2012年10月16日、本日の京急電車 

この土曜日で無くなるあの踏切です!

京急空港線は本線蒲田で枝分かれして、すぐに90度左へカーブ、羽田空港へ向かいますがそこで第1京浜国道を踏切で横切ります。以前はその区間だけ単線で、少し本線からの列車が遅れると羽田からの列車は蒲田を目前に待たされることも多かったし、なにより京浜国道の渋滞の原因にもなっていたハズです。毎年正月の箱根駅伝ではマニュアルで電車を止めるなどするのも名物に拍車をかけてましたね・・・
その踏切がこの日曜日から本線、空港線ともに上下線とも高架になります。

まず来たのが羽田からのステンレスのアレ(爆)。京急にしてはかっちょ悪いですね、この電車!

DSC_4854.jpg
同じ列車がスイッチバックして本線を横浜方面に向かう姿。

DSC_4865.jpg
駅伝走者じゃなくてもそりゃ迷惑だわな・・・

DSC_4883.jpg
続いて羽田行き。

DSC_4908.jpg
さらに羽田からおなじく600形更新車が・・・

DSC_4916.jpg
踏切に差し掛かります。

DSC_4922.jpg
後方は非更新車でした!ステンレスの新1000形と基本は同じ顔なんですが、スリットナンバーがなく、スカート幅が車体と揃えられてスッキリしていてわたしはこれが大好きです。
でも、どんどん更新工事が進んでいて、幅狭スカート、スリットナンバー入りワイパーカバーに取り替えられ、この非更新車もそろそろ見おさめです。

・・・最後の最後までどういう運行列車が地上線を走るのか、さっぱりわかりませんでした・・・

スポンサーサイト

コメント

要は本線の走行方向が基準です。

こうつぁーどうも、私のルーツ、元京浜急行ですね。
この区間、空港線の踏切で見ていると下も上も両方向に走っているように見えますが、とどのつまりは本線を下り方向に走る列車は下側の下り線につながる線路を走っているってだけのことです。これが線路切り替え後は一番上にシフトするので、京急蒲田-糀谷間について言えば今後もバラバラに見えることになります。ただし糀谷駅の手前にシーサスが入っているので糀谷駅のホームは空港線の運行方向に対して一定化できます。
イヌ2100さんがブサイクと言っていた顔、N1000として一貫したデザインにするべくああしてしまったと聞いています。ただ、プロトタイプになる有1000(アルミ車)が600~2100の流れを汲んでいるのに対して捨1000(捨てれん車)はガラスを小刻みに切り分けたりしてケチった印象が強すぎです。
蛇足ですが私が冒頭で「元京浜急行」と書いたのはこのモデルチェンジと前後して「京急電鉄」なる別会社のようなものに化けてしまったためで、京浜地区から発展してきた沿革は捨て去って東京国際空港を最優先に食って行こうとする、一見さん相手の短期収益に特化した鉄道なんぞ興味の対象にはならなくなってしまったためでした。私の心にある京浜急行の電車は1072号車と1448号車でおしまいになっています。

  • [2012/10/17 16:22]
  • URL |
  • 似非工房饅頭庵
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

捨1000って(笑)

似非工房饅頭庵殿、毎度コメントありがとうございます。
運行方法ご教示ありがとうございます!
でも、勝手に人のHN決めるなよ(爆)。

えーと、羽田から来た横浜行きは当然、蒲田から下り本線は地上線しかないので空港線でも地上を走る。横浜からきた羽田行きは上り本線から入るので空港線も高架。では、品川方から来た羽田行きはすべて地上線を走るのでしょうか?
有1000は2100と同じ顔なのでいいんですが、やっぱり捨1000はねえ。ヨコもアレだし・・・
そうか、京浜急行、って名前はもうないんですか?!じゃあ車体にKHKって書いちゃいけないじゃん、ってそうか、最近は車体もKEIKYUって書いてあるんだっけ?!

語呂よりもロゴが悪い

再投稿でおはようございます。
イヌ2100さんのご確認の通り、都心方面からくるのは下、都心方面に行くのは2階でOKです。
捨1000は単に車体材質だけで賛否両論がありましたが本質はもっと深いと思います。有1000はドア窓の複層ガラスや内貼りアリとか、アコモ面では他社の基準でいうとE233系の先取りな部分が少なくなかったのですが、標準化などと言う言い訳のコストダウンで軒並みE231系以前の水準に退化しています。運転台背面部のシートがなくて車椅子スペースと併せると先頭ドアの割り当て座席が極端に少なくなっているのも始発駅で並ぶ長時間利用者への配慮が全くないといえますし(バランスをとるなら車椅子スペースは戦闘車後部がベター)、気を遣ったという座席モケットは加減速度の大きい車両性能からしたら却って安定感を欠くとも言えます。
 この辺りを総括すると、現行の細文字書体の「京急電鉄」ロゴになってからがどうもよろしくない、略称が京浜急行から京急になったのは昭和の終わりで車体の表示が「KEIKYU」になったのは1994年ごろからですが、いずれの時もそれほどの違和感がなかったのはちゃんと地に足をついたことを考えていたからなんでしょう。今は気持ちが空に向かっちゃっているから書体も軽量化されていますがそもそも略称を「電鉄」にしたのも近隣の別会社は「○急電鉄」で大儲けしているからあやかろうって魂胆らしいです。

  • [2012/10/18 09:43]
  • URL |
  • 似非工房饅頭庵
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

戦闘車って(笑)

似非工房饅頭庵殿毎度コメントありがとうございます。
戦闘車、ほしいですね(爆)。
〇急も某JALがツブれたり、預かり知らないところで勝手に復活したりでそんなに儲かってないんですよね?で、ありがたいことに8500系がぶ~んぶ~ん未だに走ってる、っと(笑)。
そうか、「京急」と名乗ったら横浜が社名から消えたことになるのか。「京」たって品川区と大田区だけのくせに(笑)。いっそ「品大電車」とかどうかな。それともせっかく横浜、って地名はイメージいいんだからマイクロエースみたいに「ハマの赤い風!」とかわけわからんことにしちゃうのもいいと思う。赤い風が吹いたらたいへんやなあ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/324-dbd4175e