FC2ブログ

南海6001系【1974年】製造編その2 前面ドア窓の巻  

みなさん御存じのように南海6001系は1次車、2次車、3次車以降で前面窓の大きさが・・・
微妙に!
違うそうです。
・・・わたしは知りませんでした(爆)。
(←前回の製造編その1 下ごしらえの巻からずいぶん経ちました。お忘れの方はこちらから復習してください。思い出したくもない!というほとんどの方は見なくていいです(爆))

このたび発売となった鉄コレ製品は2次車をプロトタイプとしており、左右の窓は1次車より大きく3次車以降と同じ大きさ、中央ドアの窓は1次車と似てますが1次車とは枠の納まりが違い、3次車以降のものと比べるとガラスのサイズが大きく、やっぱり異なっています。

狙っている編成はTc、cTを含む8連。ところがTc cTは3次車以降しか製造されていませんので2次車→3次車へ改造する必要があります。
すなわち、前面ドアの窓を小さくする加工が必要です。
大は小を兼ねるってむかしの日本人はウマいことを言いましたね・・・・

ウソつき日本人め!

小さい窓を大きく削るのはまだしも、大きい窓をどうやったら小さくなるねん!?

そこで小さい窓のドアを作ることにしました。
4枚!

鉄コレめ!なんでわざわざ超少数派の2次車をプロトタイプに選んだんだ!?


15mm角をドア数だけ0.2mmのプラ板にケガきます。
そのうち1つだけの中央部にドアの外形と窓もケガいておきます。

RIMG0002_20121003203518.jpg
15mm角に切り出しました。ドアをケガいた1枚は切り出す際に指で押さえやすくするためにプラ材の切れ端をくっつけたままにしておきます。

RIMG0003_20121003203519.jpg
最終製品になるドア部を避けて接着剤をつけ、全部貼り合わせます!
そう、ドアの枚数=4枚を一気に切り抜く算段です!

真鍮工作では前もって必要枚数をハンダ付けし、一気に糸のこで切りぬいて最後にコテを当ててハンダを溶かし、同じ形の複数のパーツを切り出す技法がありますが、コレはそれをマネたプラ版です・・・

RIMG0004_20121003203519.jpg
RIMG0005_20121003203519.jpg
窓の4隅に1.0mmのドリルで穴を開けて・・・

RIMG0006_20121003203519.jpg
ジゼルで4つの穴を結び・・・

RIMG0007_20121003203557.jpg
窓が開きました!

でもそのままでは断面がゲジゲジなので

RIMG0008_20121003203557.jpg
まずは角ヤスリ

RIMG0009_20121003203557.jpg
続いてスーパースティック砥ぎ石でラインを整えます。

つぎはドア外形を切り出します。

RIMG0013_20121003203637.jpg
まず、上辺を切り落とし、ドア左右を三角に切り落とします。

RIMG0014_20121003203637.jpg
三角に切り落とした部分に平やすりを差しこんでドア左右上部にRを付けます。

RIMG0015_20121003203637.jpg
残り3辺を切り落としていくと・・・

RIMG0016_20121003203637.jpg
同じ形のドアが必要枚数できました!
(必要なのは4枚ですが、念のため6枚作りました)

RIMG0001_20121003203638.jpg
予定では既存ドアの上に切り出した新しいドアを貼りつけるだけで終わり、でしたが、これでは枠とドア面が同じくらいになり、いかにもヘンです・・・

RIMG0002_20121003203638.jpg
そこでやっぱりドアを切り抜くことに!
まずは4隅に適当な穴を開け、ドア窓同様に4つの穴を結んで切り抜きます。

RIMG0004_20121003203700.jpg
4両切り抜きました・・・・

RIMG0005_20121003203701.jpg
切り出した新しいドアを枠から少し後退した位置に貼り付けました!

RIMG0006_20121003203701.jpg
まだ少々窓のラインが乱れてますが、後で微修正することにして一応これで完成です。

RIMG0008_20121003203701.jpg
左;改造工事が完了した3次車 右;製品の2次車

↓23時17分追記
RIMG0099_20121003231704.jpg
いま、4両分できました・・・
風呂入って寝よっと♪
(→製造編その3屋根の巻(上)はこちらから)

スポンサーサイト



コメント

こんばんは。

またまたまた、大変な工事ですね。
模型に限っては大は小を兼ねる事は少ないな~と私も感じてます。
巧みな犬鉄様はさすがです、ドアー全部ガツンと!
私は怖くて出来なそうなので、プラ板で大きな窓枠を埋める方を選びそうです。
いやいや、何もせず妥協するタイプなので、こうして犬鉄様のブログを閲覧しスゴイ!と感激してるんです。

こんばんはー!

D-Train殿、毎晩コメントありがとうございます!
そうなんですよ、大は小を兼ねることは少ない。でも小も大を兼ねない(爆)・・・
しかし、プラ板で大きい窓を埋めるほうが大変なような気が(汗)・・・

前面窓が違う・・・(驚き)

6000系の窓に違いがあるとは 知らなかったですよお(愕然)。あんまり拘る方じゃないけど知ってしまうとねえ・・・。

慌てて我が家の真鍮キットの6000系を調べてみると・・・。何次型だかわかりませーん(汗)。

前回の阪急 今回の南海 どちらもバリエーション多過ぎ。関西私鉄恐るべし。昔の西武みたいに単純化してよーん。作るの大変です。

おれも驚き

鹿児島の悪徳商人殿、おはようございますー。コメントありがとうございます。

>あんまり拘る方じゃないけど知ってしまうと

結局、こだわってるんやんけ(爆)。
ぼくも以前は拘る方ではないと思ってたんですが、それは実は知らんだけで(汗)、知ってしまうとトコトン拘ってしまうおバカなワタシに気付きました(大汗)。

遊々倶楽部のキットですよね?もちろんオカさん考証済のきっちりした3次車以降をモデル化してると思いますよー。
安心して完成させてくだされ!

関東私鉄だって京王5000なんか死ぬほどややこしいやんけー!未だに仕様を決定できてないです(泣)・・・



コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/307-73f21be4