FC2ブログ

東急6000系【大井町線6連1982年】 


RIMG0012_20120731181516.jpg
東急6000系は5200系に続くステンレス車王国東急の2番目のステンレスカーとして1960年にデビューしました。来年、2013年をもって終了する東横線の地下鉄日比谷線乗り入れをにらんだ先進的な設計はその後、最初のオールステンレスカーとして名を馳せた7000系に引き継がれます。
模型は今年2月、今は「総合車両」と名を変え、JRグループ入りをした東急車輛で開かれたオールステンレスカー誕生50周年記念のヲタ祭りで発売された鉄道コレクション4両セットを2セット使用し、改造を施したものです。
(*この記事の画像はすべてクリックで拡大します)
(←オールステンレス車両完成50周年 東急車輛 電車市場販売会 の様子はこちらから)
(←鉄道コレクション東急6000系の製品のご紹介はこちらから)
(←同じく鉄コレ改造により製造した7000系はこちらからどうぞ)

RIMG0040_20120731181542.jpg
二子玉川園(当時)・桜木町(当時)方先頭車デハ6006

RIMG0042_20120731181543.jpg
大井町・渋谷方先頭車デハ6007

RIMG0055.jpg
二子玉川園(当時)・桜木町(当時)方先頭6号車 M1c デハ6006

RIMG0064.jpg
5号車 M2c デハ6005

RIMG0057.jpg
4号車 M1c デハ6008

RIMG0060.jpg
3号車 M2 デハ6107

RIMG0062.jpg
2号車 M1 デハ6106(モーター車)

RIMG0066.jpg
大井町・渋谷方先頭1号車 M2c デハ6007

RIMG0048_20120731181829.jpg
先頭部詳細

RIMG0050_20120731181830.jpg
自作デカールによる車番。実物の文字天地が5cmほどの極小文字。読めません・・・。

RIMG0051.jpg
パンツマークはクロスポイント7200系キットに付属するインレタを使用しています。

RIMG0054_20120731181830.jpg
連結面。本来2枚上下に並ぶはずの銘板が製品では下のひとつしかありませんのでトレジャータウンの京急1000形用のエッチングパーツに含まれる銘板を上下に並べて瞬間接着剤で止めています。下はたぶんちゃんと「東急車輛」と書いてあると思いますが、上は「東京急行電鉄」ではなく「京浜急行電鉄」と書いてあるハズです(爆)。これも読めませんからこれでいいです。
なお、銘板の色は後に標準的なブルーになったような記憶もあるのですが定かではなく、荻原俊夫著JTBキャンブックス「東急ステンレスカーのあゆみ」に掲載されている竣工時の連結面写真を参考に白を色差ししています。

RIMG0046_20120731181831.jpg
デハ6000(偶数車6006)の前頭部床下。

RIMG0043_20120731181831.jpg
こちらはデハ6000(奇数車6007)の前頭部床下。偶数車とは機器配置が左右対称になっています。

RIMG0067.jpg
パンタグラフ周辺詳細。今回は資料不足をいいことにして製品モールドのまま、色差しでがまんしています。
パンタグラフはTomixのPT42FNの上半分とPG16の下半分を組み合わせてPT43Bを再現、シルバー塗装を施しています。
(←東急用パンタグラフの詳細はこちらから)

RIMG0036_20120731181927.jpg
大井町線で活躍した車輛たちを並べてみました。これら4車種が同時に大井町線で活躍した時期はあったのでしょうか?少し調べればわかることですが、私の記憶は曖昧になっています。

DSC_0003_20120731181927.jpg
昨夜、祐天寺モデルスさんのご厚意でお店のレイアウトで走行した時の様子です。自宅ではまず走らせられないのでその喜びは忘れていましたがやはり鉄道模型は走らせてナンボですね。

RIMG0019_20120731221945.jpg

製造記録は下のリンクからどうぞ
(←(その1)下ごしらえの巻 )
(←(その2)塗装の巻 )
(←(その3)下回りの巻 )
(←(その4)仕上げ編?仕上がってへん! )

【特別付録!鉄道模型の新しい楽しみ方!】
最近の鉄道模型はハイテク時代を反映してDCCだの車載カメラだの自動運転だの楽しそうな新しい楽しみ方が続々と提案されています。
でも、金も電気知識もないわたしには関係ありません!

そこで!


プレゼンテーション1
一番最後の写真を粗い解像度のまま部分的にびよーんと伸ばしてみました!

なんとホンモノみたいです!
上野毛の切りとおしの上から見下ろした大井町線みたいじゃないですか!?
(そう思うのは自分だけだと思います・・・)


・・・ってこれが鉄道模型の新しい楽しみ方なんて大それたもんかい!?
でも楽しいです(笑)

スポンサーサイト



コメント

こんにちは。

イヌ○○○様こんにちは。
段々と○○○に当てはめる事が困難になってきました~すみません!
ドボンの翌日は完成とホント信じられないスピードでビックリです。
しかも完成度は最高ですし~
大井町線を走った車両!こういった再現は私も大好きです!シビレま~す!
〈DCCじゃ×。サウンドでもダメダメ〉
この並びが最高なんです。
当時の編成通りだから良いんです。
6000系カントカーブは、正しく上野毛~二子のようです。

※DCCにカメラカー・サウンドなど私も今ひとつノリません。
どちらかと言えば、編成並べて(走らせて)当時を妄想する方が良いです。

お邪魔しました。

D-Trainさん、おはようございます。
最後は日曜日一日中気が狂ったように塗ってましたから(笑)自分でもちょっと模型やりすぎだと思いました(爆)。
わたしも実は脳内DCC(ギャップを切りまくって濃密ダイヤ運転)、脳内車載カメラ(ただの妄想)、脳内サウンド(モーター音にジョイント音、コンプレッサーにドアのエア抜け(ぷっしゅ~)、ブレーキのエア抜けは103系が最高(カーー)。実際に口に出てるかも!?あぶねえ~)のほうがしっくりきます(滝汗)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/241-3e03fccd