阪急3000系のディテール 

去る4月25日、大阪から神戸へ向かう途中、西宮北口で15分ほど写真を撮って遊びました。
出張途中でコンデジですが(汗)!
(←4月25日の阪急電車はこちらから)

そのとき、折り返し停車中の電車を3本撮りました。
(←そのうちの1本、5100系のディテールはこちらから)

残りの2本はいずれも3000系。3056×6Rと3050×6R。
3000系は途中、冷改、さらにはフェイスリフトを受け、ワタシ好みの「非冷房+板車」からはかなり遠ざかってますし、それよりなによりレイルロードからすばらしい写真集が出ているのでワタシごときががんばっても意味ない、ということで神戸線基準の山側だけ。しかも相当いい加減ですがもしかしたら模型づくりにちょっとだけ役にたつかも。

3056×6R

RIMG0023_20130521221816.jpg
RIMG0024_20130521221817.jpg
RIMG0025_20130521221818.jpg
RIMG0026_20130521221820.jpg

3050×6R
RIMG0067_20130521221820.jpg
RIMG0068_20130521221903.jpg
RIMG0069_20130521221904.jpg
RIMG0070_20130521221905.jpg
RIMG0071_20130521221905.jpg
RIMG0072_20130521221906.jpg
RIMG0073_20130521221907.jpg
RIMG0076_20130521221943.jpg
3000系のトップナンバー、3000!
ですが・・・・

RIMG0075_20130521221942.jpg
こんなことに!

RIMG0077_20130521221943.jpg
RIMG0078_20130521221944.jpg
RIMG0080_20130521221945.jpg
それでも5000系よりはマシか・・・・

スポンサーサイト

コメント

いやいや~

コメントご無沙汰してしまい申し訳御座いません!
しかしそうですね、正面がアレですが、まあ鋼鉄製の電車が50年近く働いていると言うことと、マルーン1色と言うことを考えますととても価値があると思います。
5000系はもっとアレなのですが、よく考えて見ますと木造電車に鋼板を貼ったお化けみたいな電車は当時としてはやっぱりアレだったのでしょうか?
としますと、3000系あたりはこの姿でももう少し経つとアレじゃなくなるのでしょうね。
『阪急電車フォトカタログ』購入しました。イイですよ!!

いやはや~

うずら校長、ごぶさたです~
別に申し訳ないことはないけど(爆)・・・・
5000系のアレさについては最近よく考えることがあって、ついに結論がでました。
「今の若い方にはコレが旧車の魅力である」!
そもそもたとえば飯田線の流電なんて5000系以上の魔改造。でも関西旧電時代の颯爽としたした姿を知らない我々はアレでも感動してたわけですよ。
え?5000系はデザインが悪い?!
じゃあ、飯田線の流電はデザインがよかったのか(滝汗)!?
そもそも鉄趣味なんてデザインの良しあしとは関係ないみたいです・・・・
フォトカタログ、早いですねー!
ぼくも早くほしい!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/591-47e79441