1972年3月14日 最後の「うずしお」 

1972年3月15日に東海道新幹線は初めての路線延長で岡山まで延びました。それまで線路端に向かえば小一時間で153系や181系、485系、583系などの優等列車を何本も見ることができた東海道本線西端の環境は一夜にして激変します。

SCN_0001_ページ_6
なんちゅう写真ですか・・・・
たぶん、うわっ、来た、と焦って撮ったんだと思います。激ヘタですみません。
新大阪から宇野へ向かう特急うずしおの最終日の姿です。
いま、この写真を見て気付いたのですが、これ485系じゃなくて489系ですね。下り方(・・・なので新潟経由で上野まで運べば横軽でEF63をつなぐ上り方です)クハのスカートにジャンパ栓が見えます。

SCN_0001_ページ_5
なんちゅう写真ですか・・・・
大阪から3駅目、立花駅から甲子園口駅へ向かう東海道本線の大きなカーブは少し上り坂になっていて六甲を背景に武庫川の鉄橋へ至ります。わたしの幼少期の電車ウォッチング場所だったのですが、今、鉄道ピクトリアルのアーカイブ版など見ますと星晃氏をはじめ、そうそうたる方々がこの場所で撮影されていました。
最初の写真を撮ってさらにあわてて目の前の築堤をよじ登り、後追いを撮ったのでしょうが時すでに遅し、ですね・・・。

SCN_0001_ページ_7
なんちゅう写真ですか・・・・
きっと「うずしお」を撮って満足して帰ろうとしたら、このキハ181系特急「おき」がやってきたのでしょう。
これまたあわてて撮った様子がよくわかります(爆)。
1970年代初めには阪神間でもこんな空き地があったのですよ。もちろん今は住宅密集地になっています。

さて、母の実家が岡山から伯備線、さらに新見から芸備線に分け入った広島県北部のド田舎にありまして、毎年夏休みにはそこに預けられておりました。
(←新見でのD51の写真はこちらから)
4歳の夏休みには母に連れられて151系うずしおで岡山で乗り換え、大阪から米子へ直通するキハ58系急行「だいせん」(のちの「おき」、特急格上げ後は「やくも」)が設定されてからは「だいせん」「おき」で、何度も通いました。
懐かしいです。

でもこの写真じゃあ
恥ずかしいです。。。

スポンサーサイト

新幹線0系0番台@新大阪【1972年】 

たぶん、1972年だったと思います。朴材を削って0系の1/87モデルを作ることを夢見ました。その資料をそろえるため、新大阪駅へ赴いたときの写真です。山陽新幹線の岡山開業は同じ年の3月ですが、この写真はその前か、後か、記憶にないです。激ヘタ写真ですが、当時の原型の0系の姿はやっぱり素敵です。写真は撮っておいたほうがいいですね・・・
SCN_0001_ページ_1
客ドア直後のステンレス製のサボ受けが懐かしいです。

SCN_0001_ページ_2
N700系もかっこいいと思いますがやはりこの顔!すばらしいデザインだと思います。乗務員ドアのK2はこだま号編成を示してますが、すでにひかり号は16連の時代になっていたのですね。

SCN_0001_ページ_3
同じ下り方先頭車21型を後方から。まだ方向幕も取り付けられていないピュアなサイドビューがいいです。

SCN_0001_ページ_4
下り方から東京行きの列車が入線してきたところ。チューしそうですね(爆)。

色は当時新発売のたばこ、ハイライトのパッケージから。顔のデザインはダグラスDC-8ジェット旅客機や、ほぼ同時に生まれた国産旅客機YS-11を参照した、と伝えられます。日本が誇る技術、といえばこれが頂点だったのかもしれないなあ、と思います。
いまではみんな「まあるい愛嬌のある顔」なんていい加減な表現をヌカしやがりますが、それはいまのN700なんかと比べるからであって、当時、0系しかないときはコレがトンガッた、最新鋭の、カッコイイ顔だったんですよ!

1971年夏 岡山駅 

1971年の夏休み、岡山へ行きました。Nゲージ仲間だったS君がお父さまの転勤でその年の春に転校していったのです。1972年の新幹線の岡山開業を前に153系急行「とも」で大阪から2時間ほどかかったと思います。かばんに関水(いまはKATOのほうが通りがいいですね)の103系、20系ブルートレイン、コキ10000、EF65、それにありったけの線路を詰めて。ユニトラックなんてない時代ですから枕木だけの固定式線路。これを虫ピンで畳に刺して固定するのでした・・・

SCN_000110のコピー
われわれの「とも」に続いて入線してきたのが最新鋭のキハ181系特急「おき」。その後「やくも」と改名、現在も381系で運転されている伯備線の特急列車です。その前身はキハ58系の急行「おき」。「おき」はその以前は「だいせん」を名乗っていましたが、「だいせん」が姫新線経由に改められたことを受けて新しく名付けられたと記憶しています。

SCN_000112のコピー
続いて581/583系「つばめ」。大阪・新大阪始発の優等列車がつぎからつぎへとやってきます。しかもすべて国鉄色!あたりまえですが・・・今から考えると夢のようです。
後方の建設中のコンクリート構造物はもちろん、翌年に開業することになる山陽新幹線の高架駅です。

SCN_000111のコピー
フィルムが露光してしまったのか左半分が真っ黒ですが岡山ローカルの湘南色の80系も写っていました。

SCN_000109のコピー
S君の家は岡山から宇野線でひと駅、大元駅近くにありました。これはその大元駅近くで撮った153系急行「鷲羽」。先頭の低運クハ153には真新しいAU13クーラーが載っていますが、その後ろは窓が全開していますからまだクーラーを載せていないのでしょう。しかも今よく見るとクハに比べてドア幅が狭く見えます。もしかしたら155系のM-M'ユニットを湘南色に塗り替えたものかもしれません。
「ハエタタキ」と呼ばれた電信柱もなつかしいです。今はどんな風景になっているのでしょうか。
つい、昨日のことのように思い出す、41年前の夏でした。


芦屋駅1972年 

で、原鉄道模型博物館(→博物館開館のプレイベント@東京タワーはこちら)の原さんがお住まいの芦屋です、といってもいまからちょうど40年前、1972年の写真。
SCN_000102のコピー
快速電車は今も残る113系。当時はもちろん湘南色です。上り、米原行きですね。
豊饒な阪神間の住宅地の中でも芦屋の風景は特筆ものです。1972年ころはまだまだ松並木の向こうに広がる瀬戸内の海と六甲の山々を背景にした風情ある駅でしたが、その後、巨大な壁のような駅ビルとそれに続くゲタ履きマンションができてからはただの都市近郊の駅になってしまいました。

SCN_000101.jpg
でました!スカイブルーの103系。これなんですよ、私の鉄道趣味の源泉は!1968年に東海道山陽緩行線に投入されてまだ4年しか経ってませんからほぼ投入時のままの姿です。唯一、この写真では標準的な書体の紺色の「普通」となってますが、投入当初は、当局は「普通」なんてアホみたいな幕を用意してなかったのでしょう、もっとふざけてて毛筆で「普通」となぐり書かれていました。(その毛筆の「普通」幕を掲げた写真を探し求めているのですがなかなか見つかりません。どなたかご存じないでしょうか?)
でもその姿が未だにこの世の電車の中で一番かっこいいと思ってます。まあ、なんでも生まれたての赤ちゃんは最初に見た動くものが母ちゃんだと思うのと同じでてっちゃんは最初に感動した電車が一番の存在なのかもしれません。
これは下り西明石行き。先頭車はクハ103-154。1968年に私が初めて乗った103系ですのでプリントの裏にちゃんと車番が書き込まれていました。

大阪駅1972年 

また古い写真が出てきました。
SCN_000106のコピー
新快速!
新快速、といえば221系でも223系でもまさか225系でも、もっと言っちゃえば117系でもなく、この153系ですよ!
当時もすでに老体ムチ打って、ってイメージでしたが、実は登場12、3年しか経ってなかったのですよね・・・。
ご存じの方も多いと思いますが初代はこの153系ブルーライナーではなく、横須賀線からスカ色のまま転じてきて、1970年の万国博の際「万博号」として活躍、万博終了とともにそのままの姿で新快速、として走り始めた113系でした。

SCN_000105のコピー
なんの変哲もない113系湘南色。ですが、先頭のクハ111-300番台だけ冷房車です。それが珍しくて写真を撮ったのだと思います。
6月に発売されるKATOの111系にも「米原」とか「姫路」の方向幕が添付されるそうですが、東海道山陽緩行線の快速電車は当初から113系で111系はいませんでした。
バックの阪急百貨店、阪急ビルはいまはもうありません。後ろの方に写っている梅田コマ劇場も懐かしい。

SCN_000104のコピー
ゴハチの2機並び。いまよく見たらこれ、大阪駅じゃないですね・・・。バックのれんが壁は大阪駅にはなかった・・・。一体どこなんでしょう?
EF58にはいろんなバージョンがあって、前面窓だけでも数えきれないくらいのパターンがあったように思います。でも、この「小窓、非Hゴム」という仕様が当時一番よく見た仕様かもしれません。
ようやく150号機、として「小窓、非Hゴム、ブルー」がKATOから発売されます。楽しみです。

SCN_000103のコピー
露出オーバーでなにがなんだかわかりませんが、当時の0番線だったか環状1、2番線だったかの両側に並ぶ103系冷房車。まだまだ101系天国の時代で、原型非冷房に続いて投入された新製冷房車が珍しかったのです。
この仕様はそのままKATOからすでに製品化されてます。
でも、今度マイクロエースから出る、という大阪環状線オレンジの1次改良車はその存在すら知らなかったです。