月別アーカイブ

 2014年06月 

阪神国道線尼崎市内保存車その1 74号 

昨日ご案内したとおり、近所のオバハンをご覧ください(大糞核爆)!
スライド2
昨日の地図の阪神電車本線から北側を拡大したものです。
(←昨日の地図)

74号は「蓬川公園」にあります。
蓬川公園もあすご紹介予定の71号が保存されている「水明公園」もそこそこ広い公園で、しかも木々がうっそうとしていて、いきなり行ってもドコに電車があるのかよくわかりませんでしたので、電車が保存されている大体の場所に車番を示してあります。
見学のご参考に。

では74号、大阪方(野田)先頭からです!
RIMG0095_20140630203433af4.jpg
ぐっはー!
ハゲハゲ~~!
しかも掘立小屋つき~~(糞爆)!


山側
(大阪方から神戸方へ)
RIMG0096_201406302034348de.jpg
ちりとりやらホースやら(大糞核爆)!

RIMG0097_201406302034359c1.jpg
広告枠の上の窓は左の窓より幅が狭く見えますが、これは窓枠の太さが違うから錯覚でそう見えるのだと思います。
71形の窓は製造当初のスチール製の細く、美しいものから木製のものに換えられ、さらにだんだんと太くなっていったと聞きます。
現役時代もこのように太さの違う枠が取り付けられていたのでしょうか。

RIMG0098_2014063020343641d.jpg
扉の後ろの窓は戸袋窓で開きません。
戸袋窓の枠は普通の枠より余計に太くなったのが目立ちました。
この保存車では戸袋窓の枠の上からアクリル板が貼り付けられていて、現役時代とはまるで違っています。

RIMG0100_2014063020354308d.jpg
このドアの左側の戸袋窓は太くなった木枠が現役時代のまま残っています。

RIMG0101_20140630203544584.jpg
RIMG0102_20140630203546ce3.jpg
ドアには安アパート同等の開き戸がっ!
張り紙には「囲碁 将棋 お気軽にお入りください」と書いてあります。
ドコのダレがこんなトコお気軽に入れんねん(><!?

山側床下
RIMG0099_20140630203437903.jpg
ボールドウィンに雑巾山ほど干すな!

RIMG0121_201406302041459ef.jpg
RIMG0122_20140630204146531.jpg
RIMG0123_20140630204147b01.jpg
RIMG0124_2014063020414822c.jpg
床下にいろいろ投げ込むな!

RIMG0125_2014063020414908c.jpg
RIMG0126_201406302042313ee.jpg
制御器に空きボルト突っ込むな!

RIMG0103_201406302035488ca.jpg

神戸方先頭部
RIMG0112_2014063020423283a.jpg

浜側
RIMG0113_2014063020423343c.jpg
RIMG0114_20140630204234ed6.jpg
RIMG0115_2014063020423526a.jpg
浜側はみっちり木で覆い尽くされていて、コレしか撮れませんでした・・・・

極悪、凶悪な状態ですが、やっぱり実物を見るとココロ踊ります!
せめてモケーで美しい姿を再現したい!


あすは水明公園から71号をお送りする予定です!
お楽しみに(ダレか?)!

スポンサーサイト

金魚鉢通信3 TMS(鉄犬モハモハ主義)コンペ「阪神国道線」 尼崎市内の金魚鉢保存車を訪ねる 

今週も日曜の夕方がやってまいりました。
金魚鉢通信の時間です(糞爆)。

今週も参加者のみなさまからご報告がありました!

エントリー表
プレゼンテーション2
徐々にみなさんの仕様が決まってきているみたいです。
今週のあたらしいエントリーは
尼セン2号さんの31形(エントリーナンバー18)
そして
尼セン3号さんとおっしゃる方のモ205!
・・・・モ205は阪国電車ならぬ阪堺電車のクルマです、、、
きっとアタマがアレなのでしょう。。。
とりあえずエントリーナンバー19として受付ましたが万一完成しても無視します(核爆)。

残るはポンキチイガーさんと床下洋一さん。
はやく覚悟を決めてください(大糞核爆)!

もちろんまだまだエントリーを受け付けております!
勇気ある同胞よ!キミこそ来たれ(糞爆)!

さて。
スライド1
コレは兵庫県尼崎市南西部の地図です。
さる5月の末、出屋敷駅をスタート地点に、尼崎センタープール前までごらんのルートを45分間駆け足で回りました!
もちろん!
金魚鉢の保存車を見学するためです!

それではこのときのお散歩コースをご案内しましょう!

A地点
まず、阪神電車出屋敷駅を降りたぼくは出屋敷の地名の由来ともなった屋敷町をヌケ、A地点を目指します。
RIMG0093_20140629193727bd7.jpg
出屋敷の街並み

RIMG0094_20140629193728e23.jpg
蓬川右岸(写真左側)の蓬川公園!
ここには金魚鉢74号が保存されています!

74号の見学の後、さらに西進。
A地点とB地点の間で「道意線」と呼ばれるまあまあの幹線道路を渡ります。
RIMG0116_2014062919372998d.jpg
道意線(北向き)

このまま道意線を北へ数百メートル進むと国道2号線、すなわち大阪神戸間においては「阪神国道」と呼ばれる道路に出ます!
阪神国道を過ぎて、さらにまっすぐ北へ2キロほど進みますとオレが生まれ育ったJR東海道本線立花駅です(大糞核爆)・・・・
ではなくて(糞爆)、その阪神国道こそ、金魚鉢をはじめとする阪神国道線が走っていたルート!
しかも、その交差点には国道線の車庫、「浜田車庫」があったのです!


でも時間がないのでそそくさとB地点に向かいましょう。

RIMG0117_2014062919372980f.jpg
B地点は「水明公園」。
なんとなくさわやかな名前ですがぜんぜんさわやかなんてもんじゃないです。
尼崎市営、すなわち悪名高き公営ギャンブルの総本山、尼崎ボートレース場に隣接するからそう名付けられたんだと思います・・・・

B地点
RIMG0118_201406291937598df.jpg
水明公園に入ったところです。
この公園には金魚鉢のトップナンバー、71号が保存されています。
この絵のどこかに金魚鉢が隠されています(大糞核爆)・・・・

C地点にはなんと阪神の小型車、601形、1101形が保存されています。

D地点では・・・・
RIMG0156_201406291938150c4.jpg
オッサンが集まり(糞爆)・・・

E地点で・・・・
RIMG0159_20140629193816bb7.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 
したのも記憶に新しいトコロです・・・・
(←5月に催された秘密の会合はこちら)

さて、A地点の74号とB地点の71号。
保存状態は悪い意味で極悪、凶悪です(大糞)!

それでも昔の人はウマいこと言ったもんです。

遠くの美女より近所のオバハン(大糞核爆)・・・・

遠くにいてどうせヤラせてくれない美女なら、なんぼオバハンでも近所でヤラせてくれるほうが役にたつ、という意味ですね(核爆)・・・・

凶悪な保存状態ではありますがモケー化にちょっとは役に立つかもしれませんので、あす以降、画像でご紹介する予定です。
おたのしみに(糞爆)!

ついにイッセンを越える!1001号記事は箱根プリン旅行! 

朝、新宿の●マン●カー乗り場に上がりますと!

SEX (スーパーエクスプレスX)!

RIMG0013_20140628220827abb.jpg
RIMG0015_2014062822082736c.jpg
RIMG0018_20140628220828e83.jpg
RIMG0020_20140628220829cfb.jpg
つぎに来たのもSEX (スーパーエクスプレスX)!

そして・・・・
RIMG0021_20140628220830ce0.jpg
本日の箱根プリン旅行のお相手がいきなりSEX (スーパーエクスプレスX)のおもちゃを飛ばしてついに登場(大糞核爆)!

写真 2
おれたちビリケン・ブラザース(糞爆)!
そう、
もちろんお相手はあのおっちゃん!
(→あのおっちゃん!)

だからもちろん!
乗ったとたんに!
RIMG0049_2014062822092390c.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

RIMG0050_20140628220924c37.jpg
RIMG0058_2014062822092556e.jpg
RIMG0059_20140628220926aed.jpg
RIMG0060_2014062822092715a.jpg
RIMG0065_201406282209275a6.jpg
RIMG0066_20140628221108c9f.jpg
RIMG0071_201406282211099ad.jpg
そんなこんなで箱根湯本に到着!

DSC_1165.jpg
まあ、「あじさい電車」を撮るにはとったんですが、なんですかーこの集中豪雨わっ!

・・・・ということで
RIMG0105_20140628221110c3f.jpg
そそくさとこちらの温泉に
シケコミます(大糞核爆)!

お風呂に入ってキレイにしたらヤルことはひとつ!
RIMG0106_201406282211119f5.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

ここでは遅い昼メシすら提供を受けることができず、宮の下へ進んでそば屋で!
RIMG0107_2014062822111261f.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

宮の下から山を下ります・・・・
DSC_1274.jpg
やってきたのは唯一の37吊り掛け編成!

そりゃ吊り掛け電車を求め続けて50有余年!
あのおっちゃんも大喜び(糞爆)!

山を下りて箱根湯本のエキナカカフェで!
RIMG0154_20140628221219406.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

RIMG0149_20140628221220e48.jpg
RIMG0155_20140628221221e25.jpg
RIMG0161_2014062822122242b.jpg
このエキナカカフェ、おもろかったです・・・・

そして帰り道も!
RIMG0164_201406282212222d3.jpg
SEX (スーパーエクスプレスX)!

乗り込んだらもちろん!
RIMG0185_201406282212474ed.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

・・・・なにしにいったんだかよくわかりませんが、ともかく楽しかったです(大糞核爆)!
おっちゃん、本日もありがとー!

祝!イヌゲージ鉄犬1000記事! 


1000!

IMGP0547.jpg
1000!

DSC_6728s_20140627202342b3d.jpg
捨て1000!

みなさん、おはようございます!
うっとうしい梅雨空の週末の朝、みなさんいかがお過ごしでしょうかっ!
早朝よりお騒がせいたします!

当糞ブログは本記事をもってN0.1000号を迎えました!
考えてみればこの2、3年、毎日毎日この糞なブログを書き続けてついに1000!
感慨深いではありませんか!
とくについ一昨日、300万アクセス達成!と華々しく宣言されたあの、Cedarのコンニャク日記殿なんか
641記事にして300万アクセスでっせ!
こっちは1000も書いても80万!
どんだけ効率悪いねん~~~!
(→Cedarのコンニャク300万アクセス号はこちら!)

・・・・まあ、内容が違うっていえばそれまでなんですが、それでもアホくさくなってきました(大糞核爆)!

なお、1か月ほど前、1000記事!って吠えて、
なんと!
3名もの方々からお祝いをいただいた(糞爆)のですが、
実はファイル数は1000でも、書き損じも算入されておりまして、実際の1000号記事はこちらでした!
どうかまたお祝いください!

DSC_3086_20130708213614s_20140627202342a9e.jpg
1000!

DSC_9902s_201406272023430c3.jpg
1000!

DSC_0986.jpg
1000!

DSC_8464_20140215162156e1c_201406272023547db.jpg
1000!
それでは2000記事までどうかよろしくお願いいたします!

追伸
今日は1000記事記念でこれから箱根プリン旅行にでかけます!
RIMG0001_201406272107351a6.jpg
こないだとは違います!
(←こないだ)
人数欄に「アダルト2枚」とあります!
いやらしいですね~~(糞爆)!
ついにロマンスカーが●マン●カーになるのか!?
お楽しみに(糞爆)!

【お笑い心中工作】東急デハ3450形3472+クハ3750形3751 その5 雨樋を作り直して床板をつくる(下)  

みなさん、ごぶさたいたしました、こんばんは!五島慶犬です(糞爆)。
あの、宮下洋一にして、
「これはすでにモケーの世界を超越して最新アートである」と言わしめた、あの東急3472+3751の時間がやってまいりました!

(→宮下洋一が呆れ果てた上 言うに事欠いた挙句、最新アートと暴言垂れた記事はこちら(大糞核爆)!)

このままいくと、ニューヨークのMoMAにマルセル・デュシャンと並べて収蔵されるかもしれません!
では、その最新アートの「今」をごらんください(大糞核爆)!



まず、巾2.5mm、厚み0.3mmの帯板をスジを掘ってパキっとちょっとだけ曲げます。

RIMG0006_20140627183424cf6.jpg
クハの横梁のウェブ部分としてハンダ付しました。(手前)

RIMG0001_20140627183425826.jpg
今度は巾1mm、厚み0.4mmの帯板を大量にL字型に曲げます。

RIMG0002_20140627183425a66.jpg
床下機器の吊具としてハンダ付。
もはやなにがなんだかわからなくなってきます・・・・

RIMG0002_2014062718342632b.jpg
さらに実際に床下機器を接着できるように各サイズに切り出した板をさきほどの吊具にハンダ付。

RIMG0001_20140627183427384.jpg
各種床下用パーツを揃えたり、切り出しました。

RIMG0002_2014062718361919d.jpg
上のパーツの他、通し管をハンダ付してキサゲてようやく床板の完成です!
もっとマジメにキサゲしる~!って言われてももうオレにはコレが限界っす。

車体はどうなっているかと申しますと!
RIMG0001_201406271836207da.jpg
い!?

せっかく2段雨樋にしたのにがりがりやすりを当てています!

RIMG0002_2014062718362170a.jpg
ヤスったのはドアの上だけ。
クハの「木製雨樋」のドア上には、水切りが垂直に立っていたのです!

RIMG0007_201406271836222b1.jpg
帯板を所定の長さに切り、角を丸めておきました。

RIMG0008_20140627183623063.jpg
ハンダ付完了!

RIMG0010_2014062718461759d.jpg
こちらもキサゲておきました。

RIMG0012_201406271846181ac.jpg
完全に雨樋にフラットにはできてませんが・・・・

ではまた3週間後くらいに!チャオ!
五島拝

花巻電鉄デハ3保存車 

一昨日ご案内したように、花巻電鉄西花巻ー裏花巻間の花巻市民の家のグラウンドには、まさに線路跡に沿ってデハ3(Ⅱ)号が保存されています。
(←花巻市民の家)
(←以前にもデハ3保存車を少しだけ紹介しています)

今回は、コンデジのレンズを金網にいちいち突っ込んで全幅わずか1600mmのまさに馬面電車の全貌に迫りたいと思います!

なお、この保存車輛、軌道線での現役時代と向きが違っているようです。
昭和40年の中央花巻ー西花巻間の廃止によってこれまで西花巻で2方に別れた軌道線と鉄道線を一本に結んだため、廃止前の路線と廃止後の路線合わせてデルタ線を形成してしまったため、この廃止日の夜にヘンなところで寝てしまうと向きが変わってしまいます。
ここでは軌道線での現役時代の向きでご紹介しますのでいまの保存状態とは逆になっております。

中央花巻方前面

2_20140626191305ccc.jpg

中央花巻駅基準西側(西鉛温泉方面進行方向右側)
3_20140626191305bf6.jpg
4_20140626191306bd6.jpg
5_20140626191306411.jpg
6_20140626191307b6e.jpg
7_20140626191342027.jpg
8_20140626191343a64.jpg
9_20140626191344e83.jpg
10_20140626191345977.jpg
11_2014062619134673c.jpg
12_201406261913465c3.jpg
13_20140626191433637.jpg

西鉛温泉方前面
14_20140626191434f4b.jpg
15_2014062619143453d.jpg
16_20140626191435221.jpg
17_20140626191436a30.jpg

中央花巻基準東側(西鉛温泉方面進行方向左側)
18_2014062619143600b.jpg
19_20140626191535c0f.jpg
20_20140626191536872.jpg
21_2014062619153665c.jpg
22_20140626191537fdf.jpg
23_20140626191538f3b.jpg
24_2014062619153957c.jpg
25_20140626191605fff.jpg
26_20140626191606134.jpg
27_2014062619160708f.jpg

やっぱりこれもすばらしい電車です!

花巻電鉄廃線跡を歩く(4) 鉄道線・裏花巻~花巻温泉  

みなさんこんばんはー
今夜も宮澤犬治アワーがやってまいりました。
長らく続いたこの特集もついに最終コーナー、鉄道線全線です!

まずは例によって鉄道線全体を俯瞰する地図から。
花巻電鉄地図final2
右下が今夜の出発地点、国鉄花巻駅裏の裏花巻駅です。
それではこの地図上に示されたA~Eの順番にご案内いたしましょう。

A 裏花巻のSカーブ
スライド8
裏花巻を出発した電車は、東北本線からじわじわと離れていくように左へカーブ、続いて右へカーブして、花巻温泉へ一直線となる角度で進みます。
建設当時はさえぎるものなどなにもない、見渡す限りの広野だったんでしょうね。

1
いきなり今夜は後ろ向き(糞爆)。
列車の最後尾から見た景色、とお考えください。
2
じわじわと東北本線から離れていきます。
東北本線の架線柱が低いことから、あちらが掘割を進んでいることがわかります。

3
2本の電柱の間に未だ現役で残る構内跨線橋が見えるでしょうか?

4
5
ここで左カーブ(後ろ向きですから右カーブに見えますがっ!)は終了。
それでは、もとの裏花巻駅に戻って今度は進行方向、すなわち運転台から見た景色をご覧ください。

・・・・・・

m_E88AB1E5B7BBs4308-11E383A2E3838E-8c1cd.jpg
なんですカーこの写真わっ!?

裏花巻駅に佇む軌道線の電車。
右手には、くだんの跨線橋がっ!
もちろんこんな写真を私が持っているハズはありません!
あのCedarさんから勝手にウチんちから画像引っ張ってなー、と本日コメントをいただいていたのです!
ありがとうございます!
ごちそうさま!
(→Cedarさんの花巻電鉄軌道線のすばらしい画像の数々はこちら!)

いまはエロ爺の名をほしいままにするCedarさんですが、この頃はさすがにかわいいボクだったんでしょうね(大糞核爆)・・・・

RIMG0275_201406251737460e4.jpg
話は元に戻りまして、裏花巻を出て左カーブを進みます。

RIMG0276_20140625173747202.jpg
RIMG0282_2014062517374882a.jpg
RIMG0283_20140625173748ee9.jpg
しばらく直線の後、いよいよ右カーブ。

RIMG0284_20140625173749549.jpg
RIMG0286_201406251737507d9.jpg
線路跡はまっすぐ花巻温泉を目指します。
ここで振り返って逆走です。

13
12
11
実はカーブの途中にでかい道が出来ていて、線路跡とおぼしきルートはがちゃがちゃとS字を2回描くのでありました・・・・

RIMG0290_20140625173907137.jpg
新しくできたでかい道から線路跡を俯瞰しました。

RIMG0291_20140625173907460.jpg
RIMG0292_2014062517390806b.jpg
さらに線路跡は花巻温泉を目指してまっすぐに進みます。

RIMG0293_201406251739094f9.jpg
ん?なにやら前方に悩ましい右カーブが・・・・

B 花巻グランド手前の自転車道
スライド9
RIMG0295_20140625173935989.jpg
RIMG0296_201406251739361e8.jpg
めっちゃ怪しいカーブなんですが、線路跡を自転車道に整備する前に線路跡を完全に無視して宅地開発されちゃったんでしょうね、残念ながらコレは線路跡ではありません。
近年作られた自転車道。
鉄道は曲がらずにまっすぐ伸びていました。

C 花巻グランド
スライド10
現在は野球場、「花巻球場」と一体的に整備された日居城野運動公園。
実は花巻電鉄が現役だったころにすでに「花巻グランド」として整備されていたみたいです。

RIMG0297_201406251740090be.jpg
新しくできた道から鋭角に突っ込むのが線路跡。

RIMG0298_20140625174010ad3.jpg
RIMG0299_2014062517401023a.jpg
RIMG0300_20140625174011a1e.jpg
RIMG0302_201406251740123b8.jpg
その運動公園をまっすぐ突っ切るこの自転車道こそ、花巻電鉄の線路跡。

RIMG0303_201406251740414bd.jpg
おおっ!
なにやら交換駅の線路配置みたいに自転車道が複線化されてます!

m_s42E88AB1E5B7BB04R.jpg
なんですカーこの写真わっ!?

そう!
コレもあのCedarさんが撮った現役時代の同じ場所!
本当にここが列車交換の場所だったわけです!
(→こちらのCedarさんの記事にはこれまた鉄道線の貴重な画像がいっぱい!)

いまはエロ爺の名をほしいままにするCedarさんですが、この頃はさすがにかわいいボクだったんでしょうね(超糞核爆)・・・・

RIMG0305_2014062517404206b.jpg
そのあとも線路は続きます。

D 瀬川を渡る
スライド11
ほぼ一直線に花巻温泉まで向かう鉄道線ですが、唯一、瀬川を渡る際、なるべく川に直角に渡るため、明確なS字カーブがあります。

RIMG0317.jpg
裏花巻からの最初の右カーブにさしかかります。

RIMG0318_20140625175052601.jpg
川の手前で、123号線という道路をアンダーパスします。この道路は現役時代からあったものと思われます。

RIMG0323_2014062517505495e.jpg
いよいよ橋を渡ります。

RIMG0324_201406251750545f5.jpg
RIMG0325_20140625175220a3f.jpg
RIMG0326_20140625175221de0.jpg
橋を渡ると今度は左カーブ、そして広野の直線が続きます。

RIMG0309_20140625175221530.jpg
RIMG0310_20140625175222dad.jpg
さきほどアンダーパスした上部の123号線から俯瞰した花巻方向。

RIMG0311_2014062517522345d.jpg
RIMG0312_20140625175224ac0.jpg
こちらは進行方向の花巻温泉方。

RIMG0327_20140625175241032.jpg
橋のたもとにはこんなエゲつない廃車体がっ!
・・・現役時代にも線路わきに転がっていたのでしょうか?

E 花巻温泉
スライド12
いよいよ旅は終点に近づきました。
花巻温泉郷は、山の裾野に位置して、勾配が始まる場所にあります。

RIMG0344_20140625175613c17.jpg
終点までの数キロは温泉への道路に沿って線路が敷いてありました。
この写真は花巻方を向いています。
左側の自転車道が線路跡。

RIMG0328_2014062517561213a.jpg
ついに花巻温泉です。
立派なホテルが3軒並んでますが、これらすべてが国際興業の運営。
ようするにどこに泊っても同じクオリティ(糞爆)♪

RIMG0337_20140625175617eae.jpg
その手前に道路右側にこんな階段があります。

RIMG0338_20140625175614a76.jpg
さらに手前にはこんなバスの転回場がっ!

RIMG0340.jpg
アアっ!
この階段は!


スライド13
現在の地図に重ねた駅構内の拡大図です。
山の裾野に突っ込んできた終端駅は、さらにその先の地盤と擦り合わず、普通とは逆にプラットホームから階段を上って本屋へと導かれていました。
それがバス停から温泉へ結ぶ階段としていまなお残っているのです。
赤丸で囲った階段Aがそれ。
最初に見ていただいた階段は地図上の階段B。
階段Aを上がり過ぎたのでこちら側へは再度階段を下りて地盤に降り立つという寸法です。

RIMG0341_20140625175616158.jpg
階段を背に温泉街方向を見ました。
まさにここが駅舎のあった場所。
往時の賑わいが少し偲ばれました。

長々とご覧いただいた花巻電鉄跡訪問記、あとはデハ3を残すのみ、コレで終了です。
ありがとうございました!
それでは最後に・・・・

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
東ニ病気ノデハアレバ
仕事モセズニ見ニイッテ
西ニツカレタモハアレバ
仕事モセズニ見ニイッテ
北ニ死ンダ線路アレバ
廃線跡ヲ歩クダケ
名古屋ニモケー屋アレバ
買イアサル
サウイフヲタニ
ワタシハナッテモータ

さようならー♪
宮澤犬治でしたっ(糞爆)!

花巻電鉄廃線跡を歩く(3) 鉄道線・西花巻~裏花巻  

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
東ニ病気ノデハアレバ
仕事モセズニ見ニイッテ
西ニツカレタモハアレバ
仕事モセズニ見ニイッテ
北ニ死ンダ線路アレバ
廃線跡ヲ歩クダケ
名古屋ニモケー屋アレバ
買イアサル
サウイフヲタニ
ワタシハナッテモータ

こんばんはー♪
またもや宮澤犬治です(糞爆)!

前回、西花巻から西公園へ、軌道線をご紹介しましたが、今回からは鉄道線です!

スライド3_2
ふたたび、例の地図です。
西花巻で軌道線と別れた鉄道線はさらに右カーブを続け、ななめ45°で直線となって東北本線に斜めに刺さる直前で今度は左カーブ。
東北本線と平行となって「花巻」駅へと至ります。
この「花巻」駅、時代によっていろいろと名前を変えていたとのこと。
ある時代は「裏花巻」、またある時代には「花巻裏」そして「電鉄花巻」なんて呼ばれたこともあったそうです。

西花巻を出て、右への90度急カーブは今、消防署の敷地になってしまってまして、まったく線路跡はありません。
今夜の旅は地図上9番の撮影ポイントから、はじまります。

RIMG0183_20140624183931862.jpg
えーと
ちらりと写っているオバハンは右側の家のオバハンです。
ずーっと左側の家のオバハンと道の真ん中で立ち話しやがっててなかなか写真を撮ることができませんでした。
・・・というのはどうでもいいですがっ!

消防署裏からはごらんのようにゆるやかな右カーブが続きます。まさにこの道が線路跡。

RIMG0184_201406241839324d2.jpg
RIMG0185_20140624183933d8b.jpg
RIMG0187_2014062418393486f.jpg
RIMG0188_20140624183934ffe.jpg
RIMG0192_2014062418404994e.jpg
ゆるゆると続いた右カーブが北東方向を向いて直線になったところで大きな道路を渡ります。

道路を渡ってさらに直進すると・・・・
RIMG0195_2014062418405193a.jpg
線路跡左手に「市民の家」として活用される木造建築が見えてきます。
旧花巻町役場の建物だったそうです。

その「市民の家」のとなりに!
RIMG0198_20140624184053ea1.jpg
ウマヅラ電車!
このデハ3保存車については以前にもご案内しましたが、今回もさらに写真を撮ってきたのでまた後日、ご紹介する予定です。
(←以前ご紹介したデハ3)

ここで少し、さっきの右カーブへ向かって逆走してみましょう。
RIMG0197_201406241944376aa.jpg
デハ3から逆向いて撮影したさきほどの大きな道路。
少しわかりにくいですがこちらから見ると横切る道路に鋭角に交差した道が2本見えます。
さっき歩いてきたのはそのうちの左側の道ですが、並行してもう1本道があります。
その2本の道の間にはちょとした雑草も見えます。

RIMG0194_201406241944381a1.jpg
これがその雑草。

よく見ると。
RIMG0193_20140624184050e1d.jpg
あやしいですねー。

もしかするとこの2本の道を合わせた幅が線路敷だったのかもしれません。
しかし、右側の道はすぐに終わってしまいますのでやはりさっき歩いた左側の道を少し逆走します。

RIMG0190_2014062419443912c.jpg
RIMG0186_201406241944407c8.jpg
もう少し進むとスタート地点の消防署裏です。
すでに消防署の火の見櫓が見えていますね。

さて、デハ3のところに戻ってさらに先にすすみましょう。
RIMG0199_201406241945390eb.jpg
デハ3を越えてもまだしばらく直線が続きます。
このあたりからは線路跡が自転車道として整備されています。

RIMG0201_2014062419454014c.jpg
自転車道の車止め。
ちょっとよくわかりませんが、基礎部分のコンクリは花巻電鉄の電車の車輪をモチーフにしたものだと思われます。

RIMG0200_2014062419454089b.jpg
この直線を線路敷から外れてみたところ。
小さな川を渡る橋が見えます。

RIMG0204_20140624194542182.jpg
線路敷から見た川です。

RIMG0202_201406241945417b2.jpg
すこし雑草に足を踏み入れたところから線路の橋を見たところ。
ふと、足元を見ますと!
RIMG0203_2014062419454472f.jpg
ますます怪しいですね~~!

RIMG0267_2014062419462976e.jpg
さらに進みますと左カーブが見えてきました。

RIMG0268_201406241946307c9.jpg
左へ30度ほど曲がると東北本線に平行となります。

RIMG0271_201406241946316fe.jpg
はい、ここが電鉄花巻(裏花巻)駅跡。
少し掘割状になったところを進む東北本線に対して、こちらは周辺地盤面ですから、東北本線から見れば花巻電鉄駅は一段高いところにあったことになります。

RIMG0280_201406241946328f2.jpg
これが現在の花巻駅西口広場。
中央の建屋は地下道の入口で、正面口である東口と結ばれています。
いまも東北本線花巻駅には古い跨線橋が使われていますが、むかしはその跨線橋で国鉄花巻駅と電鉄花巻駅はつながっていました。

RIMG0279_20140624194632052.jpg
裏花巻を出ると、ふたたび少し左カーブして、東北本線から離れていきます。
それではこの先、花巻温泉まではまた後日!
お楽しみに!(ダレか?)





本日のモケー屋めぐり 

写真 1
二子玉川のホームに上がると土曜日から「活躍」をはじめた「ひる準!?」の表示はありませんでした。

写真 2
わたしがホームに上がったのは12時42分。
ちょうど39分の「ひる準!?」が逝った直後で、結局方向幕や駅の案内表示にちゃんと「ひる準!?」と表示されているかどうかの確認はできませんでした・・・・
ともかく、これまでの15分ヘッドはそのまま、毎時9分と39分に「ひる準!?」がブチ込まれた、という建て付けのようです。

ん?

39分発?

そう、39分の「ひる準!?」のたった2分前に各駅が行き、その続行としてここから各駅になる「ひる準!?」が発射します。
って、ソレ、ぜんぜん死にスジやん~!

たしかに「ひる準!?」の後の45分発の各駅はその直後の47分の急行に渋谷までの途中、桜新町で追い抜かれますから、このタイミングで「ひる準!?」を発射させないと渋谷までに急行に追い付かれてしまいます!
それにしても昼間の各駅停車2分おきって・・・・・

わかりました!
「ひる準!?」はネーミングだけで、二子玉川~渋谷間は結局、なんの役にもたたない回送電車なのだー!
田園都市線沿線でわかりやすい30分ヘッド運転により糞マダムを拾って二子玉川ライズへ誘い、そのあと逆行させるにも二子玉川には逆行施設がないもんだからしかたなく渋谷へ回送運転する、ようはタダのお買いもの電車!
もはや、なにをかいわんや、の世界ですね♪

写真 3
とうとう8500系の美しい側板にも貼られた黄色いガムテを見送って、都心での用事を済ませたのはまだ4時前・・・・
7時の約束まで3時間もあります・・・・・

そこでもちろん!
写真 4
日比谷線で到着したのは!

写真 5
北千住!

・・・・もしかしたら乗り換えでなく、この駅に降りたのはコレが生まれて初めてかもしれません、、、

もちろん、北千住での行き先は!

写真 1
ついにフジモデルデビュー!

いやー、鉄コレからもちろんフジ/KSのブラスキットまで、豊富な品ぞろえ、しかも親切な対応!
しかも!

写真 2
目の前の大踏切には8500系!

写真 4
あっちこっちから電車がつぎからつぎへ!

写真 3
ローズピンクの中電も(糞爆)!

こりゃー今度からはi-phoneじゃなくてちゃんとカメラ持って通ってしまいそうです・・・・

フジモデルでお買い物を済ませ、踏切を渡って北千住北口の探訪です。

写真 2
ここ、北千住が発祥の地の丸井に加えて駅ビルにはルミネ・・・
なんや!町田とか立川とかイナカの駅と一緒やんけええええええええええええ~!

もうちょっと都心のしかも下町の駅周辺用の専用デザインってないんでしょうかね・・・・

写真 1
ペデストリアンデッキに登るのもまんどっちく、ちょっときょろきょろしますとこんなところに穴がっ!

写真 5
やってきたのはおまんけー(大糞核爆)!

おまんけーで到着したのはもちろん!

写真 3
原宿いーもーんー

原宿いーもーんーからはヒマにまかせて渋谷までお散歩♪

写真 4
この橋、「ごりんばし」っちゅうんですね・・・・
しかも地球が4隅に・・・・
これまで何度も何度も渡りましたがぜんぜん気づきませんでした。

写真 1
一応、橋の上から。。

さらに渋谷から向かった先は!

写真 2
池袋いーもーんー(大糞核爆)

・・・・いったい、オレはなにをやってるんでしょうかっ?

結局のところ、今夜も!

写真 3
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

急にきまった飲み会なので電車を見せあいっこするわけでもなく、ただたんにあのおっちゃんと大愚痴垂れ流しながらひたすら飲みまくりましたー!
いやー、なかよしのおっちゃんと愚痴垂るのってホントに幸せですねー(糞爆)!
(→おっちゃん)

写真 4
池袋からはいつもコレに乗るんですが、あいかわらずどの電車に乗ればいいのかよくわかりません・・・・
なんとか次の次の電車が一番早く自由が丘に着くことが判明。

やってきた電車は!
写真 5
やっぱりおまんけ~~!

きょうも無益な一日でした(大糞核爆)♪

金魚鉢通信2 TMS(鉄犬モハモハ主義)コンペ「阪神国道線」 エントリー状況更新! 

大食い選手権を3時間半も見てしまいました(大食核爆)・・・・

さて、日曜の夜です!
今週も金魚鉢通信のお時間です!


まずはTMS(鉄犬モハモハ主義)コンペ「阪神国道線」について、右往左往しまくったそのコンセプトと(糞爆)、レギュレーション(核爆)についてとうとうまとまりましたのでご報告です!

タイトル: TMS(鉄犬モハモハ主義)コンペ第2回「阪神国道線」(第1回は1973年に開催済)

内容 : 阪神電車国道線のモケーを作って当糞ブログなどで発表!

対象モケーについて: 阪神国道線ならなんでも!完成品でも可!スケール/ゲージも問いません!

賞品 : 未定(核爆)

締切 : 2015年5月5日
(エントリーも締切当日まで受け付けます!当糞ブログのコメントまたは左カラムのメールフォームからどうぞ!)

その他 : 本コンペ用として阪神国道線用パーツを開発、販売します!いや、したいなーと思っています(大糞核爆)!詳細決定仕第、この「金魚鉢通信」にて発表します!

続いて現在のエントリー状況です!
プレゼンテーション1
どがーん!
なんと男15、高間1、プリン1の合計17人もの大量エントリーをすでにいただいています!
この調子で集まれば100台くらい集まってしまうかも知れませんね!


いやー
たのしみですねー!
各エントリー車の最新製造状況もお寄せいただければ、オレがブログネタ不足から解放されます!
ぜひご協力を(大糞核爆)!
また、パーツ発売情報など、新たな情報も入り次第報告しますのでぜひお楽しみに!


さて、レストアの完了した滋賀県で保存されている金魚鉢79号ですが、
保存主体である「金魚救いの会」が当コンペにご理解を示していただき、取材を承認、
本日、「金魚救いの会」メンバーであり当糞ブログでも有名な(?)健太郎T氏と
レイジージャックのジャックゼリー氏が各部寸法採寸をおこないました!
もちろん、その結果は本コンペ協賛パーツに忠実に再現するされるハズ!
こちらも楽しみですねー!

マイクロエース 大阪市交堺筋線60系登場時5連 

一昨日、いつもお世話になっている祐天寺モデルスさんから突然不幸のメールがっ!
(不幸のメールでなくてもメールはいつでも突然やってきます)
「大阪市交60けー入荷しましたー!ポリバケに捨てときましょうか(糞爆)?」

なんと1年半前に予約、入金を済ませていたコレが入荷したそうです・・・
すっかり忘れてました(核爆)、、、
RIMG0024_20140621205013eb9.jpg
高槻市、北千里方


動物園前方

時は1969年、翌年開催される万博輸送のために大阪市は堺筋線を建設。「万博西口駅」を擁する阪急千里線との相互直通用にこの60系が一気に90両が投入されました。
1969年といえば東京ではあの営団地下鉄千代田線用6000系の試作車が生まれた年でもあります。
東と西で、ニッポンの通勤電車の新たなデザインは同時に頂点を迎えました!が、
その後は衰退の一途をたどることになるのはみなさんご存じの通りです(大糞核爆)・・・・・


RIMG0033_20140621205015b52.jpg
突き抜け感は左右非対称の顔をもつ営団6000が一歩リードしているとは思いますが、
東急7000系を参考にしたのかどうか、それと似た車体断面、側窓配置を持つこの電車も相当進歩的なデザインです。

RIMG0032_201406212050152c4.jpg
写真がヘタでよくわかりませんが、いろいろ雑なつくりのモケーです。
赤い頬はなんかボコボコになっています(大糞核爆)・・・・

RIMG0034_20140621205016e4f.jpg
台車はまあまあ雰囲気が出てると思います。
アンテナがやっぱりぐにゃぐにゃしています(糞爆)!

RIMG0036_20140621205017036.jpg
なんとも粗い粒子が目立つシルバー塗装はアルミなんだかステンレスなんだかなんを目指して塗ったのかよくわかりません。あえていうなら鉛の大仏に似ています(大糞核爆)!
ユニットサッシの出もあいかわらずオーバーですねー。
KATOやトミックスの領域はまだまだ遠いです。

RIMG0035_20140621205110a07.jpg
昨年買った南海6101系でもそうでしたが、こういうところのレタリングだけやたらウマいです(糞爆)
(←チンクロ南海6101系)

屋根回り
RIMG0031_201406212051116f7.jpg
車体以上に問題なのは屋上。
いつもへろへろのパンタやアンテナ、それに無塗装かつ質感の低いプラ製ヒューズ箱などに悩ませられるチンクロ製品ですが、なんとコレに至っては
大きく目立つモニター屋根全体が無塗装かつ質感の低いプラ製!

RIMG0027_2014062120511269f.jpg
もちろんパンタ回りはいつものチンクロクオリティ♪

連結面
RIMG0028_20140621205113247.jpg
RIMG0038_20140621205114c99.jpg
この電車の連結面がどんなだったか、よくは思い出せませんが、モケーとしてのまとめ方はまあまあだと思います。
下は編成中1か所だけある貫通ドア付きの貫通面。

床下
RIMG0029_20140621205114442.jpg
M車はあいかわらず、ゴッポリモーターで占められています。
ちょっとした坂道でも当然つっかえます。

RIMG0039_20140621205155c3d.jpg
T車の床下は鉄コレよりはマシです(糞爆)。

付属品
RIMG0037_201406212051563c2.jpg
せっかくサボ受けのモールドはあるのに期待した「エキスポ準急」のサボなんかはありません・・・・

RIMG0001_20140621205157e01.jpg
RIMG0002_20140621205158584.jpg
コレと離合するのに最もふさわしい相手はやっぱり阪急側から大阪市交堺筋線に乗り入れてくる3300系、しかも非冷房車でしょうが残念ながらモケーは持ってません。
ここで並べたのは同じチンクロのずいぶん以前の製品、阪急2800系ですが、このころのチンクロ製品を改めてみると、いまの製品にはぜんぜん感じられないマジメさがあります。

昨日、今日の東急電車 どんどん終わる東急電車! 

昨日は4時過ぎにあの「鉄道技術者白井昭(平凡社刊)」でご著名な高級ジャーナリストにして低級Nゲージャーの高瀬文人先生をお招きして二子橋を渡りました(大糞核爆)
(→「鉄道技術者白井昭」はこちら。中古品は233円から(核爆)!)


RIMG0003_201406202003029ba.jpg
RIMG0004_201406202003032b4.jpg
RIMG0005_2014062020030388c.jpg
RIMG0006_20140620200304e5c.jpg
RIMG0007_201406202003051e7.jpg
RIMG0008_20140620200351794.jpg
RIMG0009_201406202003513bb.jpg
RIMG0010_20140620200352ce7.jpg
RIMG0011_201406202003537a5.jpg
RIMG0012_201406202003547ea.jpg
RIMG0013_20140620200354145.jpg
RIMG0014_20140620200445578.jpg
RIMG0015_20140620200445c4d.jpg
RIMG0023_20140620200446b99.jpg
RIMG0024_2014062020044750e.jpg
RIMG0025_2014062020044806d.jpg
RIMG0026_2014062020044974c.jpg
RIMG0027_20140620200543048.jpg
RIMG0028_20140620200544c7c.jpg
RIMG0029_201406202005453a0.jpg
RIMG0030_20140620200545fa1.jpg
RIMG0031_201406202005462e3.jpg
RIMG0032_20140620200548138.jpg
RIMG0033_201406202007101e4.jpg
近所なのに初めてのアングルで興奮して撮って撮って撮りまくってしまいました(大糞核爆)・・・・

着いた二子新地では!
RIMG0018_20140620200711d43.jpg
さすがに5時前ではお目当ての店は開いてませんでしたので(糞爆)、
はからずも先日Cedarさんが間違えて反対方向に歩いてしまった商店街を散歩。
(→Cedarさんの「ぶらり二子新地」はこちら)
(←お目当ての店とは!?台湾料理佰老亭はこちら!)

RIMG0019_20140620200712b30.jpg
モケーおもちゃ とりや(糞爆)!

RIMG0021_20140620200713f73.jpg
理容一本松(大糞核爆)!

RIMG0020_20140620200713c4a.jpg
高津ロックセンター(超糞核爆)!

・・・この商店街、店名がヘンです、、、

ようやく5時半。
お目当てのお店が開き・・・
RIMG0035_20140620200836ee7.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

写真 1
い?

写真 2
い!?

高瀬先生のご指導でi-phoneのカメラをモノクロモードにしたらほらオレでもロバートキャパ(大糞核爆)。

カメラの設定をそのままにしていたのを忘れての帰り道
写真 4
写真 5
う~ん
無茶苦茶な写真でもなんとなくゲージュツに見えなくもない(糞爆)・・・

明けて本日は恵比寿、祐天寺とモケー屋を定期パトロールに出かけました(糞爆)。
途中、図らずも立ち寄った渋谷です。

RIMG0005_20140620200838933.jpg
RIMG0004_201406202008399de.jpg
RIMG0007_20140620200840486.jpg
RIMG0009_201406202041457a5.jpg
ぶっ壊すのは東急の勝手だけど、
コレ、どう見てもオレが生きているうちに完成しそうもありません・・・

渋谷で東横線のホームに降りるとつぎの列車は祐天寺には止まらない急行でしたが各駅を待たずに中目黒まで乗ることにしました。
もちろん!
あの向谷カバの爆音を2回も聞きたくないからです!
(女)あなただけよ~♪
(男)キミだけさ~♪
(男女)ふたりはひとつ~~(大糞核爆)♪


・・・・という糞ド演歌デュエットソングに聞こえるのはワタシだけ(大糞核爆)?

東急は音楽を選定するセンスがないことを自ら認め、即時渋谷駅の発射サイン音をただのブザーに戻せ!

中目黒でさっそく乗り換えです。
RIMG0011_201406202009376c1.jpg
アタマがおかしいヒカリエゴー♪

RIMG0014_20140620200938c51.jpg
価値のない左右非対称♪

RIMG0015_20140620200939013.jpg
日比谷線にも乗らなくなってちょっと懐かしい感じがしました。

RIMG0017_201406202009409dd.jpg
ようやく来た各駅に乗ってつぎの祐天寺を目指します。

RIMG0018_20140620204005fcd.jpg
着いた祐天寺も糞工事の花盛り♪

RIMG0021_2014062020094173d.jpg
大井町線にも黄色いテープがへたくそに貼っつけられました!
・・・これ、注意喚起ってことでしょうけどどう考えても意味ないですよね・・・・

そして、あしたからは「ひる準!?」がっ!
(←「ひる準!?」)

1年3カ月前、安藤バカ雄と向谷カバに渋谷駅をむちゃくちゃにさせて終わったかと思ったドう急電車ですが
まだまだ終わりの底は見えません・・・・

次から次へと、乗客のココロを逆撫でするアイテムをあの手この手と繰り広げるドう急電車!
さて、つぎの一手はなんでしょうかっ!?
こうなりゃ楽しみにすらなってまいりました!

花巻電鉄廃線跡を歩く(2) 軌道線・西花巻~西公園 

みなさんこんばんは。
今夜も宮澤犬治の時間がやってまいりました。

まずは、花巻市街地南部の地図をごらんください。
スライド5
右端を上下に通るのが東北本線。いちばん上が花巻駅で、昨日ごらんいただいた中央花巻ー西花巻の地図のエリアが黄色で囲んであります。
(←中央花巻ー西花巻の巻はこちら)

西花巻を西へ向かって出た花巻電鉄の電車はいきなり北へ向かう鉄道線と南へ向かう軌道線の二手に分かれます。
今夜はそのうち、南へ向かい、その後西へ方向を変え、南花巻温泉郷と総称される志戸平、大沢、鉛の各温泉へ向かう軌道線の西花巻から西公園までの区間、すなわちこの地図で赤で囲われた部分をご紹介しましょう!

スライド4
これが上の地図で赤で囲われた部分の詳細図。
西花巻と西公園のふたつの駅の間の悩ましい曲線が確認できるでしょうか?

例によって紡いでみます。
スライド6
西花巻を出た軌道線の電車は先述の通り、左カーブして一旦南へ向きを変え、すぐにS字カーブで西へ向きを変えて、道路に合流、西公園に到着します。
ただし、昭和24年に軽鉄花巻から中央花巻へ駅が移動して以来、客足が途絶えた中央花巻ー西花巻間は昭和40年に廃止、その後は鉄道線と軌道線は点線のように結ばれ、ちょうどいまの消防署の位置に西花巻駅は90度向きを変えて移動しました。
(昭和42年にご乗車されたCedarさん、昨日の記事へのコメントありがとうございます!
すぐお近くに(糞爆)花巻電鉄体験者がいらっしゃるとは!うれしい~!!
→Cedarさん)


実はここでS字カーブを描くのには理由があります。
一番上の地図をごらんいただければわかるように、西公園駅の少し南側は東西に豊沢川というけっこう立派な川が流れていて、その川に平行に約10mほどの断崖になっているのです。
その断崖をS字カーブによって吸収しようと計画されたわけです。

豊沢川は地図上右が下流で、この地図のすぐ先で、さらにおおきな北上川に合流。
北上、花巻、盛岡と、奥羽山脈と北上高地に挟まれて南北の帯状の盆地を東北本線は進むのですが、花巻の市街地はこのふたつの川が合流するとあって、実は起伏に富んでいます。

さて!
RIMG0205_20140619205306aef.jpg
まずは昨日の消防署前の交差点から西方を見た写真です。右手に消防署。線路があった時代はこの目の前を軌道線の電車が横切っていました。

(地図上1の撮影ポイント)
RIMG0206_20140619205307ab4.jpg
20mほど進んで左を見るとありました!
これがS字カーブの始まりです!

進んでみましょう!
RIMG0208_2014061920530748d.jpg
RIMG0230_20140619205442ea6.jpg
クルマの走れない道の左側にこんな怪しい縁石が。

さらに進みます。
RIMG0210_20140619205346647.jpg
RIMG0211_20140619205347a8b.jpg
カーブを描きながら崖を降りるので線路は掘割状。上部を別の道がオーバークロス。

RIMG0213_20140619205348575.jpg
RIMG0215_20140619205348690.jpg
このあたりで一旦周囲の地盤に擦り付きます。

RIMG0216_201406192053497c0.jpg
続いて線路は右カーブ。
RIMG0217_201406192053501d1.jpg
さらに進むとふたたび、路地がオーバークロス。

RIMG0219_20140619205440439.jpg
おそらく当時の構築物でしょう。
それにしてもこんな細い間をよくすり抜けるもんです!
さすがは馬面電車!

RIMG0221_20140619205440696.jpg
RIMG0223_20140619205441700.jpg
ふたつの道をアンダーパス、道路と合流してS字カーブの終わりです。

合流地点で振り返ってみましょう!
(地図上2の撮影ポイント)
1_20140619205443c03.jpg
アアっ!
こここそ、数多くのすばらしい写真が残る西公園駅その場所です!
ネコ本「花巻電鉄(中)をお持ちの方はP.20-21の見開き写真と比べてみてください!
目の前にデハ4牽く混合3連が、日傘を差すおねいさんが浮かび上がってきます!
もちろん、左側の坂になっている小さな道が線路跡。
この線路跡をいま来たルートを逆行してみましょう!

2_20140619205443f2d.jpg
3_2014061920551548a.jpg
4_20140619205515d73.jpg
5_201406192055162b0.jpg
6_201406192055179ae.jpg
8_20140619205518b9a.jpg
正面に消防署を見て、ここから右へ90度カーブして西花巻駅となります。

さて。
(地図上3の撮影ポイント)
RIMG0231_20140619205554281.jpg
線路跡のようにも見えるカーブした坂道。
でもこれは違います。

この坂道を登ると・・・・
(地図上4の撮影ポイント)
RIMG0234_20140619205555c43.jpg
アアっ!
そう、さきほどのオーバークロスした道路から線路跡を見下ろせるのです!
ネコ本「花巻電鉄(上)」をお持ちの方はP.10をごらんください!
コンデジを一生懸命いじくってまるっきり同じアングルで撮ってみました!
デハに牽かれていくサハ3の後ろ姿が彷彿されるじゃありませんか!

RIMG0238_20140619205555709.jpg
この橋の上から逆を向きますと、さきほどの西公園駅直前の右カーブを俯瞰することもできます。

この先、西公園からは終点西鉛温泉までは野を越え、山を登る道との併用軌道でした。
もともと、併用軌道といっても未舗装道路に枕木を置いて敷設したもので撤去は簡単。
いまは立派な道路になってしまっていて、ざっと見たところその痕跡は皆無です。
機会があれば再訪して1日かけてでも徒歩走破してみたいと思っています。

花巻電鉄廃線跡を歩く(1) 軽鉄花巻(中央花巻)~西花巻 

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
東ニ病気ノデハアレバ
仕事モセズニ見ニイッテ
西ニツカレタモハアレバ
仕事モセズニ見ニイッテ
北ニ死ンダ線路アレバ
廃線跡ヲ歩クダケ
名古屋ニモケー屋アレバ
買イアサル
サウイフヲタニ
ワタシハナッテモータ

こんばんはー♪
宮澤犬治です!


宮澤賢治の生まれ、育ち、そして死んでいった岩手県花巻にはかつて近郊の花巻温泉郷、南花巻温泉郷へ向けて2本の軽便電車が走っていました。
そう、花巻電鉄の鉄道線と「鉛温泉」に向かうことから「鉛線」とも呼ばれた軌道線です。
さらに賢治の名作「銀河鉄道の夜」のモチーフとなった現在の釜石線、当時の岩手軽便鉄道もここ花巻を始点としています。

スライド1
青、赤、黒の3線が始まるところが東北本線花巻駅。
青が花巻温泉へ向かう花巻電鉄鉄道線、
赤が西鉛温泉へ向かう花巻電鉄軌道線、
そして東方へ向かう黒が岩手軽便鉄道です。


ここでいきなり今日の高間本のコーナーです!

「私が見た特殊狂気鉄道第1巻」!

どんなスゴイ電車が出てくるんかと思ってよくみたら狂気じゃなくて狭軌でした・・・・

もちろん、今回のテーマ、花巻電鉄もバッチリ!
一家に5冊!レイルロードの「私が見た特殊狭軌鉄道第1巻」!!


花巻電鉄といえば!
RIMG0004_20140618131504652.jpg
ネコにヤラれたのも記憶に新しいところ!

現役時代の貴重な姿はこれらのすばらしい出版物に委ね、ここではただたんに、廃線跡ともいえぬような民家の間をふなふな歩いた貴重な記録をご覧いただけます(大糞核爆)!

さて・・・・
スライド2
中央を上下に走るのが東北本線。JR花巻駅は画面上端です。
往時の花巻電鉄の駅をプロットしてありますが、その周辺に散在する悩ましい曲線がご覧いただけるでしょうか?
(←以前にもこのあたりの推測図を掲載しましたー)

悩ましい曲線を紡いでみます・・・・
スライド3_2
モケーの軽便パイク以上のアホみたいな路線配置!
花巻の市街地は駅の東側、すなわち地図向かって右側に開けていて、当然駅改札口は東側にあります。
その駅東口広場の南端に「軽鉄花巻」、すなわち岩手軽便鉄道と花巻電鉄の合同駅がありました。
花巻電鉄は一旦南下の上、右へカーブし、東北本線をオーバークロス、すぐの「西花巻」で鉄道線と軌道線が分岐、鉄道線はさらに右カーブを続けてなんと花巻駅西側に駅をもう一回設けて、花巻温泉に向かっておりました。

まずは第1回、中央花巻→西花巻の区間です。
RIMG0117_20140618131505900.jpg
現在の花巻駅東口です。

(地図上1の撮影ポイント)
RIMG0118_2014061813150557c.jpg
駅前広場南側には公共施設とスポーツジムが並んでいて・・・

RIMG0119_20140618131506bf7.jpg
その裏手には殺風景な駐車場と、まっすぐ進むと再開発はしたものの、ぜんぜん活気のない商店街。
少し進んでみましょう。

(地図上2の撮影ポイント)
RIMG0120_20140618131549c03.jpg
コレが商店街です。

RIMG0121_20140618131550555.jpg
RIMG0122_201406181315508b5.jpg
アアっ!
付け焼刃で建てた「ここが岩手軽便鉄道の始発駅」と書かれた商店街のカンバンがっ!

さらに商店街を進みます。
RIMG0123_20140618131551087.jpg
RIMG0125_20140618131552693.jpg
ここまでが、往時の「軽鉄花巻」駅の構内ですね。
列車は駅構内を出るとすぐに左(すなわち東)へ旋回します。
現在の道路にもそのカーブの始まりが残っていますね。
岩手軽便鉄道はそのまま90度以上カーブしますが、花巻電鉄はすぐにS字カーブを描いて再び南下します。

さらに進みますと・・・・

(地図上3の撮影ポイント)
RIMG0126_2014061813155249b.jpg
ちょうど、岩手軽便の左カーブと分岐し、S字カーブを終えるあたりで東北本線をオーバークロスする道路に中途半端にブチ当たります。

(地図上4の撮影ポイント)
RIMG0127_20140618131646f6f.jpg
コレが東北本線をオーバークロスする道路。
しかたなく、「駅前大通り」をしばし南下します。

(地図上5の撮影ポイント)
RIMG0134_20140618131646934.jpg
コレが駅前大通りだっ!

RIMG0136_20140618131647efe.jpg
コレが駅前大通りだっ!
どこが駅前大通りですかああああああああああああ嗚呼嗚呼~!?

RIMG0138_2014061813164888d.jpg
駅前大通りを振り返ってみたところ。
なんともすばらしい風情の似内時計店の角で大通りを一本、線路側に入りますと!

RIMG0139_20140618131649068.jpg
ここがかつての花巻電鉄「中央花巻駅」の跡だー!
写真は進行方向、すなわち南を向いて撮ったものです。

そう、さきほどの東北本線をオーバークロスする道路の建設によって、岩手軽便鉄道は花巻駅から北上するルートに変更、軽鉄花巻駅はツブされて約300m南へ移動、「中央花巻」駅として再出発したのです。
しかし、花巻駅から南へ500m・・・
かつての町の中心部とはいえ、温泉への乗り換え客は駅裏の「裏花巻」へ向かいますよね・・・・
そのあたりは当然わかっていたのか、新しい中央花巻は1本突っ込みの1面片面ホームのしょぼしょぼの駅だったそうです。

さあ、では、中央花巻から出発してウワサの右カーブを西花巻へ向かって歩いてみましょう!
RIMG0143_20140618131649b93.jpg
RIMG0144_20140618131742014.jpg
RIMG0145_20140618131743643.jpg
RIMG0146_201406181317447b8.jpg
RIMG0147_201406181317446f9.jpg
RIMG0151_20140618131745833.jpg
うーん、古そうな建物ですねー。
東北本線を越えるためにこのあたりから花巻電鉄の線路は徐々に高度を上げていきます。

RIMG0152_20140618131746515.jpg
まさに鉄道の築堤ですね。

RIMG0155_20140618131828c95.jpg
ほぼ90度右旋回して、東北本線を並んで渡る道路に合流しました。

ではここでここまでの区間を逆向きに歩いてみましょう!
RIMG0157_201406181318292a9.jpg
道路との合流地点で振り返ります。
右の道路は花巻市街地へ向かって伸びています。
左の建物と建物の間が花巻電鉄の線路跡です。

RIMG0156_201406181318304e0.jpg
RIMG0154_20140618131830b37.jpg
RIMG0153_201406181318312e9.jpg
RIMG0149_20140618131917376.jpg
RIMG0150_2014061813191682a.jpg
この建物は古いですねー。
ここのカーブは有名な場所で、ネコ本にもここで撮影された電車の写真があります。
この建物が写っている往時の写真もあるかもしれません。

さらに中央花巻へ向かって戻ります。
RIMG0148_201406181319182c9.jpg
RIMG0142_20140618131918360.jpg
はい、ここが1本突っ込みの中央花巻駅終点です。

では、再度さきほどの道路との合流点に戻って、西花巻を目指しましょう。
(地図上6の撮影ポイント)
RIMG0158_201406181319198d2.jpg
東北本線をオーバークロスします。
北方、すなわち青森方を向いています。

RIMG0159_20140618132014c04.jpg
線路を渡って築堤を今度は下ります。
このあたり、実に鉄道線路跡の噴霧器× 雰囲気がよく出ています。

RIMG0160_20140618132015bfc.jpg
前方右手に屑鉄屋が見えてきました!

RIMG0166_20140618132106253.jpg
アアっ!

RIMG0161_2014061813201616e.jpg
RIMG0162_20140618132017f72.jpg
RIMG0163_20140618132017119.jpg
RIMG0164_201406181320189af.jpg
RIMG0165_20140618132105642.jpg
よくわかりませんが、コレは枕木では!?
架線柱の残骸もあるのではないですか!?


RIMG0168_20140618132107f20.jpg
さらに進んでこのガソリンスタンドのあたりからが、鉄道線と軌道線のジャンクションだった西花巻駅の構内です。

RIMG0174_20140618132108052.jpg
現在、税務署が建っているこの場所こそ、西花巻駅の跡地。

RIMG0175_20140618132109790.jpg
税務署裏の民家の境界線にはバラストも。

(地図上7の撮影ポイント)
RIMG0176_201406181321101ca.jpg
RIMG0178_201406181321357d8.jpg
RIMG0179_201406181321352a0.jpg
税務署前の交差点から東北本線とのオーバークロスを振り向いています。
この一帯がかつて西花巻駅だったのです。

(地図上8の撮影ポイント)
RIMG0180_20140618132136e72.jpg
鉄道線と軌道線の分岐点には消防署がどがーんと建っていて、線路跡はまるで発見できませんでした・・・・

弘南鉄道 元東急6000系のディテール(4)6005+6006編成(東横線基準海側)  

先日訪れた弘南鉄道津軽大沢駅に留置されている元東急6000系のディテールです。

前回の山側に続いて6005+6006編成の東横線基準の海側です。
床下に潜り込みやすい場所なので大量にあります!
全60枚!
はぁはぁしながら見てください!

画像はこれも東横線基準ではありますが桜木町方から渋谷方へ並べてあります。
(許可を得て撮影)

M1C6006の前頭部からいきます!

2_20140617211942e2c.jpg
3_201406172119439f8.jpg
4_201406172119443bd.jpg
5_20140617211945515.jpg
6_20140617211945e98.jpg
7_20140617212030a87.jpg
8_201406172120316fe.jpg
9_201406172120315f3.jpg
20_2014061721203248e.jpg
21_20140617212033da9.jpg
22_201406172120344fd.jpg
23_20140617212126fc2.jpg
24_20140617212126314.jpg
25_201406172121274f8.jpg
26_20140617212128e8a.jpg
27_201406172121296ce.jpg
28_20140617212129d28.jpg
29_201406172122393cf.jpg

こちらの台車は中央にギアボックスが見える側です。
30_201406172122403ac.jpg
31_2014061721224159e.jpg

6006-6005の連結部に移ります
32_2014061721224277b.jpg
33_20140617212242c25.jpg
34_20140617212243395.jpg
35_201406172123519cd.jpg
36_201406172123511f5.jpg
40_20140617212352e7f.jpg
41_20140617212352667.jpg
51.jpg
52.jpg
60.jpg
61.jpg
62.jpg

M2C6005に移ります
63.jpg

こちらの台車はもちろん、中心にモーターがムキ出し!
64.jpg
65.jpg
70.jpg
71.jpg
72.jpg
73.jpg
74.jpg
75.jpg
80.jpg
81.jpg
82.jpg
83.jpg
84.jpg
85.jpg
86.jpg
98.jpg
99.jpg
100_20140617212801f25.jpg
101.jpg
102.jpg
122.jpg
194.jpg
195.jpg
196.jpg
197.jpg
200.jpg
たまらんのう~~

コレで弘南鉄道に渡った元・東急6000系のディテールはお終いです。
(←弘南鉄道、元・東急6000系ディテール各編成、各面はこちらから!)

世界の果てからこんにちは~♪カトBちゃん作品集! 

先日訪れた、埼玉県民活動センターで開かれた「おやびん運転会」。
(←おやびん運転会)
おやびんもカトちゃんなのでややこしいんですが、おやびんじゃないほうのカトBちゃんが「あんた東急すきや、ゆうてたから持ってきたで~ぐへへと擦り寄ってキターああ嗚呼~!
実はカトBちゃんとは、5月の藤沢で播但線の103けーを拝見して、すでにめっこり話しこんでいたのです!
(←5月の藤沢での播但線103けー)


なんですか、コレわああああああああああああああああ嗚呼嗚呼~~!

さっそくですが今夜も高間本の時間です(糞爆)。
RIMG0009_20140616175604da8.jpg
東急電車形式集 .2!

なんですカー嗚呼~
「形式集」と「2」の間の点はっ(大糞核爆)!?


そういえば昨日の阪神電車形式集 .3にもついてましたねー。
本棚のヤツ全部についてます・・・・
なんなんでしょうね~

この東急電車形式集 .2、あの東急の荻原御大著、そしてもちろんレイルロード刊の「極悪書」!
(←御大)

中身の濃さも極悪なら、巻頭の御大自ら撮られたカラー写真も極悪!
RIMG0011_2014061617560510e.jpg
このページです!
東急の事業用車が美しいカラーでずらり!
東急ファンは必携です!
一家に2、3冊!
レイルロードの東急電車形式集 .2!

・・・本題に戻りましょう、、、
このカトBちゃんの作品、このページに写っている東急の事業用車をフルコンプリートしているのです!

RIMG0069_20140616175607ace.jpg
ああ、極悪・・・・

RIMG0061_2014061617560555d.jpg
ムチャクチャ極悪~~!

デハ、デワ3043からです!
RIMG0064_201406161756084b6.jpg
RIMG0067_20140616175759709.jpg
RIMG0068_201406161758008bc.jpg
RIMG0065_20140616175920a53.jpg
RIMG0066_201406161758014f9.jpg
たしか、タニカワのキットがベースだとおっしゃってたと思います。
Uトレの高級品、いやそれ以上のクオリティ!
素晴らしいセンスとそれを実現するウデ!
思わず、ポケットに突っ込んで逃走しようかと思いました~(大糞核爆)!


RIMG0070_201406161758029c6.jpg
RIMG0071_20140616175802ed7.jpg
続いて実車通り、アマミヤのデハ3200改造によるデワ3041!
むちゃくちゃです!
ヒドすぎます!
素晴らしいセンスとそれを実現するウデ!
思わず、ポケットに突っ込んで逃走しようかと思いました~(大糞核爆)!


さらに!
RIMG0072_20140616175803149.jpg
RIMG0073_20140616175918677.jpg
かつて、TMS(鉄犬モハモハ、ではありません)の表紙を飾ったデヤ3001!

シノハラのクハ3850をやなー、窓切り下げてん~
シルヘッダー付けるからわからへんやろ~ぐへへ~

ええっ!シノハラのんってあのなんもついてなくて4万近いアレですかああああああああああああ嗚呼嗚呼~~

もうちょっと改造ベースにしやすいのはないんかいな、と思いながらやっぱり、、、
思わず、ポケットに突っ込んで逃走しようかと思いました~(大糞核爆)!

RIMG0063_2014061617591904d.jpg
RIMG0062_20140616175920775.jpg
ED301とデキ3021
いずれもかつての長津田工場のヌシですねー!
思わず、ポケットに突っ込んで逃走しようかと思いました~(大糞核爆)!

さらに、さっきヤードに佇んでいたキヤ92も線路からハズして拝見!
RIMG0075_20140616175921e17.jpg
RIMG0076_2014061617592262c.jpg
RIMG0077_20140616180111cfe.jpg
よく見たら、コレもTMS(鉄犬モハモハではありません!)の表紙やったヤツや・・・・

さらに!
客車も好きかーぐへへ、っと!
RIMG0078_2014061618011204f.jpg
RIMG0085_201406161801134f6.jpg
RIMG0080_20140616180114e3e.jpg
RIMG0079_20140616180114637.jpg
マニ302010~!
いわゆる現金輸送車です!


RIMG0081_20140616180115385.jpg
RIMG0082_20140616180200fc0.jpg
RIMG0083_20140616180200d3c.jpg
RIMG0086_20140616180201301.jpg
RIMG0084_201406161802023d7.jpg
1両はボナファイデの高級キット、もう片方はフジの低級キット(糞爆)。
でもカトBちゃんのスゴウデにかかると元のキットの値段は関係ありません!
コレ、ポケットにつっこんで逃走したら中に現金なんぼ入ってるんでしょうかああ嗚呼嗚呼~

いやー、モケーってホンッっとにすばらしいですねえええええええええええ~~
犬野晴郎

カトBちゃん、どうもありがとうございました!

金魚鉢通信1 TMS(鉄犬モハモハ主義)コンペ「阪神国道線」 金魚鉢の図面を書き始めた! 

梅雨の中休み、さわやかに晴れた日曜日、みなさんはいかがお過ごしでしたでしょうか?
ぼくはいちんちパソコンに向かっていました!
パソコンに向かってすることはひとつ!

スライド1
阪神国道線71形の図面を描いてたのです!

要所を拡大してみましょう!
スライド2
どのカーブも3つ以上の半径を持つ円弧から出来ています!
やっぱり複雑怪奇!
しかし、コレとて本当に合ってるのかどうかわかりません。
いくつかの実物の図面間で異なる寸法のものもあるからです!

そのあたりの考証もまだだし、書き込みもまだまだです。
最終的にはモケー用の展開図にするために書き始めた図面ですが、
図面の完成すらいつになるかわかりません!
ましてやモケーなんかホンマにできるんでしょうかああ嗚呼~!?

さて、先日、開催が決まったTMS(鉄犬モハモハ主義)コンペ「阪神国道線」!
(←開催告知はこちら)

TMSさんの主催だったら!ということで全国有名モケーメーカーからコンペ協賛の阪神国道線パーツの発売の打診も届いております!

・・・・レイジージャックさん1社だけですが、、、
(→レイジージャックのHPはこちら!)
しかも、どう考えても「TMS」の意味が「鉄犬モハモハ主義」であることをご存じないんだと思います(大糞核爆)・・・・

詳しいコンペ概要や協賛パーツの内容が決まったら、その都度当糞ブログで発表する予定です!
おたのしみに!


さてオレ様の阪神国道線といえば!
RIMG0003_20140615185800c82.jpg
アレとアレ(大糞核爆)!
(←アレはこちら)
(←アレはこちら)

RIMG0004_2014061518580124d.jpg
アレを図面の上に置いてみたら!
けっこう、エエセン逝ってるやないかー!?

じゃあ、40年前、厨房だったオレはナニを見てコレを作ったのかな?と不思議になりまして・・・・

アアっ!そうや!
・・・と!
RIMG0006_20140615185802ed3.jpg
ほんもののTMS別冊、「日本の車輛スタイルブック」を取り出しました!

RIMG0005_20140615185802b9c.jpg
アアっーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!やっぱり!

40年前、CADなんてない時代。
なかお・ゆたかさんはこんなすばらしい図面をお描きだったのですね・・・・
しかも寸法は手元にある実車図面とまったく同じ!
・・・・オレはなんで晴れた日曜日、いちんちぶっ潰して図面描いてたのかさっぱりわからなくなりました~♪

さて、TMS(鉄犬モハモハ主義)コンペにご応募を企んでいる方へ。
すでに当糞ブログでもご紹介済みの2冊ではありますが、
この「日本の車輛スタイルブック」のほかに、阪神国道線の資料として有効な書籍をご紹介しておきましょう。

RIMG0007_20140615185820813.jpg
まずはコレ!
いわゆる「高間本」。
「レイルロード」刊「阪神電車形式集3」!
貴重な画像、数多くの図面。
必需品です!

そして、晩年の姿を中心に図面ではわからない部分のディテールも豊富に写っているコレ!
RIMG0008_20140615185821865.jpg
いわゆる「トンボ本」です!

それではみなさんのコンペへのご応募、お待ちしています!

おやびん運転会の車輛詳報 

本日とあすの二日間、世界の果てにある埼玉県民活動センターで催されている、「おやびん運転会」!
前日金曜日の設営に乱入して見学させてもらいました!
(←おやびん運転会走行× 壮行会の様子はこちら!)

今回のテーマは「常磐線とそれに接続する鉄道」とのことでまずは!

ED46!

コレがなければ常磐線じゃあありません!
こどものときの絵本にこいつがでかでかと載ってまして、
恐ろしい目玉と唇、そしてドピンクの車体に危うく泣きだしそうになりましたー!
模型は古い鉄道模型社の後はずいぶん後年にモアの製品が。
そしてつい最近AOBAモデルからキットが発売されてむちゃくちゃ欲しかったんですが・・・・
高いです(糞爆)・・・
コレはなんと超高額製品のモアのもの。
よくできてますねー!
オレのチンクロ製のNゲージと比べたらオレのんはフライパンで溶かしたくなりそうです~

常磐線といえば!
RIMG0026_20140614200128b09.jpg
エメグリ103けー!

しかも!
RIMG0047_2014061420012874f.jpg
高運、1000番代の2編成!
・・・ナニが言いたいか、もうおわかりですね♪?

なんでオレの一番好きな低運非冷房がないねん~~!?

RIMG0044_20140614200129655.jpg
こちらの1000番代はホビーモデルのプラ製ベース!

RIMG0029_20140614200130eb4.jpg
高運は天プラベースだと思いますが、屋根上なんかは全部削り落して別体化~♪

しかも両方ともJRマークなし!
とくに高運車はJRになってからの投入。
だからJRマークなしはエラーともいえます。
それでもあえてJRマークを外しにかかった作者様はよっぽどJRマークがお嫌いなのだと思いました。
ちなみにオレのN毛のエメグリ高運ももちろんJRマークなし!
もちろん!よっぽどJRマークがイヤだからです(大糞核爆)!

JRは即時再国有化してJNRマークを復活せよ!



そして常磐線といえば!
RIMG0030_201406142001315b0.jpg
ピンクの中電!
コレは後ほどご紹介するカトBちゃんのKS+ホビーモデル混成のブラスモデル。

RIMG0034_201406142002459e4.jpg
こちらは別レイアウト上の13mmゲージのモデル。

・・・・ポン引きイガーちゃんのヤツは撮り忘れました(大糞核爆)、、、、
(→ポン引きイガーのブログ、「皮ムケたままで製作中!」に詳しいので(大糞核爆)・・・・)

でもコレもポンちゃんの作品!
RIMG0037_20140614200246a6d.jpg
白403系!

RIMG0036_20140614200247db4.jpg
なんとコレ!

RIMG0039_20140614200247be3.jpg
あの(爆)、カワイの111けーをむちゃくちゃにしたものだそうです!
こういう楽しみ方がカワイ製品にはアリマス、か(糞爆)?

RIMG0045_201406142002487a2.jpg
RIMG0046_20140614200249efd.jpg
常磐線といえば485!
むちゃくちゃ実感的に汚されたコレはエンドウ製の完成品がベース!

そして・・・・
RIMG0040_2014061420051408f.jpg
RIMG0023_20140614200515ce8.jpg
RIMG0041_2014061420051604d.jpg
クモヤ441!

さらに!
RIMG0022_201406142005165d3.jpg
RIMG0042_201406142005179dd.jpg
RIMG0027_20140614200550edb.jpg
RIMG0028_201406142005513d2.jpg
キヤ92!

これら、カトBちゃんの作品集はまた後日、スペシャル版でお送りします!
おたのしみに!
いやぁー モケーって ホンッとうにイイもんですね~~
犬野晴郎

本日の埼玉県民活動センター 

ピーカンだった朝が過ぎ、昼には!

雹がっ!

RIMG0003_20140613234446b3d.jpg
徒歩1分30秒のそこのいさみやへ行くのもイノキ掛け♪

写真 3
写真 4
いさみやさん、足をくじいた、といいつつ、トロリーレイアウトがココまで出来てます!

3時過ぎ・・・
エキナカの本屋で一冊買って、長旅に備えます。

RIMG0004_20140613234449e66.jpg
この時間にはもうまたもとのピーカンに戻ってました。
乗るのはこのステキな8500けーではありません!

RIMG0005_2014061323453197e.jpg
このおまんけーです(大糞核爆)!

RIMG0007_20140613234532fc4.jpg
大宮へ向かう湘南新宿ラインの115けーが新宿駅で遭難沈没しましたー(大糞核爆)。
天侯のせいかと思ったら、スカ線内で信号故障、午前中からこの時間帯までずーっと運休で、やっと走りだしたかと思えば「運転準備中」とかってぜんぜん前に進みません。
一体、ナニを準備するんですカーああ嗚呼~!?

新宿で15分沈没している間に向かいに止まっていたりんかい線の209けーみたいなヤツを急遽先に出す、というからそれでちんたら大宮へ。
途中、快速に乗り換えられます、といいつつ結局その快速も来ず、大宮まで全駅停車・・・

大宮からは!
RIMG0008_20140613234532504.jpg
なんでスカー!このベトコンバスはっ!?
・・・・ニューシャトルって名前もスゴいですね!さすがはホテルニュー越谷!

RIMG0009_20140613234533358.jpg
終点、内宿までたどりついた時にはこれが世界の果てというものかと思いました・・・・

さらに!
RIMG0010_20140613234534fab.jpg
「けんかつバス」でたどりついたのはもちろん!

RIMG0011_20140613234535c47.jpg
埼玉県民活動センター!
なんですかー!?
この壮麗な建物はっ!?
埼玉県って金持ちなんですねー!

しかも、中ではたったひとつの教室でマジメに役にもたたん研修をやってるだけ・・・・

その向かいの教室でなんと!
RIMG0048_201406132347217c0.jpg
こんなことしてやがる!

しかも傍らでは!
RIMG0051_201406140014270a3.jpg
こんなことも!

研修してる教室のカーテンをピシーっと閉められました・・・・

RIMG0015_201406132347190ba.jpg
すでに酔っ払ってる大キチポン引きイガーの前をEF80に牽かれる客車列車が!
(→ポン引きイガー)

RIMG0017_20140613234720a7b.jpg

RIMG0019_20140613234722a86.jpg
ああっ!583系はくつるがっ!ED46がっ!

RIMG0021_201406132347233af.jpg
あああー こちらは関東鉄道のヤード風なことに!

そしてもちろん!
RIMG0031_201406132349055a6.jpg
RIMG0024_20140613234907568.jpg
RIMG0025_201406132349087ef.jpg
RIMG0032_20140613234910615.jpg
RIMG0035_20140613234911117.jpg
RIMG0043_20140613235055780.jpg
「鉄道模型工作教室」とかって名目で(核爆)これからの週末、
オッサンたちが電車をただ単にがーがーがーがー走らせる「おやびん運転会」の初日、設営シーンだったのです!

見ておわかりのように今回のテーマは常磐線+常磐線に接続する鉄道!

いやーこれまた極悪な作品ばかり!

各々の車輛の詳細はまた後日!

そして6時になりましたー!

施設内のレストランはもちろん!
RIMG0012_20140613235100ca5.jpg
コバトン食堂!

泊りの研修生がもくもくと晩飯を食ってる脇でもちろん!
RIMG0055_20140613235102a1c.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

こっちでも!
RIMG0056_201406132351044b1.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 
都合11名のヲタオッサンがっ!
ちなみにオレとヘボっち以外の9名は今夜から2晩、ここでお泊りだそうです・・・
こいつらのモケーに懸ける糞根性は並大抵のものではアリマセン!
おつかれちゃん♪

嗚呼、今夜も楽しかったー。
しかしなぜ、平日にこんな遠くまで?とお考えのあなた!鋭いです!
実は関東各地へドサ回り中のあのヘボっちに土浦のモケー屋でエエもん見付けたから1万円握ってこいや~とエサをぶら下げられていたのです!

コレがエサです!
RIMG0088_20140613235128542.jpg
カツミの東急デハ80!
うひゃひゃー!
ありがとー!ヘボっち!
(→ヘボっち)

RIMG0089_20140613235128bb0.jpg
えらいそそる内容であります!

そして本日二子玉川のブックファーストで買ったのはもちろん!
ノッテルかいっ!?
イェ~~イ!の!


RIMG0091_20140613234448700.jpg
DJ(糞爆)!

いつもながら、濃く、正確な内容!
山岳鉄道のおもしろさがぎゅっと詰まって895えん!
あのモハメイドペーパーさんの神戸電鉄もずらりご紹介!
一家に一冊、ぜひ!
(→モハメイドペーパーさんのブログ、「死んでたまるか!」では3回に渡って神戸電鉄を特集されていました!こちらもぜひ!)

それではみなさん、よい終末× 週末を!
チャオ!デハ!

【呪!】イヌゲージ鉄犬80万アクセス! 

スライド1
本日昼過ぎ、当糞ブログのアクセス数が80万に達しました!

これも一重にこんな僻地に毎日毎日バカみたいにご訪問くださるみなさまのおかげでございます!
毎度、ありがとうございます!


さて・・・・

同時にコレも恒例、あのおっちゃんトコをパトロールに逝きますと・・・・
(→あのおっちゃんトコ)
スライド2
なんとあと7万7千で100万!

ハラ立たしいですねー!
もうあと1か月もしない間に
100万記念~
とかって華々しくやるんかと思えば夜もうかうか眠れません!

しかも万のケタも3ケタとなりますと敵の得意分野の2ケタではありませんから、
絶対なんか企んでますねー!
もしかしたら
おまんけー特集かもしれません(大糞核爆)!

さて恒例のアクセス数推移グラフの時間です・・・

スライド3
なんとなく、敵の勢いが衰えてるように見えますね!
たしかに伸び率で見ると当糞のホウが敵を上回っています。
しかし、その理由は・・・・

絶対的なアクセス数が敵のホウがデカいからです!
しかも伸び数でいうともちろん敵が上!
すなわち!
このままどんどん差は広がるばかり!

100万アクセスを先にこっちが達成しようとすると
敵が7万7千進む間に20万、すなわち約3倍のアクセス数が必要なのです!

これまでだったらあっちを1回見てしまったらこっちを3回見ろ!とお願いしていたのですが、
いつまでたっても差が広がるってことは・・・・
あっちだけ見てこっちを見てないヤツがめちゃくちゃいるということです(大糞核爆)!

あっちを1回見てしまったらこっちは100回くらい見てもらわないと先に100万アクセスは達成できそうにありません(糞爆)!
ぜひ、みなさん、
オレをオトコにしてやってください(糞チン)!


最後に恒例の「80」のつく車輛です。

RIMG0001_2014061218554424a.jpg
EF80(KATO)
よくできた製品です。特に屋上機器の出来栄えにはびっくりこきました。

RIMG0077_20140612211805bf8.jpg
キハ80(KATO)
何年か前に「レジェンドコレクション「はつかり」として発売されたもの。
ブルドッグ顔のキハ81は少数派。
もちろんKATO製品にはメジャーなキハ82もあります。
中間車はキハ、キロ、キシ、キサシ、ぜんぶ「80」です。

RIMG0003_20140612185545fb8.jpg
モハ80(KATO)
旧型国電で唯一「系」づけで呼べる80けー。
モハ80だけではさみしいのでクハも並べました。

RIMG0009_201406121855456e2.jpg
京阪80形(鉄道コレクション)
コレは結局貴重品のままですねー。ぼくは1こしか持ってません・・・
加工もせず、そのまま段ボーさんの底から死体となって発見されました(糞爆)。

以上!
意外と4車種も「80」が集まりました。

おまけにもちろん恒例の800も逝きます!
RIMG0004_20140612185605634.jpg
京急800形(左;KATO 中・右;チンクロエース)
なんで40年前のド下等に2年前のチンクロは負けるのか・・・・

さらに恒例の8000!
8000といえば!
東急8000!
・・・・N、HO合わせて20両位ありますが全部板のママです・・・・

小田急8000!
モケーを買うほど好きじゃないっす・・・・

営団8000!
モケーをもらっても焼きコロシます・・・・

阪急8000!
営団同様(糞爆)!

RIMG0005_20140612185606ac7.jpg
豆腐8000けー!(左;チンクロ 中・右;鉄道コレクション)
うーん、さすがのチンクロも鉄コレと並べると完成度は高い!
・・・やっぱり顔はぜんぜん似てないけど、、、、

それではみなさん!
あっちを1回みたらこっちを100回!
見てね(糞爆)♪

つぎの10万アクセスもなにとぞよろしくお願いいたします!

弘南鉄道 元東急6000系のディテール(3)6005+6006編成(東横線基準山側)  

先日訪れた弘南鉄道津軽大沢駅に留置されている元東急6000系のディテールです。

前回までの6007+6008編成に続き
今度は6005+6006編成の東横線基準の山側です。
6007+6008編成の山側と比べてみるのもおもしろいです。
(←前々回の6007+6008編成山側はこちらから)

こちらの編成はすぐ目の前に留置されておりまして、床下まで潜り込ませてもらいました!
夢のようです!
はぁはぁしちゃいます!!


画像はこれも東横線基準ではありますが渋谷方から桜木町方へ並べてあります。
(許可を得て撮影)


6005Fと6007Fの並び。左が今回の6005F。東横線時代なら渋谷方から見た姿です。

1
いきなり渋谷方先頭M2C 6005の台車後方からです。

2
さすがにスキンステンレスカー、床下の状態はボディのようなワケにはいきません・・・・

2
3
4
5
6
7
8
9
10_20140611200458248.jpg
11_20140611200459b88.jpg
12_201406112006122fd.jpg
13_20140611200613ea1.jpg

なぜか台車も連結部も撮り忘れてしまっている上に同じような機器が並ぶのでヤヤこしいですが、この後は桜木町方のM1C 6006です。
30_201406112006146b4.jpg
31_20140611200615289.jpg
32_20140611200616014.jpg
33_20140611200617b72.jpg
34.jpg
35.jpg
36.jpg
37.jpg
38.jpg
39.jpg
40.jpg
41.jpg
42.jpg
台車は次回、海側の画像でごらんいただけますが、なんで山側の連結部を撮り忘れたんやろ~~!

44.jpg
45.jpg
46.jpg
43.jpg
桜木町方から見た全景。

次回はこの編成の海側の予定です!
お楽しみに(誰か楽しみにしてますかぁ!?)!

弘南鉄道 元東急6000系のディテール(2)6007+6008編成(東横線基準海側)  

先日訪れた弘南鉄道津軽大沢駅に留置されている元東急6000系のディテールです。
・・・といいつつ、青森から帰ってきてもう1か月近くが経ちます、、、

6007+6008編成の東横線基準の山側に続いて同じく
6007+6008編成の東横線基準の海側です。
・・・といいつつ前回の山側以降、飲みに飲み続けてすでに2週間(大糞核爆)、、、
みなさーんお元気ですかぁ~!?


画像はこれも東横線基準ではありますが桜木町方から渋谷方へ並べてあります。
(許可を得て撮影)

(←前回の6007+6008編成東横線基準山側はこちらから)


1
いきなり桜木町方M1Cの床下です・・・・
桜木町方は山側同様いろいろ邪魔されてここからしか画像がありません、スミマセン。

2
3
4
7
8
9
10
11
13
14
19
20
21
うわさの1台車1個のモーターが台車中央に見えます。

24
30
31
32
33
34
35
渋谷方から見た全景です。すばらしい肢体ですねえ!
5200形には「湯たんぽ」というあだ名がありましたが、続くコレも「ニュー湯たんぽちゃん」と言われ親しまれたとかどうだとか・・・・
ちなみにいまの6000けーのカマキリというのはあだ名ではなく蔑称です(糞爆)

いずれにせよ、付け焼刃のように「ひる準!?」とか自分で名付けて劣化商品を誤魔化して売る現代からみれば夢のような時代が越後屋・ドう急電車にもあったのです・・・
美しい時代を返せ!(しつこいっ!)

勝手にTMSコンペ開催!・モデモ金魚鉢続報・このごろのgoogleなど 

今朝も「ひる準!?」ポスターにムカつきながら出勤した鉄犬です。みなさんこんばんわ~(糞爆)
だんだんさらにムカついてきたので、一昨日の噴飯記事の後半に加筆しました。
(←一昨日の記事、「今週のお買いもの、いただきもの、投げ捨てもの、噴飯もの 」はこちら)
あだ名は他者が愛をこめて贈るもの、自分で勝手にあだ名をつけるな!
かつてはドう急電車にだって、お客さんから自然に「青がえる」、「ペコちゃん」、「湯たんぽ」と呼ばれ親しまれた車輛もあったんですが・・・・・

さて、昨日のモデモ製阪神国道線金魚鉢へはたくさんのコメントありがとうございました!
(←モデモ製阪神国道線金魚鉢)
今朝はまた、初めてコメントをいただいたhidata-oさんから驚愕の新事実がっ!
(→hideta-o様のブログ四丁目電気軌道)
なんと!
「床下機器の向きが逆です! 」
えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ~~!?
そこはかとなく異様な雰囲気が床下から漂ってきてたのはソレが原因だったのかー嗚呼嗚呼~~!

ということで、本記事巻末にモデモ金魚鉢の続報を掲載します!


TMS(鉄犬モハモハ主義)コンペ開催!

そんなモデモ製阪神国道線金魚鉢へのコメントの中にヌッキーナE氏からの提言がっ!
「ということで、次回競作のお題は「国道電車」ですね。 」
前回もないのに次回が決まってるって一体(大糞核爆)・・・・

さらに健太郎T氏からは締切日について
「来年5月、国道電車全廃40周年でどや!
5月5日オッサンの日!」

・・・コレまた勝手に決まっちゃいました!

そしてオレが決めたのは!
「参加者はこのスレに書き込んだヤツ全員(大糞核爆)!」
昨日の記事に書き込んだみなさん、来年5月5日までに作るんですよー国道電車(大糞核爆)!
もちろん、コメントを書いてない方の参加ももちろんOK!
金魚鉢なら71/91/201形なんでもOK!
(さきほど尼センちゃんからあみ電作りたいという要望がありまして、拡大します)
金魚鉢でなくてもあみ電でも31形でも国道電車ならなんでもOK!
スケールもなんでもOK!
参加登録、途中進捗状況のご報告は本記事へのコメント、もしくは本ブログ左カラム下のホウにあるメールフォームからお送りください!
コレでオレのネタ不足も解消や(大糞核爆)!
それではみなさんのご参加をお待ちいたしております!

このごろのグーグル
モデモの金魚鉢、既にお伝えした通り、茫然の出来だったわけですが、他の方はどんな印象だったのか、と
今日「も」ヒマだったので「モデモ」「阪神国道線」でクグッてみましたら・・・・・
スライド3
モデモの公式サイトの次にオレの記事がっ(大糞核爆)!

気になって最近の製品紹介から「鉄コレ」「近鉄900系」だと・・・・
スライド2
近鉄のオフィシャルサイトの次に(大糞核爆)!

さらに「kato」「c574次形」だと・・・・
スライド1
ド下等のオフィシャルサイトよりさらに上に(超糞核爆)!


・・・・こりゃ各メーカーの担当者も見てますわな(核汗)、、、、

モデモ阪神国道線「金魚鉢」続報!
「床下機器が逆やがな!」と報告を受けると即、直したくなるのは人の世の常(そうなのか?)!
やってみました・・・・

RIMG0013_201406092032451e4.jpg
Yゲルを基準にすると、神戸方につくYゲルが左側なのでコレは浜側のハズですが、なんと山側の電気系の床下機器が見えております!
国電だって京阪神緩行線仕様は潮風に当たる海側を避け、電気系はすべて山側にまとめています!
まるっきり逆向きですわ・・・・

RIMG0015_201406092031553e8.jpg
そこでバラシました。
床板をヌいたボディです。
ゆるゆるの作りなので、普通にボディを押し広げながら中指をつっこんで前後に動かす(ウソです)とスグイキます(核爆)。

RIMG0014_201406092031548c2.jpg
こちらはヌいた床板。

RIMG0018_20140609203156181.jpg
ライトユニットの接点が当たるトコロの高さがまるっきり前後で違います。

RIMG0017_20140609203156f95.jpg
ボディを裏返して見るとライトユニットから生える接点の高さも違います・・・・
・・・ということはボディを前後逆にするだけでは床板がハマりません!

そこで、ライトユニットの前後を入替えなければならんことになりました・・・・
ライトユニットの納まりを見ると、側面ガラスをまずハズして、それから後方に引かねばハズれそうにありませんので
まずは側面ガラスを・・・・

RIMG0019_20140609203157a57.jpg
い!?
せ、せっちゃく!?

そうです、ダメメーカーの証、接着止めです!
中央ドア下部あたりをよーくごらんください!
おもらししてます(大糞核爆)!

ドライバーでも押し込んでピっと外れるような気もしますが、
窓ガラスが割れるような気もします・・・・

たった床板の前後を入れ替えるだけで次から次へと負の連鎖が起こっています!

残されたワザは!
そや!
床板はそのままにして床下機器だけ前後入れ替えたらええんやん~~♪

RIMG0020_20140609203158539.jpg
コレでは床下機器の前後入れ替えも不可能です・・・・

最終手段はやっぱりアレですよね!?
RIMG0021_201406092032437b4.jpg
ライトユニットを固定しているトーメイ部品のツメを乱暴します!

RIMG0023_2014060920324487e.jpg
見事、外れました!

RIMG0025_20140609224353200.jpg
床板の逆向けに成功した金魚鉢です。
浜側なのでちゃんと空気系の機器が覗いております!

いやー
バラしてみてさらにバレたぜモデモのダメさ(大糞核爆)!

それではTMSコンペへのみなさまのご応募をお待ちしてます~♪




モデモ 阪神国道線71形「金魚鉢」 


RIMG0015_20140607234420ddd.jpg
先日発売になったモデモ製Nゲージの阪神国道線71形です。
ご存じのとおり(ご存じなのか?)、その側面の形状、ガラス面積の大きさなどから「金魚鉢」という愛称をもつ車体は
昭和も昭和、昭和12年にデザインされたものとは思えないすばらしいもの。
六甲を背に武庫川大橋の松並木を行く華麗な姿は阪神間モダニズムの真髄ともいえるかもしれません。

RIMG0009_2014060723442141c.jpg
ええっ!?

なんか入ってそうなトコロにナニもありません(糞爆)!

実はお店で試走の際、1個めはガーガー異様な音を立ててお店の人がこれは売れませんと言い、
2個めはヘッド/テールが点灯せずこれまた売れません、と(大糞核爆)。
3個目は順調に走り、それを持って帰ったのですが
そもそも上記のような品質ですから
もしかしてここにナニか入れ忘れたのかもしれません。
コレでは通販なんかで買ったら大変ですね・・・・

もしやインレタとかサボとか!?
RIMG0010_20140607234421ea4.jpg
ソレは箱の裏から発掘されました。
床下前後部になんかドローバーでも差して重連できるような突起がありますからもしかしてそれ用のドローバーでしょうか?
それとも、
何も入ってないのが仕様なのでしょうかああああああああああああ嗚呼嗚呼~~!?

RIMG0019_20140608171959ffd.jpg
なんデスカー、この顔はっ!?
コレではまるでタイムボカンみたいです・・・
全体像はこんなものかもしれませんがいかんせん窓の縦柱が太すぎます・・・
強度を考慮したのかもしれませんが、それにしても・・・・

RIMG0024_20140607234617f56.jpg
プロフィールも同様。
外形はまあまあ捉えていますが、窓の縦柱が・・・・
実は今回が初めてのモデモ製品の購入です。
いつもは腰高で台車と車体裾が盛大に空いていてとてもじゃないけど買う気になれない。
今回はついにその点が改良されていまして、コレならイイな!しかも金魚鉢だし!
・・・ということで買いましたが結論から言うと
失敗しました(大糞核爆)!

RIMG0018_20140607234617d61.jpg
ん?

RIMG0023_20140607234735599.jpg
なんですかー!?この屋根と側面の間に走るパーティングラインはっ!?

屋根肩の美しさもこの電車のキーポイント。
そこにこんなセンが入っていたら台無しです!
プラモならペーパー当ててさっと修正完了!でしょうがコレは塗装済み完成品でっせ!
しかもその塗装の境界もボケてる!
もう少し気を使わないといかんと思います・・・・

RIMG0013_201406072346184ae.jpg
特徴的な「Yゲル」はなかなかよく特徴を捉えて、しかも出来もまあまあですがっ!

RIMG0021_201406072346194ae.jpg
RIMG0022_20140607234619a77.jpg
なんですか!?この床下の質感の悪さは!?
鉄コレよりマシやろ!?っちゅうワケにはいきませんぜ!
鉄コレの床下は論外ですから!

・・・そして
RIMG0016_2014060723473262c.jpg
えっ?

RIMG0025_20140607234733038.jpg
ええええええええええええーっ?!

RIMG0026_201406072347342e0.jpg
えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ~っ!?

戸袋窓以外はサッシ中桟に桟の表現がありません!
たんにトーメイプラの段差だけです!
しかもそのトーメイプラも車体との合いが悪く、厚みを感じさせ、コレではホンマもんの金魚鉢みたいです(大糞核爆)!

実車はこうだ!
RIMG0098_201406072347340e4.jpg
上段下辺はガラスの断面を見せることでシャープにデザインされていますが、
もちろん上段の後ろを昇降する下段は4方に枠があります。
それをガラスの段差だけで表現できるワケはありませんよ、ね!?

アアっ!もっとデカいヤツみつけた!
幕板広すぎや~~

あの、オレのフル自爆品は絶対窓抜いたら曲げられへんと考え、屋根まげてから窓抜いたんやった!
それほど実車は屋根肩と窓上辺が近接してるハズ!
この製品は窓のはるか上にパーティングラインがあって、そっからまだ上から屋根カーブが始まっとるやんけええええええええええええええええええ♪
(←自爆品)

追記
さきほどコメントをいただいたhideta-o様のブログ「4丁目電気軌道」によりますと、
なんと床下器具が逆向き=床板逆ハメ、だそうです!
もうダメボ・・・・

(→hideta-o様のブログ「4丁目電気軌道」の当該記事はこちら)

ハセガワ~!
サヨナラ~!

×

今週のお買いもの、いただきもの、投げ捨てもの、噴飯もの 

写真 0
先週土曜日はぴかぴかに晴れてまして、五反田に夕飯を食いに出かけました。

-投げ捨てもの
日曜日はブックオフの日!
RIMG0099_2014060719592196c.jpg
売り飛ばすのもめんどっちかったのですが、買って1分開いただけ、
2度と開かなかったこれらのアレが溜まってきましたので、いくらかにもなれば、とイをケッシてブックオフへ!
売値は合計380えん(大糞核爆)!
・・・まさかブックオフのバイトが中身の価値を瞬時に見抜いた、ワケはないですよ、ね!?

-いただきもの
RIMG0007_20140607195918b20.jpg
週初め、甲子園のピス下くんからわざわざアメリカから取り寄せてくださったバーナーが届きました。
先々週、自力で「ぽけとーち」も買いましたのでコレでバーナーが2つに増えました。
ハンダ付よりバラすのが好きなぼくとしては2こでも3こでも取り揃えたいトコロです(糞爆)!

-お買いもの
水曜日はヒドすぎる夜が始まる前、駿河台散歩。
神保町の所詮グランデでピス下くんへのお返しを買いました。
RIMG0098_201406071959191b2.jpg
貨物鉄道博物館刊、貨車車票の歴史!
コレ、おもしろそうですわ~~
2セット買おうかとも考えたのですが、このあとアキバへ出かけるので軍資金が心配でヤメときました。

そしていーもーんーへ移動。
RIMG0008_2014060719592040d.jpg
阪神71形金魚鉢!
実はコレまで、モデモ製品はいっこも買ってません。
今回だっていくら金魚鉢でも買う予定はなかったのですがあのおっちゃんも買う、というし健太郎Tは4こ予約したというし・・・
・・・・買ってしまいました。
結論は
失敗です!
(モデモのうんこ鉢は後日詳報を!)

急いだ理由はコレだけではありません!
中央に写っているKATOのASSY、C57用スポーク先輪!
今回のC57、これまでのD51などではヌケてなかったスポークがヌケヌケになったのです!
コレが発売→まだいーもーんーに残ってるよとの情報をいつも貴重な情報をいただくsalamさんから教えていただきまして
売り切れ必至のアイテムを買いに走ったワケ。
D51だけでなくEF15やED16なんかにも使えるかと思います。
一家に1袋!必需品です!
(→salamさんのブログ、「鉄道模型の小部屋」KATO C57の記事はこちら!)
(←水曜日の出来事はこちらから!)

RIMG0005_201406071959210b0.jpg
昨日は土砂降りでした。雨に濡れたステンレス車体がキレイです。

そして今日、土曜日は・・・
写真 5
雨ニモマケズ、五反田へ夕飯食いに(大糞核飯)!

写真 6
写真 8
雨の夕暮れ、戦前から残る旗の台のプラットホームが抒情的♪

-噴飯もの
ところがっ!
写真 10
ひる準!
日中時間帯に田園都市線に準急を「新設」します、とあるだけでその理由も「新設」とはなにかもわかりません!

アアっ!駅にパンフレットが用意されています!
RIMG0001_201406072000236e3.jpg
ひる準!

RIMG0003_2014060720004065d.jpg
やっと昼間時間帯に2本/1時間の割合でこれまでなかった準急を増発することがわかりました。
まあ、増発なら少なくともサービス向上、なんでしょうね。
しかし、1クール15分の間に各停2本、急行1本のわかりやすいこれまでのダイヤはどうなるんでしょう?
それに果たして、そもそもラッシュ時の団子運転緩和策でしかたなく設定したハズの準急って昼間走らせるニーズはあるんでしょうか?
それよりどうせ増発するなら「逆準」でも新開発して、田園都市線各駅で客を拾って、二子から渋谷まで速達させた方が効率的なのでは?

それよりなにより
「ひる準」ってなによ!
自社製品にわざわざユーザーにわからんような「アダ名」を付けるのは自社製品を買いかぶってやしないか!?
それに「!?」とかって、自分でつけたつまんねーアダ名の意味を「さあ、ホレ、客ども、考えろ!答えろ!おもしれーだろー、便利っぽいだろー」といわんがばかりの高飛車な態度!
オレがKATOを「ド下等」と呼ぶのは一昨年暮れ、来年の新製品を本当にくだらねークイズ形式で
たとえばN700Aを「真打ちのエース」、181系あずさを「狩人(超糞核爆)」などと紹介したからだ!
(←こちら)
今回の「ひる準」にも同じような奢りを感じるぜ!

そもそも「あだ名」っていうのは本人から名乗るのではなくて、外部の者が親しみと愛を込めてつけるもの。
「青がえる」、「ペコちゃん」、「湯たんぽ」・・・
昔はこの奢ったポッポ屋の製品にもユーザーから自然発生的に付けられたあだ名があった。
もうあのころの夢と希望の東急電車ではなーい!
美しかった時代を返せ!

あしたからぼくは「ドう急電車」、と呼ぶことにします(糞爆)・・・・
(→Cedarさんも新ダイヤならぬ死んだイヤと・・・・)
(→Cedarさん、さらに怒り増幅(核爆)!)

ヒドすぎる夜~ついにモケーをご開チン(下)!  

さて、小休止の後、いよいよ盛り上がってきました!
(←ヒドすぎる夜の概要はこちら)
(←前半はこちら)

後半、最初に出てきたのは!

ポン引きイガー@大キチ製、フリーの温泉田舎電車!
(→ポン引きイガー@大キチ)

RIMG0055_20140605100013e9b.jpg
RIMG0056_20140605100118ac9.jpg
小田急みたいな顔のMc+Tc2両編成!

RIMG0058_20140605100119c57.jpg
車体に貼られた広告がコレまた田舎くさい!

とれいん誌の競作でみなでこの色の自由形電車を作った由。
いやー、そのセンスとどろどろのウェザリングがむちゃくちゃです(糞爆)!

さらにポン引きイガー@大キチ製品が続く!
RIMG0060_20140605100120a12.jpg
コレは現在競作中の御殿場線。

RIMG0067_20140605100123046.jpg
RIMG0062_20140605100122d85.jpg
御殿ババババババババババババババババババババ線!
もうテーブルの上は電車か台湾料理かわからん状態へ!

RIMG0069_20140605100231ad0.jpg
ここでスカ色旧国つながりでババババババババババババババババババさんのクハ76がっ!
地鉄電車と並べて、初代床下くんは金太郎塗りの競演や~とかって勝手に舞い上がってます(糞爆)・・・・

RIMG0071_20140605100231470.jpg
極悪、なんですがあまりにキレイで極悪な感じがしません。
羊の皮をかぶったパンダか、糞みたいな歌うたいながらしゃぶしゃぶを食ってたしゃぶしゃぶ&ASKAかっ!?

RIMG0074_2014060510023211e.jpg
コレ、ベースはあのKSのキットらしい・・・
達人が作るとまったくKSであることを感じさせません(大糞核爆)!

RIMG0075_2014060510023398a.jpg
い?!
もう1両クハ76が出てきましたっ!

RIMG0077_20140605100234d0f.jpg
RIMG0079_20140605100337eea.jpg
RIMG0081_20140605100337d70.jpg
こちらは戸袋窓がHゴム化されたバージョン。
コレもKSデスカーと握らせてもらってから聞いたオレがバカでした・・・・

なんと!
RIMG0082_201406051003381f0.jpg
手前のHゴム化車は!
紙だそうです~~(大糞核爆)
天にマス掻くわれらが・・・・
そりゃ神や(超糞核爆)!

RIMG0085_20140605100339e8b.jpg
KSにくらべてやや後退角がキツくなってしまった、とおっしゃるこの顔も神× 紙!
紙なのに鼻筋が出来のよい真鍮プレスのようにスキっと通っています!
完全に狂ってますねー!

さらに攻撃は続きます!
ババババババババ!

RIMG0089_201406051003401be.jpg
ババババババババ ババババババババ ババババババババ ババババババババ!

RIMG0091_201406051003401f2.jpg
カカカカカカカカカ片町線のクハ79060!

(→初代床下くんのところでも詳しく取り上げられています!)
(→初代床下くんも同じ電車を作ってるそうです・・・見てね、とのことです(核爆))

RIMG0092_20140605100506ea8.jpg
RIMG0094_20140605100507b5c.jpg
RIMG0097_20140605100509d71.jpg
う~ん!すばらしい!

RIMG0095_20140605100508792.jpg
もちろん床下は極悪!
・・・なんでも、初代床下くんさえ、こんなスタンダードを持ち込まなければババババもこんなことせずに済んだそうです、、、、

それよりなにより!
RIMG0093_2014060510050796d.jpg
このクハ79060、実車通り、クハ47からの改造!
しかもあの凶悪ピノチオキットだから車端部の垂れさがりパーツを取り付けようとするとリベットが消えてしまう!
そこで取った手法がドアから先をリベットを打った自殺側板で作るという凶悪なもの!
・・・・いやあ、ほんとうに恐れ入りました!
やっぱり、絶対マネすらできない領域のモケーをナマで拝見するのはイヤ× ほんとうに刺激○になります!
シゲキ、カンゲキぃ! 


RIMG0098_20140605100510a13.jpg
腰がヌケてみんな立てなくなりましたのでおっちゃんとこの日手渡した近鉄900系を眺めて腰の回復を待ちました・・・・

ヒドすぎる夜~ついにモケーをご開チン(上)! 

さて、昨日のヒドすぎた夜、
いつもはやかましいポン引き@大キチちゃんが開会直後はなぜかおとなしい・・・・
(→ポン引き@大キチ)

「テンション低かったのではなくて、 大御所さまですので無礼の無いようにと緊張してたのであります」

う~ん!
さすがポン引き@大キチ、親しき仲にも礼儀あり!

しかし!

「が、
アレ見せられちゃテンションアゲアゲになりまするわ(爆)」


結局、いつもと同じやないけええええええええええええええ~~!

さて、直前までコレをババのババのババさんに見せるかどうか迷っていたのですが
かなり大人しい感じで始まった会の盛り上がりを祈念して結局出すことに!

すなわち!
タダのウケ狙い(核爆)!


RIMG0031_20140605095631a1a.jpg
アアっ!出てもうた~~
そう、あの、日本一有名な電車のモケー、東急3500形です!



続いて、ただ今人気急上昇中のコレ!日本一有名な電車のモケーという前作デハ3500の不動の地位を脅かす存在にまでのし上がった床板を3回やり直し中の東急クハ3750(糞爆)!

RIMG0029_20140605095630ac8.jpg
そして、こちらはたった2回しかやり直していない(大糞核爆)東急デハ3472!

そしてこの場で、大昔、ババのババのババさんがあのおっちゃんに名付けた「床下くん」の称号をオレ様が襲名することに!
いや・・・・
さすがにそれはちょっと違和感がありますのでヘタ下、ってことで(大糞核爆)・・・・

そこで!
RIMG0033_20140605095632032.jpg
どっがーーーーーーーーん!
かつて、とれいん誌の表紙を大アップで飾ったババのババのババさんのクモヤ790が登場!

うしろでポン引き@大キチがニューヘアースタイルをアピールしています!
ここでポン引き@大キチはポン引きイガグリ@大キチに改名しましたー!

ここで一代目床下くんから
わが東急電車3両に早くも退場命令がっ(大糞核爆)!
・・・スゴスゴと片付けました、、、、

さて、ババのババのババさんのクモヤ790です・・・・
RIMG0035_20140605095633a2c.jpg
RIMG0036_20140605095754d7a.jpg
RIMG0037_20140605095755c15.jpg
RIMG0038_20140605095756b22.jpg
RIMG0040_20140605095756204.jpg
RIMG0041_20140605095757910.jpg
ババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババ!
コレ、もちろん心中フル自殺ですよ!
一体どうなってるんでしょうかっ!?

RIMG0068_201406050957586cc.jpg
コレはこのクモヤ790にも使われた自殺Hゴム!
0.1mm板を数枚ハンダ付、糸鋸で窓を開け、さらに外形も切り落としてハンダを溶かすことで量産!
それを車体にはハンダ付~~!

ここで負けてはおれないおっちゃんの登場です!
(→おっちゃーーーーん!)
RIMG0039_20140605095902c87.jpg
でたー!
クモニ13!
ブログ上ではまだまだだったハズなのにすでに完成しています・・・・
(→おっちゃんとこのクモニ13製造記録)
RIMG0042_201406050959031c5.jpg
RIMG0043_20140605095903157.jpg
RIMG0045_20140605095904497.jpg
RIMG0047_2014060509590583a.jpg
RIMG0048_20140605095906a2c.jpg
コレがまた、いつにも増して極悪仕様!

さらにおっちゃんからは!
RIMG0049_20140605100008f46.jpg
RIMG0050_201406051000108a1.jpg
RIMG0051_20140605100011cab.jpg
地鉄電車99号?でしたっけ?
製作途中から何度も拝見しておりましたが改めてコレもヒドいモケーですね・・・・
腕もさることながらセンスがっ!
って、このドシロートが大御所をホメてる場合じゃないですよね・・・

RIMG0052_20140605100011180.jpg
箸休めに現在のところのテーブルの上です。
・・・もちろん、オレの東急トリオはお目を汚さぬようにすでに退場しております、、、、

続きはまた明晩!チャオ!
デハ♪



ヒドすぎる夜 

夕方に仕事もええ加減に終わらせて・・・

こんなステキな電車で向かった先は!

RIMG0002_20140605001249a63.jpg
ジンポー町!

ジンポー町といえば!
RIMG0003_2014060500125162c.jpg
書泉!

RIMG0004_201406050012536dc.jpg
所詮!

RIMG0005_2014060500125665b.jpg








所詮グランデからは神田駿河台散歩とシャレコミマシタ!
RIMG0007_20140605001359fab.jpg
ニコライ堂を仰ぎみて

RIMG0008_201406050014033e7.jpg
黄色い101けーも仰ぎみて

RIMG0009_20140605001406eb2.jpg
オレンジ色の103けーも仰ぎみて

まるで「散歩の達人」とか「東京人」の世界ですねー(大糞核爆)!

ようやくたどりついたのは!
RIMG0011_20140605001410865.jpg
芋!

RIMG0012_20140605001415c9d.jpg
芋!

RIMG0013_20140605001419136.jpg
い~も~ん~

いもんに到着直後、あのおっちゃんからひーまーやーコールがっ!
そそくさと買い物を済ませて失敗しました(糞爆)!

乗った電車は!
RIMG0015_20140605001742b8d.jpg
黄色い101けー!

代々木で乗り換え!
RIMG0016_2014060500174589c.jpg
ウグイス色の103けー!

着いた渋谷青がえるの切り身、通称「アホがえる」前で!
写真 2
記念撮影(大糞核爆)!

道玄坂を登って向かった先は!
RIMG0017_2014060500315751d.jpg
麗郷!

まずはおっちゃんと2連で!
RIMG0020_201406050032000b9.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

そして増結!
RIMG0026_20140605003201369.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

さらに増結!
RIMG0027_20140605003202129.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ 

そう、今夜は藤沢でお近づきになったあの、ババのババのババさんとの初飲み!
ババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババババ!

(←先月の藤沢での湘南鉄道模型クラブの様子はこちらなど!)

ババのババのババさんとおっちゃんは旧知の仲、
旧交を暖めてもらおうという趣旨もあり、さらにポン引き役の大キチガイとの4両連結!
(→おっちゃん)
(→大キチガイ)
(→ババのババのババさんはブログないのかな?)

そして!
RIMG0037_20140605001752783.jpg
うわっ!

RIMG0048_20140605001755ce8.jpg
い!?

RIMG0075_201406050017583fe.jpg
い!?

RIMG0091_2014060500190032e.jpg
い!?

RIMG0062_20140605001903196.jpg
いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~!

お買いものと本日の出し物の詳細はまた後日!
どうぞおたのしみに!

【お笑い心中工作】東急デハ3450形3472+クハ3750形3751 その4 雨樋を作り直して床板をつくる(中)  

前回、全開で全壊していただいたデハ3472+クハ3751ですが・・・・

順調にレール方向の大梁のハンダ付が完了!

RIMG0002_20140603212953029.jpg
ハンダづけが終わったら必ず水を張ったプールにドボンさせて塩化亜鉛溶液をすべて水に置き換えます。
そうしないと後で錆錆でエラいことなります・・・・

RIMG0004_201406032129535ad.jpg
大梁を付け終わったらまず、ピス下くん特製キサゲラーHでキサゲました。

RIMG0005_20140603212954c44.jpg
キサゲ終わった床板です。

RIMG0012_201406032129556b5.jpg
根太をハンダづけ完了したクハ3751の床板です。

RIMG0001_2014060321303463e.jpg
さらに枕木方向の小梁をハンダ付け。

RIMG0004_2014060321303598b.jpg
ほぼモハ510を忠実に再現した床梁が完成!

・・・ところがっ!
RIMG0001_201406032131383c2.jpg
ここで再び生まれたままの姿にガス自殺(大糞核爆)!

さらによく考えてみれば、東急3700/クハ3750は戦後間もない規格形電車。
もちろんモハ510より国鉄モハ33の方が近いに決まってます・・・・

RIMG0003_20140603213140b73.jpg
すでに2度もハンダ付→仕上げに持ちこんでおりまして、床板のあちらこちらにいっぱいハンダ+キサゲ跡がっ!
で、トーチで炙りながら新しいというか元の梁を盛り込もうと自殺しております・・・・

RIMG0002_20140603213142707.jpg
大梁の取付が終わったクハの床板。

RIMG0009_2014060321314265f.jpg
クハの枕木方向の小梁、根太および
デハは宮崎台のモハ510に習って取付完了!
(←宮崎台のモハ510の梁の様子)

RIMG0017_20140603213201811.jpg
この土日、朝から晩までずーっとキサゲておりました・・・・

(→こんなエロい写真持ってるなら早よ出しやがれ!)



鉄道コレクション【事業者限定】近畿日本鉄道900系 

いやー
これまで一切、爺も真打ちのAも買わずに待っていた甲斐がありました!

RIMG0014_20140602211805f98.jpg

先日、発売された事業者限定鉄コレ近鉄900系です!
近鉄の系列名の付け方は
デタラメとしか思えないバラバラ!
覚えられない以上になんでほかは2410だの6800だの8000だのと4ケタなのに奈良線のコレだけなんで3ケタやねん!?
と長年思ってました。
今回いよいよ近鉄を買い、調べてみると600V車は3ケタと決められていたみたいです。

RIMG0003_20140602211822e98.jpg
どうですか!?この顔!似顔絵としては似すぎてますねー!
・・・返す返す、昨年暮れの京急600の似てない似顔絵が悔やまれます・・・・
(←鉄コレ京急600はこちら)

RIMG0004_20140602211956952.jpg
奈良線100周年記念として、この初期塗装はよく理解できますが、
登場後スグに他の4扉車と同じ標識灯/テールライトのコンビネーションランプに替えられたのでいまいちおなじみではないこのコンビネーションランプはどうなんですかねー!?
特にマルーン一色になったころは当然すでに替えられていたので、マルーンバージョンを作るにはまずはここの改造がネックになりそう。

RIMG0006_201406022119579f6.jpg
RIMG0005_20140602213331c3a.jpg
あいかわらず、パンタ配管はめりはりのある、すばらしいもの。

RIMG0015_201406022121031fa.jpg
連結面も忠実に再現されています。

RIMG0011_2014060221195879c.jpg
一体モールドのベンチレーターの造形には疑問が残るものの・・・・

RIMG0007_20140602211959bad.jpg
やっぱり鉄コレ!
サッシのシルバーがハゲのハゲのハゲ!


もちろん!
RIMG0009_20140602212102a7c.jpg
RIMG0012_2014060221210412f.jpg
床下機器はデタラメ!

いつもは床下機器とは違ってよい出来映えの台車ですが・・・
RIMG0010_2014060221210484f.jpg
なんかめずらしく平板なもの・・・・

相鉄モニに比べると少々またまた品質は後ずさりしてしまってるかもしれません。
それでも、たまーにしか出ない近鉄鉄コレ。
しかもこんだけ顔の印象把握がウマいこといってたら、やっぱり、
4箱8両くらいは欲しいですねえええええ(大糞核爆)!

今回、大阪地区限定での発売に際し、6箱12両の大量買い付けに(大糞核爆)ご協力くださったピス下殿、能勢の狸親子殿、ありがとうございました!