西武安比奈線廃線跡を逝く(その3) 圓福寺までの巻 

スライド4
地図4
それでは今夜も例によって地図4から逝きましょう!
今夜はCブロック。
安比奈線のちょうど中間地点あたりです。

スライド11
地図11
Cブロックの拡大図。
Bブロックから続く線路が右下から顔を覗かせていますが、その先は線路を示す薄い線は見えなくなっています。

スライド12
地図12
赤い点線で示したBブロックから続く線路はちょうど地図中央で終わっています。
その代わり、線路の延長線上、少し離れたところに青の点線で示す道路があります。
それでは今夜は左上の青の点線のところにある、圓福寺(艶福寺では有馬温泉)まで歩いてみましょう!

RIMG0111_20170426160520505.jpg
41
しばらく架線柱が撤去された区間が続きましたが、その先に1本だけ残っています。
なぜなんでしょうね・・・・

RIMG0112_20170426160521eb0.jpg
42

RIMG0113_20170426160523d38.jpg
43
ちいさな溝を渡る線路。
枕木もなく、コンクリートの木曽× 糞×× 基礎に直接線路が載せられているのがおもしろい。

RIMG0115_20170426160524522.jpg
44
真新しい住宅の間を抜けていく線路

RIMG0118_20170426160526f3d.jpg
45
その先にも美しい武蔵野の光景が広がります。

RIMG0120_201704261605285c6.jpg
46
い?

RIMG0121_2017042616052933f.jpg
47
地図のとおり、ついに線路が消えていってしまった!

RIMG0122_20170426160530fe5.jpg
48
道路が横断するところだけ残された線路
その先にはまた架線柱が1本・・・・

RIMG0123_20170426160532f98.jpg
49

RIMG0124_201704261605335b6.jpg
50
こんなところだけ線路がときどき顔を出す

RIMG0125_201704261605351af.jpg
51
線路に渡された民家への入口用桟木

RIMG0126_2017042616053694b.jpg
52
線路は消え、ふたたび架線柱が1本。

RIMG0127_20170426160538bb3.jpg
53
とうとう線路も架線柱も消えた

RIMG0129_20170426160540ff8.jpg
54
圓福寺のところでとうとう線路の延長線上は雑木林で遮られてしまいました。
(つづく)

スポンサーサイト

コメント

残っている架線柱はコンクリート製かと思ったのですが...
写真52は木製でしたね。

ここも盛者必衰の理があらわれている…。

  • [2017/05/09 20:52]
  • URL |
  • モハメイドペーパー
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ひ?

南大塚の駅付近で片方コンクリートってのもありますがほとんどが木製ですよぅ~

  • [2017/05/09 23:35]
  • URL |
  • アヘアヘナ・デ・ワンワン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

・・・・

そうなんですよ・・・
このシリーズ、そもそもモハモハちゃんしか来てなかったのにそのモハモハちゃんが来てくれないと困難に・・・

  • [2017/05/09 23:37]
  • URL |
  • アヘアヘナ・デ・ワンワン
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/2103-ab7a8998