FC2ブログ

クモハ52 飯田線第1次流電編成【1977年】 

RIMG0029_20120602155834.jpg
RIMG0035_20120602145834.jpg
クモハ52は戦前の私鉄との競合が激しい京阪神間の東海道本線で「急行電車」用として開発された電車で、その後阪和線を経て、昭和30年代初頭には飯田線へと移っていきました。急行電車当時の姿は飯田線での最期の姿とはまったく異なるもので、クリームとチョコのツートーン、屋根上には通風グリルがズラりと並び、床下はスカートで包んで、当時の「省線電車」のイメージとはかけ離れた、ほとんど宇宙船のような状態だったようです。その実はまあ、ごく標準的な旧型国電で、流線形の前面を含め、ほとんど「張りぼて」だったわけですが・・・。
模型は3月に発売された鉄道コレクション「国鉄52系1次車飯田線(横須賀色)4両セット」をベースに簡単に加工したものです。飯田線での引退も数年後に控えた1977年ころの姿をプロトタイプとしています。中間に2両組み込まれたサハもクモハと似たスタイルと窓配置を持ち、抜群の編成美を有していますが、元々の出自は関西急電のサハ48ではなく、横須賀線用モハ32の付随車として生まれたもので流電ことクモハ52と手をつないだのは飯田線からという複雑な背景を持つそうです。
(→製品のお買いもの記録はこちらから)
(*この記事の写真はクリックで拡大します。どっちみちボケてますが)

RIMG0015_20120602194747.jpg
豊橋側先頭車 クモハ52001

RIMG0016_20120602145835.jpg
サハ48021

RIMG0017_20120602145836.jpg
サハ48024

RIMG0018_20120602153136.jpg
辰野側先頭車クモハ52002

RIMG0021_20120602152122.jpgRIMG0020_20120602152122.jpg
正面から
クモハ52001(左)クモハ52002(右)

RIMG0026_20120602145952.jpgRIMG0025_20120602145953.jpg
先頭部形状
クモハ52001(左)クモハ52002(右)
実車では屋根をビニールルーフィングに貼り替えたクモハ52002は屋根色を変えています。

RIMG0023_20120602145954.jpgRIMG0024_20120602145955.jpg
パンタグラフ周辺
クモハ52001(左)はPS13、クモハ52002(右)はPS11を装備

RIMG0039_20120602150028.jpg
RIMG0044_20120602150029.jpg
(→製造記録はこちらから)

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/181-f1c978dc