月別アーカイブ

 2013年04月 

4月25日の大阪市交通局御堂筋線西中島南方駅 

大阪市交の電車は忌々しい役所電車の割には都営地下鉄なんかとはくらべもんにならんくらいカッコいい電車でした!

少なくともこの懐中電灯みたいなカバが出るまでは(滝汗)!

RIMG0010_20130429202412.jpg
RIMG0011_20130429202413.jpg
もしかしたらワタシはこの「ビード付きステンレス」構体がキライなのかも、とも思いましたがやっぱり、この懐中電灯みたいなヘッドライトのデザインはありえへんと思います・・・。
場所は西中島南方。新大阪から南へ数百メートルの場所で、阪急京都線南方駅への乗り換えも可能です。
新幹線の開業には間に合わなかったもののその翌年昭和39年に梅田から新大阪までの区間が開通、中津から先はこのように新御堂筋と呼ばれる高架道路の上下線に挟まれて走ります。その後、万博を契機に万博中央口まで延伸、万博終了と同時に千里中央へと線路が付け替えられました。
こどものころからなんとなく行ったこともないサンフランシスコみたいや、と思ってましたが実際、バークレイ側から見たベイブリッジ越しのサンフランシスコのダウンタウンのように梅田のビル群が見えます・・・・
万博景気華やかなころの大阪の栄華が偲ばれます。

RIMG0005_20130429202414.jpg
でました!コレですよ、コレ!10系!
御堂筋線+北大阪急行とは別の阪急千里線ルートで万博輸送を果たすべく1969年に投入された堺筋線60系のシャープなスタイルを下敷きに、さらに洗練されたスタイルで1973年に登場しました。
そもそも60系は中央非常口の左右対称顔ながら、前面窓の処理など前年から量産が始まった営団6000系の影響を受けたと思われますが(その営団6000系はサンフランシスコのBARTを下敷きにしたと思われます・・・)、ここに来て、BARTからの一連の左右非対称フェイスも完成に至ったと思います。でもなんで現代の西武6000系はあんなにカッコ悪いんだろう(爆)・・・・
この車は更新されたのかなんなのか、前面に細い線がいっぱい入ってて原型のよさが少しスポイルされています。

RIMG0012_20130429202416.jpg
こちらはほぼ原形を保った車輛。かっこいいですねー!
ちなみに側面の帯は新20系の登場と同時に赤帯の間に白い線が入ってしまいました。
この帯の中の上下2:1くらいの高さに白い線を入れるのはいったいどういうセンスなんでしょうね?
東京メトロもそう、西武もそう、そしてJR東海の新幹線もこの部類。
帯をよりくっきりさせたいのかもしれませんがごちゃごちゃするだけ。
ただでさえボディ全体に比べて細い帯を上下分割してさらに細く見せる意味はないと思います。

スポンサーサイト

【今月の再生産】KATO ED73 1000番台 


RIMG0011_20130428204331.jpg
今月の再生産はKATO ED73。
先月はなにもご紹介してませんし、これからもあるかどうかはわかりません(爆)がとにかく、今月、新製品として発売以来4年ぶりくらいに再生産されました。
新製品で発売されたときに買い逃していたので一昨日、予約をお願いしていた祐天寺モデルスさんに鉄コレ17弾と同時にさっそく受け取りに。

RIMG0021_20130428204349.jpg
ワイパーの表現がいまいちアレですが、どうですか、この左右の窓の間の柱の細さ!
KATO製品はこうした実車の特徴的なトコロをうまく捉えるものが多いです。

RIMG0017_20130428204502.jpg
RIMG0016_20130428204503.jpg
どうですか、この「く」の字顔!
当時のコドモを惹きつけるには十分すぎるスピード感!カッコイイ!
その実車のカッコよさが甦るこの模型もよく出来てると思います!
昭和35年前後といえば国鉄新型電機の黎明期。
先日KATOから新発売になったEF30と開発時期は1年程度しか違わないのにこの洗練された顔立ち!
(←EF30はこちらから)

RIMG0009_20130428204503.jpg
KATOの機関車がちゃんと1/150になったのはこの頃からだったでしょうか?
ぎゅっと締まったD級交流機のスタイリングがバッチリ再現されています。

RIMG0015_20130428204533.jpg
KATOの機関車はこの頃ナンバープレートやメーカーズプレートの仕様が二転三転し、このモデルでは印刷済のメーカーズプレートがチープです(爆)。
インレタ式のナンバーもやっぱりなんかチープです(核)。
でも、エアフィルターの位置が全体に左に寄っていることで、車体中心のナンバープレートと微妙なズレが生じている部分はさすが、キチンと再現されています。
塗装についてはもちろん合格点以上ではありますが、TOMIXのED75なんかはもっと美しいのでちょっとザらついた印象も感じてしまうかもしれません。
(←TOMIXのED75はこちらから)

RIMG0012_20130428204504.jpg
RIMG0013_20130428204504.jpg
模型の仕様、といえばこの頃、「別パーツ」が流行っていたのか、この模型でも信号炎管、ホイッスル、前面手すりなどがユーザー取り付けの別パーツ。
ホイッスルなんか、マジで取り付けにくくて4こ付属している2こを飛ばしてしまい、背水の陣で臨んだ2こをなんとか取り付けました。
付属の治具に(治具って英語でもJigなんですね・・・・)ピンセットで取り付けるのがバカバカしくて(爆)、なるべく治具は使いたくないんですがホイッスルだけはやはりちゃんと治具を使った方がよいみたいです・・・

RIMG0014_20130428204532.jpg
RIMG0018_20130428204533.jpg
交流機の屋上配線もKATO製品の独壇場でしょう!
カッコイイです!

鉄道コレクション第17弾がスゴイ! 

みなさん!
今、世界で最も有益なWebサイトは何か、ご存じでしょうか!?
国連のサイトやEU本部のサイトではありません。
OPECやTPP関連でもありません。
TPPとTPOの違いもよくわかりません。
ましてや、自民党のサイトやKATOの公式サイトのワケありません!


今、世界で最もアクセスされている、最も有益なサイト、それは!
「吊り掛け電車をもとめて」!
・・・あのおっちゃんのサイトです(爆)。
(→今、世界で最もアクセスされている、最も有益なサイト「吊り掛け電車をもとめて」はこちら)

なんといってもこの道50年!撮りためた地方私鉄車両の実物写真&解説を添えて、今夜から10夜連続?で2パック買った鉄コレ17弾の全車を紹介しようとしてるのです!


さらにこちらのサイトではおとついからすでに琴電が怪走してるんです!
4パック買ったそうです(爆)!
わけがわかりません(爆)!
(→こちらのサイト「地味鉄庵」殿はこちらから!)

デハ、鉄コレ17弾をご紹介しましょう!

琴電1000形

RIMG0005_20130427122942.jpg
いきなり、今回もでました、シークレット!
わたし、鉄コレ通常版を箱買いしたのは4回目なんですが、これで4回ともシクレを引いたことになります・・・セフ●は一人もいませんが!

シクレを引いたらうれしいのはうれしいのですが、その分、当たり前ですが通常品が1こ欠けるのが癪です。
RIMG0006_20130427122943.jpg
予約していた祐天寺モデルスで欠けた通常品の丸窓3000形を単品で分けてもらいました・・・・。
でもよく考えたら実車ではシクレの3000形の方が通常品(笑)。
なんでこっちをシクレにしなかったんだろう・・・・

RIMG0007_20130427122943.jpg
丸窓仲間の上田モハ5250 

RIMG0015_20130427123126.jpg
庄内モハ8

RIMG0014_20130427122945.jpg
京福ホデハ

RIMG0016_20130427122944.jpg
上記2台のオリジナルはこの京王2400。でも庄内も京福も実車の改造箇所はちゃんと反映されております!

RIMG0012_20130427123127.jpg
箱根登山モハ3

RIMG0010_20130427123128.jpg
京阪350

RIMG0008_20130427123128.jpg
京阪600形は片運のため、奇数偶数2両入り、今回の鉄コレ17弾では都合9種10両となっています。
(←イヌゲージ鉄犬特製実車画像アリマス!こちらから)
(→おっちゃんのサイトに600形がアップ!新たな事実が!!)

さて。
あの方は2パックあっちは4パックの愚挙× 大冒険に打って出られましたが、賢明なワタシ(爆)は1パック+開封バラ売りで揃えました。
RIMG0009_20130427123129.jpg
これは1パックで揃う京阪600形の2両編成。

RIMG0011_20130427123130.jpg
もちろん350形はもう1両必須ですね!それを見越して事業者限定版で本日、明日の2日間幕張メッセで開かれている「ニコニコ超会議」たらいうクソイベントからオープンパッケージ版を発売するみたいです。
同イベントではなんと600形のスペシャル塗装機、「特急色」も先行販売する!というので一時は
幕張まで逝こうとしましたが(核)
入場料2000えん、クソ痔眠党のブースはあるらしいし、糞自衛隊や大糞在日米軍までご参加という本気で破廉恥なイベントだったみたいで、やめておいて本当によかったです(爆)。
うわっ!特急色は603+604の1次車編成!ってことは17弾に2両入る609+610のパノラミックウィンドウとは前面窓が異なるタイプ!!
やっぱり幕張へいっとくべきだったのか!?それとも本販売で関西に走るか(爆)!?
 
(2013 4月28日追記)


RIMG0017_20130427123237.jpg
そしてこんな編成があったかどうか、なんですがやっぱり京王2400ももう1両追加!

RIMG0013_20130427123236.jpg
箱根登山も2両で活躍する姿も見たい!ということで琴電、京阪350、京王、登山と4両を開封売りで揃えました。

詳細探訪
RIMG0018_20130427123238.jpg
京王ほかガラベン車のガラベンは別体ではないものの、てっぺんだけ別色が差されていてなかなかいい感じです。
側面を自力で色差しすればもっとイイ感じになるでしょう。

RIMG0019_20130427123239.jpg
琴電のパンタ台バンドはくっきりとシルバーで色差しが!

RIMG0021_20130427123239.jpg
上田のカラフルな屋上もちゃんと塗り分けられています!

RIMG0025_20130427123339.jpg
RIMG0024_20130427123339.jpg
京阪2種のヒューズボックスは別体パーツ!

RIMG0023_20130427123340.jpg
RIMG0022_20130427123341.jpg
350形では黒Hゴム、600形ではアルミ材のガラス押えがたいへん美しく表現されています。
600形独特の乗務員ドア下のステップにも要注目!

RIMG0026_20130427123342.jpg
箱根登山の3色塗り分けもバッチリ!

RIMG0029_20130427123423.jpg
ワタシにとっては今回の一番の楽しみは京阪だったのですが、こうして上田含めて3色並べてみるとコレまたかわいい!

RIMG0030_20130427123422.jpg
同色編成
RIMG0031_20130427123422.jpg
同形式編成
しかもシークレットが手に入ればこんな遊び方も!

RIMG0027_20130427123424.jpg
RIMG0028_20130427123424.jpg
モハやわたくしごとき若輩者がこれ以上なにも解説できることはございません!

だって一番好きな電車は
ひゃくさんけーですよ!
私鉄だって
阪急2000系と東急7000系くらいしか知りませんし!
ようは
ガキのころ最新鋭だったのが一番好き♪
だから、いまのガキ× 若い方が
やっぱ、Aトレインはかっこイイ~とか
走るンですはサイコーだよな~とか言ってるのを聞いてもバカにできない過去がっ!


だからチコツは以前触ったこともありますが(笑うところです)、
チテツなんかぜーんぜんわかりませんもん!
これから、「吊り掛け電車をもとめて」でじっくり勉強しようと思います。
50過ぎてもこのポジティブな探究心!
人間、やっぱ上昇志向が大切!


・・・電車だけですが(核)、、、、

本記事は前回の16弾のご紹介記事の自己パロディです(爆)。
(←鉄コレ16弾はこちらから!)

昨日はマッハ、今夜は祐天寺モデルスで鉄コレ17弾! 

今夜は祐天寺モデルスで遊ばせてもらいました!

RIMG0018_20130426233827.jpg
RIMG0021_20130426233827.jpg
いやああ!ヘタクソ模型でもやっぱレイアウトを快走させたら楽しいです!
(←鉄コレ改造南海6001系はこちらから!)

もちろん遊ばせてもらっただけではありません!
RIMG0025_20130426233828.jpg
ずど~ん!
鉄コレ17弾をお買いもの~!

仕事帰りにあのおっちゃんと伺ったため、その後は祐天寺の居酒屋で・・・・
で、もうべろべろなので鉄コレの中身は明日の朝、開けてみます・・・・
(→あのおっちゃんとこはこちらから。たぶん明日か明後日には実車写真付きで鉄コレ17弾のご紹介も!)

本日のマッハ模型 

RIMG0003_20130426012305.jpg
マッハ!

RIMG0003 - コピー
マッハ!

RIMG0003 - コピー (2)
マッハ模型!!

中学生の頃は毎週のように入り浸っていた。40年も前の話だからもちろん、旭屋書店の5階にあったころだ。
その前は堂島地下街にあった。もちろん、そこにも小学生のとき通っていた。
進学で東京へ越し、そのうち鉄モなんていう趣味も忘れ、マッハにふたたび訪れたのは2年ほど前。
かつての熱気はなく、むかしは必ず店に出ていたオーナー、イカワ兄弟もおらず、なんだか若いおにいちゃんの店員がいるだけで客もいなかった。
そのつぎに訪れたときはなんと店員はおねいちゃんだった(爆)。
そして1年ぶりくらいに本日訪問したら!

40年前の厨房はいまは立派なジジイになっている。ぼくのことだ。
では40年前のオッサンは!?
40年経ってもオッサンのままのイカワ兄がひゃっひゃっひゃーと笑っていた(核爆)!

来る客来る客、昔を懐かしんで、
中学生の頃、汽車の絵の書いたマッハの包装紙が好きだった、
旭屋の頃は店、もっともっと混んでたなあ、
とイカワさんに話しかけても、イカワさんはやっぱり、
あしたカツミ大阪店がオープンや、ひゃっひゃっひゃー、東京の店は大阪でどんなことしよるんやろなー、いや、はよ見せてもらいたいもんやなー、ひゃっひゃっひゃー、いやなに、ホレ、井門の袋、アレカッコええなあ、天賞堂の包み紙もええーけどなー、東京の店は
シャレてるなあ!
ひゃっひゃっひゃー
と客たちの昔話は意に介さず、あいかわらずべたべたの大阪弁で、模型屋の今を笑い飛ばしていた。

健太郎T先輩はぼくの中学、高校の先輩で、いつもいっしょにマッハに通っていたけれど、
実はイカワ兄弟もぼくたちと同じ高校の先輩だそうだ。
(←健太郎Tはこちらから)
ぼくもイカワさんと昔話をしたかったが、結局なにも話しかけず、
マッハ特製阪急920系のキットに後ろ髪を引かれながらそっと店を出た。
今度訪問したら阪急買おうっと。

今週前半の田園都市線 

月曜日の朝は都心へ出かけ、昼前にさらにたまプラーザへ向かいまして、夕方もう一回都心へ戻るというハードな田園都市線乗り鉄を敢行しました・・・・
昼前に、三越前にやってきた下り各駅は!

象印賞!×
コレって8500系全車に付いてるんでしたっけ?
ちなみに三越前で電車を待ってるとミツコ・シマエという架空のファッションデザイナーの名前をツブヤいてしまいます(爆)

RIMG0002_20130425005925.jpg
貴重なスカートなし車、8606F!
(←そういえばつい先日も目撃しました)

RIMG0003_20130425070729.jpg
いつものパターンに持ち込んでまずは溝の口で後追い一発!

RIMG0005_20130425005927.jpg
RIMG0006_20130425005927.jpg
8628Fの急行で先回りしてたまプラーザへ

RIMG0007_20130425005928.jpg
梶が谷で8606Fを抜き、さらに鷺沼で長津田送り込みの9000系を抜いてしまったので次にきたのは9000系。

RIMG0009_20130425010003.jpg
ようやく8606Fの到着。

RIMG0010_20130425010004.jpg
再度お見送りです。

8606Fを見送ったあともちょっと遊んでしまいました・・・
RIMG0011_20130425010004.jpg
RIMG0012_20130425010005.jpg

そして昨日の朝は・・・・
RIMG0001_20130425010024.jpg
なんとさみしいコレ1枚。

午後、たまプラーザから都心へ向かいまして・・・・
RIMG0002_20130425010025.jpg
コレ1枚・・・・
どっちもピンボけでしかもホームがでっかく写ってます・・・・

今日はたまプラーザには向かわず、東横線→日比谷線で都心へ向かい、夜、羽田から飛行機でさきほど関西空港に到着いたしました。
3週間ぶりの関西ですが、なんといつものパスモで大阪市交に乗れてびっくりしました。
とうとう全国共通になったのですねー。

さらに東急7200系(非冷房車)用パーツ買い増し! 

つい先日もトレジャータウンのパーツがバカ高い、で勝手に盛り上がっていましたが、
ぜんぜんまだまだパーツが足りずにまた買い増してきました・・・
(←先日のトレジャータウンはこちら)


ヒューズボックス980(爆)!

鉄コレ東急7200系にはよい形状のヒューズボックスが取り付けてありますが、
プロトタイプとして設定した7201F、7202Fのヒューズボックスは残念ながら形状が異なるようです・・・
そこで買ってきたトレジャータウンのヒューズボックス!
米粒くらいのロストワックス製品が2こ入って980えん!
いやああああああああああああああああああああああああああああああ
高杉~高杉~~

RIMG0005_20130423215300.jpg
いろいろ苦労しながら集めたGM8000系用ベンチレーター。
そこそこ感じはいいんですよ。でもね・・・・
実物の倍くらいデカいんです!

そこで高杉トレジャーの7200/8000系用ベンチレーターを買いに走ると!
ホワイトメタルパーツなのに5こ入りで
ろっぱくえん!
7200系6両には30こ必要なので6袋3600えん(核爆)!
ヤメました・・・・

どうするかというと・・・・
RIMG0004_20130423215301.jpg
エバーグリーンのプラ帯材!
いずれか印象の近いものを選ぼうと厚みは同じ1mmで幅2.8mmと3.2mmの2種を買いました。
どうやら2.8mmの方がよろしいようです。

コレを長さ8mmに切って使います!
サイドの通風口をどう表現するのか!?
・・・・まだ決まってません(爆)!

ボディマウントマグネマティックカプラーの件 

EF30からちょっとココだけで話題のマグネマティックカプラーの件です。

KATOが米マイクロトレインズ社のライセンスを受けて発売している製品のラベルです。
書いてある通り、ロングシャンク×2+ショートシャンク×2のセット。
ところがっ!
ロングシャンクにはまあ、普通出番はないです(核)!
わたしも数百両、マグネに交換しましたが、ロングを使ったのは
1回だけ(爆)!
(←ロングシャンクを使ったたった1回はこちら)

残りは・・・
RIMG0014_20130422231711.jpg
まあ、こんなロングシャンクの屍が入った袋が数十個あります・・・・

きっとカトちゃん、ロング・ショート抱き合わせでライセンス供与を受けたんでしょうね・・・・
かわいそうに(核爆)

だからこの製品を買う限り、永遠にロングシャンクの屍が増えていくだけ・・・・

そこで!
RIMG0015_20130422231711.jpg
アメリカから個人輸入しました・・・・
こちらのオリジナル製品はショートシャンクだけ!
最近はこの製品の輸入を行っている日本の会社もあるそうです。
ケチなあなた!
こっちを買った方がいいですよ・・・・
もちろんワタシ、ケチです(爆)

3月23日(土)花と大井町線 

3月23日はちょっとドン曇りでした。そう、鉄コレ東急7200系の発売日。
朝もはよから開業1週間も経って初めて地下の渋谷駅へ出かけました。
(←鉄コレ東急7200系の発売風景はこちら)

鉄コレ購入整理券をもらってひと安心するも、購入会場へ入るふたたびの長蛇の列にイヤ気が差して、夕方までぶらぶらすることにしました。

まずは・・・

DSC_1789.jpg
DSC_1796.jpg
代官山です・・・・
旧線路を載せた鉄骨トンネルを抜ける姿が痛々しいので7分で飽きました(爆)。
T急もそろそろ失敗を認めて旧線路を降ろして地下へのトンネルにフタをするのはどうでしょうか(汗)。

DSC_1802.jpg
折しも花も盛り、ドン曇りとはいえ、いつもと違う場所で花と大井町線を撮ることにしまして緑が丘へ。
電車とポリカの柵の間からちょっとだけ(笑)・・・・

DSC_1813.jpg
緑が丘駅はつい最近、ずいぶん雰囲気が変わりました。

DSC_1819.jpg
後追いしても東工大の桜は見えません。

DSC_1829.jpg
桜を絡めよう、などとしょーもないことさえ考えなければなかなかよい撮影ポイントかも。

DSC_1834.jpg
桜を絡めよう、と無理してもロクでもないことにしかなりません。

DSC_1861.jpg
でもこの色のこの顔と桜の組み合わせはきっとこれでおしまいだと思います。

DSC_1864.jpg
ここも桜を絡ませようなどと無理さえしなければなかなかのポイント。
無理するのはよくありません。
T急も渋谷駅を無理さえしなけりゃよかったのに・・・・

KATO EF30 


ちょっと出遅れましたがKATOのEF30です。
関門海峡の老兵EF30は当時のED60やED70と同じ顔を持ちながら、海水による錆害から身を守るべく、コルゲート付きのステンレスボディで今見ても新鮮。Nゲージではずいぶん以前の製品ながらTOMIX製品がいまも通用するディテール感で君臨。ここでまさかのKATOちゃん製品の登場となったわけです。

RIMG0019_20130420164941.jpg
出遅れたワケは、ナンバープレートを取り付けようとして好みの「日立」プレートをピッと飛ばしてしまい、Assyパーツを探し回るもすでにどこも完売、親切なお友達にわけていただいてようやくの陽の目を見ることに。
例によってオプション指定はありませんが、マグネマティックカプラーはほぼ無加工で取り付け可能です。
(←取り付け要領はこちらのKATO ED76の記事へどうぞ)

RIMG0003_20130420164744.jpg
端正なプロフィール

RIMG0006_20130420164803.jpg
顔の印象もさすがだと思います。

RIMG0009_20130420164850.jpg
RIMG0002_20130420164851.jpg
ナナメヨコ、ナナメ上から見ると余計にその立体的なモールドが引き立ちます。
すばらしい。

RIMG0004_20130420164852.jpg
交直流機ですから屋上機器も見せ場。

RIMG0005_20130420164852.jpg
シリコン樹脂塗装を模したグリーンの碍子の上に真鍮線でできた配線がぱちんとはまっており、見映えがする上に強度もばっちりな点もカトー製品の特徴。

RIMG0007_20130420164853.jpg
メカニズム部分の手堅さは未だTOMIXも追いつけない領域でしょう。

RIMG0014_20130420164917.jpg
もちろん2年ほど前に発売になったEF81-300とのツーショットも楽しみです。

RIMG0012_20130420164917.jpg
こんなに大きさが違うんですねえ!

RIMG0011_20130420164918.jpg
かっこいいー!
KATOのEF81-300は2次型で、303、304のいずれかを選択するのが正しいのですが、ムチなワタシは302を取り付けておりまして、この機会に以前D51のナンバープレート取り換えに失敗した際教わった通り、胴体をバラして303に取り替えました・・・。
(←D51の失敗とそのコメントでは「鉄道模型の小部屋」のSalam様から圧入式ナンバープレートの取り換え方法を教えてもらいました・・・)
(→Salamさまの「鉄道模型の小部屋」はこちらからどうぞ!)
(←2年前に購入した時のEF81-300はこちら)

昨日と今日の田園都市線と今夜の祐天寺モデルス 


昨日の朝のたまプラーザです。よく晴れてましたねー。もう忘れてますけど(爆)。

RIMG0001_20130419210553.jpg
今朝はドン曇り。いきなり8695Fがやってきてあわてて撮りました。
RIMG0002_20130419210554.jpg
乗ってきたラストナンバー、8642Fの後追い。

RIMG0003_20130419210555.jpg
8642Fが出ていきますと当然向こう側には8695Fが止まっています。

夕方は・・・
RIMG0007_20130419210556.jpg
いきなり8694Fが来て、あわてて撮りました(爆)

RIMG0008_20130419210557.jpg
反対側は朝と同じ8642Fが朝と同じように下って行きました(爆)。

RIMG0009_20130419210735.jpg
で、乗る直前にご尊顔を・・・・
なんか朝とまったく同じことを夕方、反対側のホームでやっただけのような気がします(爆)!

RIMG0010_20130419210736.jpg
渋谷に着きました。
この時間、渋谷経由で向かうところといえば・・・・

RIMG0018_20130419210814.jpg
祐天寺モデルス!
おりしもD-Train殿がさくら号をフル編成でがーがーやってました(爆)。
(→祐天寺モデルスはこちらから!)
(→D-Train殿はこちらからどうぞ!)

RIMG0020_20130419210737.jpg
お買いものはコレです。
祐天寺モデルスでしか買えない、ガレージマニア製私鉄用ステップ・手すりセット!
294えん!
安いですね~~
昨日のアレとは大違いの安さ!
うれしくなっていつも5袋ずつ買ってしまいます・・・・
(←昨日のアレはこちらから)

さて・・・・
RIMG0011_20130419210737.jpg
本日の大収穫はコレ!
鉄コレ17弾京阪600形の見本品!

RIMG0016_20130419210738.jpg
京福ホデハと2ショート!

RIMG0012_20130419210739.jpg
RIMG0014_20130419210812.jpg
RIMG0013_20130419210813.jpg
RIMG0015_20130419210813.jpg
鉄コレのグレードアップはもうどうにも止まらないみたいです!
来週あたりの発売が待ち遠しい!!

トレジャータウンの各種Nゲージパーツ 

ただいま鉄コレ東急7200系の非冷房改造に精を出しておりまして、先日来パーツ集めに走っています。
(←東急7200系の製作記事はこちら)

クソ高いで有名なトレジャータウンの各種7200系に使えるパーツです(汗)。

RIMG0003_20130418214433.jpg
まずはいつかは買ってみたいと考えていた角型避雷器!
右上の「980」が値段です。

RIMG0004_20130418214434.jpg
コレが980(爆)!
しかもMc車を3両作るので2袋必要です・・・
16番ゲージ用にも同じパーツが同じロストワックス製であるのですがその方が安いです。
まあ、量産する数がしれてるのでしかたないのかもしれませんが。
それでもコレに980を使うのは余りに贅沢なような気がします・・・・

RIMG0005_20130418214434.jpg
これはこれまでも何度か使ったランボード。こちらは「円」と表示されております・・・・

RIMG0006_20130418214435.jpg
コレが800円!
しかも避雷器と違ってしょぼいエッチング板とプレス板だけですよー!
キツイわ~

RIMG0007_20130418214514.jpg
インレタはドコのメーカーも高いもんです・・・

RIMG0008_20130418214515.jpg
コレがドア窓に貼られるか貼られないかで昭和の東急電車の雰囲気が大きく違いますから買わなきゃならんのです・・・・

トレジャーからは7200系のエッチングキットを出していた関係でたくさんの7200系パーツがこのほかにもあります。
でも、非冷房車用ベンチレーターは1両分600円、6両分3600円ですからGMの爛れた(爆)8000系キットに入ってるものを使います・・・

高い、といえばコレ。
RIMG0010_20130418214517.jpg
これまで250円だったものがいきなり350円になるそうです・・・・
バブルだバルブだとわーわーカバみたいに言ってるのはカバアベ破廉恥土建屋国家だけで
やっぱり我が昼食は280円に再値下げされた吉野家並、
そんなカバ政府のうんこ戦略に関わらずちゃんとデフレな世の中、値上げするんはこの世界だけかもしれません・・・・

本日の田園都市線と井の頭線 


RIMG0005_20130417203521.jpg
今朝も早くからたまプラーザへ出かけました。同じ8625Fの溝の口とたまプラーザで後追いです。いつもと同じです(汗)。

RIMG0008_20130417203522.jpg
RIMG0009_20130417203522.jpg
昼前にたまプラーザを出発しました。
8500系各駅2本を見送って、渋谷まで乗った急行はアレでした(爆)。

RIMG0010_20130417203523.jpg
渋谷からは井の頭線の急行で永福町、永福町で各駅に乗り換えて高井戸を目指します。
いまでこそ年に1回乗るか乗らないかの井の頭線ですが、若い頃にはよく乗りました。
もちろん原型の3000系ステンプラカー。たまに「グリーン車」にも乗ったと思います。
3000系は車体断面構造も前面のデザインもぜんぜん違っているとはいえ、外付けディスクブレーキのパイオニア台車、バッド社形ベンチレーターと、大好きな東急7000系の兄弟であることを隠そうとしない姿がこれもまた大好きな電車でした。
いまはこんな電車になってるのですね。あんまり変わらないようにも見えますが(爆)。
でも火星人のようにも見えます(核)。
でもでも、この1000系、なんかちょっと違います。
窓下の細い帯が7色グラデーションになっているのです!

RIMG0034_20130417203524.jpg
高井戸からの帰り道、下り電車を1本。

RIMG0035_20130417203618.jpg
なんと!また渋谷へ向けて乗る上り電車はさっきの7色グラデーションの電車です!

RIMG0038_20130417203619.jpg
永福町で急行待ちの間にようやく気付いたのですが、サイドの帯も編成全体で7色に!

RIMG0037_20130417203619.jpg
なにをいいたいのかわからない「ハチ公」デカールがかわいいです。次の車両には「井の頭公園」デカールが貼られていました。

いま、なんじゃこりゃ、と思いクグッてみたところこの1779F、「ホワイトラッピング」の特別塗装車だそうです。
3000系に比べるとぐーんと魅力のない(汗)1000系ですがこのカラーリングはステキです!
機会があればちゃんとサイドビューを撮ってみたい!

RIMG0042_20130417203620.jpg
2時半ころ、ふたたびたまプラーザに戻りました。

今朝の田園都市線、36年前の田園都市線 


RIMG0003_20130416220624.jpg
今朝の田園都市線です。
二子玉川から乗った急行はうれしいことに8590系。たまプラーザで反対側に停まっていたのは2000系でした。
もう春休みも終わったというのにたまプラーザのホーム端にはバズーカが何台か設置されておりましたのでなんか来たんでしょうね。

さて、本日ただいま帰宅すると!
鉄道書籍専門の(ほかに工学書なんかも取り扱っておられるみたいです)ネット本屋さん「トレインブックス」から!
(→トレインブックスはこちらから)
RIMG0004_20130416220625.jpg
先日、東急7200系について祐天寺モデルスさんで話し込んだ際、見せてもらって以来どうしても欲しくなった、鉄道ピクトリアル1977年6月臨時増刊東急特集号が到着しておりました!

1977年といえば4月7日に「新玉川線(当時)」渋谷~二子玉川園(当時)間が開業しました。
(←先日の東急7200系の製作記事の年表もご参照ください)
それを記念しての臨時増刊なので「東急特集」といいつつ中身は実質的には「田園都市線特集」!
この時は新玉川線は渋谷=二子玉川園間を単純往復するだけで、田園都市線といえば終点つきみ野から二子玉川園を越えて、大井町までの区間。
わたしの大好きな現在の大井町線を走る7200系や8500系の懐かしい写真もたっぷりです。

トレインブックスさんは本当にすばらしい品ぞろえで狙った本はほとんど在庫している上に、毎度ステキな絵葉書もおまけにつけてくれるのもうれしいです!

今回は!
RIMG0005_20130416220625.jpg
いまいちな車種でしたが(滝汗)。。。

前回いただいたコレは机の前の壁にピンナップしてあります!
RIMG0006_20130416220626.jpg
ステキですねえ!ブタ鼻改造とはいえほぼ原型クハ103。しかも平塚行き(爆)。

少し話は脱線しましたが、実は本日、もうひとつダンボーさんがっ!
RIMG0007_20130416220627.jpg
鉄ホビダイレクトからです!

RIMG0008_20130416220642.jpg
なんでデハは東急なのにクハは東京急行電鉄なのかがよくわからない(爆)谷川のキットです!
もちろんデハ3600は異端の3450形3472として組む予定!
秋頃発売予定のU-Trains製3450各種と併せて田園都市線の5連を目論んでいます!

東横線亡き今(大核汗)、田園都市線に興味が集中している今日このごろです。


大井町線の絶滅危惧種【その4】9000系  

大井町線絶滅危惧種最終回はぜんぜん絶滅しそうにない9000系。東横線では絶滅したかと思えば、大井町線ではわが世の春を満喫しておられます・・・・

DSC_0979.jpg
DSC_1036_20130415230444.jpg
DSC_1111.jpg
DSC_1168.jpg
DSC_1173.jpg
このさき、同じ場所が延々続きます・・・・
DSC_1493.jpg
DSC_1551.jpg
DSC_1607.jpg
DSC_1614.jpg
DSC_1637.jpg
DSC_1651.jpg
DSC_1678.jpg
DSC_1683.jpg
DSC_1607_20130415230635.jpg
DSC_1614_20130415230636.jpg
DSC_1637_20130415230637.jpg
DSC_1651_20130415230638.jpg
DSC_1678_20130415230639.jpg
DSC_1683_20130415230640.jpg
ぶっちゃけ、いまいち9000系には魅かれません(汗)・・・
5050系が走るンです、すなわちJRでいえば209/E231/E233系みたいなもんだとすればこちらは205系。
205系は209/E231/E233系と大差ないように思ってますもん(大汗)

わが模型部屋はニッポンのポリバケツか 

半月ほど前のある日、ズタズタのダンボーさんが届きました・・・・


差出人はM県S市のうずら校長!
(→うずら校長はこちら)
東京でしか買えない鉄コレ京王2700系をお送りしたお礼とのこと。
ありがたいことです。

でも!
RIMG0040_20130414215723.jpg
なんか中身もズタズタです(爆)・・・

ひとつひとつ検証してみましょう!

RIMG0042_20130414215724.jpg
KitcheNの「田舎の電車」ブラスキット+同じくわけわからん「田舎の気動車」ブラスキット!
作る手間だけムダなような気もしますがっ!
・・・ありがとうございます!


そして・・・・
RIMG0044_20130414215725.jpg
鉄コレキハ!
同じものがなぜか2こ(汗)・・・
ありがとうございます!


そして!
RIMG0045_20130414215726.jpg
なんですかああああああああああああ~
この古臭い下敷きはっ!

場所は旧羽田空港20番スポット!駐機しているのはボーイング747SR-146!
そうです、1985年に524人を道連れにオスタカ山に沈没したアレ!
後ろでヨコっぱらを見せているのも同型機。
よく見るとジャンボ機特有の「亀頭」の付け根に幻に終わった「「衛星アンテナ」のカバーだけ」が見えますから撮影したのは1980年ころか!?
・・・ということはこの機体、同型機、ではなくて沈没機そのものかも・・・・
ああこわ~

裏返すと!
RIMG0046_20130414215726.jpg
1987、88年のカレンダーがっ!

沈没してもなお、イメージキャラクターに沈没機を使うとは恐れ入ります!

そして!
RIMG0041_20130414215754.jpg
RIMG0047_20130414215754.jpg
S県名物、晩酌セット!
・・・・コレが一番うれしいかも(大汗)!

さて・・・・
RIMG0008_20130414215755.jpg

つい三日前、H県A市の中学校、高校の先輩であるケンタローTからもダンボーさんがっ!
東京でしか買えない鉄コレ京王2700系をお送りしたお礼とのこと。
ありがたいことです。

さっそく開けてみましょう!
RIMG0009_20130414215756.jpg
鉄コレ阪神ジェットカー3種詰め合わせ!
・・・たしかに貴重品ではありますよ、、、
でも・・・・
手持ちのジェットシルバーと併せるとジェットシルバー4連が完成します(爆)!
ありえません(核)!


でも、ジェットシルバー4連、ってカッコよさそう(核爆)・・・・

もう一人、東京でしか買えない鉄コレ京王2700系をお送りした鹿児島の悪徳商人殿からはなにも届きませんでした。
ありがたいことです(大核汗)!
(←これまで鹿児島の悪徳商人から届いたアレコレはこちらから)
(←もういっちょう)

おれんちはポリバケツじゃねえ(大陰核)!

東急7200系7201F+7202F【田園都市線1972年】その2屋根の工作(1)  

7200系は東洋電機製の電装品を装備した7251~7254Fのみ1972年に冷房化、同年7260Fが新製冷房車として登場しましたがそれ以外の編成の冷房化はずっと後年になってから。トップナンバーの7201F、7202Fは長らく非冷房のままでした。
【参考】田園都市線・大井町線の発展と7200系の歴史
スライド1
(出典;JTBキャンブックス 荻原俊夫著 東急ステンレスカーのあゆみ他)
(←前回のバラシ編はこちらから)

まず、1.0mm×0.4mmのプラ板をランボード跡のスリットの長さに切り出します。

RIMG0002_20130413212313.jpg
スリットに接着

RIMG0003_20130413212314.jpg
冷房機や位置が変わったヒューズボックスの取付孔はランナー伸ばし線をブチ込んで埋めます。

RIMG0005_20130413212314.jpg
埋め終わりました。
4両のハズなんですが6両分あるのは時代背景には合わないながら6連の姿も見たいからです(爆)

ここからは繊細な作業が要求されるNゲージの工作にはあるまじき野蛮な工作の時間です(核)。RIMG0000.jpg
ランボード跡を埋めたプラ板ですが、スリットの間に線が入ってしまうのを嫌って、パテを盛ります。
全長に渡るランボードなのでここで後々パテが引けるのは避けたいので肉ヒケの少ないポリパテを盛りました。

RIMG0001_20130413212316.jpg
240番の荒いペーパーでざっくり整形します。

RIMG0002_20130413212353.jpg
さらに400番のペーパーで平滑に。

RIMG0004_20130413212354.jpg
RIMG0005_20130413212354.jpg
RIMG0006_20130413212355.jpg
各部の拡大です。概ね、良好!

RIMG0007_20130413212356.jpg
ここで一旦サーフェーサーを吹きました。荒いペーパーによるキズを埋めるのと、整形がきちんとできていない部分を発見しやすくするため。色を塗るとキズやヒケを発見しやすくなります。
やはり、ポリパテを盛った部分の先が帯状にエグれています・・・・

RIMG0009_20130413212356.jpg
今度はやわらかく、整形のしやすい溶きパテでさっとエグれた部分を盛ります。

RIMG0011_20130413212411.jpg
400番→600番の順にペーパーを当てて整形

RIMG0012_20130413212412.jpg
最後に再度サーフェーサーを吹いて1200番のペーパーで砥ぎ出して完了!

晴れた土曜日一日費やしてやっとスタート地点です(汗)・・・

マイクロエース南海6100系(商品名まま)無塗装4両セット+2両セット 

ついに発売された
ポリバケツのエース× 真っ黒エース× 真打ちのエース× マイクロエース南海6101系帯ナシバージョンです。

4両セット橋本方先頭Mc車(Mつき)

RIMG0011_20130412205649.jpg
4両セット難波方先頭cM車(Mなし)

RIMG0013_20130412205649.jpg
2両セット橋本方先頭Tc車

RIMG0012_20130412205650.jpg
2両セット難波方先頭cM車(Mつき)

なんと4両セット+2両セットで6連を組むと両端にM車が来ます・・・
TGVじゃあるまいし(爆)!

RIMG0014_20130412205651.jpg
4両セットに2両入っているT車

RIMG0015_20130412205711.jpg
お顔はどうでしょう?
似てるような、似てないような・・・
歪んでるような、歪んでるような(核)!

RIMG0033_20130412205843.jpg
横顔。検査票の細かなレタリングがいいです!(そこ?)

RIMG0034_20130412205844.jpg
車番もいい感じです!(そこ?)

RIMG0016_20130412205845.jpg
前パンcM車の配管とりまわし。
別体の配管を奢ってあってイイ感じです。支柱がゴツすぎますがランボードももちろん別体。

RIMG0017_20130412205847.jpg
ヒューズボックス回りもかなり手が込んでます。

RIMG0021_20130412205847.jpg
こちらは後ろパンのMc車

RIMG0023_20130412205848.jpg
おおっ!妻面に降りる配管も別体です!
がんばりましたね~!

RIMG0020_20130412210027.jpg
床下機器はこんなもんでしょうか?
少なくとも鉄コレに比べるとデタラメさは軽いもんです(爆)。

RIMG0018_20130412210027.jpg
反対側

RIMG0019_20130412210114.jpg
M車だとあいかわらずこうなります(汗)・・・

RIMG0025_20130412210025.jpg
この正月に完成した鉄コレ改造6001系と並べてみました!まずはMc車。

RIMG0028_20130412210026.jpg
続いてcM車。

RIMG0027_20130412210023.jpg
Mc車の顔対決。
6001系も3次車に改造してありますから6101系と同じ顔のハズなんですがなんとも雰囲気が違います。
もちろん鉄コレの方が似てると思います(核汗)・・・・

RIMG0029_20130412210024.jpg
6001系のcM車は2次車ですから貫通ドアの窓が6101系とは異なります。
それでも鉄コレのほうが似てるような(大核汗)・・・・
ステンレスの輝きもやはり6001系に使ったガイアノーツほどではありません・・・・

RIMG0030_20130412210115.jpg
RIMG0031_20130412210116.jpg
それでもやっぱり6001系と6101系の並びはうっとりします!
(←この正月完成した鉄コレ改造南海6001系はこちらから)

大井町線の絶滅危惧種【その3】8500系  

今夜もおなじみ、大井町線の絶滅危惧種の時間です。

DSC_0905.jpg
DSC_0919.jpg
DSC_0951.jpg
DSC_1015.jpg
DSC_1130.jpg
DSC_1205.jpg
DSC_1243.jpg
DSC_1548.jpg
DSC_1647.jpg
DSC_1669.jpg
ご存じの通り、大井町線用5両編成の8500系は
8638F、8639F、8640F、8641Fの4本。
以前は38Fと39F、40Fと41Fはそれぞれ2本連結されて田園都市線で10両編成で活躍していました。
絶滅危惧種、といいながらいまいち絶命せず、生き残っています。

大井町線の絶滅危惧種【その2】8090系  

昨夜の8590系に続き、先月初旬、九品仏と等々力でけっこう必死で撮った大井町線の8090系です。

DSC_1061.jpg
DSC_1066.jpg
DSC_1179.jpg
DSC_1187.jpg
DSC_1600.jpg
DSC_1505.jpg
DSC_1627.jpg
DSC_1509.jpg
DSC_1632.jpg
DSC_1482.jpg
DSC_1661_20130410231138.jpg
DSC_1697.jpg
いまだ東急線内に残るは8097Fと8099Fの2本、と思いこんでいたら・・・・

RIMG0007_20130410231141.jpg
さきほど、帰宅時に乗った8081F!
えええええええええええええええ~?!
じゃあ、8090系だけで3本あるの?!
・・・・もしかしたら8590系は8500系とともにしばらくは安泰なのでしょうか?!
さっぱりわからなくなってきました・・・・

大井町線の絶滅危惧種【その1】8590系 

渋谷駅地下化を1週間後に控え、世は東横線9000系にのぼせていた、この3月上旬。
・・・わたしものぼせてました、、、
(←東横線渋谷駅地下化の一連の記事はこちらから)
(←東横線9000系はこちら)
東横線に残った9000系は3本、大井町線に残る8500系は4本だが、8090/8590系はちょうど3本・・・・
東横線をクビになった9000系が大井町線に天下りしたら・・・
ああっ!8090/8590系のキケンが危ない!と気付きまして、急遽、興味の矛先を大井町線の8090/8590系に切り替えたのであります!
3月2日~5日の毎日、早朝または午後に九品仏や等々力でがんばりました・・・

DSC_0934.jpg
DSC_0938_20130409230845.jpg
DSC_1001.jpg
DSC_1085.jpg
DSC_1089.jpg
DSC_1515.jpg
DSC_1218.jpg
DSC_1224.jpg
4回連続大井町線特集第1回目は8691Fただ一本残った8590系の巻きでした・・・

でも、この8691F、今夜もさきほど元気に満員のお客を載せてねぐらの鷺沼へ下って行きました!
9000系の玉突き進出、帯だけ替えて真ん中3両ぶっ壊せばスグに大井町線に入って来る、と思ってましたが、
よく考えたら九品仏のドアカット改造、弱冷房車設定などけっこう手間のかかる仕事も残っていて、まだもう少しは見られそうです。
・・・といいつつあした落ちるかも(爆)、、、、

旧国ヲタ祭りに参加するの巻 

鉄コレ京王2700系(アイボリー)を無事購入、保存車輛を上空から眺めるために多摩モノレール(通称タマモ)に乗った行き先はもちろん、高幡不動経由聖蹟桜ヶ丘!
もちろん「アートマン」で昨年発売されたまま売れ残ってるとウワサの鉄コレ5070系を追加購入するためです!
RIMG0047_20130408210205.jpg

京王線高幡不動の案内板です。
特急電車は府中で各駅停車の待ち合わせをします、と延々テロップが流れております・・・・

で、特急の次の停車駅はドコやねん!?

京王線に毎日乗ってる方にはあたりまえなんでしょうが駅の前後関係や追い抜きカ所がわからない一見にはさっぱり意味のない情報しか流れてないですよー。

結局、後続の特急が聖蹟桜ヶ丘に停まるのか、先行各駅を抜くのかどうかわからんままに各駅に乗ったら聖蹟桜ヶ丘までは2駅だけでした・・・

ついた聖蹟桜ヶ丘には30年ほど前の記憶しかありません。
改札を出ると!
右も左もアートマン(爆)!
改札口両側をアートマンで塞いでどないすんねん!?
駅の機能が台無しだと思います。
どこまでも客に厳しい京王電車・・・・
先日のアンケートでも不人気の理由は電車だけでなくこんなスカタンな姿勢にあるのかもしれません。
(←不人気京王のアンケート結果はこちら)

しかも5070系は売り切れてました・・・・

腹は立つだけでなく、
昼も過ぎてめちゃくちゃ空いてきまして、いよいよ昼飯です!
(→会場の風景はあのおっちゃんのブログ、「吊り掛け定食は昼飯にサイコー♪」を見てください!)

同行の3人は3人が3人とも究極の旧国ヲタ(早口言葉です)!
わたしには意味不明の5ケタの数字が飛び交います・・・・


Kさんは早くも先日発売の鉄コレ仙石線を仕上げてきました~
(←鉄コレ仙石線はこちら)

RIMG0048_20130407205307.jpg
RIMG0050_20130407205308.jpg
ムダな努力なしなトコロがツウな感じです。
スエード調塗料+軽いウェザリングだけでこんなに生き生きと、しかもモールドそのままの配管が浮き立つのですね~~

RIMG0051_20130407205308.jpg
でもよく見たら押し込みベンチレーター台座が屋根から浮いてマス・・・・
結局、ムダな努力もちゃんとやってるみたい(爆)・・・・

続いて、駒ヶ根車輛さんの鶴見線!
DSC_0054_20130407205309.jpg
わたし同様、
ムダな努力満載!
でもわたしのと違って、、
手すりがへろへろじゃないです(爆)!

DSC_0056_20130407205310.jpg
もちろんクモハも・・・・
ムダな努力満載!

RIMG0059_20130407205441.jpg

あとで登場のおっちゃんの1/80の飯田線との並び。
(店があまりに暗くてダサいけどフラッシュ使用。しかもコンデジの電池切れで上の写真含めてケータイ写真まで混ざってます、あしからずお許しを・・・)
追加された103系ボディーのモハ72は鉄コレ仙石線アコモ改造車ボディを利用されたそうですが、73形のHGボディと比べてなんの遜色もないほどに仕上げられていました・・・
なお、後方はかっぱ巻きの残骸です(爆)。

コレがおっちゃんの飯田線だ!
RIMG0058_20130407205403.jpg
RIMG0056_20130407205404.jpg
RIMG0057_20130407205405.jpg
DSC_0052_20130407205407.jpg
DSC_0053_20130407205408.jpg
RIMG0055_20130407205440.jpg
DSC_0051_20130407205406.jpg
さすがは旧国の帝王、電車の神様!
エグいです、エグすぎです、エグエグくん、エッグゥ~!


外へ出たら嵐になってました(爆)。

京王れーるランド車輛展示場の件 

昨日の土曜日も早起きして多摩動物公園の「京王れーるランド」へ向かい、鉄コレ京王2700系(アイボリー)を買いました。
(←鉄コレ京王2700系(アイボリー)はこちらから)


これが当日のお品書きです。真ん中のインレタセットは前回のグリーンの2700系と同時発売されたものの残りもの(爆)。下が今回のインレタセット。たった300セットなのでぼくの4,5人前で売り切れました。
これ以上散財せずに済んでよかったです(核)。
(←グリーンの2700系とインレタセットはこちらから)

DSC_0048_20130407141512.jpg
これが今回発売されるインレタセットのお品書き。お品書きは見せられたけど売り切れました(爆)
今月中旬に発売予定の「鉄道コレクション第17弾」に含まれる京王2400形用の白い車番が用意されているところが絶対買わせたるという意気込みの表れです。
だったらもっと売れや!

さて。
早朝到着したときにすでに多摩動物公園駅前の工事用仮囲いの向こうに実物の2400形の屋根が見えていることに気付きましたが、いざ、帰ろうと思ったら・・・
RIMG0003_20130407141513.jpg
5000系のクーラーも見えています!

朝は2400形が真横を向いててその影に隠れていたんですね。
ちょうど「京王れーるランド車輛展示場」の搬入作業だったみたいです。
まあ、ちょうど、というより搬入作業日に鉄コレの発売を合わせたんでしょうが(爆)。

当然、目の前のモノレールの高架駅に上って見下ろしたくなります。
同行したあのおっちゃん、駒ヶ根車輛さん、駒ヶ根さんのお友達のKさんと4人でモノレール駅の改札階に上がりました。
(←同行のおっちゃんのブログの記事はこちら)

RIMG0008_20130407141514.jpg
うおー!
2400、2010、5000、3000、6000がケツ向けて並んでるやないかー!

RIMG0013_20130407141515.jpg
2010

RIMG0010_20130407141707.jpg
5000

RIMG0011_20130407141708.jpg
3000

RIMG0012_20130407141709.jpg
6000

スパイ写真みたいですね~
こうなったら金払ってでもホーム階まで上がりたくなります。

RIMG0014_20130407141710.jpg
おおおおおおおおおお~
ヨコまで見えてきました!

RIMG0024_20130407141711.jpg
2400

RIMG0021_20130407141712.jpg
2010

RIMG0023_20130407141847.jpg
5000

RIMG0022_20130407141848.jpg
3000と6000

RIMG0025_20130407141849.jpg
2010のベンチレーターと5000のクーラー。
こうしてみると鉄コレのベンチレーターはいかにもショボいですねえ、、、

RIMG0028_20130407141850.jpg
3000と6000のクーラー

RIMG0019_20130407141851.jpg
2400のパンタ
配管もなんもなくてウソくさいです。おっちゃんの解説によるとクハにパンタを載せただけのパチもんだそうです。

RIMG0016_20130407141852.jpg
6000のパンタ

せっかく金を払って駅に入ったのでモノレールに乗って高幡不動へ出ることにしました。
RIMG0031_20130407142022.jpg
この白いヤツ、前面のきつい後退角が強調されてカッコいいです。アメリカの電車みたいにも見えます。

RIMG0033_20130407142023.jpg
花とタマモ。やはり都心よりまだ花が残ってますね。

RIMG0037_20130407142024.jpg
われわれの乗る電車と丁度離合していきました。

RIMG0039_20130407142025.jpg
タマモに乗りこみますとおおっ!アタマが見えてきました!

RIMG0040_20130407142026.jpg
おおー

RIMG0041_20130407142027.jpg
おおおおおおー!

RIMG0044_20130407142040.jpg
花と7000けー
これは保存車ではないようです(核)。

鉄道コレクション【鉄道事業者限定】京王2700系(アイボリー) 


本日、多摩動物公園の京王れーるランドで発売となった鉄コレ京王2700系アイボリー2両セットです。
先月発売となった同じ京王2700系(グリーン塗装)の塗装替え。
同時に発売せず、毎月毎月多摩動物公園までむりくり足を運ばせるトコロがミソです(核)。
(←京王2700系グリーン車はこちら)

RIMG0060_20130406205202.jpg
デハ2700

RIMG0061_20130406205203.jpg
クハ2770

グリーン車の単なる色替えだけでなく、デハのヘッドライトがデカ目になっているところもミソ。
このデカ目が京王グリーン車の最大の「売り」でもありますのでグリーン車もデカ目で作って欲しかった、という意見もあるでしょう。
また、クハにはデカ目は存在しなかった、らしいです。

RIMG0062_20130406205227.jpgRIMG0063_20130406205228.jpg
デカ目のデハ(左)とちっちゃ目のクハ(右)

RIMG0066_20130406205353.jpg
デカ目のデハのナナメ後方

RIMG0068_20130406205354.jpg
ちっちゃ目のクハのナナメ後方

RIMG0064_20130406205354.jpg
RIMG0065_20130406205355.jpg
クハの台車は前回品と異なるものが選ばれています。

RIMG0069_20130406205356.jpg
デハの連結面配管のムチャなモールドはそのまま・・・・

さて。
こうなってきますとデカ目のグリーン車も欲しくなってしまいますよね?
RIMG0070_20130406205447.jpg
そうです、アイボリーのデカ目をグリーン車に移植します。
あろうことか、ライトのクリアパーツが車体にささり、そのクリアパーツにカバーが乗っかってるだけです・・・

RIMG0071_20130406205448.jpg
クリアパーツの抜き取りはバキっと逝ったら怖いのでいったん車体をバラしてみましたが、単に刺さってるだけなので結局上方へ引っ張ることになりますのでバラす必要はありません。

RIMG0072_20130406205449.jpg
グリーン車のちっちゃ目を外します。
デカ目と仕口は同じです。

RIMG0073_20130406205450.jpg
クリアパーツも外しました。

RIMG0074_20130406205450.jpg
デカ目のクリアパーツを差し込み、

RIMG0075_20130406205451.jpg
出来あがりです!
もちろん本番の際はライトケースをグリーンに塗ります・・・

RIMG0076_20130406205504.jpg
残ったちっちゃ目をアイボリー車にとりつけましたが、ちっちゃ目のアイボリーのデハが実在したかどうかは、ライトの改造年度とアイボリー塗装化のタイミングから可能性はあるものの実はよくわかりません・・・

テツイッター6 

ループ中なう(爆)。

テツイッター5 

無事2こゲットー。インレタは目の前で売り切れた(爆)

テツイッター4 

空が急激に暗くなってきましたー!3秒後に土砂降りになりそうでう~。そんなこんなで発売開始時刻がまもなくの0910に繰り上げに!行列は伸びに伸び、500人くらいか?!今回もジオマトあり!

テツイッター3 

高幡不動でそば食ってただいま参列。200人くらい?あいかわらず不人気(爆) いまんとこ雨は止んでます。

テツイッター2 

分倍河原なう。すでに土砂降りの様相なう、、、

テツイッター1 

いざ、多摩動物公園へ!