はじめての東武博物館(上) 屋外展示(道路側) 

で、その日、
(←アノ日)
高J氏が餃子のつぎに連れてってくれたのが!

い?!

DSC_7443_201512010721238ce.jpg
いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~!

写真 1
このなんとかパクったことを隠すために「こだま型」をむちゃくちゃにしたデザイン!
そそりたつライトケース側面の壁!
もはやパクったことなどどうでもよくなるほどダサい!
こどものころからイヤでイヤでしかたがなかった!

DEMO!

今見たらなんでこんなにかわいいのだ!?


写真 2
写真 3
半分にぶったぎっても、なぜか東急5000系のような憎しみはわかない。

MUSHIRO!

よくぞこのアタマを残してくれたもんだとうれしいかぎり!

・・・・なんでやろ?!

この実物展示、東武の高架下で展開する東武博物館脇の歩道からこのように見ることができるのだけれど、博物館に入館すると反対側から乗車もできちゃう!

写真 1
博物館内からの乗車口にはまたもやコレがっ!

写真 2
デラックス●マン●カー!

写真 3
うっわああああああああああああああああああああ~懐かしいなあ~~!
この黄金色に輝く、小振りなリクライニングシートが醸し出す開放感!
なんとこのシートがそのまま現在のりょうもう号に流用された車両があるとのこと!
残念ながら今回は流用車両には乗れなかったけど、今度はぜひ乗ってみたい!

そしてDRCの背後には!
写真 0
い?

写真 1
いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~!

DSC_7444.jpg
DSC_7445.jpg
DSC_7446_2015120107234128a.jpg
ついクセでビューゲルを撮るオレ(糞爆)・・・・
それにしても・・・・
一連の広電地獄で、路面連接車におまる決壊中の小職にこの日光軌道線200形は秀樹がヒドすぎます!
オレももうすぐ還暦ぃ~!


もちろんコレにも館内からボーディング可能!
写真 4
ひ!

写真 3
うひゃー!

写真 2
写真 1
貫通路左右にある妻面のスリット窓。

写真 2
写真 3
あっ!

写真 4
嗚呼!

DRC、日光軌道線200形をすぎると、国道6号にブチあたります。
その国道を越えるとまた東武線高架下に!

写真 3
うっわ!

写真 4
驚いてはみたものの、
まるっきり詳しくないので、こちらをどうぞ・・・・

写真 3
写真 4
写真 1
写真 2

一昨日の記事に翌日、一枚写真を加えましたがごらんいただけましたでしょうか?
念のために再掲します・・・
(←一昨日の東武電車)

DSC_7408_201512010811367a1.jpg
コレです(中出し本出し亀入れ)!

どんどん東武ファンになるワ・タ・シ♪


スポンサーサイト

コメント

玉ノ井

今日、小生も行って来た。
名鉄だけど・・・
1720とNSEは関東鉄ガキの憧れじゃった。
だが、ワシは短命だった1700が好きだ。
京急1000と同じ顔でロマンスカー!痺れた。

東武博物館気に入ってくださって何よりです。
現役時代のDRC1720系をご紹介します。
http://bunjin.cocolog-nifty.com/bunjin_2/2015/12/drc1720-e0ad.html

ところで

なぜDRCに乗ってネーチャンをナンパしたエピソードが落とされているのでしょうか?

昭和50年代の少年には光り輝く車輌でしたね。連続する狭窓と渋い栗色のリクライニングシート、車輌ではありませんが長大な複々線区間があることも相まって、没個性的で安っぽい内装と感じた国鉄特急車輌と比べ東武DRCはとても魅力的に映ってました。

アルミのナニワ

ということで、阪急っぽい窓枠が並ぶサイドだけは好きでした。

生まれて初めての葬式鉄でした

DRCがナイナイするので、1度さ乗るべ♪と思いつつ…5700をストーキングしてたら運行最終日になっちゃいました~(汗)

でも今と違って炎上するコトなく、平和な最終日でしたねぇ~

エロ画像、ブログにウプしますねぇ~♪ヽ(´▽`)/

東武博物館

一度行ってみたいと思いつつ。。。。。
まだ行った事ないんですぅ(^^;;;

DRCはこどものころからイヤというか好きではなかったっす。

玉の井

モナ田パパ、
やはり名鉄にも玉の井のような施設があるのきゃー?
ぜひ、小職も訪れてみたい。
1700と京急は同じ顔なんだけど、1700はライト大杉でちょっとイボい・・・・

ひー!

高J殿、ジュークボックスの写真を掲載されたらそのナンパ話もご披露せねばなあ!

おお!

はげっち、めずらしくコメントありがとう!
だが、それはおかしい。
昭和30年代にオレがダサいと見切ったコレを昭和50年代に光り輝くとは思えないなあ!
で、なんで今、コレがかわいく見えるか、なんとなくわかった!
コレ、ボンネット飾りに見るようにアールデコなんですな。
レーモンド・ローウィですわ!
だから昭和50年代のポストモダンの時代にちょろっと光ったのかも・・・・

そうなんよ、ね!

ゼリーちゃん、
ボクもまったく同じ!
ガキのころは阪急と同じ窓やということが唯一すきだった。
ナニワ製だからか、その後のクーラーとか、住友ミンデンとか、
東武と阪急なぜか共通点が多いなあ

待って待つ!

今日子ちゃん、
DRC葬式参列したんかー!
ええなー!
エロ画像、待って待つう~~!

えー!

ぽんちゃん、
あのすばらしい5700はこってりココで取材してできたもんだと思ってました!
やっぱ、DRCのデザイン、コドモにはキツかったよね!

博物館で対面したDRCの顔にどうも違和感があると思ったのですが、正面窓のエッチゴムが現役時代はグレーだったんですね……。

ホンマや

貴ブログの画像でもグレーゴムですなあ!
Hゴムはむかしはかならずグレーで
いまはかならず黒だというのは流行以外になにか理由があるのかなあ?

白黒ショー?

耐候性のいい成分構成になって黒くなった?
結束バンド(商品名:インシュロック)が、耐候性を要する屋外用は黒なんですよ。

たぶん

カーボンブラックを配合すると丈夫になり、耐候性がよくなるからではないでしょうか。

そうだった!

プリンちゃん、高Jさま、
そうだった、それ、聞いたことありました!
すなわち、なんぼグレーゴムのほうがかっこええ、とオレが思っても黒になっちゃうんやねえ・・・・
そういえばグレー時代はバリバリに割れてたけど、黒のんはキレイなままやわ!

アルナ工機

そういえば、尼崎のアルナにDRCが置いてあったのを103系から見ていました。
いつ頃やったかなぁ。

はいな!

左様、左様。
京阪神緩行阪神間糞鉄ガキにとってはあのナニワの工場のおかげで在京私鉄で一番親しく感じたのは東武でしたねー。
DRCも見ました。8000が真っ白で出たときは未塗装キットだと思いましたー!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1588-92f30254