阪神電車ぶらり各駅停車(後編の後編(大糞核爆))  

住吉のストレートの先はビルに突っ込むか!と思いきや!

左へ急カーブ!
しかもその急カーブ上にはホームがっ!

そう、ここが「東洋のシカゴ」と呼ばれる(ホンマか!?)、あの御影駅でありまーす!
(←シカゴループ)
・・・さすがのシカゴもカーブの上にはホームは作ってません(核爆)・・・・
ここでちょっと、右端のコンクリートが大事です。

R1112637.jpg
カーブ内側に切れ込む副本線に入ります。

R1112638.jpg
ホーム中央部はちょっとストレートがありますが、その先も左カーブ。
軌道線の適用でもって建設された阪神本線ですから、ここ御影付近はかつてひとつ浜側に現存する道路上を走っていた軌道線。
その道路がここでクキっと曲がっており、新設された高架線も結局このように。
こんな経緯の御影駅ですが、未来に向かって夢をもっていたこともあります。
昨夜いただいたモナ田シグ之さんのコメントにあの怪鳥ウズ爺が応えたので間違い有馬温泉。

IMGP0859.jpg
2009年に御影駅北向かいのビルから撮った御影駅です。
真ん中の公衆便所の左上に奇妙な短いホーム屋根が見えるでしょうか?

地上へ降りて拡大します。
IMGP0857.jpg
なんですか?!この電車とはぜんぜん違う向きにちょんぎられたプラットホームは!?
そう、線形が悪く、阪神間高速輸送については国鉄、阪急の後塵を拝す阪神が起死回生の策として建設を進めようとした、御影=西宮=尼崎間急行線の夢の跡!
いやー、こんなもんとかあんなもんとか、ここ御影周辺にはいろいろな鉄道遺産が残されています。
今回は「ぶらり各駅停車」がテーマ。
「夢の跡」の詳細については今度かならず行う「ウズ爺とめぐる、阪神沿線場末のスナックママ訪問&グラマン銃撃ツアー」でのご報告をお待ちいただければと思います。

R1112639.jpg
さて、御影駅では1本ヌかれ・・・・

R1112640.jpg
発射です!

R1112641.jpg
ここにも阪神らしい魔線路が残っています。
ちなみに、西宮の引き上げ線について、あのトニーさんから貴重な画像をお送りいただき、本文に追加しました。
1967年の西宮の線路配置もおたのしみください!
(←こちらです!)

R1112642.jpg
その先の片渡りを越えると

R1112643.jpg
石屋川
ここでは昨年の第1モハモハ脳貧会の日、あのおっちゃんとドMちゃんと六甲模型からの帰り道、電車を待つ間にちょっとお写真をとりました。住吉や御影の画像もありまーす。そして赤胴を本線上で最後に見たチャンスとなりました。
(←石屋川にて)

R1112644.jpg
石屋川の手前で左手に側線が一本増え、そして片渡り。その先には左への分岐が!

R1112645.jpg
そう、石屋川車庫です!

R1112646.jpg
見事に電車がデハらってます・・・・
高架車庫のここ、阪神大震災の際に崩落し、多くの車両が被災した光景はいまだに忘れられません。

R1112647.jpg
新在家

R1112648.jpg
大石は2面4線のハッテン場です。

R1112649.jpg
ここでも普通電車は本線に入り、ヌかされることはありません。

R1112650.jpg
ちょっとほかのハッテン場と違うのは駅の前後にそれぞれ渡りがあることでしょうか?
なんで両側にいるんやろ?

R1112651.jpg
西灘。
手前の鉄橋は国道2号線、すなわち阪神国道の跨道橋。
昭和50年までここで金魚鉢とジェットカーが交差していたわけです。
国道線廃止時に神戸方終点だった国道線西灘駅は本線のすぐ南側にありました。

R1112652.jpg
クラシックな跨線橋の向こうがすぐ岩屋。
そして、神戸市内地下線の入口がスグそこに見えています。

R1112653.jpg
跨線橋とトンネルに挟まれた小さな空の下の岩屋駅。

R1112654.jpg
三宮方の端はがまんしきれず、トンネルの中。

R1112655.jpg
トンネルに入りますと、春日野道。
春日野道?
い?
いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~!?
なんと新設の明るくさわやかな対向式ホーム!
あの恐ろしく狭く、暗い島式ホームはドコいってん!?

R1112656.jpg
停車後、よく見たら・・・・
そう、右側の第3軌条のフタのようにしか見えないコンクリが旧春日野道のホームなのだー!
ついこの間、もしかしたらこのホームなくなるかもしれんな、そうなる前に一発写真撮っときたいなーと思ってたのにー!

R1112657.jpg
そしていよいよ電車は三宮に。
まっすぐはここで行き止まり。なんば線の快速急行専用。
普通も特急も、この先に進む電車はぜんぶ左側に入ります。

R1112659.jpg
三宮
かなり手前で撮ってしまい、にぎやかさがないですね・・・・

R1112661.jpg
元町駅が見えてきました

R1112663.jpg
元町
むかしは普通電車はここが終点でした。

R1112664.jpg
R1112665.jpg
西元町
ウマく撮れてませんが、ここ、カーブの具合や駅の壁のタイルがニューヨークの地下鉄の駅みたいです。
(←西元町にて)
ここが阪神電車と神戸高速鉄道の分解点。
この先、右方から阪急電車が擦り寄ってくるハズ。

R1112667.jpg
うーん
結局、暗くてナニがなんだかわからんうちに終点、高速神戸に到着です。
途中久寿川で1本やりすごした結果、梅田からの所要時間は1時間半!
なんや、やっぱり品川=日ノ出町とほとんど同じやないか!?

R1112668.jpg
おつかれさまー!
神戸のお嬢さんはみんなきれいです!
(おわり)

阪神電車ぶらり各駅停車(後編の前編(糞爆))  

久寿川駅の西側スグのところを名神高速道路の西の果て、西宮料金所が覆いかぶさっていて、ここは地上駅として今後も残ります。
(←前回の久寿川駅進入 駅の向こう側に名神高速の高架が見えます)
しかも、下りホーム上にトイレ発見!
・・・コレは下車ですね(文字通り大糞核爆)

つぎの普通まで10分

上り近鉄。顔を真っ黒にしてどうしちゃったんでしょう(糞爆)

DSC_2237.jpg
下り西宮止まりの糞胴急行

DSC_2238_20160606134032fcc.jpg
上り糞胴

DSC_2244_20160606134034695.jpg
下り直通特急

DSC_2253.jpg
次の普通は青胴!

R1112607.jpg
青胴に乗り換えて心機一転、まずは阪急今津南線との接続駅、今津。
ぼくがこの駅で乗り換えていた頃はもちろん地上駅。
北から南へ走ってきた阪急は、東西に走る阪神に最後の瞬間、90度急カーブで阪神と平行に。
さらになんと、阪神と阪急は久寿川寄りで繋がっておりました。
いまも夙川や塚口で見られますが、ここは当時商売ガタキとしてニラミ合ってた阪神と阪急がくっついていてホント、不思議な感じでした。
いまは阪急も阪神も高架に。阪急は南北の向きのままブチ切れていて
せっかく同じ会社になっても乗り入れは不可能です。

R1112608.jpg
今津を出ると六甲山を正面にまっすぐに!

R1112609.jpg
そしてぐあーんと左カーブ!

R1112610.jpg
そう、この左カーブが終わるところに地上線時代は西宮東口という駅がありました。
つぎの西宮が高架化とともに東へズレ、駅間が縮まったところから、西宮東口駅は廃止に。
実はこの西宮東口、北側へ商店街を少し歩くと国鉄西宮に繋がっていて便利でした。
ぼくが中学生のころ、すでに寂れていたあの商店街、駅がなくなってどんなことになっているのでしょうか?

R1112611.jpg
西宮
2面4線のハッテン場ですが、ここも梅田からの折り返し地点のひとつで神戸方にはそのための施設がありまーす。

R1112612.jpg
もちろんここは副本線へ。
そして長時間待避です。

R1112616.jpg
1本

R1112617.jpg
2本やりすごして

R1112618.jpg
発射!
原始的な方向幕設定器が泣かせます!

R1112620.jpg
地上線時代も引き上げ線はゆるやかに左カーブを描いていましたが、こんな複雑な線路配置ではなかったような気がします。
→6/11追記
実はもっと複雑、というかゲージツ的というか、とにかくエゲツないことになってました・・・・
E8A5BFE5AEAEs4301.jpg
(昭和42年 トニーさん撮影)

R1112621.jpg
西宮戎神社の境内を避けるように左カーブが終わったら右カーブ、香枦園に到着!
川面からの高さはずいぶん変わってしまったけれど昔も今もここも川の上の駅。
川の名前は夙川(しゅくがわ)。
ぼくたちの中学校があった場所です。
なつかしいですが、すべてが変わってしまいました。
ラブホもむかしは「ホテル香枦園」だったのになー(糞爆)。
(←ここでも西宮戎を背景に赤胴を!)

R1112623.jpg
香枦園を過ぎると、一気に坂を下り、数少ない地上線に。
そして電車は西宮市から芦屋市に入ります。
そう、芦屋市内は芦屋市と阪神電車の古い協定で高架にすることができません!
未来永劫地上線が残るのだ阪神!
街並みを守る知恵を大昔から知ってた芦屋市はエロかったと思います。
いまはどうか知りませんが。

そして途中には片渡りと側線が。
この側線を入るとスイッチバックして保線車両の基地があります。
国道43号線=第2阪神国道ともっとも近づくここに鉄道施設を作ることで道路を使った車両の搬出入なんかもやるんでしょうか?
よくは知りません。

R1112624.jpg
打出。
この駅前にはある有名人が住んでいます。

R1112625.jpg
健太郎Tのおうちを過ぎると、急に周囲は高級住宅地の様相に(核爆)!
そう、芦屋に到着です。
ここも芦屋川の上に駅があります。
どんだけ川の上が好きやねん?

R1112628.jpg
芦屋を過ぎると高架工事たけなわ!
神戸市東灘区に入ったからです・・・・・

R1112629.jpg
深江

R1112630.jpg
青木(おおぎ)
2面4線のハッテン場ですが、高架がまだ半分なのでナニがなんだかわかりません。
ここは本線側進入で追い抜きはなし。

R1112631.jpg
青木の西側には片渡りが出来るのでしょうか?ポイントがありますが分岐側へ進むと高架から落ちるだけ。

R1112632.jpg
魚崎。
スグ西側を谷崎潤一郎も川辺に暮らした美しい住吉川が流れます。
でもその住吉川の上に六甲ライナーを作ったらあかんやないけ!
(←ここではぼくにとっては最後になった赤胴と青胴の離合を)

R1112633.jpg
おなじみ、住吉!
スグそこに迫る六甲を背景に、モダンデザインの上屋が残るここはいまや阪神で最もフォトジェニックな駅だと思います!
(←六甲を背にした赤胴)
で・・・・
このスラバヤしい架線柱のビーム、六甲山の形に合わせたんやわあああああああああ~~! 大発見!

R1112635.jpg
六甲に向かってしばしのストレートの果ては片渡り、その先はビルに突っ込みます(大糞核爆)!左への急カーブでアリマス!
(つづく)



阪神電車ぶらり各駅停車(中編)  


で、その前方にのたうつ魔線路を、ぼくの乗る普通電車の後に左側の副本線に着いたこの駅止まりの急行電車が客を降ろして引き上げ線へ渡っていきます。
(←前方の魔線路はこちら前編へ)

R1112585.jpg
引き上げていきました。

R1112586.jpg
今度はさらに後からやってきた右側のなんば線からやってきた快速急行が先発していきます。

それでは、いま目の前で起こった現象を図でご説明しましょう!
まずは尼崎駅の配線をトニーさんのように宙で描けるまでアタマに叩き込んでください!
(図はすべて大きく拡大できます)
img08828.jpg
これ覚えるの、ムリぽ!
(この先は上図下の点線で囲んだ下りホーム3本を拡大した省略図となります)

A
3
1.まず、オレの乗っている下り普通が右側の梅田方から左向きにのんきにド真ん中の5番線に入線。
5番線には両側にホームがあり、普通電車は両方のドアをドバーっと開けます。

B
1
2.続いて、同じく梅田発、この駅尼崎止まりの急行電車が外側6番線に入線。
降ろされた客は3つに分かれます。
●尼崎で下車し、尼センデパートでブタ饅の買い物
●スグとなりの普通電車に乗り換える
そして!
●スグとなりのフツー電車を通路代わりに使って4番線へ!

C.
2
3.まずは6番線の急行が引き上げ線へ・・・・

4.するとそこへ、4番線になんば線から快速急行が!
そう、2.で降ろされた急行の客は普通電車の体内を通過して、4番線に移りこの快速急行に乗って神戸方面へ向かうのです!
2本追い抜き(1本は回送になっちゃってるけど)かつ、その2本からの乗り換え客のいずれも階段の上り下りなし!
便器× 便利ですね~~!
二糞玉糞で毎朝毎晩、同じ方向へ向かって階段の上り下りを強いるどこかの糞電車もちょっとは見習え!


そして、快速急行はこの先は6両までしか連結できないので後ろを切り離して神戸へ向けて出発!

D
4
5.ようやく普通が神戸へ向けて発射
6.一旦引き上げた急行電車は梅田へ折り返すので上り1番線に転線
7.快速急行においていかれたうしろ2両も上り3番線へ転線し、神戸からやってくる6両編成への増結を待ちます!
(実はこの増結編成の転線が神戸方の引き上げ線を使ってやるのか、それとも大阪方の片渡りでやるのか知りません(糞爆)・・・・)
すなわち!
6.7.で、下り線での出来事を上り線でまるで動画の逆戻しみたいに行い、神戸からの客をいずれかの電車に階段の上り下りなしに乗り換えさせるワケです!
便器× 便利ですね~~!
二糞玉糞で毎朝毎晩、同じ方向へ向かって階段の上り下りを強いるどこかの糞電車もちょっとは見習え!


てなワケでぼくの乗った普通電車も無事、神戸へ向けて発射です。
R1112588.jpg
出屋敷
ここも地上線時代はたいそうにぎやかな商店街だったのですが
いまはもうダメダメです。

R1112589.jpg
尼崎センタープール前
おともだちに尼センちゃんというバカ× おりこうさんがいて、みなさん、ここの駅名を短縮したあだ名だと誤解されますが、違います。
縮めて言うのが大好きな関西人も尼崎センタープールを尼センとはいいません。
あくまでも尼崎を飛ばして「センタープール」です。
尼センとはさっきの尼崎駅の高架下のデパート。
以前は「尼センデパート」と表記するのが正式。
いまはamasta AMASENとか、いいかげんなアルファベットに。
でもだれもアマスタアマセンとはいうワケがありません。
いまだにみんな「尼セン」としか呼びまセン!
もちろん「尼セン」ももともとは略称。
たぶん、大昔の正式名は「尼崎専門大店(せんもんたいてん)」だったと思います。

さて、尼崎センタープール前も2面4線のフツーのハッテン場。

R1112590.jpg
ここでは副本線に入り・・・・

R1112591.jpg
また一発、通過列車にヌかれます。

R1112592.jpg
続いて武庫川。
この駅はさっきの淀川とは違って、マジで武庫川の上の橋上駅。
この木造のホーム上屋!
スラバヤしい噴霧器× すばらしい雰囲気です!

R1112593.jpg
武庫川を渡りマスと、六甲山が正面に見えてきます。
電車は左にカーブしつつ下り勾配に。

R1112594.jpg
うわああああああああああアアアアああああああああああああああああああああああああ~!
ここで上り線の武庫川線へと繋がる連絡線との分岐を撮ろうとしたら、こっちは高架に!
(←連絡線の画像はこちらへ! モハモハちゃんの貴重画像も!)

R1112595.jpg
ずんずん登っていきます!

R1112597.jpg
とうとう鳴尾も下り線だけですが高架に!
(←地上線時代、ここで近鉄特急の試運転やら赤胴やら・・・ 撮っててよかったです・・・・)

R1112599.jpg
鳴尾をすぎると昔も今も左カーブ。
その先に白い奇妙な物体がっ!

R1112600.jpg
ああっ!

R1112601.jpg
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ~!
コレが悪名高き、野球ボールを模したとかヌカす甲子園駅の大屋根です!

(←本線赤胴を最後に見たのはここ甲子園になりましたー)

R1112602.jpg
普通電車も本線に入線。
むかしのステキな木造ホーム上屋も東端だけはまだ残っています!

R1112603.jpg
西端はこんな糞屋根に・・・・
東側も時間の問題だと思われます。

R1112604.jpg
甲子園駅の西側にはあの有名な野球開催時の折り返し電車用の引き上げ線!
下り方、上り方両方にシングルスリップが仕込まれ、どの線路に入線しても折り返すことができ、どの線路からも折り返し運転が可能!
しかも、中線からの折り返しなら外線からの発着も同時に自由自在!
ちなみに当時はこの引き上げ線はなく、本線上で折り返していたのですが、健太郎T兄、ヌッキーナ弟、有煙工事弟とともに通った高校はこの折り返し地点のすぐ南側にあり、
校庭から折り返し停車中の電車をじっくり見ることができましたのでよく勉強しました。
勉強して勉強して勉強しまくって、みんな阪大に合格できました!
阪神電車大学に(大糞核爆)!

R1112606.jpg
つぎは久寿川(くそがわ× くすがわ◎)です。
(つづく(糞爆))

阪神電車ぶらり各駅停車(前編) 

それでは実物編です(大糞核爆)。

そう、まったく大好評のうちに終了した「京急電車ぶらり各駅停車」、その後編に聞き捨てならぬコメントをトニーさんからいただいたのです!
(←トニーさんのコメント)

R1112560.jpg
・・・・というワケでやってきました、阪神梅田駅!


やってきたのは糞胴!
むかしは改札を入って一番右側が各駅のホームだったのに、いつの間にか一番左になっています。

R1112562.jpg
いつものアソコに座って身を90度捩じらせ、さあ、神戸へ向かって発射オーライ♪

R1112563.jpg
福島
むかしは、梅田を発射したらスグ、地上に出て、ここ福島はカーブの途中の地上駅。いまも国鉄福島駅前の踏切を渡る青胴、赤胴の姿が瞼に浮かびます。

R1112564.jpg
福島を発射したら地上への出口。
2001年府中の旅のラスト30分のようですねー!

R1112565.jpg
地上へ出ました洋一!

R1112566.jpg
地上に出まシタら、一気に野田の高架へ駆け上らずに、国鉄環状線をくぐるので一回水平に

R1112567.jpg
で、高架へ登って、見えてきたのが野田な野田!
野田は2面4線のフツーのハッテン場。もちろんここで副本線へ。
(←わが実家から阪神への乗り換えはここ野田が便利な野田!1年ちょっと前まで赤胴もいたのです!)
(←その前にも!)

R1112568.jpg
早くもここで一発ヌかれます。左から擦り寄ってきたのは阪神高速神戸線の高架。

R1112569.jpg
野田を出て、右カーブの途中で淀川な野田。

R1112570.jpg
さらに右カーブを続け、淀川に正対すると鉄橋のはじまり!
ここではつい最近ドMと!
(←ドMと逝った淀川)

R1112571.jpg
鉄橋の上で青胴とすれ違い!
渡ったら川崎に到着しそうです(大糞核爆)!

R1112572.jpg
到着したのは川崎ではなく立会川× 姫島です。
沿線の雰囲気も京急とまるっきり同じような気が!

R1112573.jpg
恥部ね♪ ×
千船 ◎
ここも2面4線のハッテン場

R1112574.jpg
ここでも直通特急にヌかれます。
スーパージェットカーの威力で画面が左へ右へと揺れますが、このように停車中でも傾いているのはナゼでしょう(糞爆)?

R1112575.jpg
杭瀬
地上駅時代、この左カーブからまっすぐに分岐、スグ右側を平行して走る国道線への連絡線がありましたー。
そのころは、さっきの姫島からこの杭瀬あたりまで、赤錆びた工場の間を、ドブ川の水面すれすれに阪神電車は泳いでいました。
阪神電車は高架になり、工場は糞マンションに。
ついでに街の活気もまったくなくなりました。

R1112576.jpg
左カーブのつぎは右カーブ!
左側からかつての西大阪線、いまでいうなんば線が擦り寄ってきます。
前方はもちろん大物(おおもの ×)駅!

R1112577.jpg
大物(だいもつ)
ここでも赤胴を撮ってます。
(←さっきと同じですが大物での赤胴)

R1112578.jpg
大物でなんば線と合流後、尼崎までの間に本線下りはなんば線を跨ぐための登り勾配に。
左手には尼崎車庫が見えてきました!

R1112579.jpg
尼崎車庫です

R1112580.jpg
なんば線を越えると一気に坂をくだって前方に尼崎駅が見えてきます

R1112581.jpg
左側からの複線は尼崎車庫への連絡線。

R1112582.jpg
尼崎に到着。何面何線か、数えられません(大糞核爆)・・・・
普通電車は本線側に。ここ大事です。

R1112583.jpg
行く手には、トニーさんが宙で描けるあのえげつない魔線路が待ち受けます・・・・
(つづく(糞爆))

昨朝の香枦園、今朝の淀川 ~青胴をもとめて 

昨日の朝、大阪から神戸へ向かうのに少し早めに出発、思い出の香枦園で青胴を待ちました。

いきなりコレかいっ!

DSC_8864_20160227223936e8a.jpg
DSC_8870.jpg
DSC_8876_20160227223938bbf.jpg
いろいろな電車がやってきます・・・・・

DSC_8883.jpg
ついに上ってきました!

DSC_8885_2016022722395497f.jpg
青胴が逝ったあと

DSC_8900_20160227223955474.jpg
近鉄電車が逝きました・・・・

DSC_8907_20160227223957fcd.jpg
ようやく最初の9000系とこの1000系の見分けがやっとつくようになりました!
が!そこで思ったことは・・・・
9000系の方がだいぶマシやんけえええええええええええ~!


DSC_8915.jpg
青胴がきましたので、これに乗って神戸へ向かいました。

DSC_9100.jpg
明けて今朝は淀川へ
いきなりですが乗ってきたのが青胴
DATTA MONDE、
まずは後撃ち♪

DSC_9113.jpg
反対側にも青胴!

DSC_9132_20160227224015fb5.jpg
糞胴どうしがすれ違ったのち・・・・

DSC_9146.jpg
また青胴!

DSC_9152.jpg
DSC_9156.jpg
DSC_9158.jpg
いろいろな電車がやってきます・・・・・

DSC_9166_201602272241514be.jpg
ふたたび、青胴があがあ!

DSC_9168_20160227224151cf1.jpg
青胴を見送って、梅田方面へ戻ることにしました。

DSC_9190_201602272241537a6.jpg
青胴がくだっていきます。

しっかり青胴をエンジョイしましたが
DSC_9201.jpg
乗る電車は糞胴でした・・・・

いろいろな電車より赤胴と青胴だけのホウがええです・・・・