5月5日は阪神国道線全廃の日!あれからちょうど40年目の武庫大橋 

・・・というワケで
(←昨日の前篇はこちら)

武庫大橋を南側へくぐりました。
陽を浴びた武庫大橋。美しいです。

RIMG0233_20150601221646bfd.jpg
ん?
アーチの裏側になにか2本の帯が!
でも、これはただのアーチの補強かもしれません。
でも、この2本の帯に挟まれた中央部分の上部に国道線電車の線路がありました。

アーチは水のある、武庫川の中央部だけ。
向こう側の尼崎側もこちら側の西宮側も川の両側に、アーチではない部分があります。
そこをくぐってみましょう。

RIMG0225_20150601221639133.jpg
橋桁を支える梁が並んでいますが、左から数えて3本目からの4本だけ、梁が太く、付け根にななめの部分がないことがわかります。

RIMG0226_20150601221641375.jpg
RIMG0227_20150601221642ef8.jpg
しかもその4本の太い梁の部分だけ、路面のスラブが厚くなっています。

そう、この4本の太い梁の真上に線路が!
そして厚くなったスラブは線路部分の補強!
まさにこの真上を国道線が走っていた証です!

RIMG0234_20150601221708c2e.jpg
国道2号線に上がって、大阪方を見た武庫大橋。
ここを金魚鉢が行き来していたのです。
ちょうどこの真下あたりを武庫川線が通っていたはず。
武庫川線は往時、甲子園口からこの武庫大橋まではC12の走る狭軌線路、ここから南は阪神電車も走ることのできる3線軌条となっていました。

この写真と同じ位置で、国道を挟んで北側を見ると!
DSC_2311.jpg
甲子園ホテル!

東京・日比谷の帝国ホテルをフランクロイドライトが手がけていたとき、その愛弟子として活躍した遠藤新がライトの設計思想そのままに1930年に完成させたリゾートホテル。
すばらしいですね。
武庫大橋、金魚鉢、そしてこの甲子園ホテル。
まさに阪神間モダニズムの真骨頂がここにあるのです。

ここで昨日の地図をもう一度見てみましょう。
スライド3
甲子園口から武庫川に沿って南下してきた武庫川線が国道線の走る国道2号線と交差するところが上の2枚の写真。
交差するところの左上の大きなブロックが甲子園ホテル、現在の武庫川学院甲子園会館であります。
そこから、今度は国道2号線を西へ向かいます。

RIMG0244_20150601221714907.jpg
そう、ここが国道線から甲子園線が分岐する上甲子園!
写真は交差点西側から武庫大橋方向、東向きに撮った国道2号線。
auのカンバンの右手に、枝川という川を埋めた通りが伸び、その枝川筋を甲子園線が走っておりました。

DSC_2314.jpg
望遠で捉えますと、前方が武庫大橋へ向かって登り勾配になっていることがわかります。

RIMG0241_20150601221710b49.jpg
RIMG0242_20150601221711239.jpg
現在は阪神バスが縦横無尽に走ります。
これは上の写真と同じ位置を国道2号線の西側(神戸方)から、甲子園方面へ右折するバス。

RIMG0243_2015060122171330e.jpg
同じ位置から今度は甲子園線の走った枝川筋の南方(阪神甲子園方)を見てみましょう。
この手前のバスの位置にかつて甲子園線の上甲子園駅があり、折り返しの金魚鉢が佇んでいました。

40年前の同じ日、1975年5月5日、その日をもって全廃される甲子園線、国道線上甲子園=野田間、そして北大阪線の全コースをぼくは浜甲子園から天六まで写真を撮りながら歩き通しました。
その写真を全部捨ててしまったぼくは一体どうなんでしょうか(おまる糞爆)・・・・

今回の関西ツアーでは、ここ武庫大橋ともう一か所、国道線の名風景を訪れています。
5月6日、あのモハモハコンペの日、昼メシをどMと神戸・元町で喰い、その足で六甲模型へ。
六甲模型からはモハモハコンペ第1部の開催場所出屋敷へ向かうために阪神電車に乘るわけですがその途中でふたたび国道2号線を渡ります。
(←出屋敷でのモハモハコンペ第1部)
(←5月6日、午前の部)

DSC_2660.jpg
そう、今度は石屋川に沿う、御影公会堂です!
すばらしいモダニズム建築。
この目の前を金魚鉢が走っていたんですよ!

DSC_2665.jpg
阪神電車石屋川駅のホームからみた石屋川。
木に隠れて見えませんが、御影公会堂はすぐ先です。
背景の六甲の山並み。
阪神間の豊饒はここに極まります。

(→あのおっちゃんは往時の写真を撮り交ぜてすばらしい記事にしてくれています!)

スポンサーサイト

コメント

>阪神間の豊饒はここに極まります。
何となく嬉しい。(謎

そりゃそうやわなあ~(謎爆)

  • [2015/06/03 23:07]
  • URL |
  • ワンコックのワンワン麺
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

豊穣な阪神間で暮らしたいですが、

「その日をもって全廃される甲子園線、国道線上甲子園=野田間、そして北大阪線の全コースをぼくは浜甲子園から天六まで写真を撮りながら歩き通しました。」ってスゴイですね。
フツーじゃない国道線への愛を感じました。

それを、ばっさり捨てるくらい人生変わったのかもしれません。ナニがあったのか~?!
でも国道線思い出したんですね。

うーん

昭和30年代なら暮らしたかったナ♪
人生が変わったのではなく、写真数十枚を保管する場所がなくなったのです(糞爆)。
でも、思い出したのです。

  • [2015/06/03 23:15]
  • URL |
  • ワンコックのワンワン麺
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

マジで!?

浜甲子園からてんろくぅ〜!!
・・・なんかさみしいな

感動した!!

このところ、しょーもない電車の記事ばっかりでおもろなかったけど、文学的な記述と専門知識の披露で、久しぶりに感動した!!!。

うわーっ

おっちゃんらしからぬマジメな記事!
感動した〜。

マジや

どMちゃん、マジやねん。
なんでひとりで強行したんかは忘れたー。
高校が甲子園にあって、上甲子園から甲子園まで通学してたから思い入れバツグン。
でも、4月に高校に通うようになって1か月で5月5日を迎えたのでそれこそさみしかったわ(糞寂)

  • [2015/06/04 07:48]
  • URL |
  • ワンコックのワンワン麺
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

ええっ!?

クラーケンちゃんおひさしぶり~
ありがとー!
でも今夜からまたしょーもない電車の記事です・・・・

  • [2015/06/04 07:49]
  • URL |
  • ワンコックのワンワン麺
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

え?

おっちゃーーーーーーーーーーん!
ひさしぶりやないかああああああああああああああああ嗚呼嗚呼~~

  • [2015/06/04 07:50]
  • URL |
  • ワンコックのワンワン麺
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

いやぁ~ん

副業で通っていた道路に、こんなエロい機雷が仕込まれていたとは~~~(/ω\*)イヤン

原稿書きを終えてフラフラになった身体には、御影公会堂のモダニズムはキケン過ぎます!!

いやぁ~ん

糸目姐さん、ひさしぶりやんけえええええええええええええええええええええええええええ~~!
そう、2国、エロさ満タンでっせえええええええええ!
糸目三輪とのスリスリ画像、機体して松!

  • [2015/06/05 00:23]
  • URL |
  • ワンコックのワンワン麺
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

50年以上前に

まだ京都に住んでいた頃、西大島の親戚の家に行って武庫川で水遊び。
川に浸かって見てた武庫川大橋はかっこよかったなあ。
大阪に来てからは梅田へ行く時は省線で、マッハを見たりして阪神本線・国道線で家へ帰りました。梅田の100円コーナーのホットケーキや
安全地帯のない野里の停留所とか思い出しました。
阪神間なのにあまりモダニズムに縁のない尼・西淀川でした。

阪神間モダニズムは(糞爆)

むずかしいなあああああああああ(核爆)!
抹茶パンダ殿、ひさしぶりやないかあああああああああああああ嗚呼嗚呼~!
抹茶パンダ殿もエロエロ思い出がありますなあ!
梅田の100円コーナーは厨房のとき、よくマッハとか鉄道友の会の霊界の前後に健太郎T兄と食ったもんです。
100円券を取り上げないもんだから何度も使い回し。
100円で寿司とスパとアイスまでフルコースやったこともありんす(糞爆)!
西淀川阪国沿い、といえばモダニズムの極地、ヤナセのらせんスロープがあるがな!?
数年前はまだあったと思うけどまだあるかなー!?

  • [2015/06/06 07:38]
  • URL |
  • ワンコックのワンワン麺
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1406-7563bde9