月別アーカイブ

 2013年02月 

大井町線の8090/8590系のこの3日間 

この3日ほど、大井町線では8090/8590系がずいぶん運用に就いてました。
東横線からのお下がりの9000系が入って来るとこの子たちがどんどん数を減らしていっていて、
いまや8090系は2本、8590系に至っては1本を残すのみだそうです。

まずは一昨日、2月26日。

朝の溝の口で わたしが乗ってきた8081F

RIMG0035_20130228230841.jpg
引き上げ線に入って行きました。

昨日27日。
RIMG0045_20130228230841.jpg
雨の中、自由が丘を出る8691F

RIMG0046_20130228230842.jpg
入れ違いで8500系8639Fが入って来ました。
昨夜は横浜へ行き、その帰り道の深夜にも同じ自由が丘でこの8691Fがふたたび同じホームに停まっていました。

本日28日。
RIMG0004_20130228231139.jpg
朝の溝の口で。
一昨日はなかったへんな柵ができてます・・・・
柵で車番が見えませんが8097Fです。

RIMG0006_20130228231139.jpg
こいつに気を取られている間に田園都市線上りにも絶滅危惧種の赤帯8590系がっ!

RIMG0010_20130228231139.jpg
引き上げ線に入り、ふたたび出庫してきました。

ら!

RIMG0011_20130228231140.jpg
8090系の並びが実現!

RIMG0014_20130228231140.jpg
柵が邪魔なのでもう1枚。

RIMG0015_20130228231141.jpg
2本目の8099Fが引き上げ線に消えていったところで時間切れ。

3月16日までにもう一回コンデジじゃなくて撮っておきたいです。
なんとなく1本もなくなるんじゃないかと心配しています。


スポンサーサイト

今月の鉄道ピクトリアル 

わたしの本名はイヌ101と申します。
最近は「鉄犬」と呼ばれてますが・・・・
さて、私の本名の由来となった国電101系ですが・・・

今月の鉄ピク特集に!

・・・なんでまた今、101系特集なのかよくわかりませんガッ!

それでもコレまで数ある101系特集の中でも本特集はめちゃくちゃ役に立つです!
無断転載はしませんが101顔と103顔の違いを図面で紹介してるのです!

多くの新性能国電マニアはご存じの通り、103系は101系に比べて
1.前面および電動車側面の通風グリル
2.前面窓の天地サイズ
3.方向幕の大きさ
4.台枠の厚み
(・・・見かけ上の違いだけでスンません・・・)
などの違いがありますが
この図面により、どんだけ101系と103系が違うのかが明らかに!
方向幕はヨコ寸法は違いますが実は縦寸法は一緒だったことも初めて知りました・・・

乗れば101系がイイのは歴然としてますが
103系はカッコいいですよね!?
でも同じ103系でも高運転台となってからは魅力が半分以上なくなってしまいました。

関西生まれ育ちのワタシがモノゴコロついて初めて上京したのは昭和39年。
どこだったか解りませんが山手線に乗りました。
せっかくの山手線ですから
「緑電」!
に乗りたくて、引率の両親に緑がくるまで待とう!とお願いしたことを今も覚えています。
何本か待ちましたが緑電は来ませんでした。
だって昭和39年といえばその前年山手線がやっと101系カナリアに統一されたところに
ウグイスの103系を投入した初年ですからね・・・
相当待たないと「緑電」には乗れないハズです。

でも小学校に進学する以前のワタシはどうやって
「東京には緑の電車がある」ことを知ってたんでしょうね・・・

101系、モハや今は昔の文化遺産。
それでもこうして昨日撮ったかのような美しい写真を表紙にするなんてやっぱり鉄ピクステキです!

爺、東急電車大爆発中! 

昨日、グリーンマックスの東急電車が4種発売になったそうです。
先月の田園都市線8590系10連に続く、売れるもんはなんでも売るシリーズ!
発売となったのは下記。
東急9000系東横線 8両編成セット28,350円
東急9000系大井町線 5両編成セット22,050円 
東急1000系 東横線 8両編成セット25,200円
東急1000系 池上・多摩川線 3両編成セット14,175円

合計8まん9せん775えん!

こんなもん、1こや2こ買っても意味ないです。
なんといっても鉄ヲタとは
「似て非なるものはぜんぶ揃える」のが仕事なのだから(爆)!

だから、買うなら全部買え!

オレは!
1こも買わない(核爆)!

しかし、こんなもん、これまでも売ってたんちゃうのかな?
なんかきっと違うんでしょうね・・・
なにが違うかよくわからんですが、、

そして!
東横線8090系8連!
しかーも初期形、後期形揃って完成品で新発売予告!


買うなら初期形、後期形揃えて買え!

オレはもちろん!
1こも買わへんけど(核爆)!


そういえば何年か前のRMモデルスで爺の担当者がインタビューに「東急は全国的に売れる」とノタマワッテおられました。
よっぽど売上が欲しいのかもしれません(大汗)。

昨日取りあげた「エボシリーズ」は、やはりいやいやなのかなんなのか単にアルファモデルのフォーマットを引き継いで1発勝負にかけただけで、私鉄電車シリーズは相も変わらず売り続ける様子です・・・・
近い将来が本当に心配です(爆汗)。

爺、ついにエボシリーズ発表! 

昨年来、爺がエボエボとうるさいです(汗)。
ヨコハマ鉄道模型フェスタには怖いので行かなかったのですが(何が怖いのん?)、
N-Gauge Informationでじっくりとエボエボのコンセプトを拝読しまして、なかなかイイコンセプトやんけ、しかし、ここまで大声で唸るってことはいよいよ背水の陣みえみえやな・・・
って感想でした(大汗)。
(←ヨコハマ鉄道模型フェスタでのグリーンマックスエボリューションシリーズはこちらから)

しかし!
結局その「エボシリーズ」第1弾として登場した103系の広告を見てみると!
そもそもなんで103系やねん!?
という疑問がまず最初に湧いてきます(爆)・・・・

去年だけでもどんだけ103系を出したんや?
関西形Ⅰ、関西形Ⅱ、体質改善車・・・・
なにがどう違うんかわかりません(爆)。
そのたくさんの103系製品を全部EVO以前のガラパゴスモデルとしてそんなもんを買った自らのユーザーもろとも葬り去るのですね、わかります(核)。

で、今回発売の103系です。
低運!
非ユニット窓!


・・・冷改(核)

そんなもんTOMIXが来月出すんと一緒やないか~!
冷改から非冷房に戻すのは難しいけど、非冷房原型を冷改するのは模型でも簡単だと思うんだけどなあ!

しかも!
ボディセットと床下セットを分けただけ!

それじゃあ、また100倍優秀な鉄コレ動力を仕込もうと思っても余分な床板が発生するのですね!?

爺から見てサードパーティの優秀なコンポーネントを自在に持って来れるのが
エボシリーズの売りのひとつだったはずなのに・・・・

しかもしかも!
豚久保プロデュース!

結局、TOMIXとKATOの完成品に111/115系キットがヤラれてしまったαモデルの手法を
そのまま爺が引き継いだだけの話なのかも!
(→KATOと豚久保+アルファモデルの111/115系との比較はこちらから・・・)

透明ブリスター吊るしパッケージっていう点もその疑惑を深めますね~。
背水の陣のハズなのに・・・
大丈夫かな??

そういえばアルファが一度発表したユニット窓非シートピッチ拡大の近郊型はドコに消えたんだろう(核爆)・・・
(←昨年夏のJNMAフェスティバルで発表後音沙汰がなくなった115系300番台、113系700番台はこちら・・・)

39年ぶりの多摩川散歩 

みなさん、よく晴れた日曜の午後、いかがお過ごしですか?
わたしは模型を作っています(爆)。
昨日は戸越公園へドアカットさよなら葬式に参列後・・・・
(←昨日のさよならドアカットはこちらから)
大岡山で乗ってきた8640Fを乗り捨て、目黒線に乗り換えて、あのおっちゃんが前日アップした田園調布の風景に魅せられて奥沢、田園調布、と運転席にかぶりついて撮影場所を探しましたがもちろん田園調布駅は地下に潜り、ちょろっと顔を出すところには高い塀が張り巡らされており撃沈、結局・・・
(→あのおっちゃんの田園調布に家は立たなかったの巻はこちら)

DSC_0640.jpg
なんですかーこのダッサい電車わっ!?
多摩川まで乗ってしまいました・・・

DSC_0648.jpg
おんなじ電車の色違いにしか見えないんですけど~~

DSC_0653.jpg
ちなみに東急車もおんなじ電車の色違いに見えます・・・・

目黒線はいろんな電車が入ってきますが、ドレもコレも同じようなダサいヤツばっかです!
あと20日で東横線も目黒線と同じ運命になるのです!
さよなら東横線!


DSC_0658.jpg
左上にぎりぎり入ってますが、商店街は37年前までの駅名、「多摩川園前」商店街のままです。
駅の名前はそれから「多摩川園」→「多摩川」と2回も短くなりました。あと30年もしたら「多」っていう名前になるかもしれません。
右側の商店街は、あの「回想の東京急行」の俯瞰写真や地図を見るとかつての駅舎を降り、まっすぐ多摩川河畔に至る園内歩道の茶屋の名残みたいです。
(←回想の東京急行はこちら)
実はわたし、この駅を降りるのは1974年以来、39年ぶり・・・
中学校2年生の時、多摩川を渡る7000系を狙いにいったのです。
この写真の左手にはいまは地下に潜ってしまいましたが当時は目蒲線の線路があり、39年前にここで緑の3450形を死ぬほど撮りました。
赤いギンガムチェックのロングスカートを穿いたケバいおねいさんが写っていたり、案外当時の世相を感じる写真もあったのですが、どこへいっちゃんたんでしょう(爆)。

DSC_0672.jpg
もう少し先に行くと地下から出てきて昔ながらの目蒲線の線路につながる踏切があります。

DSC_0684.jpg
ちょうど1000系がやってきてシーサスを渡って右側通行で多摩川駅に入って行きました。

朝出かけて戸越公園経由でこのあたりでちょうどお昼になったし踏切のところのアメリカンなカフェでブランチ。ビール1パイントも飲んでええ気分で多摩川に出ました。
(→お食事の内容はこちらから(爆))

DSC_0695.jpg
DSC_0726.jpg
DSC_0713.jpg
昨日は9000系はお休みだったのでしょうか、ぜんぜん来る気配がなかったです。

39年前は平行する中原街道はアーチ形のコンクリート橋でこちらはいまは鉄骨トラス橋に。
東横線は当時は鉄骨トラス橋でしたが、いまは橋桁は鉄製ですが乗っていても鉄橋の音すらしなくなりました。

DSC_0707_20130224164550.jpg
9000系はついぞ来ず、代わりにこのカバヤローがやってきたので
気持ち悪くなって退散しました(爆)。

39年前は中原街道の橋を渡って新丸子まで歩き、地上時代の築堤で8000系に初めて出会いました。
もはやデハやそんな元気はなく、そのまま多摩川駅から自由が丘経由で帰りました・・・

今日でさよなら!戸越公園駅でのドアカット 


ひゅん

DSC_0002_20130223220702.jpg
ひゅん

DSC_0003_20130223220703.jpg
ひゅーん

DSC_0004_20130223220703.jpg
ピタ。
アレ?プシーっとドアが開かないぞ!
「どっちのオレが好き?」と「ひらくドアにごちゅういください」の間の細い文字なんか読めません・・・
そう、戸越公園駅では大井町方2両のドアは開かないのです!

DSC_0524.jpg
外から見たらこんな感じ。

DSC_0530.jpg
これが以前の踏切。3両分のホームのすぐとなりにありました。
「この先行き止まり」って書かんでもわかるわい!

DSC_0560.jpg
その踏切から2両分大井町方に新しい踏切ができています。

渋谷駅の大騒ぎに隠れていましたが、大井町線戸越公園駅のドアカットは今日でおしまいです。

DSC_0569.jpg
新しい踏切から見たホーム。延長部分は緑の柵で塞がれていて、まだ供用されていません。

DSC_0552.jpg
手前2両のドアを閉めたまま停車中の9000系。でもこの写真ではなんのこっちゃわかりません・・・

DSC_0553.jpg
こっちから撮ってもわかりません(爆)・・・

DSC_0580.jpg
下りホームに上ったらちょうど大好きな8500系が来ましたが、やはりこちらから撮ってもなんのこっちゃぜんぜんわかりません。

DSC_0584.jpg
ドアを撮ってもやっぱりわからないものはわからない(核)・・・

DSC_0586.jpg
本題から外れて大井町へ走り去る8500系です(爆)。

DSC_0603.jpg
もちろん大井町からスグ折り返してきます。

DSC_0609_20130223221120.jpg
コレでやっと説明がつきました!

でも大井町線にはもうひとつドアカットを強いられる駅があります。
DSC_0734.jpg
九品仏名物、車掌専用お立ち台!

DSC_0740.jpg
ちょうどやってきたのは8500系!
また本題から外れてますね・・・・

DSC_0018_20130223221121.jpg
ドアカット!

DSC_0750.jpg
お立ち台ですが車掌がボディコンで扇子を広げたりはしません。

DSC_0020_20130223221138.jpg
下り電車も8500系!

ところでこの踏切の北側には古いお屋敷があって、その庭の緑が大昔から変わらず美しかったのですが、昨年、安っぽいプレハブのアパートに建て替わってしまいました。
あのお屋敷、案外大井町線名物だったと思うのになあ!

【古い製品でスミマセン】さらに西武電車増強 

昨年秋、KATOの西武101系発売をきっかけに西武電車を揃え始めてしまいました。
(←KATOの西武101系はこちら)
(←その後の顛末は・・・)

そして先般、祐天寺モデルスで売れ残っていたコレを・・・

鉄コレ第7弾の451系です!

RIMG0032_20130222183621.jpg
反対側から見るとこんな感じ。

でも!
RIMG0034_20130222183622.jpg
もう1本、シークレットのクハの編成も分けてもらいました!

RIMG0036_20130222183622.jpg
451系2本と401系の並び。
似て非なるものを集めてしまうヲタゴコロをほじくりまくるラインナップですね!
さらに、結果、451系とは方向幕の有無の違い、という571系も鉄コレには揃っているそうです。
ヲタから巻きあげるのがお上手です(爆)!

RIMG0037_20130222183623.jpg
反対側はこんな感じ♪

RIMG0041_20130222183645.jpg
似て非なる顔・・・

RIMG0040_20130222183623.jpg
コレも似て非なる顔ですね。

そういえば側窓も
RIMG0042_20130222183645.jpg
RIMG0043_20130222183646.jpg
似て非なる側窓。

これ、どっちが古くてどっちが新しい、というわけではなくて
2つのデザインをいったりきたりしていたそうですね。
詳しくないのでよくわかりませんが、もうこのどちらの窓配置の西武電車も生産されることはありません。

今月のTMSとみどりの山手線 

昨夜は丸の内で飲んでました。
待ち合わせに少し時間があったので八重洲ブックセンターで立ち読み。
今月のTMSが出てたのでぱらぱらと。
すると!
あのおっちゃんの例のパイクがっ!
(→あのおっちゃんのブログ「吊り掛け電車をもとめて」はこちらから!TMS本文でもしっかり宣伝されてました(爆)・・・)
(→あああっ!ブログでも逆にTMSの宣伝をっ(核)!)
(←そのパイクはこちらから)

でも、ほかに魅かれる記事もなく、おっちゃんのパイクの記事はじっくり読みたかったですが、それだけで1冊買う気も起らず、そっと本棚に戻しておきました(核爆)・・・・

さて、飲み終わった深夜、山手線のホームに上りますと・・・
DSC_0008_20130221213711.jpg
なんですかーこのペットボトルの化けモンわっ!


国鉄フォントが泣いてマス!

カバ政府はJRを即時再国有化し
E電を全両ポリバケツに投げ捨てて103系を5000両製造せよ!
103系をバカにすんなこのカバヤロー!

阪急2200系【1976年】製造記録その4 屋根の巻3 クーラーや避雷器などの準備 

(*阪急2200系製造記録のおさらい各種はこちらからどうぞー)

クーラー

特価品の能勢電を・・・

RIMG0003_20130219202010.jpg
バラバラにして

RIMG0004_20130219202010.jpg
クーラーだけを抜き取り・・・・
あとは捨てます(爆)!

ウソです。捨ててません。いつか使うモノがあるかもです。
果たして死ぬまでに使うのでしょうか(爆)?

RIMG0006_20130219202011.jpg
まずは手すりのモールドをカッターで切り飛ばします。
黒い「ノミ」みたいなものがちらばってるのは手すりの死骸です。

RIMG0013_20130219202049.jpg
手すり取り付け用の0.3mmの穴を開け、表面を600→1200番のペーパーで均しておきました。
穴の数はクーラー1こに手すり4こ、手すり1こにつき穴2こですからクーラー1こにつき穴8こ。
1両にクーラー3こ、8両編成なので合計192ことなります。。。

RIMG0005_20130219202011.jpg
少々オーバースケールですがレールクラフト阿波座の阪急クーラー用手すりを植えます。

RIMG00021_20130219202050.jpg
クーラー24こ分に植えました・・・

避雷器・ヒューズボックス
RIMG0012_20130219202049.jpg
避雷器はKATOのASSYパーツ、「西武電機用」です。太い、異型の足を切り飛ばします。

RIMG00024.jpg
避雷器には0.5mmの真鍮線を植えて取り付け補強とします。
GMキットに入っているヒューズボックスには配線を埋められるように0.3mmの穴をあらかじめ開けておきました。

その他の小パーツ
RIMG00023.jpg
阪急のパンタ回りにはなんだか知りませんが小さな箱がいくつかついています。
プラ材から削り出して、塗装用の台紙に貼り付けておきます。

パンタ台の台
RIMG0007_20130219202012.jpg
前々回作った「パンタ台の台」ですが、ボルトの表現が甘過ぎて気に入らず、今度はボルト1本1本、0.5mmの洋白線を埋めることにしまして、作り直しました・・・。
(←前々回の「パンタ台の台」はこちら)

RIMG00028.jpg
パーツが揃ったら、色別に台紙に貼り付け、塗装を待ちます。
(→次回は屋根の塗装です(工事中))

これからはコレだけ?! 

この土曜日、あと1カ月で東横線からいなくなる9000系および日比谷線車両を狙ったのですが、
当然お目当ての電車の数倍の5050系一派がやってきます。
(←土曜日の東横線9000系&日比谷線はこちらからどうぞ)

もちろん、画角やピント合わせの練習に・・・

DSC_0113.jpg
DSC_0124.jpg
DSC_0195.jpg
DSC_0230.jpg
DSC_0244.jpg
DSC_0247.jpg
DSC_0324.jpg
ココロナシか
ココロモチ、
練習の方がウマく撮れるんはなんでや~~!?

あと1カ月で東横線を走る東急車はコレだけになるんですね・・・・
東急電鉄は即刻、副都心線乗り入れを白紙撤回せよ!

ピノチオの靴ずりの件と鉄道ダイヤ情報3月号 

昨日は朝の東横線遊びに続いて、夕方はメシを喰いに出かけたついでにふたたび二子玉川のいさみやに遊びに行きました。
(←朝の東横線はこちら)
(←前回のいさみやはこちらから)

伊豆急100形のキットを作っていて、必要になった靴摺りを買いにいきました。

ピノチオ製。
4こ600えん!
伊豆急は2扉なのでコレ1袋で1両イケますが
4扉なら1両で1200円かかります(爆)
非現実的です(爆)!
一応2袋だけ買いましたがコレは飾り物にして(核)、
伊豆急は帯材で誤魔化すことにしました・・・

ついでに
RIMG0007_20130217205102.jpg
エコーのパーツも買いました。

さらに
RIMG0010_20130217205103.jpg
16番用吊り掛けモーター!
なんと、実物の吊り掛けモーター同様、台車内に仕込むのです!
DV18モーター+インサイドギアしかなかった昔から、40年近くの年月の後に復活したわが身からすればパワトラだって夢のようなもの、さらにこんなモノまであるんですねー!
実は以前から模型ショウなんかで見てて気になってたんですが、
いさみやで試走&この製品の拘りについてお話を聞くに及んでついつい・・・
しかもこれ、1338円!
1両に2こ付ければ3両編成くらいは牽けるらしいです。
なんで1338円かって、
いさみや50周年記念製品で1338(い・さ・み・や(爆))、だそうです(爆)!

帰り道、本屋にコレが出てたので・・・
RIMG0011_20130217205103.jpg
京急ファン必携!

写真はキレイだし、解説は簡潔、正確!DJ、最近大好きです!

あしたからまた月曜が始まります。イヤだなあ~!

事業者限定鉄道コレクション阪急6300系京とれいん 

一昨日の金曜の夜、発表になりました。
事業者限定鉄道コレクション阪急6300系京とれいん。
あのご老体京都線用特急車6300系を6連に減車の上、満艦飾の勢いでこれでもカーとばかりに
「京」「雅」「和」の世界を演出したスペシャルトレインです!
ぼくも一度乗ったことがあります。
(←犬とれいん、京とれいんに乗るの巻はこちらから)

驚きの新製品!のようでちっともそうではないところがミソ(汗)。
だって、昨年秋に6330形が発売されるやスグ、みなさんこりゃ京とれいんが出るわな、と予想済みでしたもんね。

それよりビビるのが3月という発売タイミング!

これまでは年に一度、10月に発売されていたものが春にも発売するとは!?
もしかしてこれから年2回が標準になるのか!?
阪急だけではなく、他社もか!?
鉄ジイホイホイに味をしめた電鉄各社に
コレからは年1回→年2回ホイホイやられてしまうんでしょうかーっ!?

ちなみにワタシは6330形に続き京とれいんは要りません。
ワタシにとって阪急は昭和53年に終わっています・・・
なぜなら昭和53年に東京へ越したからです。
そうです、単になじみがないんです(汗)。
それにこの電車、あまりよい趣味には見えません(爆汗)。

本日が東急電車だより 

葬式に参列してきました・・・
しかもタイトルのニホンゴが今日もヤバいです!

東横線の渋谷駅がえらいことになり、副都心線に乗り入れを開始し、日比谷線の乗り入れをやめて、9000系を東横線から追い出すまでちょうど1カ月となった本日、朝から葬式に参列してしまいました。

バスを碑文谷ケーサツ前で降り、狙いの場所へ出向くと・・・
葬式屋、鈴なり(爆)

碑文谷工場跡地の小屋の屋根がうるさいですが、葬式屋から少し離れた場所に陣取りました。
9000系がなくなる!とは言うものの、大井町線では5連で今後も主力で働くはずなので
「8連の最後」ということになりましょうか?
なのでちょっとヨコ気味で撮って8連を実感したくもありますし。

通過時刻は知らなかったのですが到着5分で9012F、続いて9001Fが上って行きました。ラッキーですが9012Fの方は見事に失敗しました(爆)。
いえ、この後も失敗の連続ですが(汗)。

DSC_0128.jpg
DSC_0142.jpg
日比谷線車両の東横線乗り入れも終わりです。

20数分後、さっき上って行った9012Fが下ってきます!
DSC_0151.jpg
被りましたっ!
・・・しかしなんで狙った列車は被るのですかー!?
それまで何本も通過しましたがココで離合はしなかったのに、、、

DSC_0160.jpg
続いて9001Fが急行運用で下ってきます。急行灯点灯の大サービス付き!凛々しいです!

激寒でこれにて一旦退散、都立大でコーヒーを飲んであったまり、今度は自由が丘に向かって歩き始めました。
DSC_0179.jpg
1カ月したら5050系とこのカバヤローが東横線の主役さ、ってな顔で走るんですね・・・
イヤですね!

DSC_0209_20130217183624.jpg
DSC_0255.jpg
日比谷線車両はメトロ03系ばかりで東急1000系には結局会えませんでした。

コーヒー休憩の間にそろそろ元町・中華街からやつらが折り返してくる時刻です。
DSC_0268.jpg
あれ、やはり9012Fからです。残念ながら急行灯は点灯してませんが急行運用に変わっています。
そうか、普通で下って急行で折り返してきたからやはり順番は入れ替わらないんですね。

DSC_0295.jpg
順当に9001Fが普通で上ってきました。

こうなったら当然、渋谷で折り返すのを待ちたいところです。
DSC_0312.jpg
日比谷線からの菊名行きがまた一本。

DSC_0354.jpg
DSC_0360.jpg
あっという間に9012Fが折り返してきました。

DSC_0387.jpg
日比谷線が一本上って行きました。

DSC_0409.jpg
DSC_0411.jpg
日比谷線の陰から9001Fがっ!
今度は特急運用です。
上り日比谷線と被らなくて助かりました・・・

DSC_0458.jpg
コーヒー中に下って行って撮りそこねた9010Fがはやくも上って来まして、これにて退散。

DSC_0470.jpg
自由が丘へ歩く途中、またこのカバヤローが上っていきました。

自由が丘についたらちょうどさっきの上り9010Fが下って来る時刻なので東横線のホームに上がりました。
DSC_0476.jpg
また日比谷線が上って行き、

DSC_0503.jpg
9010Fの入線風景でお葬式は終了です。

昨日は東急電車だより 

毎日毎日東急電車だよりで、タイトルのニホンゴがおかしくなってまいりました(爆)。
本日は日増しに葬式屋が増えている東横線からお届けします。

まずは昨日の朝・・・

自由が丘のホームに上ると日比谷線直通の南千住行き03系が行ってしまいました。

RIMG0002_20130215205542.jpg
下り線にも菊名行きが。
ともかく3月16日からは東横線内で営業運転の03系は見られなくなりますからね。
ブレブレでも(爆)!

ブレブレなので後追いも!
RIMG0003_20130215205542.jpg
もっとブレブレです(爆)!

朝っぱらからいろいろトラブルがあって、上り線は南千住行きが行ったっきり、待避線に各駅を待たせたままここで追い抜く急行もなかなかこず2本とも詰まったまま、つぎの各駅が横浜方から顔をのぞかせます。
RIMG0013_20130215205543.jpg
Final Runヘッドマーク付きがこのまま停まってます!

RIMG0016_20130215205543.jpg
RIMG0017_20130215205636.jpg
じっくり舐めまわしてから、もちろん、急行で先回りして・・・

RIMG0018_20130215205637.jpg
中目黒でもう一発!
出勤時にこんなに遊んでていいんでしょうか(爆)!?

RIMG0022_20130215205637.jpg
もちろん、日比谷線も1000系が来るまで待ちます(核爆)!

RIMG0024_20130215205638.jpg
下りてからの後追いですが、なんとストロボが光ってしまいました(汗)・・・・

そして本日は早朝出勤だったため早上がり、中目黒で再び9001Fが口を開けて待ってました・・・
RIMG0087.jpg
雨の中、横浜方へ消えていく特急運用の9001F。
こどもも撮ってます(爆)。

鉄道コレクション「京王グリーン車」2700系発売! 

ビーッグニュ~ス!
昨年暮れ以来、
あの鹿児島の悪徳商人は鉄コレ小田急2200をベースに作り始めるは
健太郎先輩は16番でヤリだすわとにわかに活気づき、
ついにはあのおっちゃんのブログ「吊り掛け電車をもとめて」では
勝手に特集をお願いするに至った京王グリーン車!
(→「吊り掛け電車をもとめて」の京王グリーン車特集はこちらから!)
その一派である2700系が事業者限定モデルとして発売されるみたいです!
しかも3月にグリーン版、4月にはアイボリー版の2本立て!
たまらんのおおおおおおお~~!
(→詳しくはNGIへ!)

今日はバレンタインデーです! 

今日はバレンタインデーです!
みなさんはいくつチョコをもらいましたか!?
ぼくは0です♪
今年「も」ゼロでした(爆)!

で、自分で自分にバレンタインプレゼントを贈る恒例のオナニーバレンタイン・スペシャル(核爆)!
仕事帰りに二子玉川で下車、素材を買いにひさしぶりに「いさみや」へ寄ったのですよ。
(←昨年のはこちら)
(←一昨年はこちらからどうぞ・・・)


まずは回想の東京急行!
表紙からしてスゴい!
デビュー当時の5000系青がえる。
上は自由が丘から田園調布へ向かうシーン。
下は大倉山から菊名へ。
それぞれ下り急行運用です。
昭和30年ってこんなに昔なんですね・・・
特に菊名のシーンは両側田んぼです(爆)。
中身はもっとスゴい。
昭和10年~38年くらいまでの東横線各駅での名シーンの連続!
たまりません~!

そしてネコパブも2冊・・・
RIMG0006_20130214210954.jpg
RIMG0007_20130214210955.jpg
しかしなんで人間、若い頃は未来を夢見るくせに歳をとると過去を振り返るのでしょうか(爆)・・・

RIMG0004_20130214210955.jpg
1tの真鍮板と0.5φの洋白線を買いに行ったのに結局本を3冊も買ってしまったの巻でした。

RIMG0005_20130214210955.jpg
「いさみや」謝恩券。
コレの使い方はちょっと難しくてきっぷ額面の1/1000を点数として100点集めなければなりません(爆)。
10万円お買い物ではたしていくらまけてくれるのでしょーか(汗)!?
集めたことがないのでわかりません・・・・

さて、なんだかいさみやがなくなったとかあらぬウワサもありましたが
ぜんぜんそんなことはなく、今日も元気に盛業中!
夕方遅くにもかかわらず、4、5人のお客さんがちまちまと素材や部品をもとめて集まってました(笑)。
全員おじいちゃんでしたが(爆)!
鉄モ養老院はたのしいなあ~


今日は東急電車だよりです! 

今日は田園都市線からお送りします!
・・・・昨日もそうやったんちゃうんけええええええええええ~(><!


今日も溝の口の同じシーンから(爆)

RIMG0011_20130213215115.jpg
しかもまた同じようなシーンでスミマセン(泣)!

RIMG0013_20130213215115.jpg
昨日とまったく同じパターンで急行で冒頭の8634Fを追い抜きましたのでコレまたまったく同じシーンかも(汗)

RIMG0014_20130213215116.jpg
コレは同じシーンですか、そうですか(大汗)
でも本日未明にちょろっと積った雪が昨日と違います!
・・・大きな声でいえるほどの違いじゃないですがっ!

RIMG0015_20130213215116.jpg
そしてまた同じような・・・・

RIMG0016_20130213215117.jpg
そしてまたまた同じような、、、、

RIMG0017_20130213215136.jpg
最後は長津田送り込み回送の大井町線用9000系。
これは昨日はありませんでした!

RIMG0018_20130213215136.jpg
お見送りして本日もコレで終わりです。
もうネタ切れて1週間はかるーく経ちました(爆汗)・・・・

本日の東急電車だより 

今日も東急田園都市線からお届けします。
ネタが毎度のアレですみません(爆)。


まずは朝の溝の口で8642F。
8500系のラストナンバーです。
もちろん軽量車。
各車1この9000系用新型クーラーもややこしいです(汗)。
これも8500系としては8606Fと並んでサークルK(東武線非乗り入れ車)だからか
あまり出会う機会がなく、もしかしたら本ブログ初出演かもしれません。
(←ウソでした・・・ まるっきり同じ場所で撮ってます(爆))


RIMG0014_20130212180527.jpg
上り線には8620F。

RIMG0016_20130212180527.jpg
目的地のたまプラーザに到着しますと上り線に8621Fがかっこよく入ってきたのですが私の乗ってきたメトロ8000系が被ってしまって結局停車中の最後尾だけ。

RIMG0018_20130212180528.jpg
梶が谷で抜かしたさきほど溝の口でお見送りした8642Fが追いつきました。

RIMG0019_20130212180528.jpg
ふたたびお見送り。

RIMG0020_20130212180529.jpg
8621Fは被られましたがコイツは被らずに撮れました・・・・

RIMG0021_20130212180556.jpg
8621Fと同じアングルで停車中の最後尾。なんでこの電車、
「新型ディーゼルカー」に見えるのかなあ~(汗)?

夕方の帰り道、上りホームに降りると!
RIMG0022_20130212180557.jpg
2000系2001F!
コンデジで写真はアレですが、それでもやっぱりかっこいいですね!

RIMG0029_20130212180557.jpg
反対側を8633Fが下りて行きますが、もうどっぷり暗くなってきました。

コントロールボードの製作1 

レイアウトもしょぼしょぼながら製作を進めております・・・
いったん、線路を敷き終わったのはかれこれ2年以上前になりますがっ(爆)!
(←いったん線路を敷き終わったレイアウトの巻はこちらから)

レイアウトにはコントロールボードが必要です。
いまやこの世界もデジタル化が進み、ややこしいギャップなんか切らなくても複数列車をコントロールできるそうですが(笑)、
わたしの場合は大昔のTMSに載っていて長年の夢だった「デュアルキャブコントロール」「タッチ式ポイントコントロール」という「原始的」なマシーン(爆)を いまさら実現したいと考えました(爆)。

まず、パソコンで路線図を作り、透明フィルムに印刷しました。

IMG_7204.jpg
乳白アクリル板に印刷したフィルムを貼り、区間ごとにトグルスイッチを取り付けます。

IMG_7202.jpg
配線も済ませました!
レイアウトに接続して試運転結果も上々!



でも、これ、デュアルキャブコントロールではありません(爆)!

この配線では各区間をコントロールするパワーパックを選択することはできますのでなんとなく複数列車をコントロールすることはできますが、区間をまたいだ運転をするとき、同じ列車なのに違うパワーパックに乗り換えなければならない事態が発生します!
「デュアルキャブコントロール」の概念はひとつのパワーパックを1列車の運転台に見立てて列車ごとにひとつのパックでコントロールするもの・・・
当然その方が運転する楽しみがありますわなぁ!

そこで!
IMGP0388.jpg
やりなおしました!
上辺に5つ並んだトグルスイッチが各パックの進行方向を決めるスイッチ。
路線ごとのトグルスイッチで列車の進行する区間を選べばあとは1列車1パックで運転できます!
なぜ5つならんでいるのかと言いますと、「デュアル」どころか「3列車」しかもうち2列車はリバース区間も運転できるようにしてありますから合計5つのダイレクションスイッチ(進行方向を決めるスイッチ)が必要となるわけです。

IMGP0384.jpg
かなり複雑になってしまった配線もやりなおし、試運転の結果は上々!

ところがっ!

今度はレイアウト本体の方に不満がでまして、こんな形に少々線路を敷き替えることにしました・・・・
(←プランの変更はこちらから)
(←敷き替え用に路盤を整え直したレイアウトの様子はこちらから)

そうすると・・・・
コントロールボードも作り変えねばなりません!
線路配置が変わればコントロールボードを作りかえる必要があることに
気づいてませんでした(核爆)!

変更点はそんなに多くないのですが、いろいろ検討した結果、改造で済ますことはできず、完全に新調することに・・・
RIMG0001_20130210100113.jpg
またボード面をアクリルで作り、、、

RIMG0005_20130210100114.jpg
せっかく作り直すのですから、前回はぶらーんとつながっていたコネクターをレイアウト、コントロールボード双方に増やすなどの改良を行います。

RIMG0014_20130210100139.jpg
できました!

RIMG0015_20130210100140.jpg
まだこのあとポイントのケーブルを取り付けねばならんのですが、すでに配線もかなり混雑しています・・・

RIMG0017_20130210100140.jpg
コネクターのポートも
どれがどれやわからんようになるのでちゃんと表示しておくことにしました!

おまけ
control panel line5.3 - コピー
コレが最終的な配線図。
いまとなってはさっぱり理論を思い出せませんが(核)、コレでデュアル(トリプル?)キャブコントロールを実現できます。
最上段;レイアウトへのコネクター
2段目;路線図上の各トグルスイッチ。いちばん左はリバース区間用。左から2つめはターンテーブル用
3段目;各パワーパック用のダイレクションスイッチ
4段目;パワーパックは4台使います。一番左のPakDはターンテーブル専用。一番右のPakAはリバース区間非乗り入れとなっています。

阪急の終端駅 

阪急電車はご存じのとおり、京都、神戸、宝塚の3本線に加えて今津線、千里線のまあまあの支線、さらに京都線から嵐山線、宝塚線から箕面(みのお)線、神戸線からは伊丹線と甲陽線という2、3駅の盲腸線が延びていて、それぞれの終端駅は、阪神大震災で倒壊する前から高架駅であった伊丹線の伊丹駅を除いてなんとも風情ある佇まいを未だに残しております。
昨年夏、そんな阪急の盲腸線をしらみつぶしに乗るひとり企画を実行しました。
(←阪急全線に乗るの巻はこちらから)

DSC_3137.jpg
その「阪急全線に乗るの巻」の際には各駅舎の写真も撮りました。
まず、これは千里線の終端、北千里駅。千里ニュータウンの開発と万博輸送を目論むことにより1960年代に延伸さされた新しい路線で終端の北千里駅も1960年代に夢見た「未来都市」の様相を呈しております。
大昔、この駅付属のショッピングセンターの一角にマッハ模型のお店がありまして、「阪急電車フェア」かなんかの際に昨日恥ずかしくも紹介いたしました2200系も健太郎先輩の上出来の3000系とならんで出品なんかしたこれまた恥ずかしい記憶もあります。37年も前の話です。
(←昨日の2200系はこちら)
(←健太郎先輩はこちら  

DSC_3145.jpg
北千里駅に進入する3300系。北千里駅は2面2線で構成されていて、万博後にはその先に引き上げ線が2本作られています。

DSC_3023.jpg
こちらは京都線桂駅から延びる嵐山線の終端、嵐山駅。
さすが京都嵐山、駅からしてむちゃむちゃ風情があります。

DSC_3026.jpg
振り返れば京都!この先に桂川に架るかの有名な渡月橋があります。

DSC_3042.jpg
嵐山をバックに停車する6300系。ホームは新京阪時代そのまま残されていて駅舎よりさらに風情がありますなあ!

DSC_3241.jpg
続いて宝塚線石橋から延びる箕面線の終端、箕面駅。
大阪梅田からたったの20分くらいの距離ですが、紅葉と滝で有名な観光地なのです。

DSC_3240.jpg
ふりむくと土産モノ屋!
名物は「もみじの天ぷら」!
なんと!
拾ったもみじの葉を天ぷらにして売ってるのだ~(爆)!

DSC_3254.jpg
箕面駅に停車中の3000系板車!
板車はやっぱりイイです!

最後は甲陽線です。
DSC_3297.jpg
神戸線夙川(しゅくがわ)から延びる甲陽線の終端、甲陽園駅。
小さな木造駅舎がたまらんです。
「甲陽」とは六甲山の陽のあたる側の意味。「甲陽園」は六甲の麓に戦前阪急電車が開発した住宅地の名前です。
阪神電車の「甲子園」も似たような名前ですが、そちらは「甲子」の年に開かれた野球場を含めた遊園地の名前で由来はぜんぜん違います。

DSC_3301.jpg
甲陽園駅に休む6000系。
背後には六甲山がそびえています。
このように阪急の盲腸線の終端は伊丹線を除いてぜんぶ山にぶちあたって終わります。
それがこの独特の風情を生んでいるのかもしれません。

思い出の阪急2200系 

一昨年の10月、発掘された出土品です。

またでたー!ペーパー製、16番の阪急2200系!
(←出土した2011年10月の鉄コレ阪急3000系発売日のお話はこちら)

現在、GM7000系ベースで阪急2200系を作っています。
(←阪急2200系の製造記事はこちらから)

そこで今夜は阪急2200系の思い出を綴ってみたいと思います・・・・

SCN_0002.jpg
なんですかー!?このゴミ箱の写真は~!?
時は1977年。初夏の武庫之荘の駅の葉桜からの木漏れ陽が美しく、そしてそこへ!
2200系がっ!

あまりにあまりの写真でなにを狙ってどうなったかさっぱりわかりませんがっ!

・・・・さて。
IMG_9219.jpg
IMG_9218.jpg
Tc 2250

IMG_9220.jpg
IMG_9221.jpg
M 2700

模型はもちろんアレな上、写真もアレアレですみません。
この模型、当時スケッチした実車のものをベースにほとんどの床下機器はプラ板から自作したのです。
へろへろではありますがきっと間違いはないと思います。
しかも平滑レアクトル装置はハミガキ粉のチューブのフタですがっ!

・・・・オノレが37年前に作った模型を見ながらまた作るってなんだか
オナニーのオナニーのオナニーみたいで気持ちいいです(核汗)・・・・

昨日の田園都市線と今日の東横線 

昨日はまたまた田園都市線でお客先へお出かけでした。

溝の口に着くやいなや、上り線に8622Fが入ってきました!
コンデジなのでチャンスは一発、今まさにシャッターを押そうとしたその瞬間!
おばはんがファインダーに大きくのさばりました(核泣)!

RIMG0006_20130206201741.jpg
結局、8622Fを撮れたのは停車してからのこのくだらねーワンショット・・・

しかたないので・・・

9003Fと9004Fの並びでがまんしました。

5000系でたまプラーザに向かう間にも上り8500系とすれちがい、2本も続けばもうダメだーと半ばあきらめてたまプラーザに到着。
RIMG0008_20130206201742.jpg
いきなり3本連続で上り8500系!

RIMG0009_20130206201742.jpg
停車中です。

そして!
RIMG0010_20130206201743.jpg
4本連続!

RIMG0011_20130206201743.jpg
停車中。

RIMG0013_20130206201852.jpg
帰り道もホームに降りるやいなや8631Fが下って行き、

RIMG0014_20130206201853.jpg
続いて8629Fの上り各停。

8629Fが停車した向こうには
RIMG0015_20130206201853.jpg
さらに下り各停8621F!

RIMG0017_20130206201854.jpg
お見送りして次の急行で仕事に戻りました。

きょうは朝から雪なのか雨なのかみぞれなのかそれともその混じったなんかへんなものが出てたのかもしれません。
RIMG0001_20130206201854.jpg
通勤特急運用の9001Fはなんと自由が丘から中目黒まで無停車のハズが10停車(爆)。
しかも発進のたびに勢いよく空転のデンジャラスなモーター音が鳴り響く!
・・・たのしかったです(爆)。
空転ってなんでこんなに楽しいんだろう(核汗)!

RIMG0002_20130206201855.jpg
あまりに9001Fの写真がアレなので反対側の1004Fも撮りましたがやっぱりアレでした・・・


昨日写真を撮りはぐれていると帰り道は二日連続で同じ車両がやってきました。
RIMG0008_20130206201914.jpg
8CARS表示の5050系!

RIMG0005_20130206201914.jpg
6号車の「弱冷房車」ステッカーは剥がされ、

RIMG0009_20130206201915.jpg
7号車に!

副都心線乗り入れまで約1カ月。着々と準備が整っているようです。
はやく女性専用車も真ん中から外してください!



200000アクセスありがとうございます! 

私憤とウケ狙いだけで綴るこの糞ブログ!
その糞ブログがっ!


スライド1
今朝ほど20万アクセスを達成!

それもこれもウケだけ狙った中身のない記事を目当てにやってきてくださるアホあなた様、勝手な私憤に
なんだこいつ!
逆ギレのあなた様のおかげです!
ありがとうございます!

では、恒例の20万アクセス記念、「20のつく車両」のご紹介!
まずは!
RIMG0012_20130205082521.jpg
20系客車ナハフ20(KATO)
ド下等さま黎明期にもこの形式がありました。650えん。そりゃこのリニューアルされたナハフ20から見たら糞みたいな模型でしたが、当時のカツミのブルートレインに比べりゃプラ成形を生かしたディテールは驚愕でした。

次は!
RIMG0013_20130205082521.jpg
20系気動車キハ25(TOMIX)
なんでキハ20じゃないんだ、かというとキハ20を持ってないからです、とほほ。
再生産をお待ちしてます。
このキハ20系も黎明期のド下等製品にありましたが、こちらはつい一昨年でしたか再生産されたのが記憶に新しいです。いまのTOMIXのハイグレード製品に比べるまでもなく出来はアレですが、それでも40年以上前に出たときは喜んで買ったものです。

以上!

ええええええええええええええええええええええええ~
こんだけ~!?


ワタシの持ってる鉄道模型で「20」はこんだけです・・・・

かなしいので恒例の「200」もいきましょう!

200といえば!
RIMG0014_20130205082522.jpg
新幹線200系!(KATO)
しかも30年数前の製品(爆)。
そういえば200系新幹線の引退はいつでしたっけ?そろそろ?

いっこだけでは寂しいので「201系」もいってみましょう。
RIMG0015_20130205082522.jpg
201系クハ200とクモハ200(試作車)(共にkATO)
まあ、形式が200なので許して下さい。
試作車は絶版となって久しく、いまではプレミア商品。
わたしも当時買っておけばよかったものの2年ほど前に
超プレミア価格
で買いました・・・
アホでした、、、

以上!

ええええええええええええええええええええええええ~
こんだけ~!?


ワタシの持ってる鉄道模型で「200」もこんだけです・・・・

かなしいので恒例の「2000」もいきましょう!
「2000」は各私鉄で揃ってますのでたくさんありますね!
まずは
RIMG0020_20130205082523.jpg
京急2000形新旧塗装!(共にマイクロエース)
いや、2000形は新旧塗装共によくできた模型だったと思います。
だから安心しちゃって800形も・・・
失敗しました(爆)。
(←「真打ちのA(エース)」京急800形繁盛記はこちらから)

つぎは!
RIMG0019_20130205082603.jpg
西鉄2000形!(マイクロエース)
京急2000形とどことなく似てますね。
でもこんな古い、しかも地方の電車をプラ量産品で実現してくれるところ
だけ
真打ちのA(エース)もエラいと思います・・・・

RIMG0017_20130205082603.jpg
東武2000系(鉄道コレクション)
必死こいてナンクリまで早朝走った結果、ドコの駅でもマターリ買えるほど余ってたという
鬼の目にはやっぱり涙はなかった話
も記憶に新しいところです・・・
(←ナンクリ事件はこちらから)
(←鉄コレ東武2000系はこちらから)

RIMG0018_20130205082603.jpg
京阪2000系(鉄道コレクション)
これもずいぶんなプレミア商品ですが、本ブログでおなじみの「鹿児島の悪徳商人」殿が安く即決価格でヤフオクで出品してるのを発見、無事手中に収めました。それが祟りで今ではこんなことになってます(爆)・・・。
(→こんなこと、とは!悪徳の会@大井町はこちらから!)

RIMG0016_20130205082604.jpg
阪急2000系(鉄道コレクション加工)
ワタシの鉄コレ加工第1弾がコレでした・・・。
やっぱり阪急はイイ!しかもやっぱり2000系はイイ!
(←阪急2000系はこちらから)

阪急2000系がイイもんだから、つい最近・・・
RIMG0021_20130205082604.jpg
やってしまいました・・・・・(核破産)

さて、
相互リンクいただいています、「Kereta Api」殿の60万アクセス記念「6のつく車両」をマネして前回10万アクセス記念号をお送りしたところ
(→Kereta Api様はこちら)
(←10万アクセス記念号はこちら)
それをまたあのおっちゃんがブログ「吊り掛け電車をもとめて」でマネしやがって
(→「吊り掛け電車をもとめて」はこちら)
しかも
デブ10だのボケ10だの
ド貴重画像で飾りやがって差を見せつけやがったのもまだ記憶に新しいところではありますが、まもなくそのおっちゃんとこも20万アクセス、きっと今度は
マヌケ20とかワキゲ20とかの
またまたド貴重画像をご紹介いただけるものと思います!

ではみなさん、次回30万アクセスもなにとぞよろしくお願いいたします!

阪急2200系【1976年】製造記録その3 屋根の巻2 クーラー取り付け準備と「台の台の台」の取り付け 

阪急2200系の屋根の製造が続きます。

これはなにかと言いますとクーラー用の留め具です。1.7mmの穴を11mm離して2か所開けます。

RIMG0005_20130204203016.jpg
切り出して・・・

RIMG0008_20130204203016.jpg
屋根の裏側に接着。
これで取り付けボスが細い鉄コレのクーラーが押し込むだけで取り付けられます。
なお、屋根板の裏側とボディ天井のクリアランスが小さく、最初1mm板で作ったのですがおさまらず、0.5mmで作り直しています。

RIMG0003_20130204203017.jpg
前回、台を台の台の台に乗せてセロテープで位置決めの後、ディテール取り付け用の穴を開けましたが今回は
台の台の台を屋根板にセロテープで仮止め、同様にディテール取り付け用の穴を開けます。

RIMG0007_20130204203109.jpg
すべての穴を開け終わったらドリルでめくれた部分を軽くペーパーで均してサーフェーサーを吹きました。
サーフェーサーは砥ぎだすのが前提で吹くので乾いたら1200番→2000番のペーパーで砥ぎだしておきます。

RIMG0009_20130204203017.jpg
台の台の台を屋根に接着!

RIMG00031.jpg
母線配管だけ0.4mmの真鍮線で取り付けておきました。

RIMG00032_20130204203109.jpg
パンなし車の手すりもここで取り付けました。
このあと、全体にメタルプライマー→阪急グレーを吹いて屋根板のベースは完了です!

GM製品発売記念!? 東急田園都市線の8590系 

よいお日柄に恵まれた休日の夕べ、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
わたしは・・・
今年も悪いこととか不幸なことばかりでスタート!
本日もウツウツと過ごしておりました!


いつまでもウツウツウツウツと言っててもしかたないので、こういうときは電車を見に行こう!
結局、3歳のときからやることは同じです・・


DSC_0057_20130203172130.jpg
余計にウツになってしまっただぁ~~(爆)!
シャッターが遅かったのかな、いや、それ以前にピントもまるっきり合ってない・・・・

ほかにネタもないし(汗)・・・・

と、いうわけで以前整理していた田園都市線の8590系です(大汗)。
大井町線には8590系だけでなく、8090系も生き延びてまして、しかも路線も短く、そこそこ出会える機会は多いのですが、田園都市線ではまず絶対数が少ない上に東武非乗り入れ車で運用が限られる、しかも路線は長大でなかなか出会えないわけです。
(←大井町線の8090/8590系はこちらから)
それでもオリジナルの赤帯を纏った姿はいまや田園都市線でしか見られませんから困るのです・・・

8694F_20120308_5_tamaplaza_8694.jpg
8694F_20120313_1_azamino_8694_20130203172131.jpg
IMG_1750 20120328
IMG_1836 20120329
IMG_1838 20120329
2012年3月

DSC_0867 20120605
2012年6月

RIMG0002_20130203172207.jpg
DSC_9789_20130203172208.jpg
2013年1月

下膨れのかわいいお顔に赤い帯!いいですね!
1週間ほど前にグリーンマックスからこの10両編成が新発売になりましたが出来はどうなのでしょう?
気になるところではありますが、残念ながらまだ見てもいません。

ヨコハマ鉄道模型フェスタで新製品いっぱい発表 

知らない間に横浜みなとみらいで今年もヨコハマ鉄道模型フェスタがはじまってるみたいです(汗)。
わたしは恐ろしくてみなとみらいにはみらいえいごう近づけませんので(なんでやねん?)この記事は他のサイトやおともだちからの情報の
受け売りです(爆)
ちゃんとしたレポートをご希望の方はこんな糞記事を読まずにNGIへどうぞ(核)
(→N-Gauge Informationはこちら!)


まずはなんといっても!

鉄コレ東急7200系!

おともだちの饅頭屋くんが送ってきてくれた現場画像です。
ランボードが気になります。
南海6001系も東急7200系冷房車同様 全長に渡るランボードがありますが、まったくヌケ感のないカステラ状のモールド!それがイヤでイヤでワタシは削り飛ばしましたが、こちらはなんかちゃんと宙に浮いているみたいに見えるです!
(←南海6001系の「ランボードを乱暴♪」はこちらから)
もしかしたらついに屋根とランボードは別体になっているのかもしれません!
でもNGIの鮮明な前面からの画像を見ますと、外側から見た宙に浮いた部分はヌケているものの、ランボード本体は内側に向かってテーパー状に厚みを増していていますので以前よりモールドが巧妙になったものの一体成形なのかもしれません。

さて、7200系といえば非冷房車も欲しいですよね?
わたしなんか、
冷房車はいらない!
ほど初期の非冷房車のスタイルが好きです。
一昨年、京急1000形がその前年の冷房車に続いて非冷房車を発売、南海6001系の冷房車バージョンや今回の東急7200系の非冷房車バージョンに期待がかかりますがさてどうなりますやら。
ヨコハマの会場のパネルには
今回はデハ7200+クハ7500の2両セットで製作いたします!」
とありまして、そのまま読むと非冷房車バージョンではなく「次回はデハ7300や7400を含めた4両セット」を発売しそうですが(爆)、
日本語をよく間違える業界ですから(核汗)
信用できません(大核)。
いずれにしてもヲタヲヤジ狙い撃ちのこの製品、さて、わたしは何個買ってしまうのでしょうか(爆)?

東急7200系の譲渡先、上田電鉄や豊橋鉄道バージョンがオープンパッケージで発売されることは以前から発表しておりましたが今回は派生バージョン、静鉄1000形も発表になってます。
(←上田電鉄や豊橋鉄道バージョンはこちらから)

鉄コレではその他、17弾の京阪電車の試作品も並んでいるらしいし、
富山地鉄14760形の発売も発表!
こちら、昨年夏にくだらねーDVDとの抱き合わせ販売されたものに1両加えた豪華版ですから
DVDを買わされた人へのオトシマエを完全に放棄した傍若無人製品です(核爆)。
こちらもヲタヲヤジ狙い撃ちの新製品、さて、わたしは何個買ってしまうのでしょうか(爆)?

TOMIX
C61の試作品が!でもそれ以外はあいかわらずコレといって・・・・

KATO
あの、客をバカにしまくった年末のセンスの悪いクイズで発表した失笑ものの「狩人(核爆)」を本気で発売するみたいです・・・・
(←「狩人」事件はこちらから)

そしてグリーンマックス!
NGIに並んだ、「エボリューションシリーズ」のコンセプトについてのパネル説明文を全部一生懸命読みました。
(→N-Gauge InformationのGM エボリューションシリーズのパネル説明文はこちらからどうぞ)

なかなかすばらしい(爆)!
なかなかくん、なかなか!


ようは弱みである動力とかパンタはきちんと弱みであることを認識して陶太傾向に伏し、
未塗装、組み立て前の鉄コレみたいな車体屋になる、ということみたい。
それこそ爺の生き残る道ではないでしょうか?!
「総合メーカー」の時代はどんな業界でもとっくに過ぎてます!
GMの「選択と集中」には期待できるかも。ちょっとだけ(爆汗)。

ではみなさん、よい週末を!