fc2ブログ

東急7200系7201F+7202F【田園都市線1974年】その11 最終組み立ての巻  

いよいよ最終組み立てです。
(←これまでの工作はこちらからどうぞ)


この後、細かなパーツを盛りつけて行きます。盛りつけちゃうと壊れやすくなるので、屋根板のはめ込みなど、力づくでやる作業が先、一番壊れやすいインレタ作業などを最後にしたいところです。
まずは屋根板を車体に取り付けました。

RIMG0000_20130624225455.jpg
屋根から盛っていきます。

RIMG0001_20130624225455.jpg
ヒューズボックスやパンタグラフから延びる0.2mm線を所定の場所に結んでいきます。

RIMG0002_20130624225553.jpg
配管にエナメルで色差しを行います。

RIMG0006_20130624225554.jpg
ベンチレーターを取り付けて屋根は完成です。

続いて車体に盛りつけです。
RIMG00025.jpg
細いプラ帯材を48こ切り出して、グレーに塗装します。

RIMG0010_20130624225454.jpg
車体裾片側4か所に瞬間接着剤で取り付けます。

RIMG0011_20130624225454.jpg
さらにトレジャータウンの東急8500系用エッチング板に含まれる乗務員ステップとハンドスコッチを取り付けておきます。これもかなり壊しやすいパーツなのでできるだけ後工程に回すのがよいです。

RIMG0003_20130624225554.jpg
ガラスをハメる前に方向幕のHゴムをエナメルで書き込みます。

RIMG0044_20130624225555.jpg
デハ7200です。
ガラスをハメ込み、貫通路にはこれもトレジャータウンの東急7200系用エッチングパーツに含まれる渡り板を取り付けました。例によってデハは少々上向きに、クハは逆に下向きに角度を付けて取り付けることでおたがいの干渉を避けています。
あとで説明しますが車体両側裾にも小さなステップが取り付けてあります。

RIMG0046_20130624225556.jpg
こちらはクハ7500。床下のジャンパ栓やエアホース同様、車体裾のちいさなステップはデハとは左右対称に取り付いています。

RIMG0047_20130624225556.jpg
先頭に立つこのクハ7502とデハ7201は渡り板を立てた位置にしました。

RIMG0042_20130624225626.jpg
RIMG0043_20130624225626.jpg

下から見たところです。さきほどの小さなステップはごらんのように帯材を車体下側に貼り付けたもの。長い帯材の一部を前方に出していたわけです。こうすることで取り付け強度が増します。
上がデハ、下がクハで、ステップの位置が左右対称になっていることがわかるでしょうか?

RIMG0048_20130624225627.jpg
最後から二番目の作業が運行番号札。これもプラ板にGMのシールを張ったもの。
そして、床板を取り付けた後の最後の最後の作業は超不得意科目のインレタ貼りでした・・・・
(←すでに完成写真をアップしております。写真がいまいちなので後日貼り替えようと思っています。一応、こちらからどうぞ)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/622-68fad136