月別アーカイブ

 2013年07月 

本日の新快速(爆)! 


今朝のたまプラーザです。
ヒドい写真ですね!
今日のこのあとの展開を暗示させるかのようです。

DSC_3181.jpg
午後のたまプラーザです。
さらにヒドい写真です!
電車の右側に写る女子のシルエットはちょっとステキですが(爆)・・・・

DSC_3185.jpg
DSC_3199.jpg
新横浜で例によって0けーを2枚。
コレもいつにも増してヒドいです。
そう、どんより曇って暗い上に、本日に限って一眼レフを持っていたのです(爆)!

着いた新大阪です。
DSC_3205.jpg
コレがシティーライナーですかっ!?

DSC_3207.jpg
コレがブルーライナーでしょうかっ!?

それにしてもヒドい写真です。
まだ夕方6時前だというのに、陽炎が立つほど蒸し暑く、しかもどんより暗さは横浜以上・・・・ただの言い訳です・・・・
いえ、写真もヒドいが電車もヒドい(爆汗)・・・・

DSC_3219.jpg
それともコレが元ブルーライナー?

DSC_3227.jpg
コレは103けーでしょうか(爆)?
いや・・・・

マジで103けーやないけええええええええええええええええええええ~~!

ホーム端をいつまでも歩く糞リーマンはマジで死んでほしいと願ったのはいうまでもありません(爆)。

DSC_3228.jpg
DSC_3238.jpg
さようなら~!

なんぼ無茶苦茶に改造されてても
なんぼヒドい写真でもやっぱり、
103けーはカッコええなああああああああああああああああ~!
(←以前、大阪環状線の103系はもう少しマシに撮ってます。こちらからどうぞ。201系もあるでよー)

DSC_0012_2013073122505645e.jpg
ただいま、大阪市交堺筋線にて実家にたどり着きましたー。
開業当初から45年間活躍を続ける3300系。車内も外もぴっかぴか。
乗り入れ相手の大阪市交60系はとっくのむかしに全廃。
阪急電車はエラいなあ!

最後の最後までヒドい写真でしたー。
すみませんでしたー。


ただいま、
「夏休みだ!イヌゲージ鉄犬特製!あの色のあの電車がイヤだ!大アンケート!」実施中!
(←詳しくはこちら)

回答はこちらまで! 

リアルタイムで集計結果も確認できます!

集計結果はこちらから! 

スポンサーサイト

【ド下等、恥ずかしげもなく焼き直し、色替え、低運!でも冷房車、しかもユニットサッシ!104系!発売記念!】ド下等153系新快速2 


昨日の続きです(爆)・・・・
(←昨日のド下等153系新快速1はこちら)

「新快速」のネーミングについて、Cedarさまからコメントを頂戴しましたが、当時沿線住民だったワタシにとって、「新」ってなによ?としか思われない、恥ずかしいネーミングでした。東京ではすでに中央線に「特別快速」というちゃんと意味の通るネーミングの列車が走っていましたので、いよいよこの「新」の意味がよくわからんかったです。
まだ、「チン快速」のほうが・・・・(核爆)

その新快速、万博輸送のため、スカ線からスカ色のまま転入し、「万博号」として万博会場最寄りの茨木への輸送に使われた113系をそのまま、ヘッドマークだけ「新快速」とっかえて運転したのがそのはじまり。
当時すでに京阪は3000系を、阪急は2800系のそれぞれロマンスシート冷房車を京阪間に走らせていましたので、ヤバいとさすがの国鉄でも考えたか、153系の投入となったわけです。
急行のお古に色だけ塗りたくったこいつは、競合に比べ、少々悲しいものがありました。
しかも!

RIMG0019_20130730223340995.jpg
クハだけ新快速色、続くMMユニットは湘南色のまま、なんて編成もごろごろいましたし、

RIMG0015_20130730223340420.jpg
RIMG0016_2013073022334119f.jpg
逆にアタマだけ湘南色というのも・・・

RIMG0017_2013073022334200e.jpg
さらに165系まで入り乱れ、なにがなんだかわからんことも!
165系もクハだけでなく、MMユニットもあったような気もするし、なんか、コレはまったく自信はないんですがクモハ+モハも1本くらい入ってたようなおぼろげな記憶もあります。

さらに!
RIMG0018_20130730223342243.jpg
逆に急行運用にも平気で新快速色も使っていました(爆)・・・・

この新快速色、まさに「年寄の厚化粧」感満載だったのですが、このときまだ153系はデビュー12、3年。いまから考えたら、そんなに年寄、でもなかったんですね・・・

さて。
その後、阪急が最終兵器、6300系を京都線特急に投入するや、もはや国鉄新快速に勝ち目はありません!
そこで登場したのが!
RIMG0025_20130730223435445.jpg
シティライナ~(爆)

シティボーイにシティガール、ついでにクルマもホンダシティ、いかに流行とはいえ、「新快速シティライナー」は当時からめちゃくちゃ恥ずかしいネーミングでした・・・・

RIMG0024_2013073022343680b.jpg
偶数と奇数車 ・・・やっぱりまるっきり同じです(糞爆)

新快速はスカ色113系→153系→117系と進化していきましたが!
RIMG0021_20130730223436cfa.jpg
快速はずっと113系!
あるときから冷房を積んだやつも増え始めましたが、普通車が冷房なのに非冷房のグリーン車なんかダレものらず、そのうちグリーン車の連結はなくなりました。

そして!
RIMG0020_2013073022343770e.jpg
各駅はもちろん103けー!

いやあ、印象把握に優れないド下等といえど、低運、でも冷房、しかもユニット窓!104系!のこの顔はどうなんでしょうねえ~!?
それでも2本まとめて買ってますがっ(汗)・・・・

RIMG0022_20130730223437565.jpg
大アカ区ではこんな並びが見られましたね!
一番向こうの73形。51形なんかともデタラメに手をつないでまだまだたくさん走っておりました。

ただいま、
「夏休みだ!イヌゲージ鉄犬特製!あの色のあの電車がイヤだ!大アンケート!」実施中!
(←詳しくはこちら)

回答はこちらまで! 

リアルタイムで集計結果も確認できます!

集計結果はこちらから! 

【呪!あのオッサンサイトまもなく40万記念!】ド下等153系新快速 

あのオッサンの「粉吹き爺を求めて」とほぼ同時に30万アクセスを達成し、おたがいに罵りあったのもつい最近。
おれんとこがまだ36万アクセスあたりだというのに
もうオッサンとこはあすにでも40万アクセスを達成しそうだ!

・・・ようするに当サイトはあのサイトの半分くらいしか集客してないってことですね(爆泣)。
まあ、一説によると、この糞ブログがあの崇高な内容のオッサンサイトの半分「も」集客できてること自体が奇跡、ともいわれてますがっ(糞爆)・・・・

・・・というわけで今夜はオッサンのサイトをマネして本サイトのアクセス向上を狙うことにしました(爆)!
(→オッサンの「吊り掛け婆を求めて」の元ネタはこちらから!)
(←本サイトの30万記念号はこちら)

さて。
KATOの153系、HOゲージではなく・・・小さい方の新快速を買いました。3年前に(爆)。ヤフオクで(核)。
RIMG0004_20130729225043.jpg
小さい153系、揃い踏み ・・・ってどこが揃い踏み?(爆)

揃い踏み、ゆうんやったら・・・・
RIMG0023_20130729232455.jpg
コレくらい逝ったれ(爆)!

RIMG0005_20130729225044.jpg
小さい153系

取り敢えず、3年前にヤフオクから届いて以来、初めて箱から取り出して記念撮影(核爆)。
流石に小さいだけあって存在感も小さいです(爆)(出費も小さいですが・・・)。
宇宙人みたいなお顔ですね。
あとはHゴムが実物換算10cmくらいある点を改善されれば文句なしなのですが・・・。

RIMG0007_20130729225044.jpg
クハ、パーツ取り付け完了 ・・・ったってヘッドマーク貼っただけですがっ

方向幕はただのシールだからラクチンです。

RIMG0008_20130729225045.jpg
偶数と奇数車 ・・・まるっきり同じです(糞爆)

二両並べてもニンマリできません。
低運転台、デサイン的に好きですね。
次は401系が欲しくなります。
でも、やっぱり火星人に見えます・・・

RIMG0009_20130729225046.jpg
知らせ灯、なんかありませんのクハ

RIMG0010_20130729225046.jpg
知らせ灯、やっぱりありませんのモハ

RIMG0011_20130729225159.jpg
パンタ周りの色差し ・・・なんてやってられません(糞爆)


RIMG0012_20130729225159.jpg
湘南色とブルーライナー色

オリジナルの湘南色も買っております。


それでは、実物編です・・・・・
と思ったら・・・・・・アレしか写真がないっ!

201204252207043f3_20130729225406.jpg
まあ、1枚でもあってよかったっす。
日付も車番もわかりましぇーん。
お粗末さまでした~。
(←この写真の記事はこちらから)

ただいま、
「夏休みだ!イヌゲージ鉄犬特製!あの色のあの電車がイヤだ!大アンケート!」実施中!
(←詳しくはこちら)

回答はこちらまで! 

リアルタイムで集計結果も確認できます!

集計結果はこちらから! 

TOMIX EF81 


RIMG0021_20130728205625.jpg
昨日発売されたTOMIXのEF81(国鉄時代)です。
わたしが3年ほど前に鉄道模型を35年ぶりに再開したとき、いの一番に欲しかった機種だったのですが、昨日までおあずけが続きました。
というのは3年前、ほとんど全部の電機の正面脇の手すりが別パーツ化されていたのに、EF81だけはKATOもトミックスも一体モールドで、いかにもやぼったく、他の機関車ばかり集めておりました。
JR時代のものや300番台は両社ともにすばらしいモデルを発表していましたので、まあ、これも時間の問題だったんですね。
どうぜ近々ド下等も出すでしょう(爆)!

RIMG0018_20130728205656.jpg
なんかパンタが歪んでてぐにゃぐにゃしてますが、顔自体はよく実車の印象を捉えています。

RIMG0025_20130728205656.jpg
こちらはKATOの300番台。どっちがどっちのメーカーの製品なのかよくわからんくらい質が似てきていますね。
TOMIXの300番台もほしくなってきました。

RIMG0022_20130728205801.jpg
「大陸的」と評されたプロフィール。
でっかい機関車です。

RIMG0020_20130728205801.jpg
車輪が黒ではないところがKATO製との違いでしょうか。

RIMG0019_20130728205802.jpg
別部品となった手すりが効果を上げています。

RIMG0023_20130728205803.jpg
普段は完成品は買ってきたまま、なんですが、なにを考えたか、碍子にシリコン絶縁塗料のエメラルドを、母線にクリアオレンジをいきなり色差ししてしまいました。

RIMG0024_20130728205803.jpg
いやー、EF81、カッコいいですねー!!
(←KATO EF81 300番台はこちら)

RIMG0026_20130728205804.jpg
青は直流機、赤は交流機、そしてピンクの交直機。
ダサいなあ、と思ってた国鉄ですが、センスいいですねー。
真ん中はKATOのEF80。これもいいモデルです。

一番向こうはマイクロエースのED46!
コレは悪いモデルですが(核爆)、でも、こんな機種を模型化するところがこのメーカーの憎めないところです。

RIMG0027_20130728205822.jpg
在りし日の北陸本線を思い出します。
2種のEF70も真っ黒エース製。
コレは、そんなに悪いモデルではありません。

RIMG0028_20130728205823.jpg
赤い電機はいまだに新しい機関車のイメージがあるのですが、こんな並びは終いえて何年も経ちます。
昔はよかったなあ~!

ただいま、
「夏休みだ!イヌゲージ鉄犬特製!あの色のあの電車がイヤだ!大アンケート!」実施中!
(←詳しくはこちら)

回答はこちらまで! 

リアルタイムで集計結果も確認できます!

集計結果はこちらから! 



夏休みだ!イヌゲージ鉄犬特製!あの色のあの電車がイヤだ!大アンケート【関東編】  

暑いですね~!
暑いときにはコレ!
恒例!夏休みだ!イヌゲージ鉄犬特製!あの色のあの電車がイヤだ!大アンケート!
(ちっとも恒例ではありません・・・・)

前回、鉄道名でやりましたが、今回はさらに詳細に各私鉄の車種別ランキング!
(←前回の春のあの私鉄がイヤだ大アンケートはこちらから!)

・・・ただし、無料アンケートサービスを利用している関係でむりくり各社10車種に絞ってます・・・
こんな絞り方は無茶や!と思ってもなにとぞお許しを!
みんなで決めよう!関東私鉄通勤車ベスト1!
そして!
ワースト1の京成電車のワースト1(核爆)!


回答期限は来週8月4日日曜日!
ぜひ、ふるってご回答を!

それでは、ご回答をどうぞ!

ご回答はこちら! 

リアルタイムで集計状況も確認できます!

集計状況はこちら! 

今月の東急電車(爆) 

歴代、大井町線は車種が豊富で楽しい路線でした。でもその歴史も先月、8090/8590系の引退をもってまったくもっておもろくもなんともなくなり、潰えてしまいました。
でも気をとりなおしてまいりまショー、みなさんお待ちかねの今月の東急電車の時間です(爆)!
(だれも待ちかねてませんか、そうですか)

7月3日

ついに各停運用は9000系以外は4本残る8500系だけになりました。
案外、わたしは好きなグラデーション帯なんですが、なぜか8500系にはダメですね。

RIMG0002_20130726220657.jpg
田園都市線は8500系の他にもこの2000系、8590系も残り、まだ楽しいです。

RIMG0003_20130726220658.jpg
RIMG0004_20130726220659.jpg
おお!
伊豆急色の8614Fに出会えました!この伊豆急色、クハ103高運転台のステンレスの帯みたいな効果があるのか、なぜか本家伊豆急の8000系より高運転台のこの8500系のほうがより引き締まって見えます。

RIMG0005_20130726220659.jpg

7月4日
RIMG0001_20130726220744.jpg
大井町線からの撤退で田園都市線名物になった8590系が溝の口にすべりこんできました。

RIMG0003_20130726220745.jpg
この場所もバカ柵のおかげですっかり楽しくなくなりました。

RIMG0004_20130726220746.jpg
9000系ではない、というネガティブな理由で一枚(爆)

RIMG0005_20130726220746.jpg
あざみ野で2000系。このあと地下鉄で新横浜へ、そして神戸へ向かいました。

7月9日
RIMG0001_20130726220848.jpg
意外とよく出会う8695F

RIMG0003_20130726220848.jpg

7月13日
休日ですので一眼レフを持って買いもののついでに撮りました。
DSC_3147.jpg
DSC_3153.jpg
せっかく一眼レフを持ち出しているのでこんなんまで撮ってしまいました・・・・
休日は長津田まで延長運転される大井町急行。これは回送運用。
それにしても正面から見たらダサいトヨタ車みたいですな・・・

DSC_3163.jpg
DSC_3168.jpg
後追いながら、一眼を持っているときに出会えてよかった伊豆急色。

7月17日
RIMG0059_20130726220959.jpg
またまた8695Fです。

RIMG0064_20130726221000.jpg
RIMG0068_20130726221001.jpg
逆方向の実験写真。もちろん被写体はなんでもよかったんです(爆)。

7月23日
RIMG0004_20130726221119.jpg
RIMG0001_20130726221119.jpg
なんですかっ!このダサい写真は!
カバの八蔵くんに被られながらも、8694Fは8695Fに比べてめったに出会えないのでむりくり撮りました。
(←カバの八蔵とは?トーヨコさん哀話はこちら)

同じところでダサい写真ばかり撮っていい加減、飽きないのかっ!?とよく言われます(爆)。
オレだって、とっくにまったく飽きてますっ(核爆)!

東急7200系7251F+7252F【田園都市線1974年】その3 床下の巻  

今回のプロトタイプとした7251Fと7252Fはあの有名な目蒲線用新製冷房車7260Fの竣工とほぼ同時、1972年に7253F、7254Fとともに8両だけ冷房改造されました。そのあとはずっと後年、1984年からの改造なので12年間、7200系の冷房車はたった11両だったことになります。
で、その7251F~7254Fですが、冷房化に際して偶数番号のクハ、すなわち7552と7554だけに冷房用のMGを取り付けて1編成4両の冷房用電源をまかなっていたそうです。
したがって7251Fと7252F、そして7253Fと7254Fが必ず組んで4連を組成していたと思うのですが、1972年といえばまだ鷺沼で解結して2両ですずかけ台に向かっていたハズですので、バラバラになっちゃってMGのない4両編成になっちゃったりはしなかったのでしょうか?
それとももう鷺沼解結は終了してたのでしょうか。
(←こちらの表ご参照)

ともかく、前昨の非冷房7201F+7202Fのクハとは7552だけ、床下機器が違っていたハズです。
(←7201F+7202Fはこちら)

必死で資料を集めて割り出した7552の床下機器
(海側、左側が運転台=すずかけ台方)

RIMG0026_20130725222149.jpg
裏側
プラのでっかいMGは裏側がくりぬいてありまして、インチキながら両側に2こ取り付け、目立たせることで7551との差を表現してみたんですが、やっぱりインチキくさい(爆)・・・

RIMG0025_20130725222149.jpg
山側

RIMG0028_20130725222150.jpg
こちらは非冷房車と同じにした7551用です。7552との差がおわかりいただけると思います。

その他、非冷房車との違いはデハの前面のジャンパ栓受けが車体側に上がってきたことくらいだと思います。
RIMG0023_20130725222150.jpg
右デハ、左クハの床下(先頭部)
よくわかりませんね・・・

RIMG0024_20130725222151.jpg
上からデハの床板を見てみましたがやっぱりよくわかりません(爆)・・・
わからんなりではありますが、車体側に取り付くジャンパ栓受けはトミックスの青がえる5000系用のパーツを床板側にとりつけてあります。
(←参考のために非冷房車の床板はこちらから)

黒船から現代へそして明日へ(糞爆) 


今朝の新横浜です!今朝はいつもより一本早い0けーに乗り・・・・

RIMG0006_20130724232927.jpg
神戸へやってきましたー!
もう、何日かでなくなるホームの喫煙コーナーです。
記念に一発、吸いました(爆)!

でも先週の帰り道をまだご紹介してないのでまたアレでございます~(爆)

先週の帰り道も!
RIMG0090_20130724234551.jpg
0けーでした!

神戸で出会ったのは!
RIMG0085_20130724234551.jpg
市営地下鉄のコレ1台(爆)。
でも、この新型車両に出会ったのは初めて・・・
たぶん、そんなに数はないはずです。カッコも悪いし。別にどうでもいいけど・・・

そして横浜に帰って乗ったのが!
RIMG0091_20130724233753.jpg
コレです・・・・

題して「黒船から現代へそして明日」(糞爆)!

なんでこういうダサいタイトルになっちゃうのか、横浜市に殴りこみに入りたいです!
では、その大げさなラッピングを観察してみましょう!
RIMG0092_20130724233753.jpg
RIMG0094_20130724233753.jpg
RIMG0095_20130724233754.jpg
RIMG0097_20130724233754.jpg
RIMG0098_20130724233754.jpg
RIMG0099_20130724233906.jpg
RIMG0100_20130724233907.jpg
RIMG0101_20130724233907.jpg
RIMG0101-2.jpg
RIMG0102_20130724233908.jpg
RIMG0103_20130724233908.jpg
RIMG0104_20130724233932.jpg
RIMG0105_20130724233932.jpg
タイトルもダサけりゃラッピングはもっとダサい!
それにしても最近、アレコレ、ラッピングの質が急速に激しく劣化してますな・・・
(←アレ)
(←コレ)

東急7200系7251F+7252F【田園都市線1974年】その2 屋根の巻2  

毎週、日曜の数時間だけ、細々と続けております・・・
(←前回の屋根の巻1はこちら)


そしてランボードの足を植え終えました・・・・

RIMG0056_20130723230117.jpg
植え終えた足の上にランボード本体を瞬接で貼り付けます。0.2mm×1.5mmの洋白帯です。

RIMG0057_20130723230118.jpg
3度目とあって、ようやくまあまあ水平に作ることができるようになりました。

ところで!
昨日の南海6000系同様、実は東急7200系冷房車用のランボードのパーツは以前から
あのボーリーなトレジャータウンから発売されております。
わたしも試しに1セット買ってます。
でも、そのセットはデハ7200+デハ7300(または7400)用。

デハ7200+デハ7300(または7400)用?

なんですかー、そのセットは!?
どうやら自社で発売するボディキットの分売パーツなんですが、そのセットではほとんど役に立ちません!
役に立てようと思ったら4セット買うしかないです。ほぼ5000円ね(糞爆)!
エエ加減にしやがれ!

で・・・RIMG0058_20130723230118.jpg
そのボーリータウン製避雷器をまた買って付けました・・・・

普通ならここで配管を済ませて塗装に移るんですが、
どうも塗装の厚みで配管がダルくなりがちなので、今回は塗装後配管工事を行おうと考えています。

事業者限定鉄コレ南海7000系は、なんと2両セット4両セットの2種発売! 

なーんなーんナンカイ電車~
何回、南海やっとんねん!?・・・ということで今夜も何回電車の時間がやってまいりました!

まずは、おととい発表になった事業者限定鉄道コレクション南海7000系の続報です!
な、なんと、先頭2両セットと先頭2両+中間2両がセットになった4両組みの2種発売とのこと!
(→公式ページはこちらから!)

去年の6000系のとき、ワタシは4+2+2の8両編成が組みたくて、6箱同時に買える三日市町まで東京からブッ飛ばしたんでした(泣)・・・
その副産物が4両も余った中間車(爆泣)。

今年はそんなアホなことせんでも
8月3日に泉大津、24日に関西空港へイケばよいんです(糞核爆)!
(泉大津で2両セット、関西空港で4両セットの発売・・・・)
ようするに、もっとアホなことせなあかんのです(大糞核爆)!

・・・・・同時に買えるトコないんかい!?

同時に買えるトコなんかい・・・・

それでも、コレで鉄コレの販売方法がまた新たな局面を迎えましたね~!
コレで中間車だらけの東急8090系も発売がラクになりました(爆)!

さて、今夜の南海の話題、パート2は!
本日も少しだけアキバをうろつきましたら・・・・

南海6000系3次車用パーツセット!
レールクラフト阿波座はきっとホビーメイトオカとは仲悪いと思います(爆)・・・・

内容は!
RIMG0029_20130722201221.jpg
嗚呼!やっぱりあの苦労して自作した3次型の貫通ドアがっ!
(←貫通ドアの苦労はこちら(爆))

でも買ってきたからといっていまさら取り替えるわけではありませんよ!
後出しされた恨みをきちんと記憶しておくために買ったのです(糞爆)!

さらに!
南海6000系用屋根ランボードセット(核爆)!
オレの苦労はどうしてくれんねん~
(←ランボードの死闘はこちらから(上))
(←ランボードの死闘Ⅱはこちら)

もちろん、こちらは恨みを記憶するだけのためにはあまりに高額なため、買いませんでした(爆)・・・

本日の南海の話題はさらにパート3があります!
南海電車の系列の表記です。
これまでわたしは6001系、21001系と奇数で表示してきた南海電車の系列表記。
むかしはたしかにそう呼んでいたのです。
特に南海電車は車番が「1」から始まりますからね。
それに国鉄だって101系であってそれより若い系列内の偶数番号、100では系列名を呼びませんもん・・・・
ところが1251系以降の南海電車の系列名は正式には1の位を「0」で表すらしいのです。
まちごーてました、スンません!

過去の記事に遡って、ちょろちょろ訂正していきますのでお許しを~~

ホビーメイトオカの南海6301系! 

・・・というわけで(どういうワケ?)今夜も南海電車!
(←昨日の南海電車はこちら!)

先週末、健太郎Tと大阪・野田のホビーメイトオカにおじゃましまして、オカさんに40年ぶりにごあいさつすることができました。
(←健太郎Tと巡るホビーメイトオカ探訪記はこちらからどうぞ!)

そのとき、試走線を走っていたのが完成品の南海6301系!
ぼくにはぜんぜん関係ないじいさんのお取り置き品らしく、オカさんが親切に説明しながら走らせていたのですが、そのカッコええこと!
大キライだったハズのステンレスボディに貼り付けられたブルーとオレンジの帯すら、模型映えするな~と不覚にも興奮してしまいました!
帰京後、ホビーメイトオカのサイトを見てみると!
なんと!このキットがまだ在庫してたのです!

・・・2秒後にポチってました(核爆)。


・・・届きました!

見てください!この包装紙!
電車は大スキだけどヒトは大キライというオカさんの姿勢が見事に反映されてるじゃあないですか(大汗爆)!

RIMG0004_20130721201426.jpg
でました~
どっしり重いです!

RIMG0006_20130721201427.jpg
1両分ずつのパーツが包装され、さらにナンバープレート、南海マークのインレタなど4両共通のパーツが上に乗っかっています。

RIMG0007_20130721201427.jpg
共通パーツにはもちろん、屋根上ランボードも!これならアホなことせんでもスグ出来ますね!

RIMG0008_20130721201428.jpg
4両分のボディが出ました!

RIMG0009_20130721201428.jpg
コレが1両分!
ずっしり重いです!
それもそのはず、価格からみて、きっとボディだけだと思ってた内容は ロストワックスやホワイトメタル製の屋根上機器、床下機器も満載!
「最近はHO、高いからな~」と憂いでおられただけのことはあってコレは完全に良心的価格だと思います。
カツミあたりの半額、とはいわないまでも4割引くらいの感じでしょうか!

RIMG0010_20130721201542.jpg
ステップや屋上機器の一部はロストワックス!

RIMG0011_20130721201543.jpg
ボディにコルゲートがないなあ、と思ったらエッチング板が別添え!
どないしてハンダづけするんでしょう・・・・

RIMG0012_20130721201544.jpg
顔はプレス製。すばらしい雰囲気です!

RIMG0013_20130721201544.jpg
屋根の上にはすべてのパーツを取り付ける穴が開いていて、鉄コレであれだけ苦労したランボードも一瞬で再現できるようになっています。
(←鉄コレ南海6001系のアレはコチラ)
ああ、またキットが増えました・・・
死ぬまでには(爆)・・・・

【号外】鉄コレ南海7001系!【今年もジジ殺し】 

さきほどこんなニュースがッ!
南海電鉄事業者限定鉄コレ7000系(まま)発売!
公式ブログに掲載されております!
(→こちらからどうぞ)

去年は6001系でこんなことに・・・
(←昨年の6001系の発表時はこちら)
今年はやっぱり、こうきました、、、
また大阪へ出張でしょうかー(><!
IMG_1385.jpg
昨年3月堺市駅で。
模型はなんと旧塗装、しかも非冷房の完全ジジ殺しバージョン!

東武の看板特急!1720系DRC登場時  


本日、祐天寺モデルスに予約しておいたもう一本を引き取りに上がりまして、無事2セットが揃ったTOMIXの73形御殿場線です・・・
(←TOMIXの73形御殿場線の詳細はこちらから)

ちょうど、D-Train殿もご来店になっていて、ひさしぶりに模型談義。今度、真っ黒エースのDRCの登場時バージョンが出るよねー、ほしいなーと話してますと、店長さんが「ありますよ」って・・・・
(→D-Train殿はこちらから)

え~っ?!

・・・・というわけでまた散財しております(爆)、、、
RIMG0015_20130720214637.jpg
実は、以前から何度も何バージョンか発売されている真っ黒エースのDRCですが、「登場時」は初めてだと思います。

RIMG0021_20130720214655.jpg
「ふなっしー」もびっくりのこの潰れたイヌみたいな顔は、こだま号を無茶苦茶にしたともコドモココロにも思っていたもので、お世辞にもカッコイイとは言えません(汗)。

RIMG0022_20130720214736.jpg
それでも、現在からみればこれはこれで高度経済成長を象徴するデザインのひとつとしてほほえましくも感じられます。

RIMG0020_20130720214737.jpg
サッシの表現とか、案外マイクロも上手だと思います。

RIMG0016_20130720214808.jpg
4号車(右)と5号車の連結部です。
ジュークボックス(!)が置かれたサロンはこのあたりだったんでしょうか?
以前もなんか書いたような気がしますが、ワタシ、4ちゃいの時、けごん号に乗せてもらって、浅草を出るや父母から離れ、日光まで戻って来ずにジュークボックスのところでおねいさんをナンパしてたそうです・・・・。
栴檀は双葉より芳し、とはまさにこのことでしょうかっ!?
三つ子の魂百まで、とも言います。。。
そしてこのままエロジジイに突入していくのでしょうかああ嗚呼~(><!?

RIMG0017_20130720214809.jpg
こちらは2号車と3号車の連結部。
なんだか車高が違うように見えますが気のせいだということ・・・じゃあないですね(爆)!
コレが相変わらずの真っ黒クオリティ!

RIMG0019_20130720214832.jpg
へろへろのパンタグラフは相変わらずだし、とりたててどうこう言うようなもんじゃあないですが、真っ黒エースだって模型としてのクオリティはちゃんと確保しているもんだな、と思います。だったら車高くらいもうちょっと管理せい(爆)!

RIMG0018_20130720214833.jpg
1号車側。やっぱりいまのオバQの死骸みたいな東武特急に比べたら1720倍カッコイイ!

TOMIX国鉄73形御殿場線(スカ色) 

本日発売になったTOMIX国鉄73形御殿場線(スカ色)です!

予約品を受け取る前にとにかく本日は仕事の途中で立ち寄れる模型屋に走りました・・・
これで2セット確保です(核爆)

なぜ2セット(またはそれ以上)か!?
それは!
RIMG0110_20130719232459.jpg
RIMG0111.jpg
新登場!ヘッドライト埋め込みのクハ!
いやー、好きですねー、このカタチ!まさに昨日の話題の103系の先祖です!
まあ、103系に子孫は出来ずに終わりましたけど・・・・
片町線オレンジのセットのクハのみ、前面窓がHゴムでスラントしたものをプロトタイプにしていましたが、きっと、ヘッドライト埋め込み形+三段窓はこのシリーズ初めてでは?
茶色に塗ったりするために何両も欲しいです。

つぎは全金クモハ!
RIMG0107_20130719232459.jpg
方向幕なし、大鉄形ベンチレータ付き、ということは富山港線のセットのものと同じなんでしょうか?
富山港線のブルーは持ち合わせてないのでよくわからんですが、ものすごくよく出来た模型であることはよーくわかります。

RIMG0109_20130719232500.jpg
ちなみに先般発売された鶴見線の同型車は方向幕あり、もちろん大鉄形ベンチレーターなし。

RIMG0108_20130719232500.jpg
可部線のモデルは鶴見線と同じモールドでしょうか。

RIMG0113_20130719232641.jpg
RIMG0114_20130719232641.jpg
RIMG0112_20130719232642.jpg
屋根板は全部共通。奇偶違っても共通でいいんでしたっけ(爆)!?

気になる床下機器です。
RIMG0117.jpg
本セットではモハがモーター車。このクモハはトレーラー。
こちらが電気側。

RIMG0118_20130719232644.jpg
空気側です。

以前の鶴見線も可部線もモーター車で、かつこれとは電気側、空気側が逆でした。

RIMG0115.jpg
RIMG0120_20130719232643.jpg
RIMG0116_20130719232726.jpg
RIMG0119_20130719232725.jpg
逆にモハ72は御殿場線はモーター車ですが、鶴見線はトレーラー。
でも、空気側、電気側は同じ向きになっています。

旧国の床下機器はいまだよくわかりませんがっ!
きっとあすの朝にはあの、「旧国のおっちゃん」が詳しい記事を上げると思います。
なんといってもあのおっちゃん、ワタシが知ってるだけでも2セットは予約してましたから(爆)・・・
(←あのおっちゃんの吊り掛け電車はオレに任せろ!TDOM!はこちらから。ちなみにTDOMとはTurikake Densha Ore Makaseroの略です・・・・)

今夜もTOMIX、マンセー!

生きててよかったのか、悪かったのか!?ついにTOMIXから原型103系発表! 

ただいまのぞみ54号で帰京の途中、ぱらぱらとN-Gauge Informaionなどを見ておりますと・・・・!
 (→N-Gauge Informaionの記事はこちら!写真はなんの因果かモザイク入りです(核爆)・・・・毛でも生えてるのかもしれません(大糞核爆))

40数年間待ち望んだ原型103系がついに発売となります!

しかも山手うぐいす、京浜東北スカイブルーの2色立て!スカイブルーの方には「阪和線」の文字も見えますので両端両栓0番台クハも用意されるのでしょうかっ!?
そうなると真正103フェチのワタシはいったい何本買えばよいのでしょうか?!
この日まで生きててよかったのか、TOMIXに巻き上げられるより前に死んだ方がよかったのかよくわからんようになってきました!

TOMIXの103系といえば先ごろ低運、非ユニット窓、だけどブタ鼻、しかも冷改というワケわからん仕様でエメラルドグリーンとカナリアが出まして、その展開が待たれていたトコロですがこう来るとは!
(←TOMIXのカナリア南武線仕様はこちらから)

「低運転台103系!」とか大げさなタイトルでド下等が手を抜いている間にこの快挙ですよ!
TOMIXマンセー!
(←ド下等の大手抜きはこちらから)

しかし、ド下等のことですから、ナニしでかすかわかりませんよー!
TOMIXが年末までひっぱってる間に、あの113系の暴挙を繰り返すかもしれません!
すなわち、TOMIXの発売予定の12月を待たずしてフルリニューアルの原型103系がド下等からも、なんてこともありえるかもです!

でも、TOMIXの103系は先日のカナリア&エメグリでそのクオリティと優れた印象把握は実証済!
対してド下等には101系という名で102系を、低運103系といえば104系を出してしまった前科があります(滝汗)!
だから103系低運車最大のチャームポイントである、顔の印象把握ではTOMIXに勝てない公算が高いです(爆汗)。
これはド下等がTOMIXより人気を博すためには相当安くしないとイケません!
10両100えんとか(爆)・・・・

本日が0けー! 

今夜も神戸へ移動してまいりました・・・・

東京駅へ入線するのぞみ172号、0けー新幹線です。

新神戸に着きましたら、あちら側に!
RIMG0073_20130717225726.jpg
ああっ!

RIMG0074_20130717225816.jpg
ああ~~!

RIMG0075_20130717225817.jpg
RIMG0077_20130717230132.jpg
RIMG0076_20130717230133.jpg
これこそが0けーですね!!
どうりでカッコイイと思いました!

ネタはこれだけなので(爆)、今夜は新幹線の駅弁の話でも。
DSC_0011_20130717225720.jpg
以前にもご紹介したこちら、日本の味博覧。

DSC_0012_20130717225721.jpg
今は夏バージョンですが、先月から夜の便の度に食いまくってすでにこの夏バージョンだけで10回近く連続で食ってます・・・。
だってウマいんだもん。
(→ぜんぜん関係ないけど、最近食いもんブログによくコメントをくださるシンガポールのオバチャンも絶賛!)
(←昨年初めて食ったときの衝撃はこちらから)
このクオリティで1000えんは駅弁の常識を覆します。

駅で駅弁を買うのもめんどっちいのでわたしはいつも車内販売で求めますから、一度だけ、たまたま日本の味博覧が売り切れてたことがありまして・・・・
DSC_0007_20130717225723.jpg
なにわ満載(爆)!

ちょうどエエとこにシールが貼ってあってよくわからんが
「お好み焼き」「たこやき」「串カツ」「ソース焼きうどん」と書いてある(核爆)!
まさか、幕の内弁当にそんなもん入れんよなー、でも入ってへん食いもんを書くのもへんやしなーと
恐る恐る開けてみると!
DSC_0009_20130717225723.jpg
やっぱりそんなもん入ってへんやないけええええええええ~!
・・・とホッと安心。

・・・・したのもつかの間!
これが普通の幕の内のおかずのフリして「お好み焼き」「たこやき」「串カツ」「ソース焼きうどん」全部がまぎれ混んでいるのだー!

味はもちろんアレ・・・
もう食いません(大汗)。

さて、さきほど新神戸にやっと到着。
駅前のANAクラウンホテルは余ったツインルームにアップグレードしてくれました。
RIMG0079_20130717230134.jpg
ロマンチックな神戸の夜景を眺めながら
ひとりでブログ書いてマス(爆)!

だれか遊びにきませんか(核爆)?

C51225 

当糞ブログのご愛読者にC51225殿、とおっしゃる方がいらっしゃいまして、度々たのしいコメントをお寄せいただきます。
C51がお好きなのはわかりますが、225と特定番号を名乗る、ということはかなり特殊な事情があるに決まっています(笑)。
そう!
C51225は亀山機関区で過ごした最末期まで、その美しい原型のスタイルを守った貴重な1台。

先週末、大阪の実家に保存してある古いTMSをぱらぱらしておりますと!

1973年1月号!

RIMG0003_20130716222408.jpg
おおっ!
C51225@亀山!

RIMG0002_20130716222409.jpg
しかも、図面付き!

当時のTMSにはたしか毎号、1/80の図面がなにかしら載っていました。
しかも、模型寸法を載せるとウソになり、さらに模型製作者の自由意思を削ぐという理由で寸法はすべて実車寸法。
CADなんてない時代にそれは美しい手書きの図面でしたね!

RIMG0004_20130716222410.jpg
裏表紙はあの名著、「蒸気機関車の角度」の自社広告。
発売直後の「蒸気機関車の角度」の宣伝を兼ねた記事だったのでしょう。
いやーC51225、美しい!
1973年のTMS、たのしい~~!

7月12日の京阪電車 

金曜日、神戸から大阪へ阪神電車で移動し、実はそのまま大阪市内を通り抜けて京阪電車に乗りました。
樟葉で飲むためです(爆)。
(←金曜日の阪神電車はこちらからどうぞ)
淀屋橋から樟葉まで、2駅ほど下車して電車ウォッチングです。
まずは西三荘。

つい先ごろ3000系が引退して、特急運用はこの8000系の独壇場か、といえばそんなことはなく、あのCDラジカセ新3000系も幅を利かせており、途中では8000系の「区間急行」なんてのにも出くわしました。
もしかしたらコレも3扉化、もありえるかもしれません。
そう考えると1900系のような残念な3扉化を受けることもなく去った旧3000系は「キレイなままで死ねて」幸せといえば幸せだったのかもしれません。
それにしても、少々トーンを変えたとはいえ、上下を反転させただけでこんなにも京阪特急色だってモダンになるのですね。
モダンなだけでしょーもないですけど(汗)。

RIMG0031_20130715193321.jpg
一般車の多くはこの色、この顔です。
モダンなだけでしょーもないですけど・・・・

RIMG0033_20130715193323.jpg
おお!5000系!
スパッとシンプルな切り妻にシャープなヒサシ。
車体断面も伝統となっていた卵形をやめて真四角に。
それよりなにより本邦初の5扉のプロフィール。
5扉の間の一つ目小僧の側窓はユニットサッシュ・・・
今見ても超近代的なこの電車ですが、すでに40年選手なんですね・・・

RIMG0034_20130715193324.jpg
下り線にアレが一本通り過ぎて・・・

RIMG0035_20130715193324.jpg
こっち側はおお!また5000系!やっぱりかっこええですわ!

場所を変えて今度は光善寺。
RIMG0037_20130715193325.jpg
RIMG0038_20130715193359.jpg
RIMG0042_20130715193401.jpg
いまや東京では当たり前の昼間点灯、関西では実施してないんですね!
コレがイイ!
模型にライトを仕込む手間が要りません(爆)。

さて、今回は一度も旧色の一般車に出会えませんでした。
もしかしたら、旧3000系の消滅と共に、もうさよならしたんでしょうか?
そう考えると去年の春と暮れに、数回旧3000系狙いで京阪沿線を訪ねて旧色車にも出会えたのは最後のラッキーだったのかもしれません。
(←昨年の京阪電車はこちらから)

健太郎Tと40年ぶりに巡る、大阪・神戸、あの模型屋、この模型屋【後編】  

時は昭和48年。厨房だったわたしは1年先輩だけどやっぱり厨房の健太郎Tと毎週のように阪神電車で大阪・梅田のマッハ模型に通っていました。
梅田、旭屋書店の5階にあったそのころのマッハはイカワ兄弟に加えて、オカさんとトクナガさんというふたりの店員さんがいて、われわれが持ち込む、ダサい仕掛品にケチを付けまくってくれて、しかもとても親切なアドバイスをもらえる、最高のおにいさん役でした。ええ。忘れようとしても思い出せませんがっ!
(←そのころ作った阪神金魚鉢はこちら)
(←マッハ模型はこちらから)


昨日、神戸を後にして阪神電車で向かったのは野田!
(←昨日の経緯はこちらから)

阪神野田、といえば!
もちろん!
RIMG0036_20130714095327.jpg
ホビーメイトオカ!

RIMG0037_20130714095326.jpg
ホビーメイトオカっ!

実は3年ほど前、この世界に30数年ぶりに復活したワタシは、復活後半年くらいしてここを訪れております。
もちろん、店内に散乱する無数の仕掛品の山にどうやって買えばよいのかさっぱりわからず、すぐソコのカウンター越しに仁王立ちするオーナーの顔すら直視できずにおよそ2分で立ち去りました(爆)・・・
その、ホビーメイトオカのオーナー、岡さんが40年前にマッハのおにいさんだった「オカさん」だと知る由もなく・・・・。

「おおー犬くんやないかー、ひさしぶりやなあ。なんや、ブログやってるらしいなあ」
なんでそんなこと知ってんねん(核爆)!?
そもそも「ひさしぶり」って、2、3年ちゃうで!40年ぶりでもひさしぶりって言うんやろか!?

・・・まあ、ともかく、まるで40年の歳月がゼロになるかのようなお声掛けをいただきまして、オカさん、どうもありがとうございました!
おじゃました折には何一つ買えませんでしたが、昨日、ちょうどじいさんが買い上げようとしていた完成品の南海6301系にヤラれ、まさか完成品はわたしの財力では無理なので、今朝、キットを通販サイトから申し込みました!
今後ともなにとぞ、なにとぞよろしくお願いします!
(→ホビーメイトオカへのリンクを開始しました!こちらからどうぞ!)
今後は左カラムのお乗り換え口からもイケます!


うだるような暑さ。野田阪神駅へ戻った健太郎Tとぼくはそろそろ終わりに近づいた模型屋めぐりの総括もかねて、冷たいもんでも飲もう、と阪神電車の高架下の喫茶店でブツブツ交換を。
最後に健太郎Tが携帯をテーブルに置いて、ストラップを自慢し始めました・・・
DSC_0033.jpg
真鍮叩き出しのアーミーナイフのようです・・・・

しかし、まったく違いました・・・・
DSC_0034_20130714095530.jpg
ボンネットバスの機械式ウインカーの1/5フルスクラッチ模型(核爆)!

ホンマにこの人が考えることはまったくわかりません(爆)・・・・

さて、最後にやっぱりマッハに寄って解散しよか、となりましたが、
よく考えてみるとここは野田阪神。
・・・ということは北大阪線一本で天六へイケる(核爆)!

煉瓦作りの倉庫なんかも残る、ブルックリンの裏町のような風景を
道路のセンターに建てられた鉄骨製の架線から集電する金魚鉢はまさにアメリカンでした・・・・
そして昨日、妄想の中で40年前廃止になった北大阪線の金魚鉢に健太郎Tと乗車して、天六へ向かったのです!

天六といえば!
RIMG0038_20130714095327.jpg
ツバメ屋模型店!

木造家屋だった建物は、近代的なビルに建て替わっておりましたが、まるで夢を見ているように店内の什器は40年前のまま。
残念ながらここでも何一つ買いものできませんでしたが、最後に店主さんに40年前、通ってました、それ以来です、とお声掛けしました。
40年前と言えばまだ目の前を北大阪線の電車が通ってたね、とおっしゃっていただきました。
40年前、ぼくたちは厨房でしたが店主さんはいまとおなじようにおじいちゃんだったような気がします。
ありがとうございました!

そして最後は!
RIMG0039_20130714095328.jpg
梅田貨物駅跡につい最近出来た超高層ビル群、グランフロント大阪へ!

RIMG0040_20130714095328.jpg
いや、そんなチンケなガラス張りの超高層ビルより、未だ一部残る錆びた貨物上屋の方に魅力は感じるのですがっ!

RIMG0043_20130714095430.jpg
グランフロントの中はこんなんです!
オシャレな女子がキルフェボンに長蛇の列をなしています!
まあ、ヲタレな男子が鉄コレに並ぶのと一緒ってことでしょうしょうかっ!?

その5階に!
RIMG0044_20130714095430.jpg
KTM!
とうとう首都圏から飛び出して、こんなトコまで出店です!

いよいよ健太郎Tと8時間5軒の模型屋巡りも終わり。
カツミを後にして、それじゃあまたね!とぼくは新大阪から東京へ帰ります。

RIMG0045_20130714095531.jpg
しばらく来ない間に新大阪駅もめちゃくちゃかっこよくなってました。
N700けーではなく、TGVにでも乗れそうな雰囲気です。

RIMG0046_20130714095532.jpg
でもやってきたのは0けーでもTGVでもなく、やっぱりコレでした・・・・

それでは本日の戦利品後半編です!
RIMG0054_20130714095431.jpg
まずは最後のカツミで買ったTS807B台車!
実は先日、東急8090系を買ったはいいが、すでに台車はカツミの通販サイトでも売り切れ。運よくヤフオクで見つけたけれどあまりに高額となって断念途方に暮れてましたがこんなトコロに在庫がっ!
たしかに大阪ではTS807Bは売れないかも(爆)。
(←先日、清水から飛び降りたカツミ東急8090系キットはこちらから)

そして野田阪神の喫茶店、メアリ・ル・ボーンで日光の塗料と引き換えに健太郎Tからプレゼントされたのが!
RIMG0051_20130714095432.jpg
KSモデルのサハ101!
101系と103系では台枠の厚みの関係で車体裾の寸法が少々違うハズですが模型では同じっぽいですから、これも先日買った103系の増結にぴったりです!
(←先日買ったKSモデルの103系はこちらから)

さっそく開けてみましょう!
RIMG0052_20130714095432.jpg
ん?
サハ101の車体の上になにやら珊瑚のパーツが!

RIMG0053_20130714095433.jpg
中にも種々の9600用ロストパーツがぎっしり!
そう、先日、ジャンクで買った珊瑚のキューロクのディテールアップ用にセットしてくれていたのです!
(←コレまた先日買った珊瑚の9600はこちら)

健太郎兄、一日中お付き合いくださってどうもありがとうございました!
その上、貴重なお品まで頂戴し、恐縮至極!
本当にありがとうございました!
来週もよろしくお願いします(爆)!



健太郎Tと40年ぶりに巡る、大阪・神戸、あの模型屋、この模型屋【前編】 

今朝・・・
RIMG0007_20130713225757.jpg

RIMG0011_20130713225757.jpg
あの、健太郎Tと待ち合わせて、ふたたび野田から阪神電車で向かった先は!
(←正月の健太郎Tはこちら)
(←一か月前の健太郎T)

RIMG0012_20130713225758.jpg
山陽電車板宿!

RIMG0028_20130713225800.jpg
RIMG0027_20130713225800.jpg
いかにも地鉄電車風の駅がイイ感じだった記憶がありますが、阪神淡路大震災後でしょうか、地下になってしまいました。
たぶん駅だった場所はいまはヘンな感じで空いた駐車場になっています・・・

向かった先は!
RIMG0015_20130713230017.jpg
市場の中の昆布屋、岸日の出堂!

RIMG0017_20130713230018.jpg
昆布屋、岸日の出堂!

昆布屋、岸日の出・・・・
RIMG0019_20130713230018.jpg
い!?

20系(後に151系)こだま号とE233!
しかもなんと、この模型があの、「三丁目の夕日」で快走していたこだま号そのもの!
ここ、昆布屋岸日の出堂、もとい、HINODE MODELのOゲージ製品なのです!
ようは昆布屋の息子(・・・ってたって、ぼくとほぼ同い年の50代のオッサン)がとうとう昆布屋で模型を売り出した、というワケ(爆)!

それではもっと昆布屋の店内を捜査してみましょう!
RIMG0018_20130713230019.jpg
こだま号の下には仕掛品ながらブラス製の阪急810!

RIMG0025_20130713230020.jpg
その横、上段には神鉄、阪神金魚鉢に神戸市電!
この3点セットに萌えないワケにはいきません!

RIMG0024_20130713230020.jpg
中段はおとぎ電車に阪神1000系!

RIMG0026_20130713230201.jpg
下段には仕掛品の阪神3011と2両の山陽3000系!
いずれもこだま号同様、ペーパー製のOゲージ模型です。

続いて店内右側へ移ります。
RIMG0021_20130713230202.jpg
EB電機2題!

その下には・・・
RIMG0022_20130713230203.jpg
なぜかタイガースグッズと鉄コレがっ(爆)!

そのとなりが・・・
RIMG0020_20130713230203.jpg
Oゲージパーツと昆布茶売り場(核爆)!

いやー
楽しいというか怖ろしいというか、1軒目がコレならもうほかは怖くないというか・・・・
HINODE MODELさま、おじゃましました!ありがとうございました!
(HINODE MODEL、昆布屋岸日の出堂のサイトはこちらから!)
(このこだま号を使った三丁目の夕日の撮影シーンや昔の山陽電車など見逃せないコンテンツがいっぱいです!ぜひ!!)

岸日の出堂さんをお暇して、板宿で少し早目の昼飯を食い、神戸市営地下鉄で三宮に出ました。
(→板宿、洋食キャベツでのランチの様子はこちらから(爆))

RIMG0031_20130713230204.jpg
毎週神戸を訪れているのに、なんともひさしぶりにみた阪急電車です。
ここから神戸市営バスに乗り換えて向かったのが!

RIMG0033_20130713230313.jpg
れーるぎゃらりーろっこう!
正式名称はむかしも今も六甲模型教材社。
健太郎Tとも以前、何度か来ました。40年前ね(爆)。
なんともオシャレな鉄道模型ビルです(爆)。
そんなもん、東京中探したってないですよね?!
しかも2階のある店内には所狭しと完成品、キット、パーツがぎっしり!
優雅なマニア野郎が生息する阪神間ならではの雰囲気です。

しかも!
RIMG0032_20130713230205.jpg
店の前にはこれまたモダンな3階建て倉庫がっ!
コレはコレで怖ろしい感じもしてまいります。。。

それでは本日前半の戦利品です!
まずは・・・
RIMG0048_20130713230313.jpg
塩昆布(核爆)!

そして!
RIMG0047_20130713230314.jpg
なんで昆布屋で模型を売ってるのかさっぱりわからんわけですが、それ以前に昆布屋でお菓子を売るのもどうかと思います(爆)!
板宿名物、野球カステラ、ね!
なんとコレもココで作ってるらしいんです。
ベビーカステラいっこいっこがバットの形をしてたり、グローブの形をしてたりします・・・

HINODE MODELで買ったのは以上です(爆)・・・・

そして!
RIMG0049_20130713230314.jpg
六甲模型では、関西でしかなかなか買えない、モデル8などの関西私鉄用パーツを買いました!

このあと、再び阪神電車に乗って大阪へ!
大阪で向かった先はふたたび野田!
・・・・と、いうことは!?
続きはあした!

本日なら阪神電車 

昨日から関西に滞在しております。
今日は神戸から阪神電車で各駅やらなんやら乗り換えながら大阪までやってきました。
なんやら、と言ったのにはワケがありまして、わたしが阪神電車で通学してた40年前とは大きく様変わりした列車種別がぜんぜんわからんのです。直通特急、区間急行、快速急行云々。
京王線とおなじく、一見さんはおちおち乗ってしまったら目的駅を通過してしまいそうです。

魚崎にて。青胴ジェットカーが並びました!

RIMG0009_20130712224158.jpg
芦屋にて

RIMG0018_20130712224159.jpg
香炉園にて。なんじゃこれ?の阪神電車。形式名は知りません(爆)。

RIMG0019_20130712224159.jpg
RIMG0020_20130712224200.jpg
今日は青胴が大当たり!

RIMG0023_20130712224201.jpg
甲子園にて。
コレが近鉄電車でしょうかっ!?
どうでもいいです(汗)!
それにしても19mに制限されてたはずの阪神線を21mもの近鉄電車がどうして走ってるのか(爆)?!
アナーキーですらありますね。
日比谷線にもぜひ20m王国に乗りいれてもらいたいもんです。

RIMG0024_20130712224228.jpg

RIMG0028_20130712224229.jpg
尼崎にてさっきの近鉄が並びました。

野田で赤胴も見かけましたが、なぜか撮り損じてしまいました・・・・

本日が0けーA!真打ちのA(エース)登場! 

本日も朝もはよから横浜市営地下鉄で新横浜へ向かいました・・・

こっちは3000R形!

RIMG0002_20130711224048.jpg
やっぱりあっちも3000R形!

新幹線のホームへ向かいますと!
RIMG0003_20130711224049.jpg
コレが0けーですね?!

RIMG0004_20130711224050.jpg
あっちも0けー?

RIMG0006_20130711224050.jpg
おおっ!
あっちのあっちにはでっかく「A」と書いてあります!
これこそ0けーA(エース)でしょうかっ!?
(←真打ちのA(エース)はこちらからぜひどうぞ!)

RIMG0007_20130711224051.jpg
いつも通りここでコレが来て・・・

RIMG0008_20130711224104.jpg
やっぱりのぞみ103号で神戸に向かいました・・・

でも今日は違います!
なんと4号車だったのです(爆)!
(←なぞの5号車と15号車はこちらから)

そういえば、阪急電車に続いて東海道新幹線も形式名がドン詰まっております。
(←阪急電車の顛末はこちらから)
ここまではアタマにNを付けたり、尻に火がついたりで誤魔化してきましたが今度はもう許されないでしょう?!
東海道新幹線は10000000000000けーにインフレナンバー化するのか?
それとも0けーに先祖がえりするのか!?
これは見ものですねー!

本日の日光モデル! 

日比谷線を上野で降りてこの看板に誘導されて薄暗い地下道を延々と歩きます。


RIMG0005_20130710221527.jpg
せっかく地下なんだからまっすぐ通せなかったもんかとも思いますが
きっとJRの高架柱とかジュラク(もうないっちゅうねん!)の基礎とかでぐちゃぐちゃなんでしょうね・・・・

RIMG0006_20130710221528.jpg
でました!京成上野駅!
ここへ来るのは生まれてはじめてです(爆)!
でも、そんな気はしません。
なぜなら!
電車も似てたが、この駅まで改装前の阪神電車三宮駅そっくり(爆)!

RIMG0009_20130710221528.jpg
なぜ落ち目のファッションデザイナーに頼んだか、そもそもの意図すら皆目見当のつかないアレです。。。。

RIMG0010_20130710221529.jpg
コレもなあ~(汗)
(←京成電車の人気度についてはこちらから(核爆)!)

そして電車は上野公園の地下を進みますが!

コレがまた、1920年代のアメリカを思い起こさせる鉄骨むき出しのトンネルが超急カーブで右へ左へと!
博物館前の幽霊駅を通り過ぎるころには地上はあんなに糞暑かったのに背中がひんやりしてきました(爆)。

目的地はたったひと駅先の日暮里!

RIMG0012_20130710221530.jpg
ええええええええええええええ!
いつのまにこんな駅になったんや!
しかも2面1線の下りホームはなにやら片側は優等列車専用のようで一見にはどうしたらええんかぜんぜんわかりましぇーん!
もう少しで降り損ねるところでした・・・・

RIMG0013_20130710221616.jpg
乗ってきた電車をお見送りして向かったのはもちろん!

RIMG0015_20130710221617.jpg
日光モデル!
よく考えたらここも生まれてはじめてです(爆)・・・

買ってきたのは本ブログにもときどきコメントをくださる、我が中学校時代の鉄研の先輩、健太郎Tにことづけられたコレ!
RIMG0016_20130710221617.jpg
国鉄旧気動車色の調色塗料!
きっとアレが増築されるんでしょうな・・・
(←アレはこちらから)

頼まれもんだけではおもしろくないので自分の分も買いました。
RIMG0017_20130710221618.jpg
旧国床下機器!

RIMG0018_20130710221619.jpg
伊豆急ヒューズ箱!

そして!
RIMG0019_20130710221619.jpg
あしたから週末にかけて大阪、神戸に滞在なのになぜか今日、マッハの割りピン(爆)!

そういえば、中学校の時、紙で阪急2200系を作ったはイイけど、日光のFS369を1両分しか買う金がなくて、その1両分を型にして、健太郎Tに複製してもらったことを思い出しました・・・・。
では、健太郎兄、週末を楽しみにしております!野田阪神で会いましょう(爆)!

サンゴのキューロク 

サンゴのキューロクですよ!

もう出来ました!
ウソです。


RIMG0052_20130709224249.jpg
いまから10日ほど前、先々週の土曜日の鉄三昧の日に届きました。
(←サンゴのキューロクが届いた鉄三昧デーはこちらから)
そう、ヤフオクで落としたコレ、珊瑚製キットの組み立て仕掛り品だったのです!
ヤフオクの紹介文には仕上げもディテーリングも出来てません、でもよく走ります、しかも静かですとありまして、
それがワタシのニーズにぴったりだったのです。

しかも!
RIMG0058_20130709224339.jpg
RIMG0059_20130709224339.jpg
RIMG0060_20130709224341.jpg
RIMG0069_20130709224447.jpg
RIMG0057_20130709224253.jpg
RIMG0068_20130709224447.jpg
よく出来ているトコロはよく出来てます!
しかも値段はNゲージのプラ製完成品より安い(爆)!

でも!
RIMG0055_20130709224252.jpg
RIMG0061_20130709224341.jpg
RIMG0064_20130709224414.jpg
RIMG0063_20130709224343.jpg
RIMG0054_20130709224251.jpg
RIMG0056_20130709224253.jpg
RIMG0065_20130709224414.jpg
RIMG0066_20130709224415.jpg
ダメなトコロはぜんぜんダメです!

きっと最初に上級者が基本的なところを組んで、そのあと仕掛り品を譲り受けたセカンドオーナーがむちゃな仕口でむりくりハンダ付けしてディテールアップを試みたんでしょうね。

RIMG0071_20130709224448.jpg
RIMG0072_20130709224449.jpg
オークションの説明文のとおり、ブレーキシューすら付いてませんが、とにかく静かによく走ります!
ダメなディテールをハズして組みかえて、立派な9600に仕上げたいです!
とてもいいお買いものだったと思ってます。

7月6日土曜日の池上線 

もちろん7600系狙いで土曜の朝から池上線へ出かけたわけですが、前後には当然、他の車両もやってきます。
東横線と違って、そのほかの車両だってむちゃくちゃ魅力的です。
(新)7000系を除いて(核)!
(←土曜日の7600系はこちらから)

1000系

DSC_3003_20130708213522.jpg
旗の台

DSC_3024.jpg
DSC_3026_20130708213525.jpg
戸越銀座

DSC_3057_20130708213613.jpg
五反田

DSC_3086_20130708213614.jpg
千鳥町
どうも9000系以降の東急電車はこの1000系、2000系、そして3000系と色気のない電車が続いたのですが、いまとなってはその1000系だって(新)5000系、6000系、7000系なんかよりはずいぶん色気が出てきました(爆)。

7700系
DSC_3008_20130708213523.jpg
DSC_3015_20130708213523.jpg
DSC_3108_20130708213615.jpg
戸越銀座

DSC_3075_20130708213613.jpg
千鳥町
7600系とならんで池上線をわくわくさせてくれるのはこの7700系。もちろん、日本初のオールステンレスカー7000系からの改造車。
すでに昨年、50周年を迎えておりますのでことしで51年!
ぼくより3つ若いだけです(核爆)!
そんな電車をこうして見ることができるしあわせもそろそろ終わりに近付いているんでしょうか?
その割には7700系はかなりの本数が活躍しておりました!
(←模型はこちら(爆))

東急7200系7251F+7252F【田園都市線1974年】その1 屋根の巻1  


先日、ようやく完成した鉄コレ改造東急7200系ですが、5パック購入して、10両分全部同時に車体を完成させてますのでまだ4両分残っています・・・・。
(←東急7200系7201F+7202Fはこちら)
(←製作途中の記事はこちらから各ステップへお進みください)

もちろん、昨日池上線で見た7600系のクーラーを載せた姿にもホダされて、1972年に冷房改造された8両のうち、7251F+7252Fを作ります!
(←昨日の池上線7600系はこちら)

もともと、製品自体が冷房改造後の姿、しかもこれまでの鉄コレとは異なり、冷房改造車特有の屋根上のランボードが別体パーツとしてリアルに表現されているので製作はチョー簡単!
(←製品のご紹介はこちらからどうぞ)

RIMG0037_20130707204258.jpg
い?!

RIMG0038_20130707204259.jpg
えっ!?

RIMG0045_20130707204300.jpg
所詮、プラパーツのランボード、空間が開いているわけではなく、結局、やっぱりここが「模型」ではなく「おもちゃ臭さ」の原因とばかりに、またランボードの削り飛ばしの暴挙に出たのです!

RIMG0116_20130707204300.jpg
今度は非冷房車のように製品のランボードを捨ててその穴をパテで盛ることはせず、屋根にランボードを差したまま、削り飛ばしました。
もちろん、このあと、例の工法でランボードを取り付ける穴あけの際にパテが割れまくるのを回避するためです。
また、どうせ新製したランボードで隠れるのでいい加減な削り飛ばしでも十分と判断いたしました。

RIMG0120.jpg
削り飛ばしたらサーフェーサーを吹き、1000番→2000番の順にペーパーを当てて砥ぎだしておきました。

RIMG0013_20130707204337.jpg
前回非冷房車を作った時にハズしておいたランボードに細切りのマスキングテープを貼り、ボールペンで支柱の位置を書き写します。

RIMG0014_20130707204337.jpg
そのマスキングテープをさっき砥ぎだした屋根に貼り、支柱位置をケガいていきます。
ようするにこのマスキングテープはチョーお気楽な支柱位置決め治具、というわけです。

RIMG0015_20130707204339.jpg
ケガき終わり。

RIMG0016_20130707204339.jpg
0.4mmドリルで支柱位置に穴を開けます。
360個!

RIMG0017_20130707204340.jpg
0.3mm×0.15mmの洋白帯材を「コ」の字に曲げます。
180個!

RIMG0024_20130707204340.jpg
穴に支柱を差しました。同時に配管止めや避雷器の台座のパーツも屋根に接着しておきました。

今朝、ホンモノの東急(元)7200系を見に行った 

もうなくなる、あと2本、と言われ続けてもう数年。
東横線からの9000系の撤退、大井町線転籍による大井町線8090/8590系の全廃もついこのないだ実施され、
同じように東横線から押し出された1000系で池上線、多摩川線の7600/7700系はどうなるのか、と超心配になってきた今日このごろ。
鉄コレでも今年7200系が発売されたことだし、こりゃさよなら7600系イヤーになってしまうのは確実かと焦っておりまして、今朝、ついに池上線ひとりツアーを実施してきました。
もちろん、7600系はむかしの7200系の車体を使いながらメカニズムを現代風にモディファイしたもの。
外からみればまるっきり、あの7200系そのもの。そんな貴重品がたった2本とはいえ現存することがうれしいです。
その7600系が運よく来るのかどうなのか、そもそもトラフィックの少ない休日に運用に就いてるのかどうなのか、なんの確証もないまま、まずは戸越銀座へ・・・

い?

DSC_3036.jpg
キ!

DSC_3039_20130706150046.jpg
キタ~!

DSC_3063.jpg
いきなりですが千鳥町

DSC_3098_20130706222317.jpg
ここで蒲田からの折り返しを待ちました。

DSC_3111.jpg
元の戸越銀座へ戻っていったんお見送り。

DSC_3120.jpg
後続列車で追い掛けて五反田にてふたたびお見送りです。

DSC_3132.jpg
さよーならー

つい先日、非冷房だった1974年頃の姿をイメージした7200系の模型を作ったばかり。
ダイヤモンドカットと呼ばれる美しいデザインをもつ、そんな古い電車をこうして目の当たりにできるなんて案外まだ幸せですね。
東横線に比べれば(核汗)!
(←模型編はこちらです(爆))

KSモデル103系 原型!だから低運!あたりまえだが非冷房! 

先日、アキバをぶらついていて、目に止まりました!

ワンカラです(爆)!
かわいいですね、コレ・・・
ワンカラとはひとりカラオケ屋、だそうです。

さて(爆)、
この半年ほど、16番の真鍮キットをアホほど集めておりますが、ちゃんとタガをハメております。
すなわち、旧国+私鉄に限る、というタガです。
新性能国電に1こでも手を出すと、Nゲージで陥ったハメ、すなわち、
100両くらいあっと言う間に集めてしまうという怖ろしいことになりますからねー。
Nゲージでは1000両くらいでしたけど(大汗)!

本当に目に止まったのはワンカラではありません!
芋の中古車部で!
RIMG0006_20130705205838.jpg
やってしもた~(><!
KSモデルの103系です!
もちろん、原型!だから低運!あたりまえだが非冷房!

RIMG0007_20130705205839.jpg
コレです。

RIMG0008_20130705205839.jpg
ウラ向けですが、すばらしい顔です。TOMIXもびっくりです。
(←先日導入したTOMIXのNゲージ103系です)

RIMG0009_20130705205841.jpg
プレス製のドアにはちゃんと靴ずりや手掛けのプレスがされています。Hゴムの表現はちょっと出っ張り過ぎですか?

RIMG0012_20130705205842.jpg
さすがに窓はプラ成形のようにディテールフルにはできません・・・

RIMG0010_20130705205842.jpg
洋白製のサッシですが2段表現もありませんから、出来あがりは少しさみしいかもです。
でも、4両分の窓を糸鋸で切りだすのはもうイヤです(爆)。
サッシの右となりは103系名物、前面グリル!このパーツを眺めるだけでイキそうです(核爆)!
(←切り抜き中の伊豆急100形の窓はこちら)

RIMG0013_20130705205932.jpg
中古品なので前オーナーが揃えたパーツもセットで付けてくれています。
こちらは日光の台車。

そして!
RIMG0014_20130705205932.jpg
コレがあの、モリヤスタジオの床下機器!

RIMG0017_20130705205934.jpg
Tc103用

RIMG0015_20130705205933.jpg
M103用

RIMG0016_20130705205933.jpg
M'102用

いやー、ホントによく出来てます!
早く作りたいです・・・

でもコレでタガが外れたぼくはこの後どうなるのでしょうかっ!?
やっぱり16番でも113系や115系、さらに急行形、特急形とズボズボに陥るのでしょうかっ!?
ダレか助けてくれ~~!

本日の3000N形と0けー 

今朝、あざみ野駅で

ついにでましたー、横浜市営地下鉄3000N形!
(←先々週の本日の3000A形、3000R形、3000S形はこちらから)
(←先週の本日の3000R形はこちら)

RIMG0007_20130705001728.jpg
でも新横浜で出会ったのはやっぱりR形でした。

そこで本日の0けーですよ!
RIMG0008_20130705001729.jpg
RIMG0009_20130705001730.jpg
RIMG0010_20130705001731.jpg
RIMG0011_20130705001731.jpg
RIMG0012_20130705001743.jpg
コレらが0けーですかあ!?

4週連続でのぞみ号で神戸へ往復したわけですが
行きはすべてのぞみ103号。
しかも先週も今週も同じ15号車ですから撮る列車の並びも毎週同じです・・・・

ところで4週間8回のぞみ号に乗ったわけですがどうしたわけか
5号車と15号車にしか当たりません。
8号車は食堂車ですから(爆)絶対当たりませんが、なぜ5と15なんだろう?
発車ぎりぎりで指定席を取ると5と15しか当たらないのでしょうか?

先週のヒカリエ丸 

3週間前、神戸へ向かう新幹線に乗ろうと東横線菊名まで乗ったのはアレでした(爆)・・・
(←3週間前のアレはこちらから)
先週、また神戸へ向かう新幹線に乗ろうと東横線菊名まで乗ったのはコレ(核)!

なにかと評判の悪いヒカリエ丸!

RIMG0009_20130703211354.jpg
大胆といえば大胆!

RIMG0008_20130703211352.jpg
RIMG0010_20130703211351.jpg
がまんの限界を超えた、という悪評もうなずけます!

RIMG0006_20130703211443.jpg
RIMG0004_20130703211445.jpg
見えにくいですがインテリアは全面的に改装されていて、窓の下端より高いロングシートの背面には
「TOKYU LINE」などと意味のない言葉を(糞核)!

RIMG0005_20130703211356.jpg
車番の位置が変更されていてパンツマークと同じ場所に併記。
しかも金文字です(大糞金)!

RIMG0007_20130703211358.jpg
これまたワケのわからんところに「Hikarie」などと意味のない言葉が(大糞光)!

車内に入ってみますと!
RIMG0003_20130703211446.jpg
総合車輌のアホみたいな銘板がっ!

RIMG0001_20130703211448.jpg
色とりどりの吊皮がかわいいですね(爆)。
副都心線乗り入れ以来、ずっとスカタンの連続をカマす最近の東急電車にしては結局、案外、ワタシ、コレ、すきかも(大糞金爆)・・・・

でも、糞電の大量乗り入れに慣れちゃった沿線乗客にとっては、もうなにが来ても怖くない感じで(爆)この程度ではもはや注目度は低いみたいです(笑)。