東急8500系8640F大井町線2015年(2) 妻面のディテール1 

それでは実物編です(大糞核爆)!
モケーはどないしてん!?


一般的な妻面(左側)

3-8978-2.jpg
3-8978-3.jpg
2-0807-3.jpg
8639F_3.jpg
8639F_12.jpg
左側には塩ビパイプ製の竪樋のみ。
上下端は車体の角部に取り付けられますが、中央部はクランクして少し内側に。
どうもこのクランク、連結部への転落防止板との干渉が理由のようで、転落防止板が取り付けられる前の資料を見るとまっすぐのようです。
さらに8000系時代の最初のいくつかのロットでは側面に樋がなく、ドア上の水切りだけですので竪樋そのものがありません。

下端右側の逆Uの字はドアコック。
東急はたぶん、下り方を1エンド、上り方を2エンドと呼んでるみたいで、車体表記もそうなってますが、
このドアコックは「多くの車両」の場合、1エンド左右に設けられています。
そのとなり、形式表示、検査表は1エンド左だけ。

一般的な妻面(右側)
3-8978-4.jpg
右側ではステップに干渉するため、もともと竪樋は車体角部ではなく、少し内側に。
側面の樋との接続ボックスが左側に比べて横長なのがわかります。

2-0807-5.jpg
3-8978-5.jpg
8639F_11.jpg
1エンド右側には銘板がつきます。
上から東京急行電鉄、東急車両。
雨樋の下端が外側にクランクしているのは左側同様ですが、これはきっと転落防止板取り付け以前からこうなっていたのだと思います。

サハ8900形 偶数番号編成車(8975、8977)(右側)
サハ8900形は田園都市線時代に3号車だったか8号車だったかで様子が違います。
8号車だった8976、8978は上の「一般車両」と同じですが、3号車だった8975、8977は営団IRアンテナが設置されていた関係で右側にステップが取り付けられません。そこで!
8640F-3-0702-2.jpg
なんとハシゴがっ!
また、もともとステップがない状態で新製されたと見えて、竪樋上部の接続ボックスも左側同様左右が短いタイプになっていて、転落防止板部分ではクランクしているのも左側同様であることにご注意を!

8638F_T_kaminoge3.jpg
8640F-3-0702-3.jpg
2エンド側

20151004_jiyugaoka_8640F_3.jpg
1エンド側には一般車両同様、銘板とドアコックがあります。どうやら両者ともハシゴの関係で位置がズレるようなことはなく、一般車両と同じに付いているようです。

デハ8500形(左側)
顔が1エンドとなるデハ8500形だけは銘板やドアコックが2エンドに取り付けられることになります。
しかも8500形はパンタ付きMc1。
だーかーらー
1-8541-5.jpg
1-8541-6.jpg
8638F_8538kaminogei_3.jpg
2エンドはいろんなもんがテンコ盛りにナリマス!
左側ではパンダ拝観× パンタ配管に押しやられてドアコックは右(内側)へ、検査票は左(外側)へズレています!

8500形(右側)
1-8541-7.jpg
右側には外側のパンタ配管はありません。

1-8541-8.jpg
8638F_kaminogei_1.jpg
でも、左側に合わせたのか、ドアコックはやはり一般車両より内側へオフセット。
銘板に至っては左からパンタ配管、右からドアコックに押されてとうとう一般車両にくらべて右上に大きくズレてしまっています。

なお、もうひとつのパンタ付車8700形(M1)はドアコックも銘板も検査票もない2エンドへパンタ配管が降りるため、8500形のようなイレギュラーはありません。

R1110113.jpg
モケーもまずは竪樋からボチボチ進めてオリマス・・・・

スポンサーサイト

コメント

タ☆★模型

確かぁ~、鉄道模型は制作ってはいない、静岡のプラモ屋さんの取材が、こういうトコを細かくチェックして、『完成品』よりモデラーの「作成過程」を重視し、それでいて本物より本物らしい(?)そうですがぁ・・・。賛否両論&毀誉褒貶?
私も聞いた話なので、どうか(?)とは思いますがぁ・・・。あの会社は鉄道模型を作らなくて正解だった(?)かと思います。

こんばんは
この雨樋ですが7700系のうち前期改造車(7901F全車・7902F両先頭車、7903F中間車)と同じみたいで・・・

★☆ヤ模型

hanamuraさん、タミヤはデフォルメを公言してますからねー。
そのまま縮小しても雰囲気でない、とのこと。
その結果、ぜんぜん似てない飛行機が出来上がります(大糞核爆)。
鉄道模型でもKATOは同じ考えのようです・・・

東急8695F さん
そうですか。
同じメーカーだし、更新工事も同じところですから、そんなこともあると思います。

8500のアマトイ、

25年前に沿線住民になったときからずっと気になっていたんですよ。

南海高野線の電車は同じ東急車輌のステンレス車ですがアマトイは幕板よりずっと上にあって、タテドイも普通に長い。
8500は窓のすぐ上に水切りみたいなアマトイしかなくてタテドイがすごく短い。

アマドイから上が屋根と解釈していたんですが、そうすると8500は幕板に見える部分も屋根の一部となり、とても屋根の深い電車になってしまうなぁと悩んでます。

  • [2015/10/14 00:55]
  • URL |
  • 尼セン@宮前平
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

6200の雨樋、

気になって南海電車を見てみたらフツーに張り上げたトコに軒樋ありますねー。
8000けーそっくりな6200にもちゃんとアリマスネー。
でも、軒樋から上を全部屋根と定義するんはどうなんか?
そもそも軒樋ないヤツは全部が屋根か側板になってまうがや。
8500の軒樋はご存じの通り、低い位置にあります。理由は深い屋根にしたかったんではなくて東急がケチだからだと思います。
樋掃除がラクだし、竪樋が短くて済む・・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1537-8dfbd295