FC2ブログ

本日、もう運行再開しちゃったトーヨコさん 

写真 2
ふんふん・・・

写真 3
ふんふん、、、、

写真 1
ふ~ん

写真 7
写真 8
すでに元気に走り回る事故車と同形式の5050けー。
ナニをお詫びしてるんか、それが問題だ~~!

スポンサーサイト



コメント

な~んでか!?

ブレーキに雪が入った、って発表だが、原因を取り除く目処はあるんかい⁈
怒りと不信収まらないので、ただいまブログ記事にしています。
明日から5000けーに乗らずに通勤します。

いやいや

ハードへの改善なんかなーんも考えてないっちゅう話みたいですよねー
ひたすらお詫びで逃げまくってる感じ。
ボーイングですら火を吹くバッテリー2つを離して置いたのに(それだけでええんかいっ!?)・・・
東急電鉄もブレーキ2こくらいつけてから走らせろ(意味不明)!
ブログ更新、待ってます!

ブレーキに雪が詰まろうが、回生失効しようがカンケーなしに減速できる抵抗制御の8500系がイチバンえぇってことになります?

なんで抵抗制御やったらカンケーなしなん?
そもそも8500って界磁チョッパやろ?
でも抵抗器いっぱい付いてるわな?
アレ、止まる方の抵抗器?
オレにはなんのこっちゃさっぱりわからんのよ~!

パイオニア台車に交換でしょう・7

実は20世紀最後の10年くらい元住吉駅を利用していたので、今回の事故はちょっと辛いものがありました。
昭和の終わり頃に西武新宿線田無駅で同様の降雪時の列車追突事故がありました。
Wikipediaによれば「この事故をきっかけに、降雪地帯を走らない電車も含め同社のすべての電車に耐雪(圧着)ブレーキが取り付けられた。」とあります。
そうであれば、西武車なら事故を防げたかもしれません。
ここは7000nice!達成、もとい7000系にならい着雪の影響が少ないパイオニア台車に交換でしょう。
冗談はここまでとして、もし事故車に耐雪ブレーキが取り付けられていなかったとすれば、今後は(東急以外も含めて)すべての電車に取付けが義務化されるかもしれません。

  • [2014/02/17 01:26]
  • URL |
  • 元・いきもの部長
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

8500は界磁チョッパなんやけど、

直流モーターの電機子電流制御は従来どおりの電動カム軸制御器による抵抗制御で、界磁電流制御だけチョッパ。

なので加速時はカム軸の進段による抵抗制御車特有のトルク変化が体感できる。8500乗ると時々数えるのですが、私は17段くらいしか認識できないです。

減速時はモーターを発電機代わりにします。このとき同じ変電所区間で同時に加速して電力を消費する列車がいないと電力回生できない。回生できない発電電流は抵抗器に流せば少なくとも発電ブレーキとして使えます。

というわけで8500の抵抗器は加速時は常時、減速時もだいたい使ってるはずです。

並列トップノッチ状態(全界磁)で更にモーターの回転数を上げる場合、界磁電流を減少させる(弱め界磁・南海ズームカーがこの割合がスゴイらしい)。
減速時発電機となっているモーターの界磁電流を増やすと発電ブレーキとして更に強力となる。
この界磁電流制御だけをチョッパ制御に
したのが界磁チョッパ。

ちなみに阪神の7001と7601は電機子チョッパだったので抵抗器はないです。

やっぱ走ルンです

走ルンですは止マレんです!

  • [2014/02/17 06:45]
  • URL |
  • ノーブレーキ玉子掛け
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

やったー!

元いきもの部長さん、
ということは全車旧7000けーに戻すンですね!
やったー!
義務化せんとそんなもんも取り付けへんのか。。。
それはそれで悲しいものがありますね、、

やったー!

尼センちゃん、
ということは東急電車はぜんぶズームカーにしたらええんですね!
やったー!
丸ズームかな?角かなあ~!?
どっちでもええなあ~!!
・・・ってかよー知ってたんですね。。
同様の説明はこれまで8500回くらい聞いたけどやっぱり理解でけへんねん(核爆)!
今度、会った時また教えて~

やってもーたな~

人生ノーブレーキのおっちゃん、
ということは
「走るダケなんです」やねんな(大糞核爆)・・・・

すみません

すみません、事故車には耐雪ブレーキが取り付けられていたそうです。
よく調べず誤ったことを書いてしまいました。
それなら、何でブレーキが効かなかったのか?
謎は深まります。

  • [2014/02/17 21:34]
  • URL |
  • 元・いきもの部長
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

いやいや

元・いきもの部長殿、
そんなこと謝ることやないですよー。
しかもちゃんと「もし~ならば」と書いていただいていて大切ブレーキなしと断定されてるわけでもないじゃないですかー!
別記事にクラーケン大佐からもらったコメントによるとポイント動作もやはりヤバかったのかもしれません。
ブレーキも想定量を越えた雪の付着があったのかもしれません。
とにかくわからないことだらけ。
東急は原因を把握、発表する前に電車を走らせ始めて、マスコミはそれを「ようやく開通」と賛辞する。もちろんバカガワ県ケーサツは原因よりも犯人探し・・・・
事故の第1要因は人間がバカなことかも・・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/887-6308fc06