仙石線アコモ改良73形4連【1978年】 その7 最終組み立ての巻  

いよいよやってまいりました!
苦節4カ月・・・
でもここからが本当の地獄でした・・・・
(←これまでの工作はこちらから)

床下洋一

仙石線の73といえばドロドロの姿しかアタマにないです。
そこでコレまた40年ぶりにウェザリングとやらをちょろっとマネてみました。
・・・といってもエナメルの艶消しオレンジみたいな色を作って噴いただけです・・・・

RIMG0004_201312191228406ef.jpg
台車もやりました

RIMG0008_20131219122841982.jpg
動力ユニットもやりました。
でもメカにメっぽう弱い王様はコレを組み立てるのさえなかなかたいへんでした。
古典蒸機をフル自殺するアイツらの神経がさっぱりわかりません(糞爆)。

屋根二郎
RIMG0001_20131219122842702.jpg
最初はタヴァサの台座を屋根に貼り付けてTOMIXのベンチレーターを押し込んでいましたがどうもウマくいきません。

RIMG0002_2013121912284301a.jpg
ここは台座とベンチレーターを組んでから屋根に差したほうがいいみたいです。

RIMG0005_201312191228445b9.jpg
パンタは艶消し黒塗り、碍子や配管に色差ししてから、パンタ回りにも床下より黄色が強いエナメルを吹きました。

窓サブロー
本当の地獄がここから始まるとは思ってませんでした・・・・

RIMG0008_2013121912301668b.jpg
まず取りだしたのが鉄コレ山陽電車!

RIMG0009_201312191230179d7.jpg
バラして窓ガラス以外はゴミ箱へ捨てます(核爆)!

RIMG0015_201312191230188fd.jpg
さらに窓ガラスを
バチバチに
切りまくります!

RIMG0001_201312191230192a6.jpg
どないもならん状態ですが、とにかくくっつけました、、、

RIMG0014_2013121912302052b.jpg
泣いてても仕方ありません(糞爆)・・・・

RIMG0010_20131219123021d9d.jpg
もっとヤバいのが妻面角です・・・・

RIMG0003_201312191231134fd.jpg
RIMG0004_20131219123114625.jpg
ウラ側まで削ったり切り飛ばしたりしながらなんとか押し込みました。

RIMG0006_20131219123115650.jpg
もうワロてなしゃーないです・・・・

もっとヤバいのが!

RIMG0007_201312191231168cd.jpg
先頭部!

RIMG0009_2013121912311739b.jpg
ライトユニットをむりくりブチ込みますと
前面のHゴムパーツも吹き飛びました~(大糞核爆)!

スポンサーサイト

仙石線アコモ改良73形4連【1978年】 その6 塗装の巻  

細々と続けてきた仙石線電車の工作ですが、きょうは
ドッガーンとやりました!
(←これまでの工作はこちらから各リンクを踏んでください)


RIMG0005_201311241640327a4.jpg
RIMG0004_20131124164033d13.jpg
RIMG0002_20131124164034587.jpg
昨夜のうちに塗る色ごとにパーツを台紙やわりばしに両面テープで貼りつけておきました。

そこで・・・
やっぱりディテール不足が気になりはじめます!

RIMG0006_20131124164035faa.jpg
RIMG0007_201311241640366cb.jpg
まずはATS車上子。
こいつ、普通に床下についてるのではなく、連結器直下の目立つトコについてるんですわ。
銀河のパーツを適当に切ったり折ったりして、例の「なんにでもよくつく瞬間」で、TNカプラーの裏面に貼り付けました。

RIMG0008_20131124164126757.jpg
続いてクモハのパンタ鉤外し。
なんと!
モハにはモールドされてる鈎外し装置がクモハでは忘れられています(糞爆)。
これまでどう使えばよいのかわからんかったボナの割ピンに付属している「鈎外し用」と称する「Y」の字型のエッチングパーツですが、どうやら途中で90度に折り、屋根に差して鈎外しのリンク機構を表現するみたいです。
まあ・・・
気が狂うような工作でした!

しかも初めてのことでぜんぜんウマくいってませんが、なんとなく雰囲気は出ます。
今後も精進してウマくこのパーツを使えるようにしたいです。

ここまで昨夜作っておいて、今朝からいよいよ塗装工事!

一昨日、祐天寺モデルスでコレを買っておきました・・・
RIMG0009_20131124164127f13.jpg
ガイアノーツのマルチプライマー!

ええで~、安いで~と
LazyJackしもやんに言われていたのですがドコで売ってるかわからんかったのは
巷でもウワサのミッチャクロン。
このガイアノーツのマルチプライマーは
単にミッチャクロンを小分けにしただけのお手軽製品(核汗)!

しかもお徳用のミッチャクロンの数倍のお値段(大糞核汗)!

小分けにしたらそんな高くなるんカー嗚呼嗚呼~

それでも!
ドバーっと吹きました!
結果は!
車体がどろーんと(核泣)

原液で噴いたのですが、やはり粘度がそこそこあったのです。
でも心配は無用。
乾けば、ちゃんと薄く延びました。

RIMG0015_2013112416412825c.jpg
ミッチャクロンが完全乾燥するのを待って、各パーツを台紙ごとグレーだのつやけし黒だので噴きます。

RIMG0014_20131124164127a34.jpg
車体はツートーンなのでまずはグレーを吹いて下地を均一にしました。

RIMG0016_20131124164129e59.jpg
ファルベのウグイスを吹いて完成!

RIMG0020_2013112416413089a.jpg
RIMG0021_201311241641406b8.jpg
盛り杉でぐちゃぐちゃになっとるんではないか、と心配した前面ですが、なんとかまあまあですね。

普段ならコレで組み立てて完成~♪
・・・・なんですが
今回はこれから窓をどっかから持ってきて、
いっこずつ貼って行くというこれまた気が狂いそうな作業が残っております・・・

仙石線アコモ改良73形4連【1978年】 その5 屋根と床下の巻  

相変わらず細々と続けております・・・
車体の加工が大体完了したので今度は屋根と床です。
・・・といっても所詮Nゲージ。TOMIXのいい加減な床下をどうにかしようとしても相当なことをしなくちゃいけないので先頭部のちょろっとしたディテールを追加するだけ。
屋根のパンタ配管などは逆に深いモールドでイイ感じなのでこちらも仙石線の特徴である東海型ベンチレーターに交換するだけです。

まず、TNカプラーのジャンパ栓のモールドは左右とも1こという悲しいことになってますので
クモハ用は向かって右に
クハ用は向かって左にジャンパ栓を追加します。
例によって0.3mmのプラ帯材に0.9mmの穴を開け、0.88mmの丸棒をブチ込みました。

でもね。
TNカプラーってなんかぐにゃぐにゃした素材なので瞬間接着剤が効かない。
そこで!
RIMG0002_20131112210446220.jpg
コレです!

1344円(核爆)!

・・・高いですがよく効きます。。。

RIMG0003_20131112210447449.jpg
丸棒の先端にさらにエッチングパーツのジャンパ栓フタを貼りつけて完成したTNカプラー。
上記のジャンパ栓の他に銀河の空気管を1本切り取って2本にしたものをジャンパ栓を追加したのと同じ側に取り付けました。

RIMG0004_20131112210447ce1.jpg
屋根はタヴァサの仙石線用ベンチレーター台座を取り付けるべく、まずはガラベンの台座をカッターで切り落とします。

RIMG0005_20131112210448886.jpg
軽くペーパーを当てるといらんとこまでキズを付けました(爆)。
まあ、あとで2000番で研摩すれば大丈夫です。

RIMG0006_20131112210449327.jpg
千鳥配置される東海型ベンチレーター用に1.3mmドリルで穴を開けて屋根板も完了。

ふと、仙石線なのだからドアに手動開閉用の取っ手がついていたことを思い出し、取り付け穴を開けることにしました。
RIMG0008_20131112210521124.jpg
めんどくさいですが出来上がったら効果的であることを祈ります。
なお、取っ手そのものは塗装でぼってりしないように車体の塗装後に取り付けることにしました。

RIMG0007_20131112210520cdc.jpg
真鍮パーツに交換したドアはさらにめんどっちいです。

そこでまた気が付きました・・・
RIMG0009_2013111221051901f.jpg
サハです。
ヘンなことになってます・・・・
一部の例外を除き、サハ78はモハ72と異なり、ドアは中央を境に引き分け、すなわちすべてのドアが車端側に開くのですが、そこはさすがトミックス、サハもモハも同じです(大糞核爆)。
仙石線用に窓をバリバリやった際にちゃんと戸袋は車端側になるよう残したのですが
ドア下部の取っ手までは気にしてませんで、
結局、ドア上部と下部の取っ手が左右に分かれて付いているというありえないドアに!

ここでそっと目を閉じることにしました(核爆)・・・・

仙石線アコモ改良73形4連【1978年】 その4 ディテールを取り付けるの巻  

バリバリが完了しましたのでディテールを取り付けます。
RIMG0008_20131017225819305.jpg
まずはクハです。
タヴァサ、銀河、ボナ、トレジャーとテンコ盛りに盛りました・・・
特に銀河のタブレット保護柵とトレジャーのサボ受けは
穴開けを正確にやらないとハマりませんので死にそうでした。
しかもタヴァサのHゴム窓エッチング板はそのまま表から貼り付けることを考慮してかへろへろでして
ちょっと接着のため押えると押えクセが付いてしまいます。
結局、仕上がりはへろへろです(爆)!

RIMG0093_20131017225747e21.jpg
続いてクモハです。
原型窓がステキです。

が!

RIMG110003.jpg
またバリバリっと!

RIMG0007_20131017225820db3.jpg
そしてペタっと!

結局Hゴム改造を受けた後の魅力にも抗えず、ヤってしまいました・・・・

RIMG0094_201310172257470e4.jpg
モハです。
手すりをいくつか付けただけです。

RIMG0095_201310172257482b0.jpg
サハです。
なーんも付けてません(爆)。
でも側面端部を見てください!

RIMG0001_20131017225749236.jpg
仙石線の電車にはこんなところにサボ受けが付いてマス。
差さってるところは見たことがないのですが、何が差さってたのでしょうか?
それにしてもこのトレジャーの「サボの差さっていないサボ差し」というタイトルのパーツ、
どうやってくっつけたらいいんでしょうかっ(核爆パーツ)!?

仙石線アコモ改良73形4連【1978年】 その3 ドアもバリバリの巻  

みなさん!
1カ月以上のごぶさたです!
ほそぼそと続けております・・・・
(←これまでの工作はこちらから)

窓をバリバリやった後はドアもバリバリ。
まあ、ドアを交換した場所だけですから窓に比べりゃシレてます。

RIMG0002_20131015215824cac.jpg
でも、正確にヤスらねばなりません!
なぜなら!
RIMG0003_201310152158256cc.jpg
交換パーツがぴったりハマらないとハズかしいことになるからです!

RIMG0004_20131015215826b1a.jpg
続いて正面窓もバリバリします!

RIMG0006_201310152158262c2.jpg
とりあえずMc車は原型窓を残しました。

RIMG0019_201310152158276db.jpg
RIMG0022_201310152158444ec.jpg
窓をバリバリしたら、手すりやステップなどの別体化を目指して穴も開けました。

RIMG0024_201310152158459c7.jpg
妻面も含め、バリバリし終わった4両です。