FC2ブログ

東急電鉄 車輌と技術の系譜 

JAMから3日がすぎ、なんとなくダラーンとしたところに!

東急電鉄 車輌と技術の系譜!

どっかで聞いたことのあるような著者名ですぬー♪

まず!
RIMG0006_20190821115909f2e.jpg
概要!

RIMG0007_201908211159102b2.jpg
そしてカラーグラビア!

第1章は?
RIMG0008_20190821115911ad5.jpg
古い東急電車が完全網羅されてる!

RIMG0009_201908211159380f0.jpg
更新後の姿も、そのディテールもバッチリ!
著者の荻原さんはもしかしてモケーもお好きなのでしょうか(大糞核爆)?!

はい、アホほどお好きです(大糞核爆)・・・・

さらに!
RIMG0010_2019082111593805c.jpg
この章で取り上げた旧型車の譲渡先での姿も網羅!

続く第2章は?
RIMG0011_201908211159392c8.jpg
もろちん、黎明期の高性能車!
5000系を中心に5200系、6000系が!

RIMG0004_20190821115906b37.jpg
同じ著者ではこの本も有名ですが、タイトルのとおり、5200系以降のステンレスカーに焦点をしぼった内容。
5000系以前の旧型車についてなかなか知ることができませんでーした。

RIMG0003_20190821115904d9c.jpg
これもいい本ですが、これも旧型車についてはほとんど触れてなく、余計になにがなんだかわかりま温泉。

RIMG0005_20190821115907753.jpg
レイルロードのこれまた同じ荻原様の解説によるこの本はスゴいですが入手困難!
ここにきて、東急車をここまで網羅するこの本はホント、ありがたーい!

第3章はもろちん!
RIMG0012_20190821115941353.jpg
オールステンレスカー!

RIMG0013_201908211159427c3.jpg
ここでも他社へ譲渡された姿を完全網羅!

RIMG0015_20190821120007113.jpg
RIMG0016_2019082112000812e.jpg
第4章、第5章はアレですが(糞爆)・・・・

RIMG0017_2019082112001049a.jpg
第6章は玉電!
せっかく今年のJAMのテーマに玉電もやったのに、、、
もう少し早く出してくれてたらなー

そして・・・・
RIMG0020_20190821120011eec.jpg
巻末のカラーページでも!

なぜか!
RIMG0019_2019082112003488b.jpg
各章にもカラーで掲載される譲渡車がしつこく巻末にも(糞爆)!

さて、この本、以上のように少々小さいけれど、これまで見たことのない写真でぎっしり。
すばらしい内容なのですが、それ以上に楽しいのが!
RIMG0014_201908211200324bd.jpg
東急電車にゆかりのエキスパートを荻原さんが訪ねてインタビューを行うこのページ!
都合3人のエキスパートが登場、車輌設計、製造や相互直通運転のウ・ラ・バ・ナ・シを根掘り葉掘りする!

で!
RIMG0018_20190821120033954.jpg
最後の最後に見たことのある顔がっ!
そう、ここでは逆に著者がインタビューを受けて譲渡車について語っている!
よっぽどしゃべりたかったのか、荻原様(大糞核爆)!?
いずれにしても本全体を通じて、譲渡車にも焦点を当てた構成だと言えるーでしょう。

RIMG0021_20190821120035156.jpg
この内容で2000えん!
東急ヲタだけでなく、広く電車ヲタのみなさん、さあ、本屋さんへどうそ!

スポンサーサイト

東武南宇都宮駅 

3週ほど前、東武宇都宮線南宇都宮駅に降りたことはすでにご報告のとおり。
(←宇都宮え!)

実は餃子を食いに逝っただけではなかったのだ!

IMG_0016_20190625132235b86.jpg
南宇都宮駅は島式ホーム1本で、その北端は階段になっていて、駅舎へは踏み切りを渡る

IMG_0018_20190625132236a76.jpg
あ!

IMG_0020_201906251322371e0.jpg
おお!

IMG_0081_2019062513225853b.jpg
こ、こりわ!
あのときわ台駅とそっくりやないかー!
(←ときわ台駅)

IMG_0035.jpg
IMG_0032_20190625132309da1.jpg
木造平屋の構造に地元特産の大谷石で装飾を施した。
そういえば
ときわ台もなぜか宇都宮の大谷石やないかー!

IMG_0037.jpg
IMG_0036.jpg
IMG_0027.jpg
IMG_0029.jpg
それでは中に入ってみましょう

IMG_0023_20190625132402d36.jpg
IMG_0083.jpg
この空間もときわ台と似た噴霧器× 雰囲気が漂います。

実は、この東武宇都宮線、つぎの宇都宮で終点なのですが!

IMG_0086.jpg
宇都宮と南宇都宮の間、旧宇都宮城外堀に建てられた築堤をくぐる場所にはこれまた大谷石のアレ!

IMG_0121.jpg
宇都宮市内には総大谷石作りのこんな荘厳な教会も!
うーん 宇都宮と大谷石と鉄道施設にはなにかあるなー!

悪の糞道 ミチノクひとり旅(1)まずはDRCで宇都宮へ 


銀座線浅草を降りたが、いつものあの地獄は横目に・・・・

IMG_9968_20190618135354b1d.jpg
この階段を上る!

IMG_9969_20190618135355cbc.jpg
ちょっと55年見ない間にDRC、困難に(糞爆)!

IMG_9971_2019061813535647a.jpg
東武日光行!

IMG_9979.jpg
あの急カーブを曲がって隅田川を渡れば!

IMG_9972_201906181354309b1.jpg
IMG_9973.jpg
なんで栃木へいくのにやっぱりコレやねん(><!?
ようするに、マズいけど好きなんです♪(糞爆)

IMG_9994.jpg
IMG_9996.jpg
利根川を越え・・・・

ついたところは!
IMG_0001_201906181355238f6.jpg
栃木!

DRCのころは停車しなかったそうです・・・・

栃木からは!
IMG_0013.jpg
なんと日比谷線で!

IMG_0081.jpg
宇都宮のひとつ手前、ミチノクひとり旅第1の目的地、南宇都宮に到着!

目的とはもろちん!
IMG_0125.jpg
IMG_0133.jpg
IMG_0149.jpg
餃子!餃子!餃子!
(←餃子の詳細はこちら!)

続・東武東上線 ときわ台駅 

実は駅舎の右となりの壁面に、その駅舎の資料が展示されています。
(←ときわ台駅)

IMG_9825.jpg
IMG_9826_201906052042120bf.jpg
IMG_9827_20190605204213b5d.jpg
IMG_9828.jpg
IMG_9829.jpg
IMG_9830.jpg
IMG_9831.jpg
IMG_9832.jpg
断面詳細図(矩計図(かなばかりず)といいます)まで掲載!マニアックであーります!

IMG_9833.jpg
最後に現在のイラストマップも(糞爆)・・・・

東武東上線 ときわ台駅 


東武東上線で池袋から10分ちょっと。ときわ台駅は昭和のはじめに建てられた木造平屋のアールデコ。
その駅周辺には当時開発された瀟洒な住宅地が広がる。

IMG_9819_20190531134650e13.jpg
IMG_9820.jpg
IMG_9821_20190531134652b47.jpg
ごく最近改修された結果、欧風建売住宅のような風情も漂うけれど、骨格はホンモノ。

IMG_9814_20190531134752ebf.jpg
特にこの、駅舎から線路方向に伸びるコリドールにならぶ、屋根を支える柱列のスチールワークと大谷石の装飾はオリジナリティが高い。

IMG_9817.jpg
IMG_9818.jpg
IMG_9812.jpg
IMG_9803.jpg
ホームから柱列を見下ろす。

IMG_9799.jpg
IMG_9800.jpg
ホーム上屋の柱も廃レールを曲げた美しいもの。

駅舎見学を終え、駅と同じ時期に開発された住宅地を歩いた。
IMG_9846.jpg
IMG_9845.jpg
IMG_9850.jpg
IMG_9856.jpg

歩きつかれて、駅前に戻る。
駅前にはコレだ!
IMG_9869.jpg
キッチンときわあり!

IMG_9871.jpg
キッチンときわありまーす!

ここはもろちん!
低級NOゲージャーであり、超高級アールデコジャーナリストの低NO氏と!
IMG_9872.jpg
酒のんでワー!
(←お料理はこちら)

IMG_9881.jpg
ほろ酔いで駅に向かえば、今日もたくさんの勤め人が家路を急ぐ。