近急 

さっき、ヌッキーナちゃんから突然メールが届きました。
もちろん、もうすぐメールが来るよ、とはメールは来ませんのでいつもかならずメールは突然やってきます!

一昨日のデハデハコンペの発表の際にNGとした
「篠山急行電鉄」や「近畿圏高速度急行電鉄」って一体なんやねん、と思われた方もいらっしゃることと思います。
(←第2デハデハ発表)

Kinkyu - コピー
コレが近急の株券だ(大糞核爆)!

近急懐かしいな、

確か株券もあったはず。
探してみます。

とコメントをヌッキーナちゃんからいただいて

近急の株券(糞爆)、
はよ見せて~~

とお返事したらさっそく送ってきてくれたのだ!
(←ヌッキーナちゃんのコメント)

発行日は昭和49年6月20日・・・・・
42年前の今日やないかあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼~~!

それではヌッキーナちゃんのメールをご紹介して今夜は終わりにします。
ヌッキーナちゃん、ありがとう。
ボンニュイ!

今だったら簡単にプリントできるのが手書きというのが
時代を感じます。

昭和49年6月20日と日付が入っていますので、42年前です。
(しかも今日!)
我ながらモノ持ちの良いのには感心してしまいます。
あのブログ読んだ瞬間にこれのことを思い出し、
収納している場所も瞬時に探し出しました。

裏面には
-東京、大阪の証券取引所でいつでも換金できます。
-證券を破ったりしわをつけたとき、換金できない場合があります。
と注意書きがあって、結構真面目に作ってあります。
マセタ中学生だったということで、
まだブログネタにどうぞ。

スポンサーサイト

C51225 

当糞ブログのご愛読者にC51225殿、とおっしゃる方がいらっしゃいまして、度々たのしいコメントをお寄せいただきます。
C51がお好きなのはわかりますが、225と特定番号を名乗る、ということはかなり特殊な事情があるに決まっています(笑)。
そう!
C51225は亀山機関区で過ごした最末期まで、その美しい原型のスタイルを守った貴重な1台。

先週末、大阪の実家に保存してある古いTMSをぱらぱらしておりますと!

1973年1月号!

RIMG0003_20130716222408.jpg
おおっ!
C51225@亀山!

RIMG0002_20130716222409.jpg
しかも、図面付き!

当時のTMSにはたしか毎号、1/80の図面がなにかしら載っていました。
しかも、模型寸法を載せるとウソになり、さらに模型製作者の自由意思を削ぐという理由で寸法はすべて実車寸法。
CADなんてない時代にそれは美しい手書きの図面でしたね!

RIMG0004_20130716222410.jpg
裏表紙はあの名著、「蒸気機関車の角度」の自社広告。
発売直後の「蒸気機関車の角度」の宣伝を兼ねた記事だったのでしょう。
いやーC51225、美しい!
1973年のTMS、たのしい~~!

思い出の阪急2200系 

一昨年の10月、発掘された出土品です。

またでたー!ペーパー製、16番の阪急2200系!
(←出土した2011年10月の鉄コレ阪急3000系発売日のお話はこちら)

現在、GM7000系ベースで阪急2200系を作っています。
(←阪急2200系の製造記事はこちらから)

そこで今夜は阪急2200系の思い出を綴ってみたいと思います・・・・

SCN_0002.jpg
なんですかー!?このゴミ箱の写真は~!?
時は1977年。初夏の武庫之荘の駅の葉桜からの木漏れ陽が美しく、そしてそこへ!
2200系がっ!

あまりにあまりの写真でなにを狙ってどうなったかさっぱりわかりませんがっ!

・・・・さて。
IMG_9219.jpg
IMG_9218.jpg
Tc 2250

IMG_9220.jpg
IMG_9221.jpg
M 2700

模型はもちろんアレな上、写真もアレアレですみません。
この模型、当時スケッチした実車のものをベースにほとんどの床下機器はプラ板から自作したのです。
へろへろではありますがきっと間違いはないと思います。
しかも平滑レアクトル装置はハミガキ粉のチューブのフタですがっ!

・・・・オノレが37年前に作った模型を見ながらまた作るってなんだか
オナニーのオナニーのオナニーみたいで気持ちいいです(核汗)・・・・

本日の出土品 

朝から実家の押し入れで発掘作業です・・・

出土しました!

高校1年生のとき作りかけてた阪神国道線、甲子園線71形!通称「金魚鉢」。スケールは1/80。
窓が大きく、窓の直上から屋根カーブが始まるため、窓を抜いてから屋根を曲げてはめくれ上がってしまうため、なんと0.3mm真鍮を曲げてから糸鋸で窓を開けるという超愚労品!
なぜ、若い時は無茶をするのでしょうか!?
いや、歳とっても無茶してますが!

DSC_0051_20121021105237.jpg
へろへろではありますが、なんとか上昇する下段窓が表現されてます!

DSC_0049.jpg
両端で屋根のカーブが違ってます(汗)。
しかし、左後方でへちまのように車体全体が曲がっているのも見逃せません!
さすがにこれは工作技術が劣っているためではなく、阪神大震災の際になにかに押しつぶされた、と母がヌカしております。。

DSC_0050_20121021105238.jpg
ちょっとかわいそうな気もします・・・

ここまで作ったはいいけど、このあと、台車や動力をどうするつもりだったか、アンチクライマーやヘッドライトは?
思いだせないんじゃなくて何も考えてなかったんだと思います(核)!

わけあって高校1年生の1学期だけ、コレで阪神国道の上甲子園~甲子園間を通ってました。
1学期が終わる前に、廃止になったのです・・・。
ここまで出来た段階で梅田のマッハ模型に見せに行ってオカさんがめずらしく少しホメてくれたことを覚えています。