三宮駅前のアレ 


晴れた先週の金曜日、ぼくは国鉄三ノ宮駅南側の歩道橋の上にいました。

DSC_8931_20160304074501c4d.jpg
あ!

DSC_8934.jpg
DSC_8932_2016030407450210d.jpg
あああああああああああー!

そう、アレです!
(←アレ)
思えばこの記事のあと、ドエムリンに続き、今日子ちゃんまで続々とご紹介いただいた妖怪の幼虫!
阪神三宮駅の地上出口!

DSC_8941.jpg
DSC_8942.jpg
DSC_8948_20160304074516360.jpg
う~ん
見れば見るほどたまらなく愛してしまうこの造形・・・・

DSC_8952.jpg
DSC_8954_20160304074520fd1.jpg
DSC_8959.jpg
たまらんな・・・・

DSC_8963.jpg
木陰のむこうにちらりと見えるのもオツなもんです。

DSC_8968.jpg
DSC_8972_20160304074533c2d.jpg
愛しすぎて差し込みたくなってきました(大糞核爆)・・・・・・


スポンサーサイト

コメント

この出入口

も少しコンクリが薄かったら、アール・ヌーボーと言っても通用するのでは。

アレだぁ!

明るいところで見るとやはりアレは凄いなぁ、アールヌーボーってかガウディ的なセンスすら感じます。
阪神間モダニズムの生き証人!
2012年記事で取り上げてます。
http://cedarben.blog.so-net.ne.jp/2012-07-12

エロいですねぇ~

あ~上からパパラッチするのを忘れてた~!

あと真横からの画像は、シロナガスクジラが口を前開× 全開して、エサをパクリンコする姿に見えてしまいました~♪

確か…

これ車の往来を避けて電停に辿り着けるように設けられた神戸市電の遺構だったような…?

まさに

低N殿、
コンクリの厚み如何にかかわらず、アールヌーボーですよね。
震災で倒れたそごう、阪神三宮駅ともにアールヌーボーの影響を強く受けている、というかアールヌーボーの特徴を備えていると思います。

アレですよ

トニーさん、
なんと低N殿のコメントを公開する前から被ってましたね!
いわれてみればアールヌーボーの異端、アウディに近いかもしれません。
後期コルビュジェに影響を与えたのはこの地下入り口だったり、、、しないか!?
トニーさんがドエムリンのトコでアレはまだあるのかなーというコメントを寄せられていたので前回記事でご紹介したのに、ちゃんと以前にすばらしい記事を上げてるじゃないですか!
阪神三宮の写真、貴重です!

上!

今日子ちゃん、ぜひ上からどうぞ!
特に後ろから。
たまらんですよ!

いや

ひろぽんさん、
コメントありがとうございます。
前回記事にへぼっちさんからいただいたコメントによると
これのひとつ南側に並行する階段が電停いきだったようです。
そちらはすでに階段は封鎖、地上構造物は撤去されてしまっています。

あれっ?

昭和13年の阪神大水害で濁流に呑まれてる地下出入口の写真を見た記憶があって画像検索してみたんですが…
かたちが違ってました。場所は三ノ宮なんですがねー
阪神大水害で検索してみてください。
それと、あのコンクリート製と同じようなやつ、2号線のもっと東でもあったような記憶が…

神戸行きたい!

自分の古記事見返すうちに、関西行きたい気分が湧き上がってきました。
やはり阪神御影から阪急へ、そして関西の京成、山陽?

発見!

健太郎T兄、
すばらしいヒントをありがとうございます!
スゴい写真を発見しました!
阪神大水害で検索したらそごう前で北から南へ(そごうを向いて)、そしてすこし西へ振って濁流の中に2つ地下入り口が写ってる写真がたくさん出てきますね。
でもたしかにカタチは「アレ」のようにボールト形ではなく、地面がめくれあがったような曲線を使ってはいるもののフラットな屋根。
しかももっとも北側のものでも「アレ」よりそごうに近い位置にあるように見えます。
それと、他の写真で発見しましたが、このカタチの地下出入り口はそごうの西側すなわち現フラワーロードにも多数あったみたいです。
これも阪神地下駅から市電乗り場への出口と推測されます。
ところが!
「神戸 災害と戦災 資料館」という神戸市HP内のサイトを探してみてください。
そのサイトで
神戸の水害>写真から見る神戸の水害>阪神大水害と進み、
28番の画像をご覧ください!
(リンク貼ったほうが早いな・・・下記、クリック!)
http://www.city.kobe.lg.jp/safety/disaster/flood/flood03_01_28.html

フラワーロードの南側から北を向いて国鉄三宮方向を移した写真で、フラワーロード上には上述の地下出入り口が並んでいます。
右端にそごうの北西角。
そして!
そごうのちょっと左に!
アレ、あります!
現在の姿のまま、現在の位置のまま!
すなわち、たくさんの地下出入り口はあったけれど、これだけがカタチが違い、しかもこれだけが水害も戦災も震災も乗り越えて現代に残った。
いや、いよいよもってこの「アレ」のスゴさを思い知りました。
この「アレ」だけがカタチが違う意味はどこにあるのでしょう?
いよいよ深堀が必要です。

いえい!

トニーさん、
関西逝こうぜ!アレもまた見たくなってきました(核爆)・・・・

あっ

本当にアール・ヌーボー時代に作られたものだったんですね……。手前のもカタツムリ型といえば言える。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1680-7c8d129d