50年前の夏の武庫川 

毎日毎日、阪神電車の昔話は書いたものの、ひとつも往時の画像を持ってないことを、かわいそうにお考えいただいたのか、一昨夜、あの、モハメイドペーパーさんから突然メール添付で古い写真が送られてきました。


うっわあああああああああああああああああああああああああああああああ~~!
武庫川右岸、神戸方から武庫川橋梁へ築堤を駆け上がっていく小型車編成!
前面は喫茶店スタイルですが、側面の明かり採り窓がありませんから881形で統一された編成でしょう!
時は昭和39年8月。
すばらしいショートです!
手前の地上の線路はもちろん先日ご紹介した武庫川線!
カーブしているのは本線と武庫川線の連絡線で、いまも健在です。
(←現在の武庫川線)

6409-20_0002.jpg
今度はついに武庫川線です。
なんと、もっとも美しいと言われる、喫茶店スタイル+側面明かり採り窓+リベットの851型トップナンバー851!
すんばらしい!
背後に本線の架線柱が並んでいますので場所はおそらく武庫川駅を出たところ。
「現在の武庫川線」の記事の一番上の写真と同じ場所、踏切を川側に渡った場所だと思います。
現在は踏切を渡るとすぐに自動車道のキツい築堤があってこの場所では撮影できません。

6409-20_0003.jpg
同じ場所で洲先へ向かう電車の後追いだと思います。
背後には出来立てほやほやの第2阪神国道、国道43号線の高架が見えていますね!

電車も写真もすばらしい!
やはり写真は残しておきたいもんですね!
これらの写真をご提供いただいたモハメイドペーパーさんのブログ「なんか出てきたあ~」では
同じ阪神金魚鉢の記事を企画中とのこと。
そちらも楽しみです!
(→モハメイドペーパーの「なんか出た~!出た出た出たぁ~」はこちら!)
モハメイドペーパーさん、ありがとうございました!

スポンサーサイト

コメント

うっわあああああああああああああああああああああああああああああああ~~!

モハメイドペーパーさんの写真すごい~!!!!
本線⇔武庫川線の短絡線ってムカシは何のカコイもなかったんですね。
いまやトリカゴ状態ですが。

嗚呼、線路が

まだ3線ありますね〜。
この時代に行って見たかったデス。

  • [2014/07/18 06:56]
  • URL |
  • おっちゃん喫茶
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

連絡線すげ〜!

今も昔もあのカーブと勾配はすげ〜す!ああいうのがインタアーバンっぽくて好き!

そうなんですよー

尼センちゃん、
すごい写真ですよねー。
本線もスゴいが武庫川線の851も!
こどものころは甲子園口~武庫大橋間の線路も完全開放でした。
あの時代にもどりたい(爆)!

参戦!左遷?

純喫茶おっちゃん殿、
三線軌条、ええですな~!
さっきお願いメールしました・・・
なんとか2箱たのんます~(謎)!

みなさん・・・・

Cedar殿、
みなさん目の付けどころがびみょーに違っていておもしろいです!
Cedarさんは連絡線にきましたね、やっぱり(爆)!

連絡線

こういう急カーブの連絡線は面白いですね、燃えます。
他には阪急の西宮北口や夙川でしょうか。
関東では菊名や登戸、下北沢にあったのですが、何れも現存しません。
菊名や登戸はかすかに覚えていますが、残念ながら現在はほとんど痕跡が残っていませんね。

ババりん、すみません!

コメント頂戴していたのにお返事遅くなりすみません!
急カーブの連絡線、燃えます。燃えまくります!
西宮北口も夙川もまだまだ現役!
連絡線ではないですが、阪急には石橋、塚口にも90度急カーブで支線が本線につながっていてコレも燃えますねー。
菊名はまだ痕跡が残っていて、ちょっとうれしい。でもあそこを東急電車が曲がるシーンを見てみたかったです!

おはようございます。
検索結果から辿り着きました。はじめまして。
数年前に武庫川線を訪ねたことがあります。本線の川を眺めるホームから降りて、2両編成の列車に乗って往復しました。
昭和の時代には、今よりももっと独特で個性のある風景が広がっていたのだろうと思います。
旅から帰ってから武庫川線のことを調べましたが、あたかもまだ戦前、戦後直後を引きずっているかのような混沌とした風景があったことを知り、その時代を見てみたかったと感じたものでした。
本線との連絡線も模型のようで魅力的に映ります。
他の記事も楽しませて頂きます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

はじめまして

風旅記さん、
はじめまして!
コメントどうもありがとうございます!
武庫川線は小生、こどものころから親しんだ電車です。
たしかに周囲は少し変わったかもしれませんが、基本的に土手沿いをのんびり走る風情はあまり変わらないような気もします。
風旅記、拝見いたしました。
美しいページですね!
今後ともどうかよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ntekken.blog109.fc2.com/tb.php/1059-6bef27de