FC2ブログ

阪急2200系【1976年】製造記録その3 屋根の巻2 クーラー取り付け準備と「台の台の台」の取り付け 

阪急2200系の屋根の製造が続きます。

これはなにかと言いますとクーラー用の留め具です。1.7mmの穴を11mm離して2か所開けます。

RIMG0005_20130204203016.jpg
切り出して・・・

RIMG0008_20130204203016.jpg
屋根の裏側に接着。
これで取り付けボスが細い鉄コレのクーラーが押し込むだけで取り付けられます。
なお、屋根板の裏側とボディ天井のクリアランスが小さく、最初1mm板で作ったのですがおさまらず、0.5mmで作り直しています。

RIMG0003_20130204203017.jpg
前回、台を台の台の台に乗せてセロテープで位置決めの後、ディテール取り付け用の穴を開けましたが今回は
台の台の台を屋根板にセロテープで仮止め、同様にディテール取り付け用の穴を開けます。

RIMG0007_20130204203109.jpg
すべての穴を開け終わったらドリルでめくれた部分を軽くペーパーで均してサーフェーサーを吹きました。
サーフェーサーは砥ぎだすのが前提で吹くので乾いたら1200番→2000番のペーパーで砥ぎだしておきます。

RIMG0009_20130204203017.jpg
台の台の台を屋根に接着!

RIMG00031.jpg
母線配管だけ0.4mmの真鍮線で取り付けておきました。

RIMG00032_20130204203109.jpg
パンなし車の手すりもここで取り付けました。
このあと、全体にメタルプライマー→阪急グレーを吹いて屋根板のベースは完了です!

スポンサーサイト



コメント

勉強になります!

2200、順調に進んでおられるようで楽しみにしています!
阪急電車って、台の台の台とか、色んなものを丁寧に扱う?のでしょうか!2200だから色んなところまで試作的要素の塊なのでしょうか?
そういえば、ボディを守る車のバンパーが傷つかない様にガードを付けるのを思い出しました(笑)昔は『カツオブシ』ですね。

雨樋の雨樋とか、幌のホロとか、探せば他にも出てきそうですね。

すいません。
♪パイノパイノパイ~

勉強だいすき♪電車の勉強なら♪

うずら校長殿、おひさしぶりです、コメントどうもありがとうございます!
ちょうど今夜の記事を書いていたところでびっくりしますた(爆)。
いいですねえ、とゆのとゆのとゆ。
ばんぱーのばんぱーのばんぱー。
であ、また、ばいのばいのばい~~。
あ。阪急は2200系より前の前の前の前の前の大昔から台の台の台にパンタやヒューズ箱を載せてましたよ~

  • [2013/02/07 22:40]
  • URL |
  • イヌイヌ2200
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/454-8cb9f527