FC2ブログ

103系のディテール 

役に立つか立たんかのこのシリーズ、いよいよ103けーです!
昨年暮れ、阪和線にて。
だらだら画像を並べますので興味ない方は見ないでくださいね♪
(←阪和線のスカイブルーの103系はこちら!)

偶数向き先頭部

DSC_4504.jpg
DSC_4502.jpg
DSC_4495.jpg
DSC_4496.jpg
DSC_4499.jpg
DSC_4534.jpg
DSC_4529.jpg
DSC_4533.jpg
DSC_4530_2014012812361679f.jpg

奇数向きジャンパ栓受け
DSC_4708.jpg
DSC_4569.jpg

運転席回り側面
DSC_4509.jpg
DSC_4527.jpg
DSC_4528.jpg


写真 32
写真 31
写真 33
写真 27
写真 24
写真 26
写真 28
写真 29
写真 30

パンタグラフ回り
DSC_4517.jpg
DSC_4519_20140128123948928.jpg
DSC_4521.jpg
DSC_4694.jpg
DSC_4696.jpg

室内
写真 37
写真 16
写真 38
写真 7
写真 6
写真 20
写真 36
写真 34

いまの電車と比べると、いちいち工芸品の味わいです。
すでにコレも「旧型国電」なのかもしれませんね。
次回は床下機器、屋根上なども、もっと撮っておきたいです。

スポンサーサイト



コメント

連結器胴受けの下にあったATS車上子が

ない~~~~~~!

そりゃ

今やPS型ですよってなあ~!

応荷重装置が意図しないタイミングで鳴るのが、東に残っていた車両と比べて奇異に感じますね。
イヌセンセも風邪を召しませぬよう。

応荷重装置ってなんのこっちゃオレにはわかりましぇーん
どんな音がするんかもわからんっす・・・
すんません
ご心配ありがとうございます!
でもアホは風邪ひきましぇーん

クシャミ

>応荷重装置ってなんのこっちゃオレにはわかりましぇーん
>どんな音がするんかもわからんっす・・・

103系でドアが閉まる直前「クシュン」「チッ」など音を発していたと思います。
あれが床下にある応荷重装置の動作音なのです。
ドアエンジンの音ではござりませぬ。

オッサンのクシャミにも似たその音、首都圏では二度と聞くことができない存在になりました。

応荷重装置?

音の事はよくわからないのですが、鉄バネの車の応荷重装置は、ブレーキの利き具合を調整する程度の物で、枕バリの高さを測ってブレーキ力調整弁を動かすと思うんですが、ここ何年も空気ばね以外の車触っていないから変わってるのかもしれませんが・・・
戸閉操作時に作動するのは一般的にアフタークーラーの自動ドレン弁だと思うんですがいかがでしょう?

オー!ニカジュ~(大糞)

クラーケン大佐・・・
もうオレにはなんのことだかさっぱり(核爆)!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/863-39d493d9