FC2ブログ

2013年1月2日、健太郎T氏に20時間ぶりに再会する  

1月2日は18時からわが高校跡地に建つノボテル甲子園で卒業35年の同窓会がニギニギしく開かれたのですが、大阪市内の実家を出たのは13時。

梅田から阪神電車で向かった先は!
(車両は山陽電車から乗り入れてくるヘンなラッピング車)

RIMG0010_20130106110519.jpg
阪神西宮!

ふたたび健太郎Tと入った店は!
RIMG0015_20130106110520.jpg
ジャンボカラオケ広場!通称、ジャンカラ!

ご利用時間はいかがなさいますでしょう?
アルコールはお飲みになりますか?
模型なんかテーブルにお並べになられますか?

並べる並べる並べるでええ~!

まずは・・・
RIMG0016_20130106110520.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

今日は?
RIMG0017_20130106110521.jpg
・・・・どんどんエスカレートしていきます

RIMG0024_20130106110611.jpg
RIMG0025_20130106110612.jpg
ピノチオキットをまともに組んだ省電モハ51とクロハ。われわれが生まれ育った沿線、京阪神緩行線の花形車両ですね。
RIMG0028_20130106110612.jpg
こちらは各種バラキットをさらにバラバラに継いだクモヤ791!

そして健太郎Tは芦屋市内阪神打出駅前の出身とあって阪神電車に強い!
RIMG0023_20130106110611.jpg
阪神初のカルダン車、名車3011形中間車を改造した3061。3011形時代は先頭車から運転台を取り除いただけだったので短い車体でしたが、コレは3011のキットをベースに胴体が1窓分延長されてます・・・

そして!
RIMG0019_20130106110521.jpg
7801形7840~

RIMG0021_20130106110611.jpg
7801形7835~

ご存じのように8000系以降の「系」で呼び始める前の阪神赤胴車の中でも両開き戸をもつ車体はすべて同じ窓配置であるものの、冷房用風洞などの関係で屋根高さが3種類に分かれます。
7801形でいうと7835以降の当初ラインデリア装備で落成した車輛が最も屋根が低く、7840以降は最も高い。しかし、16番のキットは3801形というその中間の高さのものしかありません。
そこで!

RIMG0030_20130106110613.jpg
RIMG0032_20130106110718.jpg
3801のキットを高さを違えてスライス(!?)、それぞれ胴体本体と屋根を交換して高い屋根の7840と7835を実現!
何をしでかすかわかりません!

前日元旦に咲いた話に若いころ見た車両!というのがありまして
その中でわたしが見た記憶があるのがC54!という話をいたしましたところ・・・
RIMG0033_20130106110719.jpg
でました、C54!

RIMG0034_20130106110719.jpg
RIMG0035_20130106110720.jpg
RIMG0040_20130106110720.jpg
ボイラーはC55のものを使った、とたしか言ってましたがいまとなってはどうやって作ったのか皆目見当がつきません・・・ほとんどフルスクラッチに近いものだと思います・・・
本当に何をしでかすかわかりません!

その元旦の「若いころ何を見たか」の話題でもうひとつ取り上げられたのが茶坊主!
RIMG0044_20130106110831.jpg
そう、スカ色あたりが標準と思われるこの顔を茶色一色に塗った電車が京阪神緩行線を昭和30年くらいまで走っていたのです!
RIMG0042_20130106110831.jpg
RIMG0046_20130106110831.jpg
なにか不気味な魅力があります!
わたしのC54も本当に見たかどうか、怪しいのですが、健太郎T氏のお友だちのひとりが生まれる前の昭和30年には消えたはずの茶坊主を見た記憶があると言ったらしいのです。
ヘンだなあ、とお友だちと調べたところ、
なんと茶坊主が昭和40年~41年の数ヶ月間だけ復活してたらしいのです!
しかも車番はクハ76305の全金車!
いわば、「全金茶坊主」の存在がいま明るみにさらされたのです!
実は当ブログからリンクさせていただいている、コレまた妄想Nゲージをお楽しみになっている「地味鉄庵」殿が年末に妄想電車の一環としてこの「全金茶坊主」を実現されておったのでさっそく、
「それ、妄想じゃなかったみたいやで~」コメントを差し入れさせていただきました・・・
(→地味鉄庵殿の「全金茶坊主」はこちらから)

RIMG0055_20130106110925.jpg
そして、クハ76といえばクハ86!
しかし・・・・
ん!?
RIMG0053_20130106110833.jpg
湘南顔には必須の鼻筋がない!
妙にぬるっとしてる!
・・・コレも2両だけ実在したらしいです。

そして昨日の妄想80系シリーズ、最強の車両が!
RIMG0057_20130106110925.jpg
モハ152ではありません!
なんと、80系モハ80が車体更新された、というストーリーで153系似のボディをモハ80の下回りに載せた妄想電車!
もちろん、モハ80には便所がないので客室を延長するためにモハ152のキットを2両使ったらしいです(爆)。
「ウソをつくのも金がかかる」とは本人の弁(核)・・・

RIMG0062_20130106110926.jpg
もちろん貫通路はモハ80ですから広幅(爆)!

RIMG0060_20130106110926.jpg
台枠の関係で裾のしぼりが再度開いているのは現実のモハ62同様・・・
ウソをつくのは手間もかかっています・・・・

RIMG0081_20130106111043.jpg
こうゆう感じ、ええなあ、と健太郎T(爆)・・・

そして・・・
RIMG0051_20130106144639.jpg
RIMG0050_20130106144616.jpg
大井工場の入替車として有名だったクモヤ22100を前菜としていよいよ本日のメインディッシュ!

RIMG0070_20130106111019.jpg
阪神861形「喫茶店」!

RIMG0071_20130106111020.jpg
RIMG0072_20130106111020.jpg
5両作ったそうですが、なんと製品化のため某メーカーが本作を借り出し、外国へ渡って設計中あの阪神大震災がっ!外国に渡っていた本車両のみが生き残ったそうです・・・
残念!

そして!
RIMG0079_20130106111021.jpg
前面5枚窓が凛々しい801形!

RIMG0073_20130106111021.jpg
RIMG0075_20130106111043.jpg
いずれもモデル8のキットやかつて神戸にあった銀河模型店(東京の銀河モデルではありません)のエッチング板を利用してるとはいえ、超大作!
いや~ マジで正月からエラいもん見せていただきました。
自分で作ってなくてもなんとなく幸せになる、手の込んだ模型はやっぱりエエです!

あと、元旦で喫茶店すら開いてないことでカラオケ屋の新しい利用方法も編み出してしまいました(爆)


スポンサーサイト

コメント

恥ずかしい~

鉄犬様、35年ぶりの再会は衝撃的でした。もう、とっくの昔に鉄は卒業してるとばっかり思い込んでましたから…。
二日にわたり紹介してもらって嬉し恥ずかしですわ。
文中、いくつか間違い有り、阪神861、801はフルスクラッチじゃなく、モデル8のキット組と今は無き神戸の銀河模型店のエッチング板利用ですよ。
大井工場の牽引車はクモハ11113改造のクモヤ22100でっせ。
重箱の角をつつくのはこれくらいにしとくね。
またジャンカラで会いませう!

これはこれはっ!クモハクモハッ!!

これはこれは健太郎T殿、ようこそいらっしゃっていただきました!
いやあ、コジマ様がよい仕事をしていただいて再会の運びとなり、本当に衝撃的でしたねえ。
それより健太郎T殿の作品もすべてが衝撃的・・・。正月一日から衝撃的な一年が続きそうです!
ジャンカラはもうええので(爆)、次回はぜひホビーメイトオカ表敬訪問とまいりましょう!
間違いご指摘、ありがとうございました!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/427-5c7a40b1