阪神電車ぶらり各駅停車(後編の前編(糞爆))  

久寿川駅の西側スグのところを名神高速道路の西の果て、西宮料金所が覆いかぶさっていて、ここは地上駅として今後も残ります。
(←前回の久寿川駅進入 駅の向こう側に名神高速の高架が見えます)
しかも、下りホーム上にトイレ発見!
・・・コレは下車ですね(文字通り大糞核爆)

つぎの普通まで10分

上り近鉄。顔を真っ黒にしてどうしちゃったんでしょう(糞爆)

DSC_2237.jpg
下り西宮止まりの糞胴急行

DSC_2238_20160606134032fcc.jpg
上り糞胴

DSC_2244_20160606134034695.jpg
下り直通特急

DSC_2253.jpg
次の普通は青胴!

R1112607.jpg
青胴に乗り換えて心機一転、まずは阪急今津南線との接続駅、今津。
ぼくがこの駅で乗り換えていた頃はもちろん地上駅。
北から南へ走ってきた阪急は、東西に走る阪神に最後の瞬間、90度急カーブで阪神と平行に。
さらになんと、阪神と阪急は久寿川寄りで繋がっておりました。
いまも夙川や塚口で見られますが、ここは当時商売ガタキとしてニラミ合ってた阪神と阪急がくっついていてホント、不思議な感じでした。
いまは阪急も阪神も高架に。阪急は南北の向きのままブチ切れていて
せっかく同じ会社になっても乗り入れは不可能です。

R1112608.jpg
今津を出ると六甲山を正面にまっすぐに!

R1112609.jpg
そしてぐあーんと左カーブ!

R1112610.jpg
そう、この左カーブが終わるところに地上線時代は西宮東口という駅がありました。
つぎの西宮が高架化とともに東へズレ、駅間が縮まったところから、西宮東口駅は廃止に。
実はこの西宮東口、北側へ商店街を少し歩くと国鉄西宮に繋がっていて便利でした。
ぼくが中学生のころ、すでに寂れていたあの商店街、駅がなくなってどんなことになっているのでしょうか?

R1112611.jpg
西宮
2面4線のハッテン場ですが、ここも梅田からの折り返し地点のひとつで神戸方にはそのための施設がありまーす。

R1112612.jpg
もちろんここは副本線へ。
そして長時間待避です。

R1112616.jpg
1本

R1112617.jpg
2本やりすごして

R1112618.jpg
発射!
原始的な方向幕設定器が泣かせます!

R1112620.jpg
地上線時代も引き上げ線はゆるやかに左カーブを描いていましたが、こんな複雑な線路配置ではなかったような気がします。
→6/11追記
実はもっと複雑、というかゲージツ的というか、とにかくエゲツないことになってました・・・・
E8A5BFE5AEAEs4301.jpg
(昭和42年 トニーさん撮影)

R1112621.jpg
西宮戎神社の境内を避けるように左カーブが終わったら右カーブ、香枦園に到着!
川面からの高さはずいぶん変わってしまったけれど昔も今もここも川の上の駅。
川の名前は夙川(しゅくがわ)。
ぼくたちの中学校があった場所です。
なつかしいですが、すべてが変わってしまいました。
ラブホもむかしは「ホテル香枦園」だったのになー(糞爆)。
(←ここでも西宮戎を背景に赤胴を!)

R1112623.jpg
香枦園を過ぎると、一気に坂を下り、数少ない地上線に。
そして電車は西宮市から芦屋市に入ります。
そう、芦屋市内は芦屋市と阪神電車の古い協定で高架にすることができません!
未来永劫地上線が残るのだ阪神!
街並みを守る知恵を大昔から知ってた芦屋市はエロかったと思います。
いまはどうか知りませんが。

そして途中には片渡りと側線が。
この側線を入るとスイッチバックして保線車両の基地があります。
国道43号線=第2阪神国道ともっとも近づくここに鉄道施設を作ることで道路を使った車両の搬出入なんかもやるんでしょうか?
よくは知りません。

R1112624.jpg
打出。
この駅前にはある有名人が住んでいます。

R1112625.jpg
健太郎Tのおうちを過ぎると、急に周囲は高級住宅地の様相に(核爆)!
そう、芦屋に到着です。
ここも芦屋川の上に駅があります。
どんだけ川の上が好きやねん?

R1112628.jpg
芦屋を過ぎると高架工事たけなわ!
神戸市東灘区に入ったからです・・・・・

R1112629.jpg
深江

R1112630.jpg
青木(おおぎ)
2面4線のハッテン場ですが、高架がまだ半分なのでナニがなんだかわかりません。
ここは本線側進入で追い抜きはなし。

R1112631.jpg
青木の西側には片渡りが出来るのでしょうか?ポイントがありますが分岐側へ進むと高架から落ちるだけ。

R1112632.jpg
魚崎。
スグ西側を谷崎潤一郎も川辺に暮らした美しい住吉川が流れます。
でもその住吉川の上に六甲ライナーを作ったらあかんやないけ!
(←ここではぼくにとっては最後になった赤胴と青胴の離合を)

R1112633.jpg
おなじみ、住吉!
スグそこに迫る六甲を背景に、モダンデザインの上屋が残るここはいまや阪神で最もフォトジェニックな駅だと思います!
(←六甲を背にした赤胴)
で・・・・
このスラバヤしい架線柱のビーム、六甲山の形に合わせたんやわあああああああああ~~! 大発見!

R1112635.jpg
六甲に向かってしばしのストレートの果ては片渡り、その先はビルに突っ込みます(大糞核爆)!左への急カーブでアリマス!
(つづく)



スポンサーサイト

コメント

うわわあ~!

え~関東人がしゃしゃり出るのもなんですが、西宮の地上時代の線路配置に痺れて撮った写真が→http://cedarben.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_28d/cedarben/E8A5BFE5AEAEs4301.JPG?c=a1
しかしさすがに退避駅多いすね、KQVS阪神で比べたら1駅多いでした。

 西宮東口は最後の頃に写真撮りました。きっぷもあるはず。地上時代の西宮は引上げ線が1本で、甲子園とは少し違うけど、いかにも阪神らしい配線でした。

西宮 レトロ

Cedar様 

関東人も出しゃばって下さい。

貴重な画像拝見させて頂きました。

1960年代、前半の画像とお見受けしました。

まだ踏切が手動で、列車に降下を知らせる大きな×の表示灯も係員の小屋まで写っていますね。

ゼブラ柱の上には大きな鐘も写っとる。

感動をありがとう。


架線柱

住吉・御影付近の架線柱は昭和初期の歴史ある架線柱ですが、・・・・

よく見ると、親指大の穴が所処に開いています。

何でかって。・・・・

グラマンにぶち抜かれたんじゃ!!!!

健太郎Tの屋敷付近の架線柱はもっと古いですぞ、そして屋敷に隣接する駅のホームは阪神で最後に残る石組みのホームなのです。

良い場所にお住まいで羨ましいーーー

御影の

夢の跡には触れるのだろうか?
この前飲んだ時、小生の説明が悪くてイマイチわかってもらえなかったが・・

うわあああああああああああああああああああ~~!

トニーさん、スゴい!
スゴすぎてスゴすぎるぐらいスコスコです。
この写真、シビレます。
シビレすぎてシビレすぎるくらいシビシビやんけえええええええええ~~!
こんなんだったんですねー!
ぼくの時代より古い写真だけど、きっと線路配置は変わってなかったような気がします。
ありがとうございました!

さすが!

モハモハちゃん、
写真撮られてましたか、東口!
見たいよー!
さっき、グーグルマップで歩いてみたら、高架化の影響が予想以上に深刻・・・
あのころの風情は、和菓子屋と喫茶店それぞれ1軒ずつしか残ってませんでした・・・・

ひー!

怪鳥うず爺、
グラマンかー!
そりゃスゴイ・・・・
火垂るの墓そのものやなあ・・・・
オレ、アレ、泣いてしもてあかんねん(核爆)。
打出と住吉、残っててほしいなあ!

ひー!

モナ田さん
御影の夢の跡ってなんやー
そんな話、聞いた記憶も・・・・
ちょっとだけある(糞爆)。
教えてくれー
このままでは夢の跡は出てこんわー
こんばんわー!

西宮東口の

下り線高架ホーム跡をうまいこと写されてますね。
上りも上がった時点で廃止だったと思います。
親指大の穴は、うず爺様に案内してもらいたいですね!

ムカシから気なってるんですが、

住吉駅の下り線にちょこっとだけあるコンクリ軌道。
コレはなんなんですか??

あこから

ナニをごちゃごちゃゆうとんねん(核爆)!
もっとむかしはあこから御影の軌道線に降りてたんちゃうか?
ぜんぜんちゃうかもやけど。
ウズ爺、出番や!

ひ!?

ゼリーちゃん、
コレ、ホームの跡?!
下り線だけのとき、駅あったんか!?
知らんかったー!
「ウズ爺とめぐる、阪神沿線場末のスナックママ訪問&グラマン銃撃ツアー」やりましょう(糞爆)!

ひっ?

高架の西宮東口ホーム跡を狙ったんちゃうかったんか~
偶然は恐ろしい❗
住吉のコンクリ道床、ゼリーちゃんに由来を教えてもらったことあるけど忘れてもたー。

再びしゃしゃり出ました

西宮の線路写真は昭和42年3月の撮影、初めての関西旅行のときに撮ったものです。このあと、西九条行きN特に乗って、尼の鬼線路を通過するという体験したのでした!

住吉付近

住吉駅のコンクリート道床は、神戸地下線の道床改良の試験をしていたと思います。

野田駅2番線にもコンクリート道床有るんですよ。
ここも某高架区間に取り入れた道床の試験を行っていたのです。

グラマンの残骸

震災前の石屋川1番線に、斜めから打ち込まれた、どでかい裂けた穴が触れる場所にありましたが、震災と共に消滅。

御影駅にも有ったのですが補修で消滅。

グラマン、ホームを狙い撃ちしよったんやな。

残念ですが、残りは駅間なのでオタどもが見れる場所には残っていないのです。

それよりも、場末の喫茶店めぐりおもろそうやな。

やろやろ(爆糞

ウズ爺へ緊急連絡!

で、
御影の大阪方北側でちょん切れてる高架はナニ?

緊急

御影の高架

大正9年に岩屋・尼崎間の増線特許が認められ、昭和4年に併用軌道であった石屋川付近から魚崎までの間を増線工事と共に高架工事を始めました。

増設線はオタ共もご存知の、急行線で、線形をほぼ直線で施工予定でした。

御影駅、北側の高架が直線なのも急行線としてそのまま直線で延長の予定で
その直線の先をたどって行くと、西宮駅にピッタリ繋がるのです。

もひとつ凄いのが、急行線と:現本線は大半が離れているのですが、なんと健太郎Tの屋敷裏の駅は急行線とピッタリ重なる。
でも急行は止まらんかったやろな。(爆

おいおい!

健太郎Tの屋敷ってなんやねん。
そんなん地球上に存在せえへんで!
打出にあるのは健太郎Tのゴミ屋敷❗

そういえば

健太郎T兄、
以前、ゼリーちゃんに東口の下りホームが残ってるって話聞いてたわ!
でもこの写真はむかしの東口はちょうどこのヘンやったな?と考えて撮ったわけだから恐ろしいほどの偶然ではおまへん。
住吉、御影は今度マジでスナックめぐりするで(大糞核爆)!

ありがとうございま!

トニーさん、
ホント貴重な写真でした。
本文に転用させてもらいましたー。
ありがとうござい~!

ものわすれ爺殿
ぜったいやるで!
・・・ってあのころみたいなスナックっていまや尼にも少ないやろなー!
でもやるでー!
いろいろ情報ありがとうございましー!

やはり!

怪鳥ウズ爺どの、
緊急回答ありがとうございー!
やはりこれまで聞いていたウワサは本当のようですね!
ってことで
今夜の記事にちらっと書きましたー。
場末スナックめぐりは御影スタート、まっすぐあるいて西宮まで(大糞核爆)!
よろしくオナがい!

いやいやー

健太郎T兄、
たこ焼き屋併設のりっぱな屋敷やないかー(核爆)!

今津の連絡線

私が小学生の頃は、今津の阪急線の端は確か阪神の本線にポイントでつながっていたように思うのですが、高校に行っていた頃?からはブチ切られて分離して車止めができて、そこに保線車両、たぶんバラスト貨車が止まっていたような気がするのですが・・ どうでしょうか??
母親に以前聞いたところでは第二次世界大戦中は阪急の電車が阪神に乗りいていたというのですが、年寄りの記憶は不確実からね。その頃母親は学徒動員で武庫川線で州崎の川西航空機に通っていたらしいです。武庫川線に蒸機がはしっていたのは覚えていないそうです。

うーむ

バラスト貨車も車止めも記憶にあるけど、繋がるポイントも記憶にある・・・
ってことは繋がってて、その途中にバラスト貨車と車止めがあった?
うーわからんー
阪急=阪神乗り入れは聞いたことないなー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1779-11bcb964