遂に全通! 

しばらく前についに動き出した我がへっぽこレイアウトのご報告をいたしましたが、アレからはや3週間、ついに未完成だった裏側の鉄橋部分をちまちま作り続けてついにエンドレスが2本、全通いたしました!
(←3週間前の様子はこちらから!)


以前もご報告したとおり、当レイアウトは原始的な「デュアルキャブコントロール」の概念を勝手に拡大し、なんとも画期的な(爆)「トリプルキャブコントロール」を実現!
切りに切りまくったギャップで分割した区間を閉塞区間に見立て、3列車同時運行を目指しております!
しかし、3台パックを並べるのももどかしく、今日のところは2台。
(←「トリプルキャブコントロール」のコントロールボードはこちら)
手は2本しかないのに「トリプル」って?
はい、ワタシの場合、3本目が・・・・

RIMG0068_20130902201118e04.jpg
コントロールボードを接続!

RIMG0066_201309022011187b5.jpg
当レイアウトの本来のイメージに沿って気動車をスタンバイ!
KATOのキハ181系6連とTOMIXのキハ17+キハ58の混成3連。

RIMG0072_20130902201119c5e.jpg
GO!
Yeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeei!


RIMG0071_20130902202223e95.jpg
GO!GO!
いえええええええええええええええええええええええええええええええええいっ!


RIMG0075_20130902202223b57.jpg
ここが最後の開通区間となった上下2段の鉄橋部分。鉄橋自体がまだ出来てないのでようわかりませんが・・・

RIMG0076_20130902202224f0a.jpg
上方の小さなガーダー橋になる予定のところをローカル3連がっ!

RIMG0074_20130902202225c4a.jpg
右手下方のガーダー橋+曲弦トラス橋になる予定のところを特急がッ!

RIMG0070_2013090220222500e.jpg
交差!

RIMG0073_20130902202226424.jpg
交差!!

たのしくてたのしくて昨日の日曜の夕方、このまま2時間くらい眺めておりました・・・・

スポンサーサイト

6.3.2 【今夜も大ネタ】開通!【祝】 


工事開始後丸3年経ってもだらしなくのたうつ、意味なく色分けされた配線・・・・
廃線、の間違いジャマイカ?・・・・

RIMG0033_20130811220530c96.jpg
ポイントマシンの放射状に伸びる配線は途中でだらりと途切れたまま・・・・

RIMG0031_201308112205311d4.jpg
なにがなんだか・・・・

RIMG0036_201308112205322cc.jpg
わからなくなってきました!

それでも試験はやってくる・・・
RIMG0038_20130811220532991.jpg
左右の台をつなぎ、

RIMG0037_2013081122053307b.jpg
コントロールボードを接続。
(←決死のコントロールボード!はこちら!)

RIMG0039_20130811220719154.jpg
うんともすんとも動きません(爆)!

こんだけハンダづけしてきた配線のどっか1か所でも不良なら走らないワケですよ!
その1か所を探し当てるくらいなら、いっそのこと全部捨てた方がスッキリします(核爆)!

・・・・最後のアガキではて、とユニクリーナーで線路を磨いてみますと!
RIMG0041_20130811220719bdf.jpg
開通した瞬間です!

RIMG0042_20130811220720e0b.jpg
ループ線を上がっていきます!

RIMG0044_20130811220720a43.jpg
エンドレスは途中、鉄橋でブチ切れてますから戻ってきます。

RIMG0050_20130811220721ab2.jpg
リバース線も快調に戻って来ました!

RIMG0051_20130811220721d82.jpg
ダブルスリップもがちゃがちゃと通過!
ややこしいダブルスリップの配線も間違えてなかったみたいです!

RIMG0046_201308112208061c4.jpg
RIMG0045_20130811220807930.jpg
RIMG0047_201308112208071af.jpg
昨夜完成した東急7200系冷房車も走らせてしばらく遊んでおりました!

そこで一句!
配線は 廃線みたい でも走る(糞爆)

3.1 一旦、線路敷設完了! 

路盤を作りつつ、立体交差する上部の路盤を作る前に低い部分の線路を敷くので結局、路盤工事と線路敷設は並行作業となりました。
(→路盤工事はこちらから)


なんとかついに線路敷設完了!
ふたつのヤードやループ線、それにスイッチバックの様子など、このレイアウトの全体構成がおわかりになると思います。
線路はPeco製のフレキシブル。昔々買ってあったコード60のポイントに合わせ、コード60の部分と新しく買ったPeco Fineのコード50の2種を混ぜて使っているのですが、すんなり曲がるコード60に対して新しいコード50はレールを小さく見せるため2重構造のヘンな断面をしていてなかなか曲がってくれません。
しかももちろんのことですがカーブを曲げると短くてすむ内側のレールが端部で飛び出し、それを切断、やすりで仕上げて・・・まあ、かなり大変な作業なワケです。
それでもなんとか、まずはポイントを正確な位置に配置し、その後フレキを犬釘と両面テープを併用しながら取付けていきました。


・・・しかし、この写真も実は一昨年の秋のものです。
前回も申し上げましたが、このレイアウトは収納や移動を考慮して600×900サイズを2つ連結するように計画しているのですが、その連結部分の線路の接続を「なんとかなるや」(笑)でここまで進めてしまっていたのです。
もちろん、なんともなりません(爆)。
連結部分をどうするか、と考えているうちにプラン変更なんてよからぬことを考えるのが人の常・・・(おれだけ?)
そんなことをしていたら一向に完成を見ませんね。
次回はこの写真のプランと、連結部分の線路接続を解決したあとのプランをご覧いただきたく思います。
なお、接続部分の解決策として採用したのはもちろん常識的な伸縮式のユニトラック線路を使う方法です。
(→プラン図はこちらからどうぞ)