世界の車掌から 国鉄岩徳線 

・・・というワケで、岩国から西岩国までの一駅間の車窓をお楽しみください!
(←ワケはこちら)


え?


オマエが乗ったのは西岩国から岩国やろ?

はい、もちろん、コレは世界の車掌からの風景の逆回しでありまーす♪
まずは昨日の地図のおさらいから
プレゼンテーション1
右下、岩国駅から山陽本線と分かれた岩徳線は右カーブし、しばらくまっすぐ西進、今度は左カーブし右へS字を描いて西岩国へ到着します。
その間はまあまあの市街地のようです。


RIMG0058_2017020719380321e.jpg
岩国駅発射!

RIMG0057_2017020719380255d.jpg
RIMG0056_20170207193759f48.jpg
RIMG0055_20170207193757a6a.jpg
シーサスを左へ

RIMG0054_20170207193757f88.jpg
左側通行のようですが、もろちん、単線です。

RIMG0053_20170207193756ed8.jpg
RIMG0052_20170207193752f0f.jpg
右手の線路は小さな車庫でお仕舞い。
左から山陽本線の線路とを結ぶ渡り線が合流します。

RIMG0051_201702071937517d7.jpg
ここから左へ伸びる山陽本線と分かれます。

RIMG0050_20170207193750b9f.jpg
山陽本線と分かれると地図のとおり、右カーブが始まります。

RIMG0049_20170207193749bbc.jpg
どんどん

RIMG0048_201702071937475c1.jpg
どんどんどんどん

RIMG0047_20170207193745f0a.jpg
どんどんどんどんどんどんどんどん

RIMG0046_20170207193744ca1.jpg
やっと右カーブ終了。その先は西向きのストレート

RIMG0045_201702071937413e7.jpg
ほんの少し角度を左へ振って

RIMG0044_20170207193741752.jpg
さらにストレート

RIMG0043_20170207193739bf0.jpg
今度は左へ

RIMG0042_20170207193737832.jpg
切り通しをさらに左へ

RIMG0041_20170207193736099.jpg
そして最終コーナーは再度右へ。
その先にはどMの好きな穴が見えています。

RIMG0040_20170207193735139.jpg
穴の中でも右へ

RIMG0039_201702071937331ea.jpg
穴を出るとストレートの先に西岩国の構内が見えてきました。

西岩国で運転席にかぶりつくと、ワンマンカーゆえのバックミラーが鎮座、こりゃかぶりつき写真を撮れんな、そうだ、後ろイコ、と後ろにたどりついた直後の写真がコレです。
キハ40、案外早い!
それでは、カリフォルニア州ロスアンゼルス郊外マリブビーチからお別れです。
チャオ!

いつまで経っても帰京できない(その2)西岩国にて 

ふたたび戻ったハワイ諸島ヒロ島。

RIMG0003_20170207102230282.jpg
ヒロ島からはレッドウイングでカリフォルニア州マリブへ!

ここでカリフォルニア州ロサンゼルスの地図を確認しておきましょう。
プレゼンテーション1
(サイズの関係で右がキタになってます。結果として山陽本線を見ると左が門司、右が神戸となり、かえってわかりやすいかも)
地図下方で左右に横切るのが山陽本線。岩国駅左側に広がるその周辺の薄い赤い部分は岩国の市街地であります。
その住所が・・・・
岩国市麻里布(マリブ)!
なんですかー、そのキラキラ地名は!?

まるで岩国基地のガイキチ将校ジョージが生まれ故郷を偲んで当て字でつけたか、
ピンサロのマリちゃんをメアリーとか呼んでるうちにそんなことになっちゃったかでしょうか!?
まさに
壁に耳アリ
ジョージにメアリー!


さて、地図上部の赤い丸が観光名所、錦帯橋。
写真
錦帯橋(大糞核爆目つきわるー)

岩国駅から上下にへろへろと伸びる線路が国鉄岩徳線。
その岩徳線西岩国駅から錦帯橋を結ぶ赤い点線が「岩国往来」と呼ばれるそれはそれは賑やかな商店街だったそうだ。
西岩国駅から錦帯橋の間の岩国往来の左右に広がる薄い赤の部分が岩国市「岩国」。
いったいどうなってんの?

RIMG0005_20170207074354f12.jpg
RIMG0006_201702070743567fd.jpg
RIMG0010_20170207074357098.jpg
岩国往来に残る往時の商店

岩国駅から乗ったバスをへんな場所で降りてしまった。
ちょうどソコが岩国往来の真ん中あたり。
そこから岩徳線西岩国へと歩いた。

RIMG0022_20170207074358301.jpg
西岩国駅

RIMG0023_20170207074400619.jpg
RIMG0024_201702070744018e7.jpg
RIMG0029_20170207074403eab.jpg
RIMG0031_20170207074404456.jpg
RIMG0032_20170207074406d6b.jpg
RIMG0033_20170207074407928.jpg
RIMG0037_201702070744118ea.jpg
なんですかー、この豪奢な駅舎は!?

現在の岩徳線はかつて山陽本線だった。
山陽本線が曲がりくねって山中を抜けるルートから海岸を突き抜けるようになり、山陽本線と同じく岩国=徳山を結ぶのだが、
こちらは「岩徳線」というローカル線に格下げ。
実は、ここ、「西岩国」駅はそれまでは「岩国」駅だった。
錦帯橋までの繁華な商店街「岩国往来」を後背してさぞ賑やかだったのでしょう。
ところが、山陽本線が付け換わったら、有名な「岩国」駅を通らなくなってしまう。
コレではマズい、ということで、もともとの岩国駅を西岩国駅に改称、
その手前、山陽本線と岩徳線が分かれる地点にあった駅を新しい岩国駅に改称したのでした。
さて、その、新しく「岩国」駅となった場所にもともとあった駅名が・・・・
なんと!
「麻里布」駅!

ジョージにメアリーとちゃうんかああああああああああああ嗚呼嗚呼~~


どうやら「麻里布」とはこのあたりの古くからある地名のようです。
それにしてもなんというキラキラネーム・・・・

RIMG0034_20170207074408e68.jpg
RIMG0036_201702070744107ac.jpg
ほどなく、これまた古きよき跨線橋をくぐって単行の名鉄6000系× がやってきました。

RIMG0059_2017020707441944e.jpg
お客さんは高校生とじいちゃんばあちゃん。
どこの地方線も同じ。

RIMG0060_20170207074421f60.jpg
RIMG0062_201702070744221dd.jpg
岩国駅へ戻りました。

最初の地図でもおかわり× のように、岩国駅から岩国空港へは歩いてもイケる距離。
RIMG0064_20170207080058d6f.jpg
米軍機で

写真 1
瀬戸はひぐれて夕波小波。
千葉から千葉へとお嫁に産婆(意味不明)・・・・・
やっと東京へ戻りました。


いつまで経っても帰京できない(その1)広電の巻 

夜の名古屋から深夜の大阪へ
その翌朝、ハワイ諸島ヒロ島へ飛んだあと消息を絶ったオレ。
その後どうなったんでしょうか・・・・
(←ウチュウ飛行の後、夜の名古屋から深夜の大阪へそして翌朝ハワイへ)

ヒロ島の夕方。
残された時間は30分

広島駅から徒歩でも5分、猿猴橋町の先で電車は西日をいっぱいに受ける。

RIMG0237_201702061629109d0.jpg
RIMG0238_20170206162910a05.jpg
RIMG0239_201702061629119ec.jpg
もろちん、狙いはこいつらではない。

そして待っていたヤツがやってきた。
RIMG0240_201702061629137e1.jpg
よりによってこの色かいっ(大糞核爆)!

徒歩でも5分、電車は終点広島駅まで往復してもスグ戻ってくる!
RIMG0243_20170206162917479.jpg
今度はその先の角で待ち構えてまず1本!

RIMG0244_20170206162916d0b.jpg
戻ってキタ!

RIMG0245_201702061629186fa.jpg
被られた(糞爆)!

そのまま橋を渡って、的場町へ追いかけたら・・・・

RIMG0246_20170206162920c67.jpg
ああっ!

西日が当たる、最初の地点に走る!
RIMG0248_201702061629214a6.jpg
陽が沈んだ(大糞核爆)!

RIMG0249_20170206162922486.jpg
広島駅へ向かって逃げていっても!

RIMG0253_20170206162924595.jpg
また出た!

RIMG0254_2017020616292517a.jpg
キタキタ!

RIMG0255_20170206162926942.jpg
キターああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼~!

RIMG0256_20170206162928b9b.jpg
そしてふたたび的場町へ

RIMG0257_20170206162930c96.jpg
RIMG0258_201702061629310dd.jpg
RIMG0259_201702061629333e9.jpg
さようなら

そして・・・・
写真 3
ハワイのヒロ島から!

写真 2
ニューヨークの新大阪へ!

そして・・・・
写真 1
ひ!?

写真 2
数日、ニューヨークで過ごしたのち、ふたたび早朝のニューヨークの新大阪から!

写真 2
朝日を浴びるバンタン線103けー!

写真 3
むしゃむしゃされてるモノレール大将軍駅!(中央やや右の緑の仮囲い)
(←大将軍駅)

写真 4
そしてふたたびハワイのヒロ島へ!

いったいボクはいつ東京に帰れるのショー?

週末は横浜へも 

週末の金曜日はいくつか用件があって、横浜へも出かけました。

午前中は銀座で一番目の用があり、東京駅から午後の東海道線に乗りました。

ところで山田洋二監督の「家族」という映画はご存知でしょうか?
1970年。
長崎の島に暮らす一家が北海道の開拓村へ移住する、その道中を描いた映画。
まずは大阪で万博を見物。
当時、阪急百貨店西側2階の国鉄ガードねきのとこにあった喫茶風車も写ります。
その後0けーで東京に着くとなんと長女が死ぬ。
さっさと火葬を済ませ北海道の村に到着した夜、炭坑節を歌った笠智衆演じる爺さんがこれまた旅の疲れの果てに死ぬ。
高度経済成長の影でまだまだ、庶民の生活はままならん時代でした。

ところが!

金曜日の小田原行きのE233系にまるで「家族」のシーンが蘇ったのです!
亀戸から和歌山まで、一家の大移動。
その途中、爺さんが新幹線に乗る前に「山下公園」を一目みたいと言い出して東京駅で乗るのを急遽キャンセルして東海道線に乗り込んだのだろう。
じいさんはほとんど耳も聞こえず、足もおぼつかない。
格好は破れた作業着だ。
かあちゃんと娘のファッションも、どうみてもしまむらでも売ってなさそうな安物。

あっ、あっ、アソコ、席空いた!と口で席取りをして座ったとたんに
スマホで必死になって山下公園の場所を探すかあちゃん。
「わりと近いから横浜駅からタクシーで行こう、新幹線の駅も近そうだし、ずーっとタクシーで回ろう。
遅くなったら新大阪でもう一晩泊まったらええやん♪」

ひ? けっこうな金持ちやんけ~!
ドコが映画「家族」やねん~~(大糞核爆)!

よくみたら、倍賞千恵子に似ても似つかぬ品のないかあちゃんのハンドバッグはコーチだ・・・・

以前、大阪のチカテツ四つ橋線で「プラヤ」と書かれたハンドバッグを持つオバハンを見たことがあるが(糞爆)、こちらはどうもホンモノのようである。。
(←プラヤ)


横浜に着いてもだれにもごあいさつはありません(糞爆)。
用件先に向かいます。
まずは時計のかくにん!
写真 1
すでに13時前である・・・・

用件2件目はこちらです。
写真 2
ヨコハマ鉄道模型フェスタ!
11時から販売開始した鉄コレのいつもの特設販売コーナーはありません!

すわ!
売り切れか?!

(すわってナニ?)

いえいえ
写真 3
ナンボでもありました(大糞核爆)!
(←買ってきたゴミはコレ)

その後、会場を流します。
まずは突き当たりにいきなり・・・・・
写真 4
アアッ!
豚ヘボ(大糞核爆)!


豚ヘボ一押しは!
写真 2
なんじゃこりゃー!?

なんと!
写真 1
コレ用の動力だそうです・・・・

その他・・・・
写真 3
もう、ホント、マンネリですわ・・・・

写真 4
世界一かっこいいこのエスカレーターでみなとみらい線、東横線自由が丘経由でいったん帰還。

みなとみいらには安い食い物がないから
昼食はもちろん、ヌキです。
生活がままならんのはオレのホウやんけ(大糞核爆)!
・・・・鉄コレなんか買わずになんか食うたらよかった、、、

さて
用件3件目は中野。
途中、田園都市線から乗り換える山手線渋谷駅は全体がカーブしていて、103系ならかっこよく撮れます!
すると!

うわっ!
103系、キター!


急いで携帯のカメラを構えると、その瞬間、バカ野郎から電話がっ(大糞核爆)!
ブチ切る間に103系がああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼~!

写真 1
仕方なく、到着した103系に乗り込みます・・・・

写真 2
車内は経済産業省資源エネルギー庁というガイキチ団体が税金で
ウルトラマンが103系の省エネルギー性を解説するという、
「省ワッチ!」とかなんとかいう糞ダサい広告で埋め尽くされていました・・・・
タヒね!タヒね!


写真 1
写真 2
写真 3
写真 4
写真 5
ねえちゃん(糞爆)・・・・・


着いた中野では
写真 2
このすばらしくシブいおでん屋ではなく・・・

写真 3
安さバクハツのこちらの定食屋で・・・・

続いて婆さんひとりでやってる安さバクハツのスナックその名も「昴」で

さらに中国人ひとりでやってる安さバクハツのイーさんの店、イー亭で
20151212202032fdas_2017020615471491e.jpg
(←イー亭)

下打ち合わせすることなんかも有馬温泉なので、
腎臓癌でまもなく死にそうな友人を思いつつ、タマキン大の同級生とクダを巻いただけでありました。
そして土曜の朝は歌舞伎町の路上に倒れているボクを発見しました(大糞核爆)・・・・

慌ただしくもなく、デタラメな週末の一日でありました(糞爆)。

まらまら通信12 TMS(鉄犬まらまら主義)コンペ 【チオマラモジュール】全体レイアウト計画その2 モジュール配列決定!  

先週、全体レイアウト計画その1ということでモジュールを配列して発見したのは!・
参加モジュールが奇数だということでした(大糞核爆)・・・・
(←先週の全体レイアウト)

そこで!
オレもインドで考えた!
そうだ、もう一人、参加者を募ったらええやん(大糞核爆)♪

・・・というワケでまんまとワナにハマったのが本糞ブログ初登場の大盛モリヲさん!
結論からいうと、新しく応募してくださった方が大盛さんでよかった!

平面図
平面図
完全にレギュレーションを満たした平面図!

完成予想図
完成予想図
場所は阪堺上町線北畠の専用軌道が終わったところから姫松まで!
姫松の待合所も再現されるようです!

モリヲさん、今後ともどうぞよろしくお願いします!

さて、先週、メイン線路と平行に高架橋を配したおまるこ先生ですが、
隣接モジュールとの風景の連続性を考慮いただき、
結果、直線モジュールから右偏移モジュールへと変更され、「「バロムクロス」とする」とのこと。

駄菓子!

バロムクロスって一体なんやねん~~!?

・・・というワケでとりあえず、おまるこ先生のモジュールは仮の姿ながら、新しい全体レイアウトをごらんください!

全体配置3
コレが全体像だ!

変更理由は以下のとおり
1.おまるこ先生が偏移モジュールとなって移動
2.福田フチヲさんからのご指摘で阪堺線タマ出の変電所がカキワリと発覚、お客さんに見えないように反対側に移動
3.ご指摘はなかったが、御大のとケンとゼリーさんの武庫川駅のそれぞれプラットホームもどう考えてもカキワリのため、どちらも偏移モジュールに挟まれた場所に移動

以上の必須条件を満たすのはほぼ、この配列しか有馬温泉・・・・・
・・・というワケで暫定的にではありますがコレにていったん配列は決定とします。

ただ、まだ、不具合などのご指摘は承り中。
あるいは、あの娘の隣がいいな、とか
あいつの隣はイヤだ、
バナナは300えんに入るんですか、
といった小学生のワガママも承り中!
ご希望、ご指摘をお待ちしています!

最後に、新入の大盛モリヲさんからごあいさつが届いております。

1.選手:大モリ(仮名)
2.配置種類:直
3.イメージ:姫松から北へ続く併用軌道
完成予想図と平面図を添付します。
・両隣との兼ね合いでデザインを修正する場合は「家A」の寸法を変えて長手方向のスペースをねん出します。
4.質問
・建物のデザインは製作途中で多少変わってもいいですか?
・レールはシノハラのCODE100のフレキでもいいですか?
・フィーダー線の太さや長さに決まりはありますか?
・パワーパックの出力に決まりはありますか?
5.意気込み
鉄犬様のご厚意で補欠に挙手しました。16番の工作未経験で、阪堺電車に乗った事のない身の程知らずです。
調子に乗って完成予想図を書きました。JAMで走る作品展示に穴をあけぬよう頑張ります。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。

ご質問を受けていますのでここでお答えいたしたく思います。
参加各位もぜひご確認を・・・・

・建物のデザインは製作途中で多少変わってもいいですか?
→もろちん、OK!

・レールはシノハラのCODE100のフレキでもいいですか?
→CODE70です。100から70への変換レールも存在しないので必ずCODE70でたのんますー!

・フィーダー線の太さや長さに決まりはありますか?
→いい質問です(大糞核爆)
当初、全モジュールにフィーダー、とヌカしていましたがとてもじゃないけど運転できない、という非難を浴び、撤回します!

新しいレギュレーションは、KKK団製作の各コーナーモジュールのみフィーダーつき、とします。
なお、それ以外の方でも、フィーダーをつけたい方は勝手につけてください。
その場合、パワーパックを持ち込んでいただければ尚可。
フィーダーをつけない方はパックの持ち込みも不要です。

・パワーパックの出力に決まりはありますか?
→有馬温泉

日曜日も夕方。
さあ、あしたからもモケー作ろうぜ!
チャオ!