どMとめぐる神戸の山と海(後編)山陽電鉄の巻  

塩屋、と聞くとなんとも風光明媚なところのイメージですが、実際はどんなとこかさっぱりわかりません。
そこでトニーさんと一緒にどMさんに!
(→トニーさんももうアップ済み)
(→どMさんはもうアップアップ)

昨年のタキチャ&東垂水(←昨年の)に続いてご案内いただいたのは山陽塩屋でした。
須磨浦を望んで走るイカシタロケーション(昔っぽい表現ですね)がイカシテるんです。
ユカシタがユカシテるんですうううううううううううううううううううううううううううううう~~!


グッゲンハイム邸をバックに快走する3000けー!

DSC_3120_20160728193950ca5.jpg
海から順に、国鉄の線路、国道2号線、山陽電車、そして崖上の緑あふれる住宅。
すばらしい風景!

DSC_3125.jpg
どMさえいなければ(大糞核爆)!

DSC_3130_20160728193952dde.jpg
DSC_3133.jpg
DSC_3136.jpg
DSC_3143_201607281940150af.jpg
DSC_3148_20160728194016051.jpg
DSC_3150_2016072819401861f.jpg
ああっ、トニーさんがなんかおもろいかっこうを(大糞核爆)!

DSC_3153_20160728194019b88.jpg
DSC_3160.jpg
ます釣り3004やないかー!!

DSC_3163_20160728194044595.jpg
その後ろ3602

R1113087.jpg
電車はもちろん、海を見下ろす高台には由緒ありげな洋館やら、
(28)かの有名アーキテクトご設計の豪邸やら、
いろいろあるところを山陽電車&乗り入れの阪神電車が走ります。
(28)ってなんやねん~~!?

20年前、豪邸の設計のため何度もここに通っていながら塩屋ってどんなトコロなのだか
ずっと忘れてましたワタシは、すごい人です(大糞核爆)!!



DSC_3179.jpg
(33)調子にのって、JRのイカシタ写真まで撮っちゃいました!
(33)っていったいなんやねん~~(大糞核爆)!

そして時間もなくなり、最後のあがきを須磨寺で
DSC_3188.jpg
DSC_3190.jpg
DSC_3199_2016072819411085e.jpg
ここでタイムアウト。
結局3000ちょうどや6000は姿を現わさず。
しかも塩屋ではどMの恒例チョンボで遠回りまでさせていただき
ありがとうございましたぁ(大糞核爆)〜

でも
楽しかったです
また、遊んでねー♪

スポンサーサイト

コメント

う、

またもやどこかで見た気が・・・
ええとこやなー塩屋、すんまへん〜。
須磨寺カーブもこうして見るとええなあ〜
冒頭「どMさんはもうアップアップ」に見えた(爆)

あ!

さっそく、修正しましたー(大糞核爆)!

思い出の高台

この辺りで20数年前、高台のお屋敷工事中に、軌道上へユンボを落っことしよった奴が居ましたな。

見つけた運チャンもビックリしたやろうが、一番怖かったのは、一緒に落ちて来たオペレータやろな。

昼過ぎから、夕方ラッシュ前まで運休。

3000系

S字カーブを行く姿、格好良いですね。

私もそろそろ撮りに行きたいと思っています。3001に続いて鋼製車旧塗装のリバイバルを期待しています。

なつかしい!

ウズ爺、
ありましたな!
その事故、オレが設計した直後でよーく覚えてます。
オペレータは生きとったんやろか!?

オレもそれ、狙ってま!

みかんちゃん、オレも期待中!
2000系も同じ色で(糞爆)!

阪神車!

しっかり写ってますねえ!
なんで俺のには影も形もないんだろうか?

豪邸

潮風の当たる高台で20年間びくともしない建物、その設計者はすごい人です。

安建売りの当家は保証期間が過ぎる10年で、そこら中がガタガタになってきました。

落っこちた

ユンボと運命を共にしたオペレータは大怪我で済んだそうです。

電車に轢かれなくて幸いでした。

あの現場絡んでいたの(・・?

うーん

トニーさん、
そんなこといわれてもオレにはさっぱり(糞爆)・・・・

うーん

モナ田さん、
そんなこといわれてモナー
建て替えるならぜひどうぞ(糞爆)
お待ちしてます♪

そうなんやー!

ウズ爺、
それはなによりでしたー。

当該現場は関係ないです。
オレは現場の2坂ほど明石方のオタクを設計。
竣工してしばらく経って、2坂神戸方でくだんの事故が!

ここ、なんてたって搬入経路がアレしかないので木造しか建たないんですよ。
ユンボも最小のしかムリだなあー!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1831-83452a59