FC2ブログ

東急デハ8640のクーラーキセの色 

模型を作っていてクーラーやベンチレータ、パンタグラフなど屋上機器の色ってどんな色か悩んだことはないでしょうか?私はいつも悩みます。でも、意外と悩むこともないのかも。

昨日の朝です。例によって8640Fに首尾よく乗車できました。

DSC_1200.jpg
夕方の帰り道も同じ8640Fでした。旗の台駅に停車中のデハ8640です。屋根上のクーラーキセ(なんでキセって言うんでしょうか(笑))にご注目!

DSC_1196.jpg
手前から2個目だけが1個目、3個目より色が濃い!

東急をはじめ、私のよく知るところでいうと京急も阪急も集約分散型のクーラーキセって昼間見ると真っ白に近いくらい薄いグレーです。夜になると案外濃くなるのですが、模型に塗るときどんな色に塗ればよいか悩んでしまいます。この8640Fは大井町線の多くの電車同様、ほとんど汚れてませんのでこの色の違いは色褪せとか汚れによるものではなく、元々の色(それが塗装によるものなのか、FRPの樹脂の色なのかも知らないのですが・・・)が違うようです。東急8500系についていえば登場時のいくつかの編成がかなり濃い色に見えますが、このように同じ車両でも色が違うということは、まあ、模型ですから好みの色を塗ればいいような気がしてきました。

スポンサーサイト



コメント

「着せ替え」のキセ。
んなぁ~訳無い。
ともあれ、機器などのカバー全体をよく「キセ」って言いますよね。

京急旧1000形の試作?分散冷房のキセは鋼鉄製の角張って、ドス黒いものでした。
これも写真無いや...
編成は何番だったっけかな...

この頭の記憶も何時まで持つやら。
紫外線浴びたら消去されるかもw

はい、1179編成ですね。ドイツ軍艦みたいなやつ(笑)。あのすばらしきヲタ本、キャンブックス「京急1000形半世紀のあゆみ」64ページに写真が載ってます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/193-cb4f95d8