西武安比奈線廃線跡を逝く(その8) 安比奈駅(その3(糞爆)I・Jブロック) そして総集編! 

お楽しみいただいてきた西武安比奈線廃線跡を逝く、こちらもいよいよ今回で放送打ち切りです!最終回!

コレだけが楽しみでいままで生きてきたのに、終わってしまうならもう死にます、という方はいらっしゃいません(大糞核爆)!

コメントをくださるのはモハモハちゃんほぼただ一人(大糞核爆)!
人気大爆発中のこのシリーズ、いよいよ華僑× 架橋× 佳境ですよ!

(←これまでのこのシリーズを全部おさらいしたい方はこちらへ(ダレもおらんって(糞爆))
(←1.南長崎駅)
(←2.国道16号)
(←3.圓福寺まで)
(←4.八瀬大橋まで)
(←5.八瀬大橋から水道橋まで)
(←6.安比奈駅(その1))
(←7.安比奈駅(その2))

それでは今夜も例によって地図4から、逝ってみよー!

スライド4
地図4
もうみなさんお忘れだと思います。
コレが西武安比奈線の全線です。
これまでAブロック南大塚駅から順にDブロック水道橋までのご紹介をしてきました。

スライド19
地図19
最後のEブロックは安比奈線のハイライト、安比奈駅構内!
この地図は上の地図4のEブロックだけを拡大したもの。
すわなち、EブロックはさらにF~Jの5ブロックに分かれます。
すでにF~Hは安比奈駅その1、その2としてご紹介済み。

だから今夜は最後の最後、EブロックのIブロックとJブロックだ!
もうナニがなんだかわかりま温泉~~!


スライド7
地図25
・・・というワケでIブロックの拡大図です。
地図といっても地図だとなにもないので(糞爆)、今回も人工衛星を飛ばしました。
それでもナニもなさそうなので・・・・

スライド8
地図26
地図25を下敷きに、線路跡を赤い点線で示しました。
この画像を見てから、上の地図25をもう一度ご覧ください。
線路跡がうっすら白く見えていることにやっと気づきますね。

このあたりに立って見上げてみます。
RIMG0214_20170519105122480.jpg
111
うっわ、なんやコレ~~!
人工物だったハズの架線柱が、自然の木に戻ろうとしています・・・・・

RIMG0220_201705191051224ef.jpg
112
線路跡は草が生い茂って歩けません。
少し離れた道なき道から、線路跡に残る架線柱を眺めます。
この上なく荒涼とした風景。


スライド9
地図27
いよいよ、最後の最後、Jブロックへ進みましょう。
もう線路の痕跡はまったく有馬温泉。
うねうねと線状に見えるのはもろちん線路ではなく、モトクロスバイクが走り回るコース。

スライド10
地図28
黄色い7番のところに1本だけ架線柱が見えるでしょうか?

スライド11
地図29
黄色い丸を中心にしてさらに拡大しました。
架線柱の左側に長方形っぽい小さな亀裂が見えますね。
架線柱の影では有馬温泉。

RIMG0224_20170519105124775.jpg
113

今考えれば、スマホでグーグルの空中撮影画像を見ながら歩くという方法も取れたかもしれないですが、歩いている時にはそれを思いつきません。
まあ、スマホを見てもこの長方形っぽい亀裂に気づくことができたとは思えませんが。
で、このあたりまで来た時、もうこれで終わりにしようと考えました。
しかし、ここでモトクロスのオッサンが、あの木の根元にヘンな穴があるよ、と教えてくれたのです!

RIMG0225_20170519105126c1a.jpg
114
ひ?

RIMG0226_201705191051290d1.jpg
115
ヒイイイイイイイイいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~!

RIMG0227_2017051910512986f.jpg
116

RIMG0228_20170519105131347.jpg
117

RIMG0230_20170519105132d76.jpg
118

RIMG0234_201705191051371d7.jpg
119

RIMG0235_201705191051385db.jpg
120

RIMG0237_20170519105139da5.jpg
121
ピットです!
ちょうどここがトロッコに砂利を載せる場所だったのか、それとも単にトロッコのウラを洗ったりするだけのものなのか、わかりません。しかも線路幅は1067mmはないですが、600mmよりはあきらかに広い。
周りはぶんぶんモトクロスバイクが走る。なにかの拍子に軌間が広がってしまったのか?

ピットで遊んでいるとさっきのモトおっさんがしつこく見ているオレが気になったのか傍まで来て、
もう数十年ここでモトクロスをやってるけどこの先には絶対に線路はない。ここで終わりやったんやろね、と教えてくれました。

RIMG0231_20170519105133fca.jpg
122

RIMG0232_20170519105134a87.jpg
123
見上げれば、架線柱が土に還っていきます。

RIMG0239_20170519105140e47.jpg
124

RIMG0240_20170519105142436.jpg
125

RIMG0241_20170519105143782.jpg
126
ピットで踵を返すと、ふたたびここまでつながる線路をところどころで見つけることもできました。

最後に
スライド12
地図30
冒頭の地図19に、これまで発見してきた物体を全部入りしてみたのがこの地図です。
いちばん右の数字1.が安比奈駅の入口、Y字ポイントの位置。
(←Y字ポイント)

そこから安比奈駅の広大な構内に赤い点線で示した感じで線路はひろがっていきます。
その線路はもちろん軌間1067mm。
地図上の数字2.3.は残っている幅の大きな架線柱。
そして4.5.の水色の丸で示したところにあの橋脚が残っていました。
(←橋脚)

この橋脚の上には軌間600mmの線路が敷かれていました。トロッコが上る、積込桟橋です。
地図いちばん左の黄色い丸、7.が今回ご紹介したピット。
水色の線で示した軌間600mmの線路は安比奈駅構内の中心部の積込桟橋で突然始まり、途中1067mmとの3線区間を経て、このピットでプッつりと終わる。

スライド13
地図31
地図30の右上の赤い四角を拡大してみました。

1.のY字ポイントの開き角度をそのまま延長した赤い線は大体の安比奈駅の範囲を示すと思います。

中央の水色の点線が軌間600mmの線路が敷かれた積込桟橋。
架線柱2.と3.の間の終端部が1067mm軌間の貨車へ積み替えるホッパーの位置だった。
ホッパーは「トロンメル」と呼ばれる砂利と水を分離する装置が組み込まれていたそうです。


写真 5
127

探索のお供はもろちん、プリントアウトして持参したモハ冥土・アッラー氏のブログ「モハモハちゃんのなんでもいっぱい出る~」。
(→この記事(1))
(→この記事(2))

モハモハちゃん、諸々のお導き、およびご声援ありがとうございました!
いやー廃線跡歩きってホントにいいもんですねー!
それではまた逢う暇で、逢えるホキまで(大糞核爆)!
チャオ!


スポンサーサイト

西武安比奈線廃線跡を逝く(その7) 安比奈駅(その2(糞爆)G・Hブロック) 

今夜も大人気シリーズ、西武安比奈線廃線跡を逝くの時間がやってまいりました!

スライド4
地図4
いつものとおり、今夜も安比奈線全線地図のおらさい× から!
今夜はこのうち、最後のEブロック!

スライド19
地図19
の中のGブロックから(大糞核爆)!
(←EブロックのFブロックはこちら!)

RIMG0194_201705101602021dc.jpg
Fブロックはこの、左右2連の、3~4線分はあろうかという大架線柱で終わりましたね。

スライド4
地図22
今夜のご紹介ブロック、Gブロックの拡大図です。
2はFブロックでご紹介してきた架線柱の列。
そして中央部3が冒頭の写真、2列の大架線柱!
さらにその先に青い丸で囲まれた、4、5の真ん中にナニかが見えます!

RIMG0198_20170516091638f92.jpg
101
ああっ!

RIMG0199_20170516091640be9.jpg
102
うっわああああああああああああああああああああああ
コレが青い丸4の物体X!

RIMG0200_201705160916415e5.jpg
103
そしてこちらが青い丸5の物体Y!
そう、このXとYこそ、砂利積込桟橋の橋脚な野田阪神!
かつて、このてっぺんに軌間600mmの線路が敷かれ、砂利を満載したトロッコが登っていったのです。

RIMG0201_20170516091642a0b.jpg
104
その先には線路は隠れ、さらに荒涼とした風景の中に架線柱が1本・・・・

RIMG0202_201705160916433cb.jpg
105
超シュール!

RIMG0203_20170516091644016.jpg
106
ここで振り返ってみました。
水道橋からずいぶんすすみました。
ここからあの水道橋の間がかつての安比奈駅構内。
道の左手には枯れ草の山のてっぺんからさっきの物体Yのアタマが覗いています。

スライド5
地図23
今夜はもう1ブロック、ブロックHまで進みましょう!
コレはブロックHの拡大図。
でも、やっぱり、ナニがなんだかわかりま温泉。

スライド6
地図24
右上の青い5、がさきほどの高い方の橋脚跡、すわなち物体Yです。
そして6のあたりがアヤしい・・・・

RIMG0204_2017051609225947a.jpg
107
ああっ!

RIMG0209_201705160923018fc.jpg
108
うっわああああああああああああああああああああああ~~
なんでレールが4本並ぶねん~!?


RIMG0208_20170516092301d72.jpg
109
振り返ってみます。
そう、ここは1067mmと600mmの3線区間だったようです。
でも残り1本は?
どの間が1067?
どの間が600?
巻尺を忘れたオレにハラが立ってきました。
ハラは減ってもいます・・・・

RIMG0212_20170516092305869.jpg
110
その先はうっすらとレールが1本、草むらに飲み込まれていきました。
もうコレで終わりか。
ハラが減って、アタマはうどん自殺でいっぱいになってきました(大糞核爆)・・・・
(←うどん自殺)
(つづく)

西武安比奈線廃線跡を逝く(その6) 安比奈駅(その1(糞爆)) 

コメントをくださるのはモハモハちゃんほぼただ一人(大糞核爆)!
人気大爆発中のこのシリーズ、いよいよ華僑× 架橋× 佳境ですよ!

(←これまでのこのシリーズを全部おさらいしたい方はこちらへ(ダレもおらんって(糞爆))
(←1.南長崎駅)
(←2.国道16号)
(←3.圓福寺まで)
(←4.八瀬大橋まで)
(←5.八瀬大橋から水道橋まで)

スライド4
地図4
今夜「から」はいよいよ、本地図最後のブロック、E!安比奈駅構内です!

まずは例によって、このブロックの拡大図を見ておきましょう!
スライド16
地図16
ナニがなんだかさっぱりわかりま温泉ネ!

そこで今回も人工衛星を飛ばします!
スライド17
地図17
やっぱりナニがなんだかわかりま温泉・・・・・

スライド18
地図18
ここまでの経路を赤の点線で示しました!
画面中央やや右上寄りにズボっと刺さる直線が水道橋。
画面右側から伸びてきた安比奈線跡の赤い点線はこの水道橋を目の前にしてブチ切れます!

RIMG0182_20170510160153518.jpg
92
そう、そのブチ切れたトコこそが前回最後にごらんいただいた、このY字ポイントのド真ん中を突き刺す大木!
その先は竹林になっていて、ここでこの探検もお仕舞いかとも思われました!

ここで最初の地図、すなわちこのEブロック全体の地図を再度ごらんいただきます。
スライド16
地図16
なぜなら!

スライド19
地図19
この先はさらに5ブロックに分けることにした野田阪神(大糞核爆)!
・・・ホンマに読者がゼロになってしまいそうですが、それでも今夜はこのうち、まずはFブロック、逝きまーす!


Fブロック
スライド20
地図20
・・・というワケでEブロックの最初のブロック(大糞核爆)、Fブロックの人工衛星画像です。
やっぱりさっぱりワケわかりま温泉!
でもよーく見ると・・・・・

スライド3
地図21
ああっ!
数字1は冒頭の、木でいく手を阻まれたY字ポイントの位置。
そして2のいくつかある赤い丸の中にナニかが見えますね!

RIMG0186_20170510160154590.jpg
93
ああっ!
複線以上ある幅の架線柱!

RIMG0187_20170510160155132.jpg
94
さらに先に進むと・・・・

RIMG0189_2017051016015678e.jpg
95
アアッ!

RIMG0190_20170510160157c80.jpg
96
いままで進んできた架線柱の列の右側にもう一列!

RIMG0192_20170510160159907.jpg
97
右側のヤツ!

RIMG0193_20170510160200837.jpg
98
左側のヤツ!

RIMG0194_201705101602021dc.jpg
99
左が左側のヤツ、右が右側のヤツ!
あったりまえやないけ(大糞核爆)~~

RIMG0197_20170510160205ac0.jpg
100
左と右はこんな関係で立ってます。

そう!
こここそがあの、砂利取り駅であった安比奈駅の跡だ!

冒頭の木で立ち行かなくなったY字ポイント。
あそこで二股に分かれて、それぞれがヤードになっていたのでしょうか?
さらにこの先、ナゾの物体が次々と!
ぜひ、お楽しみに(ダレがいっ!?)!

西武安比奈線廃線跡を逝く(その5) 八瀬大橋から水道橋までの巻 

ふたたび刻んでまいります。
スライド4
地図4(再々再々掲)

スライド15
地図15(再掲)
無事に八瀬大橋を越えたところで、見えてきましたその向こうの曲弦トラスの水道橋まで、今夜はDブロックの後半でアリマス!
地図でいえば、カーブの途中で大きな道が横切ったトコから左方向へモンデンススミます。

RIMG0165_20170426180012570.jpg
78

RIMG0166_20170426180013237.jpg
79
このあたり、荒野に線路が見え隠れして、オレの大好きな風景です。

RIMG0167_201704261800168e4.jpg
80
ここで一瞬振り返ります。
そう、さっき遮られた、中途半端な高さの自動車道。
コレを見れば、ついこのあいだまでこの場所で計画中とされていた西武の車輌キチ計画ってホンキだったのかどうか、アヤしい感じがしてまいります。

RIMG0168_201704261800166c9.jpg
81
水道橋を前にさらに進みます。
いよいよ線路がおぼつかなくなってまいりました。

RIMG0169_20170426180016f31.jpg
82
もう一度振り返ります。
自動車道からだいぶ進みました。
でっかいどー、ほっかいどー!

RIMG0171_20170426180018a7a.jpg
83
水道橋が近づいてきました。
線路のゲージがヤバくなってます。
周辺は灯台もと暗し× モトクロスの練習場でブンブン走りまくっています。
きっとソレにやられたんでしょうね・・・・

RIMG0172_20170426180020056.jpg
84
アアッ!
左のレールがバキっと折れて、その先、クルマで踏み固まれた部分には線路jは有馬温泉!

RIMG0173_20170426180022e7f.jpg
85
もう一度振り返り、バキっと折れたところを見ます。

RIMG0174_20170426180022d08.jpg
86
でもその先はふたたび線路が復活!

RIMG0175_2017042618002488f.jpg
87
線路は続くーよー

RIMG0176_20170426180026ec0.jpg
88
ここまでわ~(糞爆)

線路の延長線上、水道橋のすぐ手前に大きな木が立っています。

RIMG0177_20170426180029f6a.jpg
89
あ!

RIMG0179_20170426180029ce4.jpg
90
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ~

RIMG0181_201704261800318ff.jpg
91
よりによって、Y字ポイントのど真ん中から木が生えてますうううううううううううううう~~!
モハモハちゃんもおっしゃってましたが、ホント、50年の年月はこんなに木を育てるのでしょうか?
木のすばらしい生命力に、ただ、ただ神秘を・・・・
感じませんよっ(大糞核爆)!

いよいよ次回「から」は華僑×、佳境、安比奈駅構内へ進みます。
お楽しみに(ダレがっ!?)!

西武安比奈線廃線跡を逝く(その4) 圓福寺から雑木林を抜けて八瀬大橋までの巻 

みなさん、今夜もおたのしみの時間がやってきてしまいました!
それでは今夜もアノ地図4からスタートしましょう!
スライド4
地図4

今夜はいよいよDブロック!
終わりが近づいてきましたね!
そこでおたのしみはとっておく、の原則通り、今夜はDブロックの前半だけ(大糞核爆)!
・・・またトモダチ、減らしそうです。。。
そもそもすくないトモダチ、ゼロになるかも♪

スライド13
地図13
Dブロックの拡大図です。
右下に圓福寺、そしてちょろっと見えている青の点線がここまでの線路跡。
(←圓福寺まで)

でも、その先にも線路跡らしき線は見えません。
しかたない。
人工衛星を飛ばすことにしました!
スライド14
地図14
Dブロックのところです。
右下に圓福寺とここまで線路に沿ってきた直線道路がちょろっと写っています。
でもその先はホンキで雑木林のようですが・・・・

ああっ!
雑木林になにやら薄くなっている部分がっ!

スライド15
地図15
薄くなっている部分をなぞってみると、左へ大きくカーブするラインが!
そう、この赤い点線こそ、この先の安比奈線のルート!

RIMG0129_201705011257245ac.jpg
55
まずは圓福寺にて。
雑木林に突っ込んで終わる線路跡をおさらいしておきましょう。
道路が横切るところだけ、線路が見えますね。
その線路の延長上は?

RIMG0130_20170501125724533.jpg
56
ああっ!
木と木のスキマに線路がっ!
奥になにやら白ズボンのたくさんのアホの姿が!

・・・なんかの撮影のようです。
オレ、こいつらキライです(大糞核爆)。

RIMG0133_20170501125726d9f.jpg
57
かまわず進みます。

RIMG0136_20170501125728a02.jpg
58
雑木林を抜けました!

RIMG0137_20170501125730207.jpg
59
その先に、ガードレールが見えてきました。

RIMG0140_20170501125731328.jpg
60
左へ少しけば、あのうどん屋のはずです。
(←うどん自殺可能!)

RIMG0141_20170501125733b70.jpg
61
ここに限らず、立ち入り禁止です。
でもここのはなんとなく、マジで立ち入り禁止っぽい雰囲気がありますね。
座って入りましょう。

RIMG0142_20170501125733730.jpg
62
スグに鉄橋です。鉄橋にはさらに頑強に柵が施されています。

RIMG0143_201705011257355bd.jpg
63
RIMG0144_20170501125737eef.jpg
64
列車にはムリでも人間の登坂能力をもってすれば平気でわたれます。

RIMG0145_20170501125738332.jpg
65
足元注意です。
立ち入り禁止なのになぜ足元注意なのかわからないし、
大体、どうやって足元に注意すればよいのかもわかりません(大糞核爆)・・・・

RIMG0147_20170501125740cf2.jpg
66
人工衛星から見たとおり、線路はここから左へ大きなカーブを描く築提が続きます。でも、右側の木はどうしたって車輌に当たります。
専門用語では「限界越えとるやないけ~」といいます。

あ。足元。

RIMG0149_20170501125741ea9.jpg
67
足元を見るとなんと木の根が線路から持ち上がっています!
これも専門用語では「限界越えとるやないけ~」といいます!

RIMG0151_20170501125743b30.jpg
68
ああっ!

RIMG0152_20170501125744646.jpg
69
うわああああああああああああああああああああ
木の根が線路に、まるでエイリアンのように絡みついています!
限界越えとるやないけええええええええええええええええええええ~~!


RIMG0153_20170501125745d99.jpg
70
かわいい犬釘

RIMG0154_20170501125747831.jpg
71
朽ちた木が転がり、前方には八瀬大橋へつながる、大きな自動車道の勾配が見えてきました。

RIMG0156_201705011257502f2.jpg
72
左手にはゴミ、正面には自動車道!

RIMG0157_20170501125818bf0.jpg
73
線路は左へカーブしながら、自動車道にブチ当たって終わっています。

RIMG0160_20170501125819906.jpg
74
右を向いても左を見ても、延々と自動車道のコンクリが続きます。

RIMG0161_2017050112581913a.jpg
75
こうゆうときはどっちへイケばよいか、いや、スマホって便利です・・・・
って、なんにも描いてへんやないかー!

RIMG0162_20170501125820927.jpg
76
右へ少し進むと、運よく、向こう側に抜ける場所がありました。

RIMG0163_20170501125822285.jpg
77
向こう側に抜けるとさらに荒涼とした風景が広がります。
この自動車道、高さが中途半端で、列車はトンネルでくぐるわけにもいかない。
復活を企てるならココが全線で最もヤバい場所です。

前方の曲弦トラスは立派に見えますが、厚みは水道管1本か2本の水道橋であります。
(つづく)