ニュー金魚鉢通信(5)第1回鉄犬デハデハ主義コンペ(略称TDSコンペ)作品発表&人気投票!  

とうとう第1デハデハコンペ投票の日がやってまいりました!
ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪

そう、今日5月5日は41年前に阪神国道線、北大阪線、甲子園線が廃止になった「阪国の日」!
ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪ヽ(*´∀`)ノパフパフ♪

まず、候補作品リストです。
昨日までとは異なり、作品送付順に並べ替えました。作品ご紹介もこの順です。
金魚表4
なんと先ほど昼前に駆け込み乗車が2名!
合計9作品がエントリー!
しかも231形が3両も!


投票方法について
お気に入り作品は1つだけ選んでいただけます。
合計得票数で競います。
作品画像はクリックで拡大できます。よく見て粗探しをお願いします(糞爆)。

投票期限は3日後5月8日日曜日の午後3時!
当日夜、結果発表予定!

では、ハリキッテまいりましょう!それではどうぞ!

→第1デハデハコンペ「ニュー阪神国道線」投票所はこちら!

開票状況もリアルタイムでおしらせ!
→第1デハデハ「ニュー阪神国道線」開票速報!

作品写真の最後にも投票所への入り口があります。


エントリーナンバー1 尼スタ尼セン[131・171形]

背景
1960年、戦後復興から高度成長時代の幕開けとなり爆発的な交通輸送需要が発生した。
これに対応すべく当時、兵庫県は道路整備を建設省に陳情、建設大臣や国鉄総裁など八方手を回すが、首都圏整備が優先され残念ながら充分な予算措置が取られなかった。
また、庄内事件の記憶もまだ生々しい当時、京都線と線路共用していた阪急宝塚線の所要時間は一向に短縮化されず混雑率も高いままであった。
事件の再発を恐れた運輸省は建設省と申し合わせ、福知山線の電化複線化は困難であっため兵庫県と阪神電鉄に対し以下の緊急対応を命じた。
・兵庫県は、尼崎宝塚電鉄として路盤整備し県道42号線となっているものを阪神電鉄に返還し、線路敷設の上、宝塚⇔梅田の直通運転を至急行うこと。

緊急対応
通達を受けたが、阪神電鉄としては、尼宝電鉄の当初計画どおりの阪神尼崎乗入れは困難であるため、やむなく国道二号線西大島交差点にて国道線へ尼宝線(仮称)を接続し、本線杭瀬駅西の国道線連絡線を利用することにて、宝塚⇔梅田の直通運転を実現させることを決定。
また実現にあたり杭瀬駅に副本線を設け、本線列車運行への制約の発生を抑え、国道線への連絡線の接続方法を変更した。
また既に大型車対応していた梅田駅は1番線を再度小型車対応に戻し尼宝線専用とする。
ただし、尼宝線⇔国道線⇔本線を直通させるための車輛が存在しないため、新型車を製作することとした。

配線

新型車両・概要
国道線を走行するため、限界の関係から車輛寸法としては71形の寸法を基本とし、単行にて北大阪線・甲子園線での運用も可能とする。
また当該車輛の増備により、小型で旧式となった国道線1形・31形を置き換えるものとする。
本線直通・尼宝線(一部併用軌道)のため高速走行性能を確保するが、本線杭瀬以西にて営業運転はしない。
阪急宝塚線のバイパスルートであることと新規の沿線乗客が見込まれるため連結運転可能とし、連結車輛間は貫通可とする。
道路交通法の規制を受けるため連結両数は最大4両までとする。配置は浜田車庫とする。

・形式など
 131形 両運転台電動車・単行運用可能。 131~145の15両を計画
 171形 片運転台電動車・二両固定、主に尼宝線運用に投入する。
     171~190の10ユニット20両を計画。梅田向き車は奇数車番・宝塚向き車は遇数車番とする。

どーん!

131形131号
スライド3

131形132号以降
スライド4

171形
スライド5



エントリーナンバー2 みかん寛 [101形]

●形式
101形

●設定
・深刻化するモータリゼーションに対抗すべく、1961年に1両のみ先行製造された次世代型としての試作的要素の強い車両。
・直角カルダン方式と弾性車輪を採用し、乗り心地の改善を図った。
・集電装置はZ型パンタグラフを初採用。
・通風器は扁平な箱型(蒲鉾型?)を4基と両端に角型2基を配置。
・乗降扉は折戸を採用。中扉は広幅の4枚折戸となった。
・方向幕を採用し、サボが消えた前面下部には、アクセントとしてV字型のステンレス製飾り帯をあしらった。
・製造費用の高騰と、現場での取扱の難しさなどを理由に量産化は見送られ、翌1962年からは101形と同型の車体を1形の足回りと組み合わせた131形が製造された。

●言い訳もとい補足
残念ながら阪神国道線は私が生まれる前に廃線となってしまいましたが、路面電車好きとして「金魚鉢」の伝説には当然幾度となく書物で触れ、そのモダニズムを継承する車両をデザインしたい、などと身の程知らずなことを考えました。近代的かつ「金魚鉢」な感じを出すべく、欧風の流線型+連続窓のデザインが頭に浮かび、タトラカーやデュワグカー、札幌市電A820形等を参考に妄想が具体化しました。

折戸については、現実の国道線では(扉周りまで床がフラットなので)問題がある、また中扉の広幅化は(ほとんどの停留所がステップ乗降なので)意味が無いことが指摘されるとも思いましたが、金魚鉢より広い窓幅を金魚鉢サイズの車体に収めるに当たり色々悩んだ結果、実車ではなくモケーのデザインコンペということで実用性より見栄えを優先し、神戸市電800、900形等の3扉改造車が金魚鉢とほぼ同じ14m車だったのでその窓配置をパクリました(大糞核パク)

阪神特急の象徴たるV字マークを非特急車に使うのはいかがなものかとも思いましたが、京津線の特急色や名鉄モ600の白帯の例もあるので、軌道線車両は割りと気軽に背伸びできる、と勝手に解釈しました。

メカ音痴がバレるのを避けるべく、1形の車体更新車ということにして1形の下回りを写真から丸写しして誤魔化そうと当初は考えたのに、欲を出して高性能車にしてしまった結果、床下機器は鉄コレ以上にデタラメになりましたが、目を瞑って頂けると有難いです(土下座)

ど~ん!
kamikoushien.jpg
(上甲子園にて)
img06140 - コピー
(野田にて)



エントリーナンバー3 ハービーワンコック[2001形]

背景
尼崎市のホームページによると国道線尼崎市内で最も利用者の多かった難波(なにわ)停留所では昭和27年に1日4,691人いた乗客数が、昭和37年には2,211人と半減したらしい。
開発が始まったのはちょうどそのころである。

設計趣旨
利用者は減るが、まだ半分である。半分くらいならまだまだイケる、と思うのが人間の浅はかさ。
いまならJR糞や政府鉄道のように小ざかしいエンターテイメント方向へ舵を切ることもできたりもするだろうが、、
ここではそのうち客も増えるかも♪との甘い考えで車両の考え方としては単行のロングシートと、現状踏襲することとした。
形式名は本線が3000番台、5000番台としたので2001形。金魚鉢増備車の201形の発展形としての意味もアリ。
すばらしい金魚鉢のデザインの遺産は持つものの、そのデザイン・ボキャブラリーを引用することはしなかった。
なぜならそれぞれ過去の1000形、1010系を現代風に焼きなおした現在の東京メトロ1000系や阪急新1000系など「過去に存在した形態を引用する」=ポストモダン的発想はロバートベンチューリが提示した1980年代以降の概念だからである。

設計内容
外寸: 高さを除いて金魚鉢サイズに収めた。

外形: 本線用青胴、赤胴車で好評の3面折妻、裾Rを踏襲。

窓配置: 国道線の運賃支払い方法を忘れてしまったのは痛いが、小さなへろへろの切符は覚えている。たぶん、乗車したら車掌が回ってきて売ったのだろう。でも混雑時はどうしていたのか?
それはともかく、一番記憶に残るのは、たしか本線改札で集札していた朝の甲子園駅での下車。小便臭いセーラー服に阻まれて、電車から降りられなかった。
そこで、甲子園駅専用として中央に本線ジェットカーと同じW=1400mmの両開き戸を設けた。両開き戸の戸袋はジェットカー同様なし。W=910の前後ドアの戸袋は赤胴同様Hゴム。

前面: 運転手のポジションである折妻中央はW=900のハメ殺し窓、両サイドはW=450のHゴム支持の内倒し窓として換気に供す。ヘッドライトはこれも青胴、赤胴同様、シールドビームを幕部両側に2灯。既存車に合わせた高さのテールライトはその両外側に配置。

換気装置: 阪神での実績は昭和44年の7835や3561形まで待つこととはなったが、他社ではすでに実績を上げていたラインデリア装置を積む。屋根にはそれ用のモニター屋根。

集電装置: パンタを載せるのも大げさだし、かといって既存車のYゲルは今更感が漂う・・・。そこで、その中間のようなものを考えた。通称「Zゲル(糞爆)」。
現代においての「糞Zパンタ」は結果似たものとはなったが発想の原点はまるっきり異なる。

動力関係: 直角カルダン式 台車はジェットカーのKS59を小さくしたような空気バネ式。

塗装: サッシ見本に現れる、窓上のマルーンを尊重。窓上、腰部をマルーン、窓周りはベージュ。塗り分け線は青胴、赤胴同様、水平のみ。

img06126.jpg
えろえろ考えました・・・・

どーん!
img06127.jpg

img06128.jpg
(甲子園三番町にて)



エントリーナンバー4 健太郎T[221形]

形式は221形。甲子園線の朝ラッシュを捌くのが主な仕事?
改札口のある甲子園や浜甲子園では4扉開けてドバッと乗降。
台車は廃車する1形のボールドウィンにパワーアップしたモーターを2個架装して再利用。
Yゲルをやめてパンタグラフにしたのでレトリーバーの操作がなくなり、正面中央窓はHゴムはめ殺し。戸袋窓やドア窓も昨今流行り(?)のHゴム。これは、本線の新車7801と同様。
塗装は金魚鉢と同じ。

まずは当時の甲子園駅の様子から
(Photo by Kentaro T)
写真 1
写真 2
写真 3
写真 4

どーん!
写真 5




エントリーナンバー5 トニーS[形式名未定]

デザイン趣旨
阪国らしさ皆無の試作窓を使って阪国らしい電車にするか?
窓上部のマルーン塗り&板を生かしてデザイン。
試作窓の上にPCC風の明り窓をつけ、ガラス面積を増やす。窓上マルーンが上窓を囲む塗装になって金魚鉢風大窓に見せている。
お面は同時代の本線車に似せているが、正面はフラット。おでこのカーブは金魚鉢風に大きくしている。甲子園線の輸送量増加の備えとして連結運転可能とする。集電装置は本線と同様のパンタに。 ※図がボケボケですいません

どーん!
側面
パース
(上甲子園にて)


エントリーナンバー6 ゼンジー北京[231形]

窓枠から逆算したようなデザインになりました。
金魚鉢と31形とジェットカーを合わせたような感じで
ナニワ工機製造という設定で窓枠がほぼ一致する
伊予鉄50形に近い細部に仕上げました。

どーん!
阪神国道線231
阪神国道線231b



エントリーナンバー7 ジャックゼリー[231形]

武庫川線海岸線共用連結対応として、バンパー排障器を外しバンドン化可能。
シールドビーム、パンタ採用。
扉配置は従来通りだが、ワンマン運転時は1扉締切扱いとする。
セミ張殻構造軽量化および出力増強により加速度を高め、増発団子運転を防止する。
空気バネ、換気ルーバー+ラインデリアを採用し居住性を向上させた。
方向幕は準備工事のみ。
金魚鉢の雰囲気を受け継ぎつつ、阪神3011、阪急1010、能勢50、101系を参考とするよう指示あり。

どーん!
写真


エントリーナンバー8 抹茶坊主[231形]

構想は以下のとおりです。
中高生の頃に夢の鉄道なんて考えませんでしたか?
国道線をオール路下化(地下鉄では乗りにくい)して梅田(新道!)―三ノ宮(神戸税関でも!)を
走らせるなどと考えてましたが・・・。景色見えないので面白ないけど。
それはおいといて。

形式は231形。
日本一の通勤電車ジェットカーを開発した阪神は国道線でも自動車と併走して加速し、交差点で前に割り込まれない
ジェットトラム(ジェットラム)でモータリゼーションに対抗をたくらんだ。
当時はライバル系列ながらアルナ工機が路面電車の製造で実績を上げつつあり、搬入にも近いので選ばれた。
(昔尼崎へ見学に行った時に武庫川で構体を作ったらアルナへ持っていって
サンドブラストかけて尼崎で艤装するて聞いた。ほんまかな30年以上前の話やけど)
性能としてはスムーズな高加減速のきく間接自動制御。
路面の悪い併用軌道でも快適に空気ばね など。
時期的に京都市電2000や京阪の80型の情報も参考に作られた。
運転台のパノラミックは3011に固執する設計陣の意向。
モニタ屋根は阪急の設計をパクッて後に赤胴ラインデリアに。
当時流行りになりつつあるYゲルに代えてZパンタに(Yの次はZ!なんでXパンタはYの前(糞爆))
書き忘れたけどワンマン対応で前中扉です。
個人的には前中って小さい頃は都電のイメージがあってあまり好きでやない。
31型の代替ならもっと北大阪線はもっと小さくてもええと思うねんけど
国道線ならもうちょっと大きなないとね。

野田から車庫の横をとおり本線につながる連絡線も計画されたり。
杭瀬まで本線急行に連結し杭瀬で開放し東長洲の連絡線から国道線に入る案も検討された。
連結器の高さが合うのかどうか知らんけど。
梅田駅4番線にはホームから渡し板が出るようにするとか。
阪神百貨店でお買物をして百円コーナーでホットケーキ食べて地下からそのままご自宅近くまで。
停留所から先は知らんけど。
そういううそのような話です。
おろしくおねがいします。
(原文ママ)

どーん!
IMG_0001.jpg

どーん!
IMG_0005.jpg



エントリーナンバー9 ハゲハゲはげっち[301形]

設定は阪神国道線が生き残りをかけていまの千日前線のルートで日本最初のミニ地下鉄として都心乗り入れを行う計画で製造した車輌。
ラッシュ時は連結の4連。通常はこのまま地下線に路面から乗り入れるという設定です。

どーん!
mae.jpg
yoko.jpg


以上!
9つの作品をごらんいただきました!
お気に入りの作品は決まりましたか!?

それでは、投票所へどうぞ!

→第1デハデハコンペ「ニュー阪神国道線」投票所はこちら!

開票状況もリアルタイムでおしらせ!
→第デハデハ「ニュー阪神国道線」開票速報!

投票は3日後、5月8日(日)午後3時まで!
同日深夜には投票結果を発表する予定です。

お楽しみに(ダレか?!)

スポンサーサイト

コメント

掲載頂きありがとうございます。

言い訳を更に一個追加しますと、下描きでは側面幕板をお題に沿って、前扉上から臙脂色が斜めに下りてくる国鉄165系のような塗り分けにしていたのですが、清書時から本日他の参加者様の作品を拝見するまで幕板のことをすっかり忘れて在来車と同じ塗り分けで提出しておりました(核爆)

背景を描き込んで国道線に実在したかのように錯覚させるという姑息な作戦に出ましたが、往時をよく御存知のハービーワンコック様に、どこの場所かお分かり頂けて嬉しかったです。トンボ本を見て写した甲斐がありました。

さすが!

みかんちゃん!
本文の鉄コレ以上デタラメで吹いて、コメントのトンボ本写した件でまた吹きました(糞爆)!

  • [2016/05/06 10:40]
  • URL |
  • ハービーワンコック
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

力作ぞろいじゃないですか!
窓が決まってて結構制限あるからと思っていたのですがいろいろ勉強になります。

そうなんですよ!
管理者としても楽しかったです!

  • [2016/05/08 20:37]
  • URL |
  • ハービーワンコック
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1743-a28532cb