西武安比奈線廃線跡を逝く(その4) 圓福寺から雑木林を抜けて八瀬大橋までの巻 

みなさん、今夜もおたのしみの時間がやってきてしまいました!
それでは今夜もアノ地図4からスタートしましょう!
スライド4
地図4

今夜はいよいよDブロック!
終わりが近づいてきましたね!
そこでおたのしみはとっておく、の原則通り、今夜はDブロックの前半だけ(大糞核爆)!
・・・またトモダチ、減らしそうです。。。
そもそもすくないトモダチ、ゼロになるかも♪

スライド13
地図13
Dブロックの拡大図です。
右下に圓福寺、そしてちょろっと見えている青の点線がここまでの線路跡。
(←圓福寺まで)

でも、その先にも線路跡らしき線は見えません。
しかたない。
人工衛星を飛ばすことにしました!
スライド14
地図14
Dブロックのところです。
右下に圓福寺とここまで線路に沿ってきた直線道路がちょろっと写っています。
でもその先はホンキで雑木林のようですが・・・・

ああっ!
雑木林になにやら薄くなっている部分がっ!

スライド15
地図15
薄くなっている部分をなぞってみると、左へ大きくカーブするラインが!
そう、この赤い点線こそ、この先の安比奈線のルート!

RIMG0129_201705011257245ac.jpg
55
まずは圓福寺にて。
雑木林に突っ込んで終わる線路跡をおさらいしておきましょう。
道路が横切るところだけ、線路が見えますね。
その線路の延長上は?

RIMG0130_20170501125724533.jpg
56
ああっ!
木と木のスキマに線路がっ!
奥になにやら白ズボンのたくさんのアホの姿が!

・・・なんかの撮影のようです。
オレ、こいつらキライです(大糞核爆)。

RIMG0133_20170501125726d9f.jpg
57
かまわず進みます。

RIMG0136_20170501125728a02.jpg
58
雑木林を抜けました!

RIMG0137_20170501125730207.jpg
59
その先に、ガードレールが見えてきました。

RIMG0140_20170501125731328.jpg
60
左へ少しけば、あのうどん屋のはずです。
(←うどん自殺可能!)

RIMG0141_20170501125733b70.jpg
61
ここに限らず、立ち入り禁止です。
でもここのはなんとなく、マジで立ち入り禁止っぽい雰囲気がありますね。
座って入りましょう。

RIMG0142_20170501125733730.jpg
62
スグに鉄橋です。鉄橋にはさらに頑強に柵が施されています。

RIMG0143_201705011257355bd.jpg
63
RIMG0144_20170501125737eef.jpg
64
列車にはムリでも人間の登坂能力をもってすれば平気でわたれます。

RIMG0145_20170501125738332.jpg
65
足元注意です。
立ち入り禁止なのになぜ足元注意なのかわからないし、
大体、どうやって足元に注意すればよいのかもわかりません(大糞核爆)・・・・

RIMG0147_20170501125740cf2.jpg
66
人工衛星から見たとおり、線路はここから左へ大きなカーブを描く築提が続きます。でも、右側の木はどうしたって車輌に当たります。
専門用語では「限界越えとるやないけ~」といいます。

あ。足元。

RIMG0149_20170501125741ea9.jpg
67
足元を見るとなんと木の根が線路から持ち上がっています!
これも専門用語では「限界越えとるやないけ~」といいます!

RIMG0151_20170501125743b30.jpg
68
ああっ!

RIMG0152_20170501125744646.jpg
69
うわああああああああああああああああああああ
木の根が線路に、まるでエイリアンのように絡みついています!
限界越えとるやないけええええええええええええええええええええ~~!


RIMG0153_20170501125745d99.jpg
70
かわいい犬釘

RIMG0154_20170501125747831.jpg
71
朽ちた木が転がり、前方には八瀬大橋へつながる、大きな自動車道の勾配が見えてきました。

RIMG0156_201705011257502f2.jpg
72
左手にはゴミ、正面には自動車道!

RIMG0157_20170501125818bf0.jpg
73
線路は左へカーブしながら、自動車道にブチ当たって終わっています。

RIMG0160_20170501125819906.jpg
74
右を向いても左を見ても、延々と自動車道のコンクリが続きます。

RIMG0161_2017050112581913a.jpg
75
こうゆうときはどっちへイケばよいか、いや、スマホって便利です・・・・
って、なんにも描いてへんやないかー!

RIMG0162_20170501125820927.jpg
76
右へ少し進むと、運よく、向こう側に抜ける場所がありました。

RIMG0163_20170501125822285.jpg
77
向こう側に抜けるとさらに荒涼とした風景が広がります。
この自動車道、高さが中途半端で、列車はトンネルでくぐるわけにもいかない。
復活を企てるならココが全線で最もヤバい場所です。

前方の曲弦トラスは立派に見えますが、厚みは水道管1本か2本の水道橋であります。
(つづく)

スポンサーサイト

コメント

ここも手が回ったか

 59の所の水路橋(夏には水が溜まるらしい)、ここも手が入ってますね。私はこの上を2往復くらい歩きました。
 八瀬大橋の下はくぐらなかったのが心残りだけど、もう一度行ってみるかといわれたら、考えときまひょ、です。

  • [2017/05/10 20:41]
  • URL |
  • モハメイドペーパー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

やはり!

毎度貴重なコメント、ありがとうございます!
この区間、なんだか遊歩道として整備されてる感じなのに立入禁止とはヘンだなあーと思いました。
八瀬大橋の下?
くぐってもなんもええことありませんですよー
くぐらず、左折でうどん自殺に向かいましたか!?

  • [2017/05/11 08:27]
  • URL |
  • アヘアヘナ・デ・ワンワン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

あっ…

そのうどん屋の誘惑に負けて食べました…

うどん自殺しちゃったですか!?
天丼自殺も??

  • [2017/05/13 08:29]
  • URL |
  • アヘアヘナ・デ・ワンワン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/2111-e39dd5be