芸術池袋模型祭鉄道(下) 今年もスゴイ!コイケさんのヤツ 


くるくる回る洗面器の回りに線路が敷いてあり、円の下におかれたバンはそのままの位置にじっとして・・・・・

いるワケでは有馬温泉!

なんとコレ、バンが自走して、洗面器を回しているのです!


いつもドギモをヌカれるコイケさんの新作はこのハムスターセット(大糞核爆)!
(←前回もタマキンをヌカれました!)

そして、その隣が今回もボクが釘付けになってしまったコレだ!
RIMG0039_20170328121656392.jpg
RIMG0043_2017032812165568b.jpg
RIMG0026_20170328121654332.jpg
なんですかー、この坂道のある街は?
リスボンか、ブダペストか、ヨーロッパのどこかでしょうか?
それともコイケさんの脳みその中で腐った汁が出てきたのでしょうか!?
それでは
ロマンチックといえば吐き気がするほどロマンチック、
アナーキーといえば汁が漏れるほどアナーキーなこの作品の詳細を追ってみましょう!

09.jpg
作品向かって左側の複線ストレートの坂道を猛スピードでころがり落ちてきた電車は

10_20170328121723c9d.jpg
チオマラの台のコーナーを左へターンし、橋をくぐると

12_201703281217248c3.jpg
そのまま手前のストレートを2つめのコーナーまで進んでまた左ターン、スグに建物にぶつかってもういちど左ターンし、むちゃくちゃ狭い路地へと姿を消します。

13_20170328121725aa8.jpg
ああっ!
アタマを建物にぶつけながら路地から出てきた!


14_201703281217283ac.jpg
路地の出口を上空から見ました。
すぐその先はガントレット!

15_201703281217305ed.jpg
ガントレットを越え、さきほどの橋を逆からくぐって・・・・

21_20170328121730c88.jpg
さきほどの複線ストレートの坂を上って右へ・・・・・

28_201703281217313a7.jpg
右へヘアピンターンするとふたたびガントレット、というか単線区間に!

29_20170328121733110.jpg
今度は左へ!

30_20170328121734186.jpg
左へのヘアピンカーブをヨコから見ます!

37_20170328121737369.jpg
左カーブを終えるとふたたび複線に。

31_201703281217366b7.jpg
そして最後の坂を上りながら右へ

38_201703281217390ea.jpg
山頂のロトンダをくるりと回って・・・・

39_20170328121741455.jpg
ふたたび坂を転げ落ちます。

いやーたのしい!
コレ見るだけで、世界のドコでもない、不思議の国に旅行に出かけた気分に成増!
次回も見にこよっと!

で、コレね・・・・
40_20170328121742860.jpg
一部だけ、とおっしゃってはいましたが、このムーディーな敷石、手彫りなんだそうですようー!

いいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい~~!

それではこれにて今回の祭鉄道模型池袋芸術のレポートを終わります。
グラッチェ(糞爆)!

スポンサーサイト

模型池袋祭芸術鉄道(中) 5階の展示 

5階の展示室に入場するとスグ・・・・

ちいさなモジュールを路面電車が走り回っておりました!
コレは?

RIMG0005_20170328075259a2b.jpg
金魚鉢やないかああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼~~!
ソレが・・・・
RIMG0004_20170328075258c6f.jpg
うわっ!
ど、ドア開いたああああああああああああああああああああああああああああ嗚呼嗚呼嗚呼~~!


RIMG0008_201703280753023b9.jpg
RIMG0009_20170328075303c6c.jpg
RIMG0010_201703280753050d4.jpg
RIMG0011_20170328075307c3f.jpg
3年前、オレにとっては障害× 生涯一度となったゴーフンで拝見したあの、ナカザワさんのドア開きマシーンがさらに増強!
いやー、たまらんですわ!


5階ではそのほか・・・・
RIMG0015_20170328075324927.jpg
RIMG0016_201703280753263a5.jpg
RIMG0017_20170328075327f92.jpg
RIMG0018_20170328075329e82.jpg
RIMG0019_20170328075330b90.jpg
RIMG0020_20170328075332975.jpg
RIMG0023_20170328075333f58.jpg
RIMG0049_20170328075336290.jpg
RIMG0050_20170328075338acf.jpg
RIMG0055_20170328075359345.jpg
RIMG0051_20170328075339f3d.jpg
RIMG0047_2017032807533572c.jpg
たくさんの展示がー!

そして今年もマツケン!
(←前回のマツケン)
RIMG0056_20170328075400073.jpg
RIMG0054_20170328075357aef.jpg
RIMG0057_201703280754020b8.jpg
RIMG0058_20170328075403b94.jpg
RIMG0059_2017032807540539e.jpg
RIMG0060_20170328075406d93.jpg
RIMG0061_20170328075408efc.jpg
RIMG0062_20170328075409cdc.jpg
前回の画像と比べると、右端のセクションは完全に新製されたものであることがわかります・・・・・
いやー、え~目の保養に成増~~

芸術鉄道池袋祭模型(上)地下の展示 


エントランスホールから吹き抜けの底を覗くとプラレールとレゴがじゃーじゃー走っているのは昨年同様。
その左右に地下の展示室があります。
まずは右側の展示室に入ってみましょう!

RIMG0070_2017032807031887d.jpg
うっわ!宮下洋一(核爆)!
こうゆう看板には普通、参加団体の名前が書いてあるのでビックリしましたが、
冷静に考えれば、
これまで人の名前だと思っていた宮下洋一というのは実は津川洋行、みたいなもんだったのかもしれま温泉(大糞核爆)!
いやー、それにしてもよくできてますねー!
いつの間にこんなもん作っちゃうのか、いつも本当にびっくりします。

その向かいには!
RIMG0079_201703280703532a2.jpg
宮下洋一!

そして・・・・・
RIMG0078_201703280703512c3.jpg
宮下洋一!

いったいどないなっとんねんー!
もしかして、ココは芸術宮下模型池袋祭洋一鉄道会場なのか!?

いえいえ
RIMG0068_20170328070317857.jpg
向かい側にはこんなでっかいのがあるかと思えば!

RIMG0071_201703280703206ae.jpg
ナローゲージジャンクションのみなさんのちっこいヤツが!

RIMG0072_20170328070321d86.jpg
RIMG0073_2017032807032382e.jpg
RIMG0074_201703280703456d2.jpg
RIMG0075_20170328070347341.jpg
RIMG0076_20170328070348abf.jpg
RIMG0077_20170328070350975.jpg
RIMG0080_20170328070354ffd.jpg
RIMG0081_20170328070356c93.jpg
いやードレもコレもすばらしい!

中でも!
RIMG0085_20170328070402d55.jpg
コレは一体どうなっているのデスカ?!

そして!
RIMG0082_20170328070357f37.jpg
RIMG0083_2017032807035924a.jpg
RIMG0084_20170328070400ce3.jpg
おなじみチャン・カワイの変態機関車コーナー!

では、このあたりで地下左側の部屋へ移動しましょう。
RIMG0064_20170328070312646.jpg
いつも、中古モケーをレストアして展示されているこちらでは、今回は今話題のエンドウ貨車!
話題なのか(核爆)?

そして!
RIMG0065_20170328070312520.jpg
RIMG0066_2017032807031476c.jpg
2年前のJAMでド肝をヌかれた、あの鴨川べりのトコのお膳の刺身やお猪口まで再現された京都京阪三条=四条間のチオマラをふたたび拝見!

RIMG0067_201703280703153a4.jpg
一番奥にはこのファンシーなコーナーが!

雨のせいか、案外空いていて、じっくり見学できた今年の祭池袋模型祭鉄道、まだまだ続きます!
おたのしみに(ダレか?)!

雨の池袋から雨の北千住へ!東京ド下町ツアー 


雨の池袋。
東京芸術劇場前の広場には人影もまばら。

ん?

RIMG0002_20170327130424bdd.jpg
せっかく線路を敷いて、SMまで持ち込んでもダレひとり相手にしません(大糞核爆)!
前回は賑やかだったのに・・・・
雨のせいで残念でした。
(←前回の様子)

ああああああああああ!
晴れてた前回も寂れてるわ(大糞核爆)!

これじゃまるで全壊やないか(大糞核爆)!?

まずは5階に向井千秋・・・・・
RIMG0003_201703271304252cd.jpg
そう、一昨年暮れに第1回が催された
池袋鉄道模型芸術祭!
うーん、なんちゅうネーミング・・・・・

池袋、鉄道、模型、芸術、祭
順番をむちゃくちゃにしてもかまわんような気もする関係ない単語が5つ。
祭芸術池袋鉄道模型ではさすがにむちゃくちゃだけど
「芸術祭」なのか、「鉄道模型芸術」というカテゴリーを捏造したのかもよーわからん。
そもそも鉄道模型と芸術ってなんか関係あるんだっけ?!

・・・というワケで、
芸術鉄道池袋模型祭が今年も無事開催!

RIMG0014_20170327130426148.jpg
うーん
屋内もいまいち熱気が有馬温泉・・・・

RIMG0086_20170327130444d78.jpg
・・・というワケでこの穴から池袋駅へ向かいます。
もう終わり(糞爆)?

RIMG0087_2017032713044687a.jpg
池袋に入線する内回りE231系!
E235系の量産が始まると、あっという間に姿を消しますよ!
いまのうちに・・・・・
撮りたくも有馬温泉(大糞核爆)!

ぼくが乗るのも!
RIMG0088_20170327130448fd6.jpg
外回りのE231系!
E235系の量産が始まると、あっという間に姿を消しますよ!
いまのうちに・・・・・
撮りたくも有馬温泉(大糞核爆)!

到着したのは!
RIMG0092_20170327130509bb6.jpg
日暮里を逝くE231系!
E235系の量産が始まると、あっという間に姿を消しますよ!
いまのうちに・・・・・
撮りたくも有馬温泉(大糞核爆)!

日暮里からは!
RIMG0093_20170327130511ab0.jpg
こちらはまだしばらくクモハ103でしょう!

到着したのはもろちん!
RIMG0094_201703271305122d7.jpg

北千住、といえば!
RIMG0097_201703271305476f1.jpg
RIMG0099_2017032713054991b.jpg
RIMG0100_2017032713055039c.jpg
大踏切!
それにしても日比谷線の勾配がスゴい!

そして大踏切のねきには!
RIMG0101_201703271305523ea.jpg
富士も出る×
フジモデル!


フジモデルもヌルーして、北千住駅前へ戻り、喫茶室サンローゼへ・・・・・・
RIMG0107_20170327130656d5b.jpg
店内から招き入れるのは、半年ぶりに登場の、あの高級ジャーナリストの低級Nゲージャー!
(←最近ブログ名を変えました!)

IMG_4019.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪

IMG_4022.jpg
半年振りにお目にかかった低級Nゲージャーのアタマも寂しくなってました(大糞核爆)・・・・・
(←喫茶室サンローゼのナポリタンはこちら!)

祭模型池袋芸術鉄道の展示の詳細は、また後日ご紹介します!おたのしみに(ダレがっ!?)

第40回日本鉄道模型ショウ@京都大会(その2) 103けー大戦争勃発の部! 

今夜はまずは、あの、U-Trainsであります!
RIMG0051_201702271724082e1.jpg
コレ、16番では有馬温泉。
OJです。
16番だと思って不安になったみなさま、ご安心を!

RIMG0050_20170227172406a30.jpg
コレもOJ。
やっぱりデカいとホンモノ感が違いますねー。


そしてコレは前回カマタで発表された東急5000。
ほしいですねー。

で!

・・・・すでに後ろに見えてましたね、、、、
そう!
RIMG0042_20170227172357bf5.jpg
103けー1次改良車 東海道緩行線7連、完成品で登場です!
ベースはホビーメイトオカ製のアレ!
原形ではいろいろ難癖をつけてた顔ですが、1次改良のブタ鼻仕様ではなんか、むっちゃくちゃカッコええでは有馬温泉カー!!
(←原形・非冷房・難癖)

「普通」の方向幕がイイですねー(大糞核爆)!

でもコレで驚いていてはいけま温泉!
RIMG0044_20170227172359051.jpg
RIMG0045_20170227172400fb4.jpg
RIMG0049_201702271724059d7.jpg
うわ~ 16番でもホンモノ感がー!

そして!
RIMG0047_2017022717240236c.jpg
高運、原形のクハのみですがウグイスも登場!

特に!

RIMG0048_20170227172403086.jpg
原形もなんかかっこよーなっとるやないかー!
とくに「山手」の方向幕がイイですねー(糞爆)!
(←「山手」の方向幕)

RIMG0053_20170227172411248.jpg
うー 

RIMG0052_20170227172409eaa.jpg
103けー完成品1本くださーい!

・・・・とはいえずにこちらのコーナーでエアホース2袋を1000えんで買いました、、、

そして・・・・・

RIMG0077_20170227172441330.jpg
エメグリも?!

いえ・・・・
コレ・・・・

RIMG0085_20170227172448d6b.jpg
ひいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい
なんと、でんてつ工房の新製品!


なんでこの段に至って、精密モケーで名をとどろかす2大メーカーがそろいも揃って103けーやねん~~!
まさに103けー大戦争大勃発!


RIMG0086_20170227172450910.jpg
RIMG0087_201702271724517b1.jpg
オカ(Uトレ)製にくらべてやや前面窓の傾斜角が小さいでしょうか?
それよりなにより、乗務員ドアの両脇の手すりを見てください!
あの、パイプ折り曲げではなく、上下をプレートとした国電ならではのディテールをロストパーツで再現!
いや、すばらしい!
前面窓下の手すりはステップとしての役割もあるのでもう少し飛び出してパンダしたほうがイイかもしれません。
また、前面方向幕は冷房改造車のように内側へ寄ってるので、外へずらしたホウがええんちゃうか、と現地で申し上げたところ、もろちん、改良することが決まってるらしいです。

RIMG0080_20170227172444529.jpg
あっさり凸プレスされたオカのドア窓に対し、こちらはエッチング製でいったんひっこんで、Hゴムがハマる様子を再現!
逆にあの問題の連窓の中柱は意外とあっさりしていますが、コレも量産品では立体的に改良するとのことでした。

RIMG0089_20170227172454b25.jpg
RIMG0090_201702271724567bc.jpg
パンタ周りの配管はオカ=Uトレ同等。
まあ、どっちも実物に付いてるもんは全部ついてるワケですからコレ以上のものは望めません。

さらに!

RIMG0081_20170227172445ffc.jpg
RIMG0079_201702271724429a0.jpg
あのつり革パイプと一体になったシートエンドのパイプを標準装備!

RIMG0083_20170227172447e67.jpg
カツミの300えんのカマボコ製シートを接着すればインテリアもフルディテール!

販売方式は塗装済完成車体のみ。下回りは各自工夫、とのことですが、パーツの別売もアナウンスされ、その中には床下危機も含まれていますので安心ですね!
台車はDT33/TR202なのでカツミ、日光の両方がアリマス!
心配のお値段はコレまたかなりのリーズナブルプライス!
すでに103けーキットをお持ちの方、おまたせしました!
また倍に増えそうです!
オレはコレで103両越えちゃうかも(大糞核爆)!


さて(大糞核爆)!
でんてつ工房がコレで許してくれるハズは有馬温泉!

ど~ん!

RIMG0088_20170227172453624.jpg
京阪ヲタのみなさん、おまたー!
京阪1000(Ⅱ)系バラキット、会場特価で大爆発!


RIMG0098_20170227172510369.jpg
もろちん、700系にも成増!

RIMG0091_20170227172457e04.jpg
うーん!
スラバやしい・・・・・・


もろちん、コチラも会場お持ち帰り特価で1両1万円程度のリーズナブルな価格設定(ただし7両セットのみ)!
さあ、キミもでんてつ工房に今すぐ電話だ!
でんてつ工房テレ・オペレーションセンターではもれなくヨッシーがお待ちしています(大糞核爆)!

RIMG0100_20170227172511e0f.jpg
その他、あやしい中古品も売るのがでんてつ工房のおちゃめなところ。
あおぞら号、安かったなー!

以上、コーフンの大久保× ドツボ△ 坩堝と化した京都嵯峨野からお送りしました!
チャオ!