さよなら、交通科学博物館! 

一昨日のあの盛大なヲタ飲み会、「第3回じゅうろく堂ワンワン会」のプレイベントとして、ワンワン会参加メンバーの一部で、大阪・弁天町の交通科学博物館を訪問しました。

どんだけ遊んどんねん(糞爆)!

駅名標の脇にも

RIMG0078_20131210150425235.jpg
階段のトコにも

RIMG0079_20131210150426677.jpg
これまで何度この陸橋を渡って来たことでしょう?

RIMG0081_20131210150427430.jpg
陸橋の上から、前庭に展示される車輛群が見えてきました。

交通科学博物館は昭和37年に大阪環状線開通記念事業として開館、
来年4月6日をもって、その52年の歴史を閉じ、京都・梅小路の蒸気機関車館と一体となるとのことです。
わたしが初めてここを訪れたのは3つか4つのころですから開館間もなかったのですね。
小学校に上がる前から、父や祖母に連れられて通ったもんです。
中学に上がったら今度は健太郎T兄とも何度か来ています。
その後、20年経って、ふと訪れたことがありましたが、今回の訪問はそれからさらに20年が経過しています。

まずは・・・・

RIMG0082_20131210150428df3.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪

一体、何しに来たんですかああああああああああああ嗚呼嗚呼~!?

とにかくまずは最初に合流したへぼっちと乾杯!
そして・・・

直後に追ってきたクラーケン大佐、タカマッチ親子の3両を増結して・・・
RIMG0086_201312101505228cc.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪

ここは!?
RIMG0116_2013121015052252f.jpg
ナシ20!

RIMG0085_20131210150429098.jpg
ナシ20でビールが飲めるんでっせ!

アテはエビフライとトンカツ!
ハラいっぱいになったところで・・・

ホナ、さいなら~~

・・・・ちゅうわけにはまいりません!

RIMG0090_20131210150524dda.jpg
いつまで飲んどんねん?!

いや、まあ、まあ・・・

ほほえましい親子連れもいらっしゃいました(核爆)。。。

RIMG0099_20131210150525018.jpg
展示プラットホームは昭和のはじめ頃の雰囲気を再現したもの。

RIMG0115_2013121015064543f.jpg
もちろんD51やC62も!

いよいよ館内に突入しましょう!
RIMG0128_20131210150646f99.jpg
ワットが発明した蒸気機関のレプリカ

RIMG0129_2013121015064755e.jpg
RIMG0189_20131210150648ac5.jpg
昭和の鉄道シーンを再現したコーナー

RIMG0136_2013121015064967c.jpg
RIMG0155_201312101507500ff.jpg
RIMG0156_20131210150751d19.jpg
RIMG0174_20131210150752a49.jpg
RIMG0175_20131210150753ab7.jpg
もちろんいにしえの国鉄グッズが並びます。

RIMG0130_201312101507559aa.jpg
RIMG0132_20131210150918837.jpg
RIMG0131_20131210150754ced.jpg
「未来の鉄道」ったって、十分過去の話です(核爆)!

RIMG0176_20131210150922577.jpg
RIMG0177_2013121015103467d.jpg
RIMG0179_201312101510355d5.jpg
交通博物館の「歴史的展示物」として鉄博に飾られていた関門トンネルとまったく同じ仕組みの北陸トンネルバージョンや、弁天町すぐ近くの安治川鉄橋の建設シーンなどこれまた展示の歴史を展示する、ワケわからん展示も残ります・・・。
餘部鉄橋の実物カットはまあ、最近の部類。

RIMG0190_2013121015115702c.jpg
ちょうどぼくが生まれた直後のシーンでしょうか?クロ151を先頭に特急こだま号が大阪駅のプラットホームに停車するシーン!

RIMG0191_20131210151157677.jpg
きぼう号の待つプラットホームにはダサい制服の高校生が!

もちろん車輛模型もございます!
RIMG0151_201312101509182bc.jpg
RIMG0152_20131210150919478.jpg
RIMG0153_201312101509205f4.jpg
国鉄時代~JR西日本の電車が16番でせいぞろい

でも、なんといってもコレです!
RIMG0182_201312101510361b0.jpg
1/15の大阪市営地下鉄1000系!

RIMG0183_201312101510361bd.jpg
阪急2000系電子頭脳カー!

RIMG0184_20131210151037c83.jpg
京阪2000系スーパーカー!

RIMG0185_20131210151038f8a.jpg
もちろん、阪神5201形ジェットカー!

RIMG0186_20131210151154a73.jpg
さらにあおぞら号に!

RIMG0188_2013121015115507a.jpg
こうや号!!!!!!!!

そう、これらの模型、ボクがこどものころからありました。
新性能電車の黎明期を飾る各社の看板電車!
この模型を眺めて、ぼくはこれらの電車が大好きになったのかもしれません・・・・

もちろん、モックアップも含めて屋内展示の車輛もあります!
RIMG0170_2013121015130667d.jpg
101系!

RIMG0135_201312101513076e1.jpg
151系!

RIMG0197_20131210151307024.jpg
そして0けー!!

ここは「鉄道博物館」ではなく、「交通科学博物館」ですから鉄道以外の乗り物も展示されています。
RIMG0201_20131210151308fda.jpg
サンフランシスコのケーブルカーはまあ、鉄道ですね・・・

RIMG0214_20131210151309a43.jpg
ドリーム号!

RIMG0202_20131210151310386.jpg
日本車のクラシックカーはかなりの台数を集めています。

RIMG0210.jpg
さらに飛行機も!

RIMG0217.jpg
企画展示は閉館を前に「曝涼展」。
日頃は収蔵されて見られない展示物を展示する貴重なコーナー。

RIMG0218_20131210151424c97.jpg
RIMG0221_20131210151425ca9.jpg
RIMG0222_201312101514260f3.jpg
RIMG0224_20131210151521c4b.jpg
EF30 1の構造模型!

RIMG0225_20131210151522f07.jpg
EF64の外板!

RIMG0226_201312101515220a3.jpg
0けーの外幌!

RIMG0230_201312101515239f3.jpg
0けーの幕!

RIMG0229_20131210151523ddb.jpg
京阪神緩行線のサボ!!
コレにはヨダレを垂れました・・・・

RIMG0232_201312101515243ac.jpg
マルス指定席券発行機!
なつかしいですねー!
でも、なんか、印鑑みたいなもんをこのカードに差しこんで使ってましたよね?
どういう仕組みだったんでしょう?
いま考えてもよくわかりません・・・・

よくわからない、といえば、少し離れた第2展示場にあったコレもよくわかりませんでした。
RIMG0301.jpg
京都駅の信号連動機、だそうです・・・・
中央のモニターで往時の作業風景が流れています。
どうもポイント操作と同時に信号も切り替わる、当時最新メカだったようです。
京都駅を走っている車両はピカピカのモハ51だの流線形のC53だのですから時代は大体、そんな頃です(爆)・・・・

さて、16時半になりました!
RIMG0240.jpg
ジオラマ運転の時刻です!

RIMG0247_20131210151631334.jpg
夕方になり

RIMG0249_201312101516316ef.jpg
夜になります。

RIMG0252.jpg
さらに朝が来て

RIMG0256_20131210151633629.jpg
これまでJR西日本関連の車両ばかりだったのにはやぶさが走り始めました(爆)!

こどものころ、このジオラマを見てコーフンしたものです。
一度、大改修をしたハズですが、線路の基本的な骨格が変わってないような気がします。
いや、やはり鉄道模型はいいですねえ!!

RIMG0258_20131210151711f68.jpg
RIMG0288.jpg
第2展示場の屋外展示、DD13、DF50、DD54を見る頃にはすでに暗くなってしまってました。

RIMG0305.jpg
一応、ミュージアムショップに寄りましたがオトナの喜ぶようなものは残念ながらなかったです・・・・

RIMG0306.jpg
どっぷりと陽が暮れた交通科学博物館。
ぼくが訪れるのはきっとコレが最後でしょう。
開館当時から閉館まで、
50数年、楽しませてもらいました!

スポンサーサイト

コメント

>もちろんいにしえの国鉄グッズが並びます。
京都駅の地下と片町線にしかなかった、青い自動改札機!

弁天町のナシ20では

食事したことはなかったですね。
私もコドモのころ何度か親に連れて行ってもらいました。小学校の遠足もあったような気もします。
でも5年前にキハ81取材目的で行ってます(URLご参照)
「曝涼展」はしていなかったと思うので、知らない展示ですね。

古いマルス端末は、通信方式がBSCで2400bpsくらいのモノですね。
ノート状になった発駅・着駅指定盤は該当線区のページを開き所定の駅のところの穴にそれぞれピンを刺します。
指定券は列車営業番号をテンキーで番号打ち込んだような気がします。

人気列車を押さえるのにオンライン決済サービス開始時刻前から駅の全端末を立ち上げてピンをセットし、ホストの該当セグメントをリザーブさせるとかやってました。

プリンちゃん
んなこと知るかいっ!

旅情あふれる良い写真だなぁ

週刊フライデーみたいですねぇ。
でも残念、あれは人間に化けた親子狸だったのです(狸爆!)
外から撮ってるとは知らんかったぁぁぁと親狸が後ろで発言。

むかしはマシか寿司かマシマシか・・・

ガールズバー殿、
こどものころはナシ20ではなく、プラットホームも上屋もなく、展望車(これもマイテかスイテかわからん)、食堂車を含む3、4両編成の茶色い客車が前庭に展示されてまして、そこのアブラマシマシで二郎のカレーライスを喰うのが好きでした。
マルスで印鑑ブッ差してたのは乗車区間だけなんや・・・
たしかにカードは線区別。
印鑑差したら機械が印鑑が刺さったカードと位置から乗車区間を読みとるンですね?
キハ81拝見!
施設のHPによると来年、日にちはずいぶん限定されるけど車内に入れるみたいやで~!


・・・

能勢の小狸ちゃん、
親狸にオレにあんまり迷惑かけるな、といまのうちに言っておいた方がいいですよ(大糞核爆)!

こわ~

曝涼展のEF64の外板、なんかきもちわる~い。
よく見ると変な顔が写り込んでますわ~。
たぶん写真撮りながらの轢かれて死んだ人なんでしょうね、合掌。 (爆霊)!

エセ雷鳥号w

印鑑というかハンコを使ったマルス券はURLのではないでしょうか。
横長の券が主流になった時分でも、なぜかこの旧型が東京駅地下改札口に1機残っていました。

さて子供の頃の犬センセの東阪間移動手段は151系でしょうがw、当方は写真にもあるふそうB906Rにお世話になったものです。

いいいいいいいいいい!Σ(゜Д゜)

あ゜っ!写ってる!魂が抜けたーーーー

食堂車は

確かナシ20の先代はマシ29かなんかでしね。
展望車もありました、ありました。

マルス発券端末も古いタテ長券は、確かにゴム印押してましたね。さすがに取り扱ったことないです。

  • [2013/12/11 13:14]
  • URL |
  • ガールズバーみどりの窓口
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

プリンさんへ。
そうでしたね。片町線はすごかった。
大阪圏初電化から
星田駅でスプリングポイントの試験初設置、
207系初投入はべつにどうでもいいのですが、
確か武蔵野線と並んで国鉄初の自動改札化で、
片町線電化区間内相互駅のきっぷしか意味がなかったのですよね。
で、とどめは大阪圏最後の電化ということでした。
交通科学犬さん、貫通路「締切」紙を貼ったサハ102_5000なんてのもありましたよ!
ゼリーより。

  • [2013/12/11 20:54]
  • URL |
  • 何でしたっけ?ジャックゼリーですか?
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

懐かしい〜

交通科学犬殿
おはようございます〜。
懐かしい〜。
やっぱこういう博物館は都心部にあって親子で気軽に行けるのがいいなぁ。
大宮や京都で駅からもちょっと遠いのはメンドーです!
子狸くん、スクープされちゃいましたね。
おっちゃんのこと覚えてる?

  • [2013/12/12 07:06]
  • URL |
  • 東のおっちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

うひゃ~~

健太郎T兄・・・
ホンマや・・・

ちがうちがう!

12号線殿、
「印鑑」は券面のハンコの話やないねん。
マルス機を操作するとき、線区シートの駅名穴に「印鑑」くらいの大きさの棒を差してたやん。
縦型の指定券、なつかしいです。
たしかに東京駅だったか、かなり後までこの券が残ってましたね!

食堂車も展望車も

ガールズバーみどりの窓口殿・・・
12号線殿の誤解にそのまま答えたらワケわからんくなるやんけええええええ(核爆)!
食堂車も展望車もアレこそが交通科学館!ってイメージだったんですが・・・
ドコへいっちゃったんですかねえ?
展望台に立つ3ちゃいのオレの写真、きっと実家を探せば出てくると思います・・・

ほな

ほなここで、せっかくいただいていたのにあえなく没になったプリンちゃんのコメントであります(糞爆)

ほな
知っといて。b(゜∀゜)
byプリン

ジャックゼリーシモやん、
そうだったのかー
そんなもん知るかいって思ってたけど(糞爆)
そんな歴史的な改札機だったんですな、コレ!
サハ102-5000ってなんや?とクグりましたらこりゃまた片町線にはエゲツない改造車がエロエロあったんですねー!
ぜんぜん知らなんだです。
プリンちゃんのおっしゃるとおり、オレンジ103ヲタならたしかに知っといたほうがよいですな!

サルの亡霊

へぼっち、
中央で写真を撮ってる初老の紳士はわかるにしても向かって左肩に乗るでっかいサルの亡霊が怖いなあああ~!

そうか!

東のおっちゃんも元はといえば西の消防でしたもんね!
やっぱり通ってましたか!?
たしかに、規模を確保するのに有利な郊外はアクセス不便・・・・
弁天町も神田も、親が気軽に連れていってくれたからこそ、ヲタが誕生するんですよねえ!
残念なことではあります!

知っといてや~。b(゜∀゜)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/811-3822369d