FC2ブログ

まらまら通信 兼 JAMJAM通信!46 TMS(鉄犬まらまら主義)コンペ 【チオマラモジュール】テクニカルリポート(糞爆)その3 究極の鉄道模型コントロールシステム「人間DCC」はやっぱりショートしていた野田阪神(その後)・・・・  

(最後に追記あり 9/3 21:11)
性交裡に終わった、JAMでのチオマラ。
しかし、そこには悲しいショートが隠されていた・・・・・
(←テクニカルリポート 「究極の鉄道模型コントロールシステム「人間DCC」はやっぱりショートしていた」はこちらから!)
その悲しいショート記事に、あの奇車怪社さんが「コモンレール」を用いればよいとコメントをいただき、それだと逆行できないのではとシェルパさんが、そして、全軸集電ではこれまたえらいことにと竿竹屋が参戦、相当生ぬるい論議が展開!
そこへまた輪をかけてアルプスのオッサンがワケわからんことを(大糞核爆)!
(←大論戦の模様はこちら!)

ひひひひひひ・・・・・
実は!
オレにはそんな論議を待たずして、究極の妙案があった野田阪神!

それでは例によって、全体像をご覧ください!
スライド1
全体のチオマラ配置、PACの配置、そして緑ラインの両ギャップの配置も以前と同じ。
唯一、追加したのは赤い線で表した新たな両ギャップ。
すわなち!
チオマラ全体を8つの区間に分割、それぞれの区間間に新たにできた区間を「送り込み区間」と呼ぶ野田!

スライド2
出た(大糞核爆)!
コレが究極の鉄道モケーコントロールシステムを司る、新兵器「パックパッカーA(真打のエース)」だー(大糞核爆)!


スライド3
パックパッカーA(真打のエース)の中身はこうなっているー!
そう、単なる2極双投のトグルスイッチ(大糞核爆)・・・・
まあ、フツーのA⇔B切り替えの「オルタネート動作型」ではなくて、B方向にスイッチを倒している間だけBに投入、手を離せばA投入に戻る「モーメンタリ動作型」のほうがよいと思います。

デハ、このパックパッカーA(真打のエース)を使った運転例をご覧ください!
スライド5
パックパッカーA(真打のエース)は各PACとセットで置かれます。
図のパックパッカーA(真打のエース)はPAC1うんたんし管轄のもの。
まず、ブロック1はPAC1固定のブロックですので、なにもしなくても電車はPAC1で普通にコントロールできます。

スライド6
電車が完全に送り込み区間に入ったとき、うんたんしはパックパッカーA(真打のエース)のトグルスイッチを向こうへ倒し、送り込み区間にいる電車のコントロールをPAC2のうんたんしに渡します!

スライド7
そして電車が完全にブロック2に入ったらPAC1のうんたんしはトグルスイッチから手を離し、送り込み区間のコントロールをPAC1配下に戻し、つぎの電車に備える!

どうだ!
参ったか(糞爆)!?

駄菓子!
スライド8
こうなると制御不能となりますので、先行列車がブロック2に入るまでは後発列車を送り込み区間に進行させてはなりません。
すでに先行列車はPAC2配下にありますので、後発列車をブロック1で停止させるのはカンタンです。

さあ、どうだ!?

まず、頭の中でうんたん気分をシミュレートしてみてください!
変態です(大糞核爆)!
しかも・・・・
内回り、外回りの両方から攻めてくるわけです!

そんなことを考えていた昨夜、突然メールが届きました!
そう!
メールはかならず突然届きます(大糞核爆)!

こんばんはー、突然メールはやってきます、あなたの奇車怪社でーす(大糞核爆)♪

コモンレール式ブロックコントロールの説明
20170902 奇車怪社


隣のブロックが逆極性の場合に、車両が進出すると・・・
奇車案
車輪 赤/黒 でギャップを跨ぐので
PAC1のプラス電極とPAC2のマイナス電極、ならびにPAC2のプラス電極とPAC1のマイナス電極がつながるため、図のような2基のPACを通過する回路が構成される。
緑線の回路内には負荷がないので、ショートになる。

まあ、結局、ナニが書いてあるのかさっぱりわかりま温泉(大糞核爆)・・・・・

ただし、コモンレール方式(全ギャップを片ギャップとする)において、となりのブロックが逆極性の場合、手前の順極性ブロックに逆行した場合のみヤバい、ということだけはわかりました。
すわなち、その場合を除いて問題なく、各PACで各ブロックをコントロールでき、片ギャップ通過時において電車A、電車Bとも問題なく通過する、らしい・・・・

ということでここはわんわん案は却下!
奇車怪社案を試してみることにします!

いよいよまた日曜日が終わりますぬー!
日曜の翌日はもろちん、日曜日!
あしたもモケー作ろうぜ!
チャオ!

(以下、9/3 21時追加)
・・・・なんと夕方また突然メールがっ(大糞核爆)!
もろちん、ここはアルプスのオッサンからです!

01-平面イメージ
なんかSF映画の悪党宇宙人軍団のロゴみたいです(大糞核爆)・・・・・

02-ロータリースイッチ
いよいよスペーシーなカンジになってまいりました(大糞核爆)!

03-配線イメージ

04-走行1
05-走行2
06-走行3

01-平面イメージ.jpg   今回の国際コンペ パネル割を元にした平面の配線のイメージ。
02-ロータリースイッチ.jpg ロータリースイッチの略図。
03-配線イメージ.jpg    PACを含めた配線。
04-走行1.jpg~06-走行3.jpg ロータリースイッチ切替え時の給電と走行の模式図。

これはまったく異次元からやってきたのではないか(大糞核爆)!?


スポンサーサイト



コメント

スゲーことに成ってまんなあ!

最後の奴はほぼキャブコンってか、その昔のディスパッチャーコントロールですね。
運転担当以外にロータリースイッチ動かす要員が必要ってこと?

すみません。

やはり課題の意図を間違って受け止めていました。
面目ない。

スゲー

はい、アルプスのオッサンのヤツはデュアルキャブコンの劣化版ですぬ(大糞核爆)!
なんで「ロータリースイッチ」なのかがさっぱりわからない(糞爆)。
一番上の図を見ると、ロータリー野郎が存在するカンジですが、後のほうの絵を見るとなんと各PACにいっこずつロータリースイッチがあるようです(大糞核爆)!
8つの「ロータリースイッチ」から6つのブロックにパラレルで配線が阿賀阿賀阿賀阿賀阿賀あああああああああああああああああ!
やはり宇宙的であります!

いえいえ

課題の意図はご理解いただいてますよー。
「ロータリースイッチ」同士の同期が取れない、配線がものすげーなどちょっと現実的でない、ゆわば宇宙的なだけ(核爆)・・・・
ありがとうございました!

うわああああ

ますます高度すぎるがや!
「親切な物理」よりはるかにムズい。
かみ砕いて説明すると、PAC3はミサイルを迎撃せんで、プラキチ機を破壊したということきゃ?
シラフコメじゃが削除フリーということで・・

やめとけ(糞爆)!

シラフじゃかんな!
ムズカシイことは考えんとエレキと同じようにラクな方向に流れといてくだされ(大糞核爆)!

説明が下手です、申し訳ない。

補足説明です。
ロータリースイッチ(以下 RS )はダイヤル式で角度 30度ごと、電極(+)(-)一体で切替えできます。
システムは PAC( 1個 )---RS( 1個 )---レール( 6区間 ) と成り、車両1編成の対応としてます。
車両2編成、同時に走らせるに辺り2つのシステムを必要と考えています。

説明図のロータリースイッチ、破断線を入れるか円で描くべきでした。・・・・反省。

いや、だから・・・・

もう補足説明は十分です(大糞核爆)・・・・
ありがとうございました(大糞核爆)!

マンダラ

スペーシーなマンダラみたいですな。千手観音が真ん中でオペレーションですね。シグ鉄さん「親切な物理」は親切ではなかったですなあ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/2209-aca1f31b