南海6001系【1974年】製造編その8 最終組み立ての巻  

いよいよ最終組み立てです。
(←前回の塗装編はこちらから)
(←製造工程を一から復習されるにはこちらからどうぞ!)

まずは組み立て前に行うべき色差し。
RIMG0009_20130117144251.jpg
グレー吹き付けを行った先頭部床下です。

RIMG0015_20130117144251.jpg
エアホースに黒、コックを白で塗りました。

RIMG0012_20130117144252.jpg
パンタグラフもねずみ1号に吹いた上からシュー中央部にカッパーを、碍子に白を塗りました。
さきほどのエアホースコックもそうなんですが、白の筆塗りはけっこうキツいです。
わたしはまず、隠ぺい力の強いMrカラーのクールホワイトを塗り、さらにMrカラーを侵さないエナメルの白を塗り重ねています。

RIMG0009daisha.jpg
パイオニア台車の外側ブレーキパッドはシルバー塗装。コレはまもなく大阪のレールクラフト阿波座からパーツが発売されるそうです。どうせ高いのでわたしはシルバー塗装でいいです(爆)・・・

RIMG0001_20130117144253.jpg
組み立て前、最後の仕事は前面窓のワイパーの切除。まずはスーパースティック砥ぎ石で削り取り・・・

RIMG0003_20130117144253.jpg
右端のタミヤコンパウンドから順に仕上げていきました。

いよいよ、最終組み立てです。
RIMG0011_20130117144701.jpg
屋根上に妙に凝ったランボードを取り付けちゃったので指でグッと押し込むことができませんので、ヨコからドライバーでいちいちツメを押し込みながら屋根をはめ込みます。
それでもパチンとハマらないところは屋根を上からこれまたドライバーなどで押し込まなくてはなりませんのでベンチレータはまだ取りつけずに隠しシロを残しております。

RIMG0017_20130117144701.jpg
前パンcM車の屋根のとりつけ。
車体側の配管と屋根側のヒューズボックスをうまく接合しながらの作業です・・・大変です。

RIMG0018_20130117144702.jpg
なんとか押さえこみました。

RIMG0033_20130117144702.jpg
マスキングの都合でまだ取り付けていなかったパンタ鈎外し線の台座を取り付けます。

RIMG0002_20130117144703.jpg
0.2mmの真鍮線で鈎外し線を通します。
このあと真鍮線と台座にメタルプライマーを筆塗り、さらにガンダムホワイトを筆塗りして完了です。

続いて後ろパンのMc車です。
RIMG0016_20130117144938.jpg
前パン車よりもっと大変っぽいです・・・

RIMG0024_20130117144939.jpg
まずは飛び出した部分を垂直に折り下げ、ひとつひとつ割りピンに通していきます。まだ割りピンは接着してませんので妻面から飛び出させることができるのがミソです。

RIMG0026_20130117144939.jpg
なんとか下まで通りました。

RIMG0027_20130117144940.jpg
線を整えます。0.4mmの太い線材ですが最初に焼きナマしておいてますので意外とすんなり整います。

RIMG0032_20130117144940.jpg
はみ出した下端を切り落とします。

RIMG0003_20130117144941.jpg
さらにcM車同様、パンタ鉤外し線を取り付けて塗装して完了です。

屋根の組み込みでさらに苦労したのがTc車。そもそも製品にはTc車はありませんのでT車屋根を短く切り落として使ったわけですが、同時に車体に押し込むツメも切り落としたことになります。
当然このままでは前頭部屋根は浮いてしまいますし、接着で誤魔化してもきちゃなくなるだけです。
そこで!

RIMG0020_20130117144756.jpg
0.6mmのがっしりした真鍮線で屋根裏側にツメを作ります。

RIMG0022_20130117144757.jpg
車体に組みつけて裏からみたところです。

RIMG0021_20130117144757.jpg
まあまあバッチリ浮きを押え込むことができました。

RIMG0037_20130117145052.jpg
これもマスキングの都合でまだ取り付けていなかった屋根上手すりを取り付けます。塗装をすませてますのでピンセットは禿げてもよい根元部分をつまんで慎重に押し込みます。

RIMG0038_20130117145052.jpg
無事完了!

RIMG0004_20130117145051.jpg
乗務員ステップはレールクラフト阿波座製。

RIMG0001_20130117145052.jpg
ステップ取り付け後はステップの養生のため、車体は浮かせて作業します。

RIMG0007_20130117145225.jpg
BMTNカプラーが動力ユニットのカプラーブラケットが干渉するので中間電動車が無い場合、動力を仕込む車両の選定に困ります。
本作例でもまずは動力台車のアーノルトカプラーブラケットにそれ用のTNカプラーを仕込んでみましたがウマく連結できない、連結できても今度は解結できないという不具合な結果になりましたのでさらにいろいろ考えました。
まずはT車に動力を組み込むことを考えましたがあまりに奇異なので却下。
結局、BMTNカプラーを動力台車に干渉しないよう取り付けるため、スプリング機能をぶっ壊すことにしました。
RIMG0007_20130117145225.jpg
まずは分解。

RIMG0009_20130117145226.jpg
再組み立てして、カプラーが外れてしまわないかテストです。結果は良好!

RIMG0010_20130117145226.jpg
で、動力台車と干渉する部分を切り取りました。(右は切除前、左が切除後)

最後は車番です。
ジオマトりックスの南海用バラ車番インレタは購入していたのですが、なんと1両に4か所のナンバープレートですから1両4か所×8両×4ケタ=128の数字をバラで貼り付けるなんて、途方もありません。
そこで!
RIMG0023_20130117145227.jpg
イラストレーターでデータを作り、

RIMG0022_20130117145227.jpg
クリアデカールに印刷しました!

RIMG0012_20130117145228.jpg
先行試作品のT車を製品のままのT車と並べてみました!
たいして違わないどころか製品のままの方がスッキリしてる、なんて言わないでください(爆)!
(→次回は完成した姿をご紹介します!お楽しみに(だれか楽しみにしてます(爆)?!)



スポンサーサイト

南海6001系【1974年】製造編その7 塗装の巻  

9月からはじめた鉄コレ南海6001系の工作もなんと足掛け5カ月目に突入、ついに山場を迎えました!
(←鉄コレ南海6001系の工作をイチから復習する(爆))


必死で洋白板製のランボードを貼りつけた屋根板を台紙に両面テープで並べます。
(←「決死のランボード」はこちらから)

RIMG0008_20130112153328.jpg
メタルプライマーをブォーっと全体に吹いてから「ガンダムホワイト」をブォーっと吹いて屋根完了♪

RIMG0001_20130112153729.jpg
一旦取り外しておいたベンチレーターも台紙に並べます。

RIMG0002_20130112153730.jpg
これも「ガンダムホワイト」を吹きました。

RIMG0003_20130112153326.jpg
必死、というほどのことはないですが、一生懸命床下機器を並べ変えた床板も台紙に並べます。
(←「決死の床下機器の巻」はこちらからどうぞ)

RIMG0007_20130112153327.jpg
メタルプライマーをブォーっと全体に吹いてからMrカラー306番「FS36270」をブォーっと吹いて床板完了♪

RIMG0003 - コピー
動力車用の床下機器や台車枠も台紙に並べます。

・・・・・Mrカラー306番をブォーっと吹きましたが写真を撮るのを忘れました(爆)!

付随車用の14台の台車は4面から吹きつけるために割り箸に貼り付けましたが写真を撮るのを忘れました(爆)。
台車にもMrカラー306番をブォーっと吹きましたがコレも写真を撮るのを忘れました(核)!

RIMG0008_20130112153730.jpg
パンタグラフも割り箸に貼り付けまして、メタルプライマー→ねずみ色1号を吹きました!

RIMG0014_20130112153953.jpg
マスキングの都合などで後付けする予定のエッチングパーツにも板のまま今度はシールプライマーを吹いて、それぞれ所定の色に吹いておきました。

いよいよ車体の塗装です!

RIMG0001_20130112212213.jpg
上空からの現場の様子です!

RIMG0006_20130112212213.jpg
車体全体はステンレス地肌なんですが、おでこ部分だけ屋根同色のガンダムホワイトに塗り分ける必要があります。
めんどっちいですが、まずはおでこだけ狙ってガンダムを吹きました。

次は!
RIMG0010_20130112153731.jpg
おでこにトレーシングペーパーをセロテープで仮止めして塗り分け線をトレペに描きます。

RIMG0011_20130112153731.jpg
先頭車6両分をマスキングテープにトレぺから転写します・・・・

RIMG0012_20130112153815.jpg
デザインナイフでマスキングテープを切り出しておでこに貼りました。

RIMG0013_20130112153815.jpg
6両分です・・・

めんどっちいです!・・・・

RIMG0015_20130112153815.jpg
中央のライトケース部分も塗り分けなければイケマセン。
こうした区間距離が決まってる所はきちんとした寸法に切り出したってどうせオレのウデでは狂っているのでテキトーな長さのマスキングテープを両側から貼っていくのが吉です。

RIMG0016_20130112153816.jpg
反対側からも貼って真ん中で合わせます。

めんどっちいです!・・・・

RIMG0021_20130112153816.jpg
最後に細切れのマスキングテープを貼り合わせていっておでこ全体をマスキングします。
手前の2両は前パンのcM車ですでに配管を取り付けていますから・・・

めんどっちさ倍増です!
(←cM車の配管作業はこちらからどうぞ)

ようやく、ボディのステンレスの塗装です。
まずはマスキングテープからの滲み出しが怖いのでクリア塗料をおでこにめがけて2度ほど吹いてマスキングテープのちょっとした浮きを塞いでしまいました。
そして!
RIMG0003_20130112153933.jpg
上空からの現場の様子です(爆)!
うっすらと1回目の黒塗装。メタリック塗料は下地に黒を塗っておくとさらに輝きが増します。

RIMG0006_20130112153933.jpg
3回黒を吹いて下地完了!

RIMG0007_20130112153934.jpg
1回目のシルバー塗装後。
はじめの2回はガイアノーツの「ダークステンレス」で深みを作り、後の2回は同じガイアノーツの「ステンレスシルバー」で仕上げます。

RIMG0011_20130112153934.jpg
イメージ通りに塗りあがりました!

つぎは足掛け5カ月に及ぶ工作の最大の山場、マスキング剥がしです!
RIMG0012_20130112153936.jpg
RIMG0013_20130112153952.jpg

・・・・・イマイチです(爆)、、、

でも、わたしのウデではこんなもんか、と後ではみ出しは筆で修正することにしました。
(→次回は最後の仕上げ編です!こちらからどうぞ!)



南海6001系【1974年】製造編その6 床下の巻  

鉄コレ南海6001系、最後の工作は床下!
(←前回の車体の工作はこちらから)
まずは例によって・・・
デタラメの床下機器の並べ替えから。

【cM,Mc海側(左がなんば方)】(製品のまま)

RIMG0006_20121230212108.jpg
並べ替え後

RIMG0008_20121230211953.jpg
【cM,Mc山側(右がなんば方)】(製品のまま)

RIMG0005_20121230211954.jpg
並べ替え後
*抵抗器は2両分を適当に切ってます。左端の小さい丸いものは本当は枕木方向に吊られたMG。これは鉄コレ阪急1010系の余りもののエアタンクを流用しております・・・)

RIMG0010_20121230212108.jpg
裏から(製品のまま)

RIMG0007_20121230212109.jpg
並べ替え後

cT,Tc,T車はまったく資料に乏しく、残念ながら製品そのままで行くしかありません・・・・。

さて。
製品は電連付き密連に換装後となってますが、時代設定に合わない上にどうもこの手の電車は密自連がついた姿が好みでして、密自連+大量のジャンパ栓仕様に改造することにしました。
昨日(2012年12月29日)に仕入れてきた京急700形も同じようにどうも密自連の方が似合うみたいです。
(←昨日仕入れた鉄コレ京急700形「密連仕様」はこちらから)
(→あのおっちゃんのサイトでは実車の密自連がっ!カッコいい!)

RIMG0001_20121230212241.jpg
まず、ダミーカプラーを鉄コレ阪急1010系で余っていた密自連に入れ替えます。

RIMG0004_20121230212242.jpg
胴受けパーツに合うように出来たレールクラフト阿波座の南海22001系用警笛吊り金物を取付けてさらにその下にタヴァサのエッチング製ジャンパ栓を3つ瞬間接着剤で貼りつけました。
こちらは奇数車(なんば方)用。

RIMG0003_20121230212242.jpg
偶数車は同じエッチング板を裏返しにして作りました。

RIMG0002_20121230212243.jpg
奇偶2両分です。

RIMG0011_20121230212243.jpg
つぎにジャンパ栓とは反対側の床板が一段へこんでいるところを0.5mmのプラ板で埋めてフラットにします。

RIMG0017_20121230212244.jpg
フラットになったところに今度は2.5mm×1.5mmに切った1mm板の両端に0.6mmの穴をふたつ開けたものをエアホースステイとして垂直に接着します。

RIMG0023_20121230212322.jpg
左右コックが一体となったトミックス東急5000系用のエアホースを内側の穴に差します。
もう一方は床板に開けておいた穴に差して固定。

RIMG0024_20121230212323.jpg
外側の穴に、これもレールクラフト阿波座製のロストワックスのエアホースを差しました。

RIMG0025_20121230212323.jpg
奇偶2両分が出来ました!

さて、電連がなくなると当然ジャンパ栓が必要で、床下のジャンパ栓は取りつけましたが、さらに車体側の受けも取り付けないといけません。
RIMG0018_20121230212351.jpg
奇数車(なんば方先頭車)の向かって左側車体裾部に0.7mmの穴を3つ開けます。

RIMG0019_20121230212351.jpg
ジャンパ栓受けに使ったのはKATOの101系中央線用Assyパーツ。コレ、安くて正確な形状でたいへん重宝します。
貫通路踏み板がライトグリーンに塗られているのは前回22001系を作った時に大目に塗ってあったのを流用したからです・・・
(←鉄コレ改造南海22001系はこちらからどうぞ)

RIMG0020_20121230212352.jpg
奇数向き先頭車3両に取り付けました!

コレで塗装前の工事は全部終了!
もはや今年もあと一日。塗装は年を跨ぐことになりそうです・・・
(→次回は塗装編!こちらから!)

南海6001系【1974年】製造編その5 車体の巻  

ようやくボディの工作です。
(←前回の屋根編(後)はこちらから)


8両編成中6両を占める先頭車。中央2両が2次車。他は3次車に改造済。

RIMG0003_20121228181259.jpg
連結面は8両、10面。

RIMG0002_20121228181300.jpg
3次車の先頭部詳細。
向かって右側のステップはガレージマニア製東急用のもの。
テールライト直上の手すりはコルゲートとの間がタイトで元のモールドを削除するのに苦労しました。
連結踏み板はレールクラフト阿波座の22001系用。
屋根の手すりもガレージマニア製東急用ですが、塗装時のマスキングを考えて2本のうち1本のみ取りつけておきました。
ガレージマニアの東急用パーツはたいへん精密で他の用途にも重宝しますが、祐天寺モデルスでしか見たことがありません。

RIMG0005_20121228181300.jpg
屋根上の手すり同様、前パンcM車の配管も塗装後取付ようと考えていたのですが、どう考えても最後に筆塗りしてもババちくなるだけのような気がしてきてマスキングに苦労しても先に取付けることにしました。
なお、南海では海側から見て左側(なんば方)に運転台のある車はcM、cTとして、下り方運転台のMc、Tcと区別しています。
まずは向かって右側のパンタ母線です。0.4mm真鍮線をよく炙って曲げてあります。

RIMG0006_20121228181301.jpg
続いて左側。先端は余裕をもって伸ばしておきます。

RIMG0007_20121228181301.jpg
出来ました。

RIMG0009_20121228181321.jpg
右から

RIMG0010_20121228181321.jpg
左から

RIMG0004_20121228203035.jpg
2両あるcM車、両方できました。

RIMG0003_20121228203035.jpg
右から

RIMG0005_20121228203036.jpg
左から

RIMG0006_20121228203036.jpg
Mc車の母線は連結面を降りていきますのでそのための吊り金具を差しておきます。

RIMG0002_20121228203037.jpg
Mc車のフューズボックスから妻側の配管も取り付けておきました。びよーんと延びてる部分を車体に屋根を取り付けてから曲げてさきほどの妻面の吊り金具に通します。
(→製造編その6 床下の巻に続く こちらからどうぞ!)

南海6001系【1974年】製造編その4 屋根の巻(下)  

あれからまた一カ月近く・・・。

「愚労の極み」「バカじゃね?」「死ね!」とたくさんの罵声を頂戴しております鉄コレ南海6001系の屋根工作ですが、細々と続いておりました・・・。
(←前回の南海6001系【1974年】製造編その3 屋根の巻(上) はこちらからご覧ください)

屋根の巻ですから屋根しか出てきません。非常に見ててつまらない記事です。
まるでいつ見ても同じ記事に見えるSヲ先生のブログのようです!
(→Sヲ先生のSモ工作はこちらから!)
もちろん内容は崇高な先生の記事と違ってヘロヘロのヘボヘボですが・・・


先日の鉄犬ニュースの写真の使い回しです・・・
(←先日の鉄犬ニュースはこちらから)
8両分のランボード足が植わった写真を撮り忘れました・・・
ともかく、8両分のランボード足を植え終わりました。

RIMG0001_20121214200922.jpg
ランボード足の次はパンタ配管です。まずは配管止めとしてトレジャータウン製のエッチング割りピンなどを植えこんで行きます。
いくら差しても差し終わらないランボードの工作に比べると非常にクリエイティブな作業のように思えます(爆)!
・・・実際はコレも愚労なんですけどね、、、

RIMG0002_20121214200923.jpg
パン付きは4両です。4両分の割りピンが刺さりました。

RIMG0003_20121214200923.jpg
一番低いものから取りつけていきます。まずは0.2mm真鍮線で避雷器への配線。

RIMG0004_20121214200924.jpg
続いてパンタへの配線。

RIMG0005_20121214200924.jpg
さらにヒューズボックスからパンタへの母線配管を今度は0.4mm線で取付けます。両端を焼きナマしておくと曲げやすいですが、曲がりすぎて自然な曲線が描けなくなるのでほどほどに。

RIMG0006_20121214201002.jpg
4両分ができました。

RIMG0007_20121214201002.jpg
屋根端部に手すりも植えておきましょう(右上の部分です)。

RIMG0008_20121214201002.jpg
ヒューズボックスはロストのカッコええやつが欲しいところですが高いので鉄コレのまま。
ピンセットでがっちり掴んで、端部に0.4mmの穴を開けます。

RIMG0009_20121214201003.jpg
母線端部をヒューズボックスに開けた穴に差して完成。
ヒューズボックスから逆側の車端部に延びる母線はボディに組んでから行います。

RIMG0010_20121214201003.jpg
4両分の配管が完成しました。

RIMG0004_20121214201025.jpg
いよいよランボード本体を足に取り付けてついに屋根工事の完了です。
0.2mm厚、1.5mm幅の洋白帯を先頭車120mm、中間車122mmに切り出します。
これをランボードの足のてっぺんに微量の瞬間接着剤を垂らして貼りつけるわけです。
336カ所ね(爆)・・・・

RIMG0037_20121214201025.jpg
苦節2カ月、ついに屋根が出来上がりました!

RIMG0041_20121214201026.jpg
ヨコから見てみましょう!

RIMG0040_20121214201025.jpg
寄ってみるとこんな感じ。
完全な自己満足ではありますが出来上がったらちょっとうれしい(爆)
次回はいよいよボディを攻めます!
(→製造編5 車体の巻はこちらからどうぞ)

(←「南海6001系【1974年】製造編その1 下ごしらえの巻」はこちらから)
(←「南海6001系【1974年】製造編その2 前面ドア窓の巻 」はこちらから)
(←「南海6001系【1974年】製造編その3 屋根の巻(上) 」はこちらから)
それぞれどうぞー!