落胆する一同。
しかし、特にガメラMMの落胆ぶりが激しかったのは脳内に描いたスーパーショットのためにクルマを路肩に寄せすぎて後ろのバンパーを落としたからです・・・・


ソコでせめてものリベンジ、というワケで!

RIMG0035_20170601150712160.jpg
RIMG0037_2017060115071356b.jpg
高速のインターに向かう道から北勢線が見えちゃったもんだから・・・・・

RIMG0039_20170601150714364.jpg
RIMG0040_201706011507152d3.jpg
RIMG0042_20170601150717ad9.jpg
RIMG0043_20170601150720b59.jpg
RIMG0045_201706011507221a0.jpg
1本だけ撮り、大急ぎで高速へ!

さすがはシューマッハ松本!ガムテで補修したトヲタの後部バンパーをガタガタゆわせながら東名阪、新名神をぶっ飛ばすこと時速300km!
お寺さん到着はかっきり約束の14時!
なんとかマニアいました・・・・
(←間に合ったお寺さんで)

風景はのどかですが、あー忙しいいいいいいい~~!