FC2ブログ

KATO 営団地下鉄丸ノ内線500・300形 


RIMG0013_20120730230151.jpg
昨夜あたりから東京の、あるいは日本中のお父さんは部屋でこっそりこんな並びを楽しんでおられるかもしれません。
一昨日発売になったKATOの営団地下鉄丸ノ内線です。
いまさらこんな車両が完成品で、しかも泣く子も黙るKATO様から発売されるなんて夢のような時代になったものです。

RIMG0005_20120730230151.jpg
6両編成中4両を占める500形。

RIMG0004_20120730230152.jpg
こちらは2号車、5号車に挟まる300形。両運転台で、屋根の形状が500形とは大きく異なります。
実車ではその他。400形、900形がありましたが、この500形4両+300形2両の6両編成がこの全身真っ赤な丸ノ内線電車の代表的な編成だったみたいです。

RIMG0001_20120730230221.jpg
1号車、6号車の500形。模型ではヘッドライト、テールライトのほか、方向幕も点灯します。窓はHゴムに換装されています。

RIMG0002_20120730233409.jpg
こちらは3号車、4号車用の500形。窓は原型のままのスチール枠。こちらのほうが記憶にあるおじさまも多いかと思います。ヘッドライト、テールライトは点灯しないばかりかテールライトはクリアパーツもなく、モールドで銀に塗られただけです。まあ、コストダウンのためには仕方ないところ。ただし、KATOカプラーで連結させるために中央部で切られたアンチクライマーはわたしとしては残念に感じるところです。なんだか、京急1000形にも通じる、こういうデザインであったかのような錯覚に陥ります。
(2013年1月8日追記 なんと実車も中央部でアンチクライマーが切られているそうです!知識不足で間違った記述をして申し訳ありません・・・。コメントにてお教えいただきました)

RIMG0003_20120730230222.jpg
2号車、5号車の300型。模型の仕様は3、4号車の500形に準じます。方向幕左右の標識灯が特徴的。


RIMG0006_20120730232357.jpg
これが丸ノ内線を象徴したサインカーブ。本当に美しいモールドと塗装でうっとります。ただ、実車ではステンレス板1枚を切って貼ってあっただけでしたから、この浮き出し方は少々オーバーにも感じます。ボディの赤の色も少し鮮やか過ぎてわたしのイメージとは少々異なりますが、それは単に実車が汚れていたせいかもしれません。

RIMG0009_20120730232357.jpg
白帯とサインカーブはきちんと連結妻面にも回りこんでいます。

RIMG0012_20120730232358.jpg
RIMG0014_20120730232358.jpg
1984年~85年の1年間、丸ノ内線沿線に暮らしておりました。社会人になった年です。新中野の自宅から赤坂見附へ、赤坂見附で銀座線に乗り換えて外苑前まで通っていました。ちょうど銀座線にこの01系が投入されたところでした。

RIMG0017_20120730232359.jpg
いま、手元の模型でそのころの思い出が甦ります。
・・・しかし、銀座線ってこんなにちっちゃいんですね!
明後日から「東京の地下鉄」をテーマに銀座松屋で開かれる鉄道模型ショウで、さらにKATOの東京メトロシリーズが発表になるそうです。以前の雑誌インタビューで加藤社長が語っていたように人気の高いJR線乗り入れの東西線でしょうか?それとも千代田線6000系?銀座での発表ということは銀座線の新型1000系かもしれないですね。わたしはこの赤い丸ノ内線と01系と同時代の銀座を走るもう一本、日比谷線3000系だといいなあ、と思っていますがそれはないですよ、ね・・・

(→昨夜ご一緒におそろいで買ったD-Trainさんところでは早くも「お茶の水ジオラマ」を快走してます!スゴいです。本物に見えます! 「お茶の水ジオラマはこちらからどうぞ!

スポンサーサイト



コメント

楽しいひと時ありがとうございました。

こんにちは。
楽しいひと時、ありがとうございた。

丸の内線入線おめでとうございます。
銀座線はこんなに短いし小さいんですね!
私も次はカトーさんに日比谷線3000系が良いなと期待したいです。

まさかレイアウト開通してるんなてビックリ!試走はサプライズでした。

南海・阪急に東急見せて頂き、自分のヘボが見えてしまい、今後の工作に相当影響しそうです。(見なければ良かった!元い~見させて頂きホント影響されてます)

お邪魔しました。

お茶の水ジオラマ!

D-Trainさん、おはようございます!
昨夜は本当に楽しかったですね!ありがとうございました!祐天寺モデルスさんのレイアウトを走らせてもらってやっぱり模型は走らせてナンボであることを再認識しました。
鉄コレ軍団、余計なものをお見せしてしまい申し訳なかったです。それこそへっぽこですが、また見てやってください。狭い部屋でしこしこ作るだけではアレですので(笑)。
それからやっぱりD-Trainさんも3000系キボンヌですか!?わたしも揃っていそうで揃ってなかった3000系がD-Trainさんも同じように揃ってないところがおもしろいです。長野に現存するとはいえ、いまいち人気が高いとは思えないし、すでに真っ黒エース製とはいえ、なかなかの出来栄えの3000系、KATOからはいまいち望み薄ですが、まあ、そんなに急がずあしたの発表を待っても遅くないです(笑)。もしあしたの発表が3000系ならまたおそろいで揃えましょう。6000系でもいいですね。5000系と8000系はぼくは要りません(爆)

  • [2012/07/31 07:01]
  • URL |
  • イヌ500+イヌ300+イヌ500
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

通りすがりの者です。中間先頭車のアンチクライマ中央部の欠きとりはKATOカプラーのためではなく、実車も幌座を取り付けた車両は例外なく欠きとられていますよ。

名無し殿、コメントどうもありがとうございます!
そうでしたか!ご教示ありがとうございました!

  • [2013/01/08 18:17]
  • URL |
  • イヌ500+イヌ300+イヌ500  
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/240-c34b70f3