FC2ブログ

週末の工作 

このクソ悪い天気の週末、たのしみでもあるブログの更新すらサボってなにをしていたかと申しますと・・・


南海21001、22001系の屋根!
だれも見てくれない、まさに自己満足の極致たる配管なんかどうでもよいのです!屋根の両脇に並ぶ6両合計208本の手すりのようなもの!手すりではありません。ランボードの足。手すりではないですからこの後、ランボードの板を取り付けるわけで、ほとんど見えなくなります(爆)。だれも見てくれないことにかけては配管以上!手すりではないですからある程度の厚みが必要で市販の手すりエッチングは使わず0.2×0,15mmの洋白帯材を「コ」の字に曲げ(208こ)、屋根に0.3mmの孔を開けて(416こ)差しました。
はっきり言って、なんのためにこんな苦行に耐えているのかさっぱりわかんなくなりましたよ!
もうこんなことは二度としませんから許してください。

でも、たとえばこの21001系ならだれでもが褒める眠そうな湘南顔や前パン姿だけじゃなくて、自分だけが見出している「ヒミツのアイデンティティ」みたいなものが電車にはそれぞれあるように思います。ちょうど、昔の彼女のおしりのホクロが忘れられないみたいな・・・(オレだけか!?)それはわたしにとっては秋でもないのに天高く持ち上げられたこのランボード。これこそ、オレさまにとってはこの南海21001系の最大のチャームポイントです。そして22001系では真逆でランボードはぺったぺたに下げてその代わりにパンタ母線を天高く持ち上げるというわけわからん処理!そのスカタンな差異を模型化したい!
で、こんなことになってしまいましたというご報告まで!

スポンサーサイト



コメント

こんにちは。

気が遠くなりそうな208本のログ閲覧させて頂きました。(お疲れ様です!)

鉄コレでは雨トイのようにしか見えないランボード部分の成型部分ですが、まさかここまでされるとは、愛情たっぷりですね。

208本=416箇所!?!?ココホント気が遠くなります。
私は絶対無理です~おそら始めても途中で中断、何年もお寝んねさせてまった後、廃車が想像できます。

完成は相当素晴らしいズームになる事と確信しております。

おはようございますー

D-Trainさん、いつもコメントありがとうございます!
やりすぎました(笑)・・・ でも鉄コレのランボードにはいつも泣かされます。「各自工夫」が前提のGMキットなら別パーツだから工夫しなくてもけっこうイイ感じなんですが。でも鉄コレのボディには魅かれますしね。困ったもんです。ちなみに手間暇愛情たっぷりなのに(たっぷりだから?)相当ヘタレなズームになりそうで怖いです。。。

208個...
本当に乙です。
さすがプロ!

絶対にやらないな>俺

どんなに好きな京急でもやらない。
そこまで出来る腕が無い...
忍耐が無い...
ってか、だいたい似てりゃOK台車の自分でも許せない形になると思う...鬱

ちなみに私にも忘れられないホクロ有りw

赤けりゃ京急、っていうyamapeeさんの考え方が実は私も一番好きなんですが・・・。手を入れだすとこんなことになっちゃいます。ちなみに「波打つランボード!南海ズームカー!!」ってマイクロ風キャッチコピーを付けたくなるほどダサい出来です・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/195-49fcae98