FC2ブログ

1.4 レイアウトプラン 

スライド1
これが一旦線路を引き終えたレイアウトプランです。サイズは600mm×900mmの2枚で合わせると600mm×1800mmとなります。
(→一旦線路を引き終えた画像はこちらから)
画像はプラン図の左から右へ向かって撮っています。


駅とヤード
駅は本線上のA駅と山頂の終端駅B駅の2か所
A駅に隣接してヤードというか機関区を設けています。

エンドレス
エンドレスはA駅1番線を含む1本です。

A駅からB駅へ
A駅からB駅へのルートは3つあります。
いずれかのルートの折り返しでA駅へ戻ってもよいし、他の2ルートで戻ってもよいようにしました。
ルート1;A駅2番線から右へ向かって発車、そのままUの字を描いてダブルスリップを渡り、B駅へ。
ルート2;A駅2番線から右へ向かって発車、ダブルスリップ手前のポイントを左へ向かい、2.リバース線を通りプラン上最右端の4.引き上げ線に入り、スイッチバック、ダブルスリップを渡ってB駅へ。リバース線を通っていますのでB駅での列車の向きはルート1、3の場合と逆向きになります。
ルート3;A駅2番線から左へ向かって発車、1.ループ線をぐるりと回る間に3.本線ポイントで2.リバース線と合流。その後はルート2と同様にスイッチバックでB駅に進入します。リバース線は通ってませんので列車の向きはルート1同様変わりません。

なかなか楽しいプランです(笑)。
でも、手放しで列車を運転できるのは単純なエンドレス1本であとのルートはめちゃくちゃ忙しそうです(笑)。
サボっていると引き上げ線を突き破って墜落事故が起こります!

そこで!
スライド2
ダブルスリップの場所を移動、結果、エンドレスが2本になりました。
スイッチバックが行き止まり型から通過型となり少々趣はなくなりましたが、これで酒を飲みながら2列車が行きかうシーンをのんびり眺めることができます。
結果、せっかく他の引き上げ線などを6両分有効長をとったのにリバース線の有効長が4両分しかなくなりますので1.ループ線と2.リバース線が合流する3.本線ポイントをぐるっと半周先まで移動しました。
B駅左側はなんと4本もの線路が密集、かなりアクロバティックな状態になりますが、他方、本線ポイントがループ途中から解放されることで線形が少し自然なものになりました。

ところでコントロールボードはもちろん上のプランに合わせて作っておりまして、プラン変更の結果、作り直しを余儀なくされました。製作中のプラン変更はほどほどにしないといけません、、、

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/174-ac59c380