Rail Corridor / Lines of Life~シンガポール・レールコリドー展 

ごぞんじのとおり、シンガポールはマレーシアの南側に接する、小さな島。
面積は全部で東京23区よりは狭いくらいか?
かつて、マレーシアから南下するマレー鉄道は橋を渡り、シンガポールのダウンタウンまで足を伸ばしていましたが、
2011年に廃線となったらしいです。
2011年までにシンガポールを何度か訪れたことがあるのに知らなかった。
見てみたかったなー。

写真 1
さて、線路跡を長い遊歩道として整備するのが世界的に流行。
有名なところではニューヨークマンハッタンのアレ。
身近なところでは東横線の反町~横浜間。
で、マレー鉄道のシンガポール島区間、約24kmでも計画。
設計者として選ばれたのはニッポンの日建設計。

写真 2
その日建設計東京本社ビルのロビーで「レール・コリドー」のプレゼンテーション資料を公開する展示をやっている。

写真 4
写真 1
写真 2
小さな展示だけど、線路に見立てた床の黄色いパターンがおもしろい。

写真 3
それよりなにより、日建設計のある場所がすなわち、旧甲武鉄道の飯田町駅、後の国鉄飯田町貨物駅の跡地であるのがおもしろい!
しかも古い航空写真を見ると、ちょうどターンテーブルのあったあたりだ!

実はこの飯田町再開発地区にもいくつか鉄道跡地であるモニュメントが配されている。
これもセットで紹介したらもっとおもしろいのになー。

スポンサーサイト

コメント

2階の受付に上がる階段の下のスペースですね。スカイツリーの取材で開業直前に日建設計を訪れたことがありますが、当時ここでは世界のタワーの展示をやっていました。
やっぱり建築家もレールがカーブする様が面白いのだと思いますが、カーブの形を敷地の都合にムリクリ合わせてしまうのが建築家らしいですね。
先週まで缶詰になっていた出版社の至近なので、出かけてみたいと思います。

まずこの黄色い線に、メジャーをあててダメ出ししてしまう、小姑で~す(^ω^)

何の病気きゃ?

まあ若くないでよ、体には気をつけなぃかんがや。

飯田町! 懐かしいなあ。
これもセットで・・などと言うくらいなら、わんわん殿が得意の廃線鉄やってちょう。

この鉄道の廃線跡はハイキング用に今でも多くの場所が開放されていて、休日には道路を跨ぐ立派な鉄橋の上など多くの人が訪れているんですが、更に整備するんですね。

線路の上を列車が走っていた頃はまるでヤル気のないうらぶれた路線でしたが、廃線跡の方が脚光を浴びるとは皮肉なものですね。

うー

低N殿、あけましておめでとうございます(糞爆)。
きっとオレもこう敷いてしまうな・・・
ぜひごらんください。

今日子ちゃん、
メーター角のタイルの目地に合わせてある・・・
っちゅうことはバッチリメーターゲージでアリマス。
そこ突っ込まんほうが(核爆)・・・・

1/25追記
きょう、確認したらメーター角のタイルの両端を切り飛ばして黄色を入れてたわ(大糞核爆)。
したがって1mマイナス線路幅ゲージ・・・・
がんがれ、日犬設計!

だーかーらー

モナ田シグ之殿、
だからコレは宣戦布告なのよ。
回復したら周辺うろつきます~~!

ひっ!

匿名建築士殿、
ご声援ありがとうございます!
いや、実はここんとこココに首輪で繋がれてんねん、、、
たまに5階のタバコ室に散歩につれてってもらうのが楽しみです。
今後ともどうぞよろしくー!

ひー!

はげっち、写真ないのんカー嗚呼ああ~~
みせてくりい~

鉄犬殿
5階のタバコ室への散歩もお勧めですが、たまには首輪を噛み切って近所の九段坂の外濠線跡地や旧万世橋駅などでの健康的な散歩も期待しております。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

おおー!

日犬設計殿、ありがとうございます!
どんだけボロボロになってもやっぱり健康方面には志が向きませぬが、どうかひとつ、川向こうのとんがらしあたりまで、よろしく散歩させてくだされ!
とんがらし↓
http://inu1dog11.blog86.fc2.com/blog-entry-1016.html

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1636-0a016661