FC2ブログ

【16番】伊豆急100形【真鍮工作小学校】その1(2段窓表現1) 

(*この記事は先日、真鍮工作小学校において行われた工作の内容を綴ったものです)
(←真鍮工作小学校の詳細はこちらをご覧ください)
(→真鍮工作小学校長鉄ヲ先生のブログ「人生はヲンナと鉄モや!」はこちらから)
(→鉄ヲ先生の当日の記事はこちらから)


まずは鉄ヲ先生がわしわしとボディをシゴきます。
いきなりブッ壊すんかー!
いえいえ、妻板との合いを調整するために屋根カーブをこうしてきちんと直すんだそうです。
もちろん、ボクもヤラされました・・・・

RIMG0007_20121201155716.jpg
続いて渡されたのがこのゴツい平やすり。
プレスで凹まされた窓は当然内側に盛りあがってるわけですが、コレでソレを削れ、と・・・
そんなもん削れるんカー!?
まあ、小一時間でなんとか削れました。
すでにアタマはパーになります。だってなんも考えずに1時間しこしこやるんでっせ!

・・・ここでなにをヤラされているのかやっと解りました!

TMSコンペ常勝の校長ではありますが、その選評で必ずTMS編集部から
「報われない技術ゆえ、基本はしっかりしているが見映えがしない」
と罵られる鉄ヲ校長の3つの得意技といえば!

1.2段上昇窓の2段表現
2.Hゴムの車体ツライチ表現
3.オーバースペックとも思われる1t板切り抜きによる台枠

この自らの報われない得意技のすべてをオレにもヤラせようとしてるのです!
コレはそのうちの第1項、
1.2段上昇窓の2段表現
の手始めだったのです!

しかも、結論からいいますと、ふたりで半日がかりで窓3つ!

とほほ、とほほ、とほほほほ・・・・

RIMG0013_20121201155717.jpg
裏側が削り込まれたら今度はいよいよ表から下段サッシの削り取り。
なんと木製の特製作業台が登場!
いやらしいですね~~!

RIMG0014_20121201155717.jpg
中央部には割れ目ちゃんが刻まれていて、サッシ両側の縦枠もウマく削られるようにできてます!
意外と校長、繊細な工具を作るもんですね・・・・

RIMG0016_20121201155920.jpg
腕が痛くなってきたので、お前もやれ、と校長に渡します。

RIMG0055_20121201155920.jpg
目にもとまらない早さで校長が削り続けます!
熟練の右手のピストン運動はさすがに圧倒的なパワーです(爆)!

RIMG0057_20121201155921.jpg
右手に平やすり!
左手にはタバコ!
見えなくなった老眼をブツに近づけてピストン運動するその様はまるで老いぼれた妖怪!

車体を斜めにしてるのは窓下辺のテーパーをつけるため!
妖怪は芸が細かいのです・・・・

RIMG0009_20121201155921.jpg
再び私が削っている間に校長は真鍮板を取り出してなにやらケガいています。

RIMG0010_20121201155922.jpg
長辺はノギスでシャー、シャーとケガいています!
妖怪、案外かっこいいです!

RIMG0011_20121201155922.jpg
ケガき終わったら今度は糸鋸に持ち替えてふたたびピストン!
もの凄いパワーです!

あっという間に!
RIMG0056_20121201160129.jpg
こんなん出ましたー!

直角の角もドリルで穴なんか開けずに糸鋸の回し切りでやっちゃうのです!
カッコいい!
もちろんコレがサッシの下枠になります。

いよいよハンダ付の準備です。
RIMG0062_20121201160130.jpg
おもむろに庭の窓を開け、サンダーを回しはじめます!
なんと、ハンダコテのコテ先の形状を鉄モに最適に削り出すのです!
飛び散る火花!
あぶない、妖怪の指が飛ぶ~~!
どっひゃー!指が5本とも飛びました!
校長先生、大丈夫ですか!?

だいじょぶや~~

血を滴らせながら校長が呻きます!

こわいです(爆)
このあたりで真鍮工作小学校は完全にスプラッタ状態になってきました!

RIMG0062_20121201160130.jpg
できあがったコテ先です。
ガラス板を敷いているとはいえ、真鍮やコテ先の削りかすがコタツ回りに飛び散っています!
コタツ布団は金属粉まみれ!
ええんか、それで!?

だいじょぶや~~

コワ~!

RIMG0061_20121201160129.jpg
続いてヤスリで面を整えます。
校長の指がまた生えてます。
今度はトカゲかいっ!

RIMG0063_20121201160130.jpg
フラックスはエコー特製のものに少々水と中性洗剤を2滴混ぜます。
ぼくのもキュキュットなので安心してやっぱりキュキュットが一番ええの?と聞いたらなんでもいいそうです。

RIMG0060_20121201160316.jpg
切り出した下枠をボディにセロテープで仮止めします。

RIMG0067_20121201165610.jpg
フラックスを塗り、カツミのベーク板の上に車体を置き、さらに窓枠をベークブロックで押さえながら、点々とハンダで仮止めします。

RIMG0069_20121201165610.jpg
全体にフラックスを薄く塗り、ハンダを流した状態です。
さすがにキレイなハンダ付ですね!

RIMG0071_20121201165611.jpg
クリップでしっかり窓枠を車体に押しつけてコテを当て、表側にもハンダを流してしっかりと取り付けます。

RIMG0007_20121201165726.jpg
キサゲで仕上げて窓3つ出来あがりました!
窓3つ・・・
おっさんふたりで半日かけて窓3つ~♪
気が遠くなってきました・・・・
(→その2宿題編に続く こちらからどうぞ)

スポンサーサイト



コメント

ん?

この前と比べて進捗が全くないように感じるのは気のせい?
そろそろ宿題の提出期限が迫ってます。
そんなにハンダゴテで背中に…(爆)。

学校怖ーい

鉄犬さま 前回の授業内容のレベル高過ぎ。小手先削りは必須ですが 二段窓工作は初心者向きではありません(驚愕)。

やっぱりレベルの高い生徒にはハイレベルの授業ですよ。弟子1号の私には 初回授業はキハ20の素組みでしたあ(低レベル生徒用)。

鉄ヲ師匠の工作は 確かに派手さは無いですが水平 垂直がきっちりしているので塗装(マスキング作業)で違いが判る優れ物です(感動的)。大変ですが技術の習得を。

すみません・・・

鉄ヲ先生、不出来な生徒をお許しください。
この際は背中でもアソコでもハンダコテをお願いしまう~ ああ~(歓喜)

怖いよう~

鹿児島の悪徳商人殿、コメントありがとうございます。
技術の習得よりビールのバカ飲みを希望!
へろへろでもいい、たくましく育ってほしい(古杉)!
Hシーンのないエロビデオなんて両運クモハのない伊豆急だ(校長談)!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/370-c924b52c