東急8500系8640F大井町線2015年(5) 東急8500系の顔と色 

5200形以来、6000、7000、7200、8000と装飾のないステンレスボディを誇ってきた東急電車において
この電車で正面赤帯が入ったときはものすごく悲しかった。
だけど、その後ヨコにも赤線が入って、現在のヨコに蛍光オレンジの矢印を描き、屋根まで真っ赤に塗ったヤツまで出るに至り、前面だけに赤帯を入れる8500系はもっともシンプルで、古きよき東急電車の最後の砦だ。

で、現在見られる8500系の顔、4種。

唯一のスカートなし編成になった8606F。
イメージ上の原型との差はHゴムの黒色化と車番のステンレス地肌が白のカッティングシートになったことだけ!
登場以来40年、これだけ原型を保つ電車もめずらしい。

RIMG0029_201501051201353fbs_20151219081255715.jpg
いま、もっとも数多いのがこちら。スカート付き。
国鉄103系にスカートを付けるのはキチガイ沙汰だと思うのだが、案外コレにはスカートも似合うと思うのはオレだけ?
なんで似合うのかな?
中央を貫く貫通ドアの存在と関係あるのかな?

RIMG0005_20130726220659s_20151219081253951.jpg
こちらは8631F以降の軽量車。
屋根のカーブが微妙に上の2例と違い、特に両脇の種別、運番窓のあたりが近代的に見えます。
軽量車はたぶん、登場時から黒Hゴムだったので、これとて、登場時からの違いは車番が白になったことと、スカートがついたことだけ。

DSC_7991s_20151219081252adc.jpg
もっとも登場時からかけ離れたのが大井町線用5連。
全車軽量車。
5+5で田園都市線を走っていたときのままの姿で2002年に大井町線へ移籍。
その後、
1.シングルアームパンタに換装
2.帯色のグラデーション化
3.すぐに大井町線ステッカー貼り付け
4.スカート取り付け
の順番で2006年にはこの姿に。

まあ、全部糞改造なんですけどね!

駄菓子!


オレ、割とすきなんですよ(大糞核爆)。
だから、この姿のモケー化をタクランデいたのです、が・・・・・

菓子!

写真 2
コレだけは許せねー!

もちろん、田園都市線沿線諸君に
さあ、右へ曲がって田園都市線を離れて東横線も目黒線も池上線も渡って海に突っ込んで死ね!
というコンセプトはよくわかる。
だけどこのデザインはないでしょう?!
あまりにみすぼらしいドシロートデザイン・・・・
コレを全ドア脇に貼るのもアレだけど、正面ど真ん中にやっちゃうのはホント、どうなんでしょうか!?

それでは、モケー編です。
先日のわんわん大暴年会に持参するため、ちょっとキレイにした状態の大井町線8500系です。
(←わんわん大暴年会)
R1111103.jpg
うっわ!ぜんぜん似てへんやんけえええええええええええええ~~~!
似てないことで有名なカツミ製品の中でも群を抜いて似てない!
窓とヘッドライトが高すぎて、おでこが狭くなっちゃってる!
ヘッドライトとテールライトの間隔が実物とくらべて伸びきってる!

R1111101.jpg
見下ろしたり

R1111102.jpg
見上げたりしても
似てないものは似てない!

R1111104.jpg
こちらは古い古いいさみやキット。
軽量車ではありませんが、8500系のイメージはよく伝わってきます。

・・・コレだけ間延びしたカツミの顔にスカートを取り付けたらもうジャイアントババ状態ではなかろうか、
と現在の大井町線仕様をあきらめ、スカートなし赤帯の2002年の転属直後にしようかと、悩んでいます・・・・・

スポンサーサイト

コメント

そこで

前面フル自殺ですげ替えですよ。
1○3もそうですけど、単純な造形の電車は多少のバランス狂いがどうしてこうなったになるんですね。

どへー

いまさら、許してくれ~~(核爆)
いや、ホント。
でもコレ、多少やあらへんわ・・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1603-ac8d2a10