続・それにつけても、なにはともあれ103けーの方向幕  

しこしこと音を立てながら作っていた、あの103けーの方向幕。
(←しこしこ)

ついに完成しました!

途中で国鉄フォント無料DLあるでよ~と余計な情報が入り(核爆)、そっちを使ってやり直そうかとも考えたのですが、実はオレのホウがかっこええやん♪、というワケで、
結局、フル自殺フォントで押し通す!
(←国鉄フォント無料ダウンロード)

R1112462.jpg
前面用

R1112463.jpg
側面用

R1112464.jpg
試しプリント

このまあまあな印刷物は近日発売のホビーメイト バ× オカの103系(新製冷房車・冷房改造車)キットに添付される予定!
ぜひ!

オレはもうええけど(糞爆)・・・・・
(←ホビーメイト バ× オカの103系(原型)キット(上)はこちら!)
(←ホビーメイト バ× オカの103系(原型)キット(下)はこちら!)




スポンサーサイト

国鉄書体の方向幕の件、その後日談 

先週の水曜日だったか、旧いバージョンながら、イラストレーターソフトで必死こいて国鉄書体を捏造している記事をアップしました。
(←103系方向幕絶賛製作中!)">(←103系方向幕絶賛製作中!)
しかも、いつもバカにされる一方の小職の工作、
めずらしくコレだけは各方面からおホメのお言葉を頂戴し、悦に逝ってたのは事実です(大糞核爆)・・・・

そこへ!

あの、高級NゲージャーのDちゃんから不幸のコメントがっ!
(→Dちゃん)

**************************************************
国鉄方向幕書体ですが
こんにちは。
重複してましたらすみません。
ご存じとは思いますが、
方向幕書体私は下記から
無料ダウンしました。
http://makufont.dip.jp/memo/?page_id=1178
[2016/02/04 21:24] URL | D-Train [ 編集 ] TOP ▲
****************************************************

ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~

そんなもん、しらんがな、しらんがな、しらんがなああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼~~


・・・というワケでさっそくダウンロードしましたっ!

スライド1
仕事中ですから試したアプリケーションはパワーポイント。
まずは、フツーにMS Pゴシックでテキトーに地名をタイプ。

スライド2
フォントとしてインストールされてるので全選択して、フォント種類から「国鉄方向幕書体」を選択すると!

スライド3
ウワアアアアアアアアああアアアアアアアアああああああああああああああああ~~~!

もちろんこのままでは使えず、やはりイラストレーターを駆使して平体かけたり、文字間調整したりせなあかんです。
しかもちょっと太すぎるような気もしますが・・・
細いならイラレ上でアウトラインを取り、輪郭線を太くすればいくらでも調整できますが元が太いと細くするのは困難。
やっぱオレのヤツのほうがエエか(おまる糞爆)?

ダウンロード後、OS付属の解凍ソフトでは解凍できず、「Lhasa」などの解凍ソフトをインストールしたり、
「解凍できません」という紛らわしい名前のファイルをいくつか開いて解凍パスワードを取得したりと
案外手間はかかりますが、この字体がフツーにパソコンで打てるとなりゃそれぐらいの手間は屁でしょう。

また、この「ロールズ・プロジェクト」のサイトでは
各私鉄用フォント、客車号車札フォントなど諸々の鉄道用書体を無償、または有償でダウンロードすることができます!

いや~おそろしい。
みなさんもぜひ、いまスグ!

(→ロールズ・プロジェクト)

*この記事を書くまで、前回の「103系幕絶賛製造中」へいただいたコメントへのコメント返しを隠しておりました。これからお返事書きマス、スミマセン・・・・

それにつけても、なにはともあれ103けーの方向幕 

103系の方向幕をイラストレーターというソフトで作っています。
あのおっちゃんに見くびられているボクですが、コレで
ちょっとだけ
見直したそうですのでご紹介しましょう(糞爆)。
(→ちょっとだけ見直す)


スライド1
いま、製造中の画面。
画面中央から右にかけてのデカい部分が新しく作っている冷房車用のもの。
ご存知のとおり、103系の方向幕は冷房化と同時に側面にも追加され、正面のものも含めて電動化されました。
電動化された幕に収められる行き先の文字はこれまでの丸ゴシックではなく、基本は角ゴシック、でもヘンなところが丸い、むちゃくちゃなフォントです。
たぶん、183系以降の特急電車や、113系冷房車なども同じフォント。
もちろん、パソコンにプリセットされたフォントにこんなもんはありません。


スライド2
1の画面の左上部分を拡大したもの。
非ユニット窓、非冷房の完全原型専用フォントです。
このほとんどはホビーメイトオカの103系原型キットに使ってもらいました。
原型は後に、青梅線・五日市線や大阪の桜島線など101系路線に転用された際、
ありものの101系の幕をぶっこんだりしましたので、その101系幕も含まれています。
101系の方向幕は103系に比べ、天地は同じだが左右が狭いので、101系の幕をぶちこむと左右寸法が足りなかったりします。
また、103系からは濃い紺色となった国鉄の幕字体ですが、101系用はほぼ黒文字でした。


スライド3
長細い点線で囲まれた部分が作業スペース。
イラストレーターをお使いの方はもちろん当たりまえにご存知でしょうが、このソフトのスゴいところはパソコン文字をベクターデータ(線情報)に変換できることでしょう。
線情報なので、勝手に文字の形を変えることができます。
使えそうなところは使えそうなフォントのベクターデータを加工したりもしますが、ほぼ、ゼロから図形として文字を作っております。


スライド4
こんなむちゃくちゃな文字がパソコンフォントにあるわきゃないやろ!

原型時代に比べて爆発的に増えた行き先。
しかも側面方向幕はぜんぜんプロポーションが違うので作り直し。
まだ先は長いです・・・・


GWに見た夢 阪神国道線金魚鉢! 


またまた出ました、ニッポンで2番目に有名な電車のモケー。
そう、今からちょうど40年前、厨房のときに作り掛けた阪神国道線金魚鉢!
(←本日の出土品コーナーはこちら)

モデモからNゲージの完成品はもうすぐ発売になるは、
トンボ出版はあんな本を出すわで、最近にわかに再注目を浴びている金魚鉢(ホントに注目されてるのか!?)!
(←トンボの本はこちら)
もちろん、以前からあの高間本もありますし、モケーを作るに資料には困らない状態!
(←高間本)

そうです、この出土品を完成に持ち込む機会がついにやってきたのです(大糞核爆)!

そこで、まずは出土品の詳細を確認することにしました!

A面
RIMG0001_201405042204386f8.jpg
屋根のカーブはなかなか71形の特徴を再現しているようにも見えます(糞爆)。
側窓と正面の窓の下端は大体そろっています。

RIMG0016_201405042204407c7.jpg
RIMG0017_201405042204547b9.jpg
RIMG0018_201405042205171f1.jpg

B面
RIMG0002_20140504220439cc1.jpg
A面に比べて屋根カーブが直線的ですね・・・
正面窓下端は側面よりずいぶん上に位置しています。

RIMG0020_20140504220517ef8.jpg
RIMG0022_20140504220546f0d.jpg
RIMG0021_20140504220629254.jpg

ん?
正面窓が側面より上がっているのは71形・・・
屋根が角ばっているのは201形や!
・・・ということは
この電車、
A面は71の屋根、201の窓
B面は201の屋根、71の窓、っちゅうことになります(大糞核爆)!
ようするに、ナニ形にもならんっちゅうこと(超大糞核爆)!


RIMG0025_20140504220630af2.jpg
上から見たら、なんとなく運転台側窓の部分が絞り込んであり、コレは71形の特徴ですね・・・・

きっと、当時、71と201の違いがわからず、ソコにたまたまあった写真を見ながら作った結果、むちゃくちゃになったんだと思います!

RIMG0023_20140504220630627.jpg
ドア後端で前面と側面を継いであるのですがこのあたりのグズグズはもはや致命的!

それでも、こいつを完成させる悪い夢を見るゴールデンウイークでございます。。。



今夜ついに阪急1010系完成! 


これは30分ほど前の机の上です・・・・

きったねええ~~!

でも、よく右の方を見てください!


RIMG0007_20120923213327.jpg
さきほど阪急1010系1020Fがついに完成しました!

RIMG0002_20120923213327.jpg
これみよがしに製品との比較です!

これから2、3日、製造記録をねちねちと書いていく予定です。
お楽しみに!

だれか楽しみにしてます?
(←これまでの製造工程を1から読む、は、こちらからどうぞ)

*さすがにさきほど机の上を片付けました・・・