FC2ブログ

南海6001系【1974年】製造編その3 屋根の巻(上) 

鉄コレ南海6001系の製造途中、ボーイング747を作り始め(爆)、前回貫通扉を作ったのが10月3日でして、なんとまあ、2カ月近いごぶさたをいたしました。
(←ルフトハンザのボーイング747-8の完成記念を兼ねた111,111アクセスの記事はこちらから)
(←10月3日の「南海6001系【1974年】製造編その2 前面ドア窓の巻はこちらから)

屋根工事から再開です!
ご存じのとおり、車両全長にわたってランボードが屋根から浮いて貼られるのが南海電車の特徴のひとつですが、鉄コレはいつもこれが屋根と一体成形でどうにも雰囲気が出ません。
そこで!

RIMG0004_20121121074116.jpg
また削りました(爆)!
(←南海21001、22001系で削った様子はこちらから)

RIMG0003_20121121074115.jpg
パンタ配管や屋根上手すりなども削ります!
のっぺらぼーです!

RIMG0001_20121121074115.jpg
クハの屋根は製品にありませんからサハの屋根端を切り落として作ります。
これでベンチレーターの配置が正しいのかどうかわかりません(爆)。

RIMG0002_20121121074116.jpg
ランボードの足が刺さるところに0.3mmの穴を開けます。
その数、片側21か所×足は2本、左右両側で合計1両当たり21×2×2=84コ!
8両編成で合計672コ!

黒のマーカーで点々と印が入っているのは削り過ぎて屋根板を痛めてしまった部分です。トホホ。

RIMG0010_20121121074117.jpg
痛めた部分に溶きパテを盛り、

RIMG0011_20121121074149.jpg
フラットに整形、最後は1000番くらいのペーパーで仕上げます。

RIMG0012_20121121074149.jpg
ケバケバになるのを恐れてサーフェーサを吹きました。タミヤの缶スプレーですが、これはむちゃくちゃ粒子が粗いのでちょろちょろと吹きました。サーフェーサが乾いたら最後の仕上げとして1500番のペーパーで砥ぎだしを行っています。
でも、せっかく開けた672コの穴が見えなくなりました・・・

RIMG0001_20121121074150.jpg
なんとか672コ探し出して(爆)千枚通しで穴を再生。
次回はついに「コ」の字に曲げたランボードの足の取付です。336カ所ね。
ゾッとしますね!
(→製造編その4屋根の巻(下)はこちらから)

スポンサーサイト



コメント

壮絶工作

犬さま また凄い工作をなさっておりますねえ(驚愕)。

仰る通り 南海の特徴であるランボードの再現の為とは言え 屋根板にコンマ3ミリの穴を300個以上開けるとは ご苦労様です。

この拘り方は 師匠の鉄ヲに通じる物を感じますよ(やっぱり同じ変態)。

続編楽しみにしております(ワクワク)。

凄いよぅ、怖いよぅ。

鉄犬さまこんばんわ。
画像を見ているだけでも目が痛くなってきそうです。しかもきちんと真っ直ぐに孔が開いているし………。何か治具でも用意されたんでしょうか。それにしても目が痛くなります。使い勝手の良い老眼鏡があったら教えてほしいです(爆)。

  • [2012/11/21 21:20]
  • URL |
  • 似非工房饅頭庵
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

悶絶中

鹿児島の悪徳商人殿、毎度コメントありがとうございます!

>屋根板にコンマ3ミリの穴を300個以上開けるとは ご苦労様です。

だから336コは2本脚の台座の数であってコンマ3ミリの穴は672コだってば!

この拘り方は 師匠の鉄ヲに通じる物を感じますよ(やっぱり同じ変態)。

やっぱり変態かいっ!?

ゾッとしてます・・・

似非工房饅頭庵殿、毎度コメントありがとうございます!
怖いですねえ。ホントにぞっとします(爆)。
実は一昨日の日曜日から足の曲げ、差し込み、裏から接着行為を始めましたがやはり1両分で2時間近くかかります・・・・
8両で16時間ね。たしかに変態ですわ(爆)。
治具までは用意してませんがともかくまっすぐ穴を開けないと足が刺さりませんから、万力に電動ピンチャックを咥えてできるだけ垂直に開けるようにしております・・・
作業中の様子はまるで中国の縫製工場の女工さんですわな。
やっぱり変態(爆)?

ひょっとして…

0.3㎜の孔開け672個を自分に課すとは…。

ひょっとして弩Mでつか???

そのとおり・・・

鉄ヲ殿、おはようございます。毎度コメントありがとうございます。

弩Mでうがナニかっ!?
月曜日はハンダゴテで背中に字書いてね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/360-ff92bd07