7月12日の京阪電車 

金曜日、神戸から大阪へ阪神電車で移動し、実はそのまま大阪市内を通り抜けて京阪電車に乗りました。
樟葉で飲むためです(爆)。
(←金曜日の阪神電車はこちらからどうぞ)
淀屋橋から樟葉まで、2駅ほど下車して電車ウォッチングです。
まずは西三荘。

つい先ごろ3000系が引退して、特急運用はこの8000系の独壇場か、といえばそんなことはなく、あのCDラジカセ新3000系も幅を利かせており、途中では8000系の「区間急行」なんてのにも出くわしました。
もしかしたらコレも3扉化、もありえるかもしれません。
そう考えると1900系のような残念な3扉化を受けることもなく去った旧3000系は「キレイなままで死ねて」幸せといえば幸せだったのかもしれません。
それにしても、少々トーンを変えたとはいえ、上下を反転させただけでこんなにも京阪特急色だってモダンになるのですね。
モダンなだけでしょーもないですけど(汗)。

RIMG0031_20130715193321.jpg
一般車の多くはこの色、この顔です。
モダンなだけでしょーもないですけど・・・・

RIMG0033_20130715193323.jpg
おお!5000系!
スパッとシンプルな切り妻にシャープなヒサシ。
車体断面も伝統となっていた卵形をやめて真四角に。
それよりなにより本邦初の5扉のプロフィール。
5扉の間の一つ目小僧の側窓はユニットサッシュ・・・
今見ても超近代的なこの電車ですが、すでに40年選手なんですね・・・

RIMG0034_20130715193324.jpg
下り線にアレが一本通り過ぎて・・・

RIMG0035_20130715193324.jpg
こっち側はおお!また5000系!やっぱりかっこええですわ!

場所を変えて今度は光善寺。
RIMG0037_20130715193325.jpg
RIMG0038_20130715193359.jpg
RIMG0042_20130715193401.jpg
いまや東京では当たり前の昼間点灯、関西では実施してないんですね!
コレがイイ!
模型にライトを仕込む手間が要りません(爆)。

さて、今回は一度も旧色の一般車に出会えませんでした。
もしかしたら、旧3000系の消滅と共に、もうさよならしたんでしょうか?
そう考えると去年の春と暮れに、数回旧3000系狙いで京阪沿線を訪ねて旧色車にも出会えたのは最後のラッキーだったのかもしれません。
(←昨年の京阪電車はこちらから)

スポンサーサイト

コメント

お!けいはんや~

関西のインタアーバンといえば京阪ですね、6線もあるでっかいターミナルを出ると併用軌道に市電との平面交差、そこを過ぎるといきなり高架の複々線、途中のカーブの多い区間もクロスシートの特急はぶっ飛ばす、そして終点近くには3箇所の平面交差と川沿いの風情ある風景、そんな電車、関東には絶対無かったですから。
今はどんな感じなのかな?

あ~けいはん・・・・

Cedar殿・・・・
ご存じの通り、そのうち残ってるのは複々線高架とブッ飛ばすクロスシートだけです・・・
それでも今回、京橋~守口市間を2200系区間急行で恐怖体験を味わいました(爆)!
速すぎる老体とはまさにこのこと(爆)!
色も沿線風景も変わってしまいましたが、暴走気質だけは健在!それだけでもありがたいことです!

3月の時点で2編成。
いまは車庫で寝ている2両だけじゃなかったかな…。

Mu.さま、どうも情報ありがとうございます!
やはりそうでしたか・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/644-d54a047f