あこがれのモナ田号で逝く!名鉄揖斐線・谷汲線廃線跡をトレース!(その4 揖斐線尻毛橋から西へ向かうの巻)  

名鉄揖斐線廃線跡の旅、第4回はだいすきな尻毛、尻毛橋からです。
地図1
スライド1
毎回となりますが、位置のかくにん!
まだまだ旅は始まったばかり、この地図でいいますと東ブロックです。


地図3
スライド3
東ブロックの拡大図。
前回の忠節からここ尻毛橋のAブロックに続いて、今日はBブロックです!
(←前回のAブロック)

地図17,18
スライド17
この人工衛星からの画像を3分間見続けてください。
ホラ、ひらがな4文字のパスコードが・・・・
見えてくるワケ有馬温泉!

スライド18
そう、こっちの地図を見てから上の画像を見ると、線路跡が浮かび上がってまいります。
伊自良川を渡り、堤防からS字カーブを描いて、地面に降りると線路は真西に方向を変えて進んでまいります。


地図19,20
スライド19
スライド20
地図18右手の赤い四角、B1を拡大したのがこちら。
右手を上下に流れるのが伊自良川。
距離計などを参考に位置を割り出すと川を渡ってスグのところに尻毛橋駅があったようです。

RIMG0077_2017090115500100d.jpg
前回、Aブロックのご紹介の最後で、川を渡っていくシーンをごらんいただきましたが、これが渡った先の堤防から見返したところ。

RIMG0078_20170901155003c91.jpg
こうやって電車が渡って来てたワケです。

古い写真を見るとこの鉄橋、橋脚まで華奢な鉄骨でなんともスラバヤシい風情。
桁はムリでも橋脚くらいは残ってるんジャマイカと期待していたのですが橋脚はおろか、橋脚の基礎すら見当たりません。
どうも、法的に速やかな撤去が求められてる様子。
法治国家、糞!
いまこそ放置国家を(大糞核爆)!

痴呆国家っていうのもええなぁ(大糞核爆)~♪

RIMG0079_20170904093622f84.jpg
さて、堤防の上で川を背に振り返りますと、仮柵の向こうには・・・・

RIMG0081_20170904093623b72.jpg
築堤がそのまま残っています!

RIMG0080_20170904093623898.jpg
こうして電車は尻毛橋駅に到着!

RIMG0084_20170904093627acf.jpg
堤防からいったん、下へ降り、二股の道を逆方向に行くとその築堤の側面がっ!

RIMG0083_2017090409362568a.jpg
こうやってガード上を電車が渡っていたのですぬー

RIMG0085_20170904093628e4c.jpg
RIMG0086_20170904093630fb0.jpg

RIMG0087_20170904093632a69.jpg
ガードをくぐって反対側に出てみると、北側の側面は立派な御影石積み。

RIMG0088_2017090409363392c.jpg
こうして下り電車は築堤を進んでガードをわたり、尻毛橋駅に進入。

RIMG0091_20170904093634bdc.jpg
元の線路南側に戻って、西を向いて築堤を見上げます。この位置に尻毛橋駅があったハズ。

RIMG0092_201709040936357cd.jpg
尻毛橋駅に停車中の姿は困難だったでしょうか?

・・・この尻毛橋駅の位置を割り出すのはけっこう変態でした。キロ程からキチンと計算したつもりでしたが、どうもここではなく、川の手前側、すわなち前回の堤防のあたりだったようです。
しかも、この駅は全線廃止になるはるか以前に廃止されたようです。揖斐線の駅は段階的に減らされていきました。この記事では最後に残った駅だけじゃなくて大昔廃止された駅も含まれていそうだし、駅の位置もあやしいところがあります。スミマセン。


尻毛橋を後にします。

お手数ですが地図18に戻ってください。
西宮北口っぽいけどぜんぜん違う北方東口駅を出てすぐ西側で黄色で描かれる国道157号線が、これまで電車と平行だったのに急に向きを北西に変え、電車を渡る。
渡ったらまたすぐ国道は進路を西に戻し、電車と平行に。

RIMG0093_201709040936374d3.jpg
ココです。
国道と線路跡が斜めに交差しています。
・・・ってことは電車は国道より先に出来た、んでしょうぬー!

RIMG0096_201709040936402c0.jpg

RIMG0100_20170904093644c76.jpg

RIMG0097_2017090409364135b.jpg
このあたり、やみくもに国道と直交する路地に入れば必ず駅跡に出くわしました。

RIMG0098_20170904093643880.jpg
こんなカンジでしょうかー?

RIMG0101_20170904093719e23.jpg
RIMG0103_201709040937208a9.jpg
ここも。

地図21,22
スライド21
スライド22
地図18左端の赤い四角、B2を拡大したのがコレ。
古い集落があちこちに見受けられる土地ではあるものの、基本的に道は意外と碁盤の目に通っているのですが、ここだけなぜか東西から押されたみたいに川も道もぐちゃっとつぶれています。
それでも電車はのんきにまっすぐに突っ切っていきます。
(つづく)

スポンサーサイト

コメント

駅がだいぶ増えているみたいなんだけど、忠節~黒野間の駅は、近ノ島、旦ノ島、尻毛、又丸、北方東口、北方千歳町、美濃北方、真桑、政田、下方、相羽、だったはず。

  • [2017/09/09 20:55]
  • URL |
  • モハメイドペーパー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ひー

減ってるなら飛ばしちゃってるんでしょうけど増えてるって(大糞核爆)!?

  • [2017/09/09 21:26]
  • URL |
  • 名犬ナナちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

尻毛橋駅

今、調べたのじゃが川の反対、岐阜側にあった様だ。おまけにS44年に消滅しとる。
瀬戸電外堀の時も思ったが、わんわんデータベースは古すぎないきゃ?
じゃあ、お前が調べろよですって?
仰るとおり、これまた失礼。

うーん

尻毛橋はキロ程からナニからかなり調べ倒して割り出したんですがそもそも相当古い駅なんですよ、ね・・・
段階的に駅が減らされたことはわかってたけど、最後に残った駅だけではちょっと寂しいし・・・
いずれにしてもつい最近の廃線のクセにオレの調査がええ加減であることが露呈してるな・・・・

  • [2017/09/09 21:56]
  • URL |
  • 名犬ナナちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

 私があげた駅は昭和56年1月発行のカラーブックス「名鉄」からの引用で、廃止までこのままだったようです。

  • [2017/09/09 23:24]
  • URL |
  • モハメイドペーパー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ハシ鉄

尻毛の次が股におまるか!とよく言われていたのを思い出しますが、橋が挟まっていたことは初めて知りました。
尻毛も股まるも、末期には急行停車駅に昇格して液飛ばされなくなりました・・・

ですぬ

モハモハちゃん、
ご丁寧にありがとうございますー!
ぼくも調べたら、最終的に残った液× がモハモハちゃんのおっしゃる液だったようですぬー。
デハオレのは液数最大のときか?それがわからんのに記事書くなよオレ(大糞核爆)!

  • [2017/09/11 08:24]
  • URL |
  • 名犬ナナちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

なるほど

昇格したのか、周りに液がなくなってしかたなく残った液は飛ばせなくなったのか・・・
ともかく下品な液名の連続でだいすきです(糞爆)。

  • [2017/09/11 08:27]
  • URL |
  • 名犬ナナちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/2210-8f3a51ed