カテゴリー  [4.5.1 阪急2000系2050×7R ]

阪急2000系 2050×7R【1977年】 

トミーテックの鉄道コレクションは安い、早い、うまい、と大人気みたいですが
個人的にはどうもあんまり好きではありません。
モーターやパンタグラフを揃えると実は高いし。
色は剥げてるし。。。

分解

でも、大好きな阪急電車なのでヤフオクでさらに高値で調達し、
とりあえずはいきなりばらばらになってもらいました。

まず、先頭車の側面窓が前面窓パーツと食いこんでいて外れません。。
前面窓パーツにはヘッドライトのクリアパーツが隠れてモールドされてますから
これはなんとか分解しないといけないのに。

結局、側面窓の最前部で前面窓を押さえこんでいるツメを切断することに。
うまく分解される方もいらっしゃるでしょうが
ここで無理してパーツを割っちゃうわけにもいかないし。
まあ、このツメなんかなくても前面窓はなんとか押さえこまれるでしょう。

それにしてもなんでこんなとこにパーツを隠すんでしょうかね。
分解の仕方も、もちろんこんなところに隠れていることも一切説明なし。
こういうところも鉄コレのマイナスポイントかも。

hk2000-1.jpg
外したパンタが8こ・・・
まあ、製品のまま飾るひとにはこれもよいのかも、ですが
製品のまま、の人はここまで精巧な模型はいらんし、大多数が鉄道模型に進化させようと考えるのだからこのパンタはどうなんでしょうか。
ついでにプラ車輪やこれまた大量に発生する「あの」茶色いレール。
捨てるのは忍びないけど、捨てました。。。

妻板のパンタ配管モールドを削る
T車とTc車にはパンタはありませんから、まずはT、Tc車の妻板にモールドされたパンタ配線の削り取り。

hk2000-6.jpg
削り取ってもマルーンのままです。。。
ボディ裏側を見るとすぐわかりますが成形色がマルーン。
もちろん、表面はなんらかの塗装はしてありますが、削り取った跡の成形色との差がわかりません。
そこで削り取った跡をコンパウンドで磨き、あとでクリアを吹くと
塗装面と同じになるのでは、と
ここの再塗装は手抜きました。

先頭車のステップ
つぎに先頭部のステップ。
これは製品のまま生かしても十分それらしいモールドがされていますが
がんばって別体化。
ただし、先頭に立つ2両だけで、中間に封じ込められる2001と2070は手抜き。

hk2000-9.jpg
もとのモールドをカッターで削ぎ落します。

hk2000-11.jpg
0.3mmの穴を開けて、削り落した部分をこれもコンパウンドで磨いてやると
まあ、跡の再塗装は必要ないと思います。

2000系初期車のドアモール
2000系の初期車はドアの召し合わせ部分のシルバーのモールがありません。
だったら後期車にすればよいようなもんですが、
あとで製作しようと考えている3000系とここで一気に差をつけたい!

hk2000-12.jpg
そこでまずはモールの中心をガイドに召し合わせ部にスパチュラでスジを彫ります。

hk2000-13.jpg
つぎに最近発見したスゴいツール、
ガイアノーツのスーパースティック砥石!で
しこしことモールのモールドを削りとっていきました。

砥石は1200番、とのことですがサンドペーパーの1200番とはぜんぜん性質が違い、げじげじにしか仕上がらない!
それでもここで捨てるわけにはいかんのでなんとか1200番の砥石を撫でるようにして仕上げましたが

hk2000-17.jpg
結果はコレ・・・
げじげじです。。。

hk2000-18.jpg
ここだけは仕方なく、シンナーでしゃぶしゃぶに薄めたマルーンをさっとひと塗りしてげじげじを押さえました。

hk2000-19.jpg
召し合わせのスジ彫りに、コピックモデラーの黒で墨入れをして

仕上げのクリアを吹くと!

hk2000-25.jpg
まあ、なんとか見られるか、、、

じつは最初はこんなめんどうくさいことをやるつもりではなかったのです。

案1;シルバーのモールの上からマルーンを塗る。
案2;モールのシルバーの表面だけ砥石でこすりとる。

どちらも実行してみましたよ。

案1はただでさえ隠蔽力に欠けるマルーンなのに下地がてかてかのシルバーで
こてこてに塗っても下地が透ける・・・

案2をやりだしたら結局、モールのモールドを全部削り取らないとシルバーは消えない・・・
ようするにこのモールのモールドはシルバーの塊でできているみたいなのです。
しかも両側のモールで召し合わせが表現されてて削ったあとにはドアの分かれ目はなかった・・・
→なにもない平面上で召し合わせのスジ彫り♪
→へろへろの召し合わせの出来上がり♪♪

・・・・ということで上記の方法に至ったわけです。

車番インレタ
hk2000-23.jpg
もちろんクリアを吹く前にインレタも貼りました。
ジオマトリックスの2000系のやつね。
「貼りにくい」というウワサの。
そのウワサはウソです。
実は、これ、
貼れません!

もちろん、インレタ貼りは不得意科目のひとつ。
(というか、得意科目はありません)
だから上手いひとはちゃんと「貼りにくい」レベルで貼れるのでしょうが。
そこで仕方なく同じジオマトリックス製の「阪急汎用」を組み合わせて使いました。
文字がぐにゃぐにゃ乱れているのはそのせいです・・・

hk2000-21.jpg
先頭部はさらにたいへんでしたが、なんとか貼り終えてクレオスのスーパークリアⅢを3度吹きました。

ランボードの工作
ランボードはカステラみたいになっちゃってるモールドを削りとり、
レイルロードのエッチングパーツを使うことにしました。

RIMG0023hk2000y2.jpg
まずはそろっと足を立てます。足の付け根は曲げやすいように溝をエッチングしてありますから
本当にそろ~っとやらないとすぐに取れてしまいます。

RIMG0024hk2000y2.jpg
曲げたところにハンダを流して補強。

RIMG0025hk2000y2.jpg
上面パーツをピンチではさんでフラックスを塗り、コテで全体を熱くするとさっき補強に使ったハンダが流れて上面パーツと足パーツが一体化。

RIMG0033hk2000y2.jpg
最後にキサゲで余分なハンダを削り取ります。

枕木方向のランボード
2000系には各車両端のどちらか一方に枕木方向の短いランボードがありますが
レイルロードのエッチング板には1枚に2両分しかついてこないので
残り2両分(8両編成だと4両分)が不足します。
逆に、京都線2300系用としてさらに短いランボードは使わないので余ります。
後々、3000系も作ろうと、エッチング板には余裕があり、3000系では
神戸寄りのランボードは不要になるのでこれと京都線用を適宜利用して作ることにしました。

RIMG0036hk2000y2.jpg
まず神戸向きランボードの左右2つめの突起を削り、

RIMG0037hk2000y2.jpg
みっつにちょんぎって、枕木方向のランボードを2つ切り出します。

RIMG0038hk2000y2.jpg
京都線用の短いヤツです。

RIMG0039hk2000y2.jpg
両端を切り落として

RIMG0040hk2000y2.jpg
さっきの神戸寄りランボードと組み合わせ、

RIMG0018hk2000y2.jpg
ハンダで固定。

足も両パーツから切り出してハンダ付してあります。

RIMG0022hk2000y2.jpg
8両分の枕木方向のランボードができました。

先頭車のジャンパ栓など
レイルロード製ではこのほか、阪急汎用の先頭車ジャンパ栓などのエッチング板があります。
*こちら参照
立派なエッチング板なのでそこそこの値段がするので、中間封じ込め以外の両先頭車のみですが
これを使ってみてます。

RIMG0020hk2000y2.jpg
ささっと折りたたんで

RIMG0021hk2000y2.jpg
折り目にハンダを流して補強してあっという間に完成します。

屋根板の改造
大した工作をするつもりではなかったのですが、結局、屋根工事にはずいぶん手間がかかってしまいました。

RIMG0007hk2000y2.jpg
このカステラみたいなランボードをすでに作ったエッチング製のかっこいいやつに取り替えるわけです。

RIMG0018hk2000y1.jpg
カステラをリューターで荒削り

RIMG0019hk2000y1.jpg
削り取ったら裏が透けて見えるほどになったので

RIMG0026hk2000y1.jpg
切り抜いて

RIMG0027hk2000y1.jpg
プラ板で埋めました。
さらに不要なパンタ用の穴などにプラ棒などを差してふさいでいます。

屋根の工作
RIMG0004hk2000y2.jpg
ここらで屋根板を塗装しました。
この頃の阪急電車の屋根はたぶん床下機器と同じブルーグレー。
ズバリの塗料は見つからず、結局、Mr.カラーの37(グレーバイオレット)と72(ミディアムブルー)を混ぜたもので納得して塗ってあります。

RIMG0005hk2000y2.jpg
RIMG0006hk2000y2.jpg
ランボードやヒューズボックスは割り箸やボール紙に両面テープを巻いて、それにぺたぺたとくっつけてライトグレーを吹きつけています。
GMのねずみ1号に白をたっぷり混ぜました。
なお、ランボードなど真鍮製パーツはサンポール(トイレのやつ)を3,4倍に薄めたもので洗浄し、
塗料の喰いつきのためマッハのシールプライマーを吹いて下地を整えています。
おかげでウチのトイレもぴかぴかです。

RIMG0013hk2000_y5.jpg
ランボードを取り付けました。
が、
ここにきて、ヒューズボックスなどの取り付け台座が気になり出しまして、、、

RIMG0010hk2000_y5.jpg
プラ板を組み合わせて

RIMG0015hk2000_y5.jpg
配管を削り取った屋根に載せました。

RIMG0026hk2000_y5.jpg
こうなると人間、欲が出るもんで、母線も真鍮線で張り替え、

RIMG0031hk2_y6.jpg
ヒューズボックスの配線も・・・

RIMG0029hk2_y6.jpg
4両分同じ作業はおかげさまでけっこう飽きました。

最終組み立て
RIMG0038hk2_y6.jpg
床下機器や台車はまとめてシールプライマーを吹いた後によく乾燥させて調色した「阪急グレー」を吹いています。

RIMG0014hk2.jpg
RIMG0008hk2.jpg
エッチング製の先頭車床下パーツはTNカプラー用の突起に簡単にセットできるようになっています。

RIMG0009hk2.jpg
中間封じ込めの先頭車にはTNカプラーを取り付け。
ちなみに他の中間連結器はKATOカプラー密連形をアーノルトカプラーポケットに押し込んでいるだけです。

RIMG0001hk2.jpg
ガラス部品のドア部分にはジオマトリックスの阪急用注意書きインレタ。
めんどっちいですが、昭和50年前後に阪急で通ってた方は絶対に忘れることができない
「日清サラダ油」広告入りなのでがんばりました。

RIMG0004hk2.jpg
完成した上回りに

RIMG0006hk2.jpg
床板を組み込んで完成です。
パンタはGMのPT43をそのまま銀塗装して載せています。

完成写真はこちらから。



スポンサーサイト