東急大井町線8500系のジャンパ線  


ちゅるちゅる
034_20160210220327d8f.jpg
ちゅるちゅる
041.jpg
042_20160210220329375.jpg
043.jpg
ちゅるちゅる
044_20160210220347533.jpg
ちゅるちゅる
061.jpg
ちゅるちゅる
062_20160210220349471.jpg
063.jpg
064_20160210220352781.jpg
065.jpg
066.jpg
ちゅるちゅるちゅるちゅる~~!

海側連結部にはなんとも妙な形のケースにジャンパ栓が収まっていますのでこれまたちゅるちゅるやってみましたがあまり意味はありませんでした・・・・

写真 1
やはり溝の口で落ち着いてやったほうがよくわかります。
こちらはジャンパ栓が2連でケースに入っていますね!

F-8641F-パンタ1
8641F_mizonokuchi_2.jpg
なんとこっちのケースはジャンパ栓ではなく、ケースから直接ケーブルが延びています。
車体下部にはジャンパ線受けもあり、連結を切ったとき、このケーブルを収まるようになっています!

写真 2
なるほどー。
でも各号車間ぜんぶこうなってるのだろうか?

続いて山側です。
21_20160210220727993.jpg
22_2016021022072995d.jpg
64_20160210220732292.jpg
63_201602102207311fa.jpg
なるほどー。
でも各号車間ぜんぶこうなってるのだろうか?
・・・で、さっき二子玉川で電車を待っているとちょうど山側が見える状態で8500系が!
各号車間、左右のハコが入れ替わってたりしました。
こりゃ全車間、写真を撮らんとあかんです・・・

さあ、あしたはお休み!
モケー作りましょう~~!

スポンサーサイト

東急大井町線8500系のATC車上子 


ちゅるちゅる
21_20160209201857810.jpg
ちゅるちゅる
31_20160209201858332.jpg
ちゅるちゅる
33_201602092018592b6.jpg
ちゅるちゅる
41_20160209201926153.jpg
ちゅるちゅる
44_20160209201928c73.jpg
52_201602092019294ba.jpg
54_201602092019314e9.jpg
61_20160209201932ae5.jpg
ちゅるちゅるちゅるちゅる~~!

8500系のスカートの奥のあのいやらしい部分がわからず、ちゅるちゅる連続写真撮っても・・・・
よくわかりませんでした(大糞核爆)!

8
写真 39
写真 4
10
結局、南側から陽を浴びる、溝の口で落ち着いて撮ったほうがよかったです。
ATCなんだかATSなんだか、こいつ、四角い枠に2段構えでぶら下がっています・・・
コレ、自殺するの、やっぱりたいへんそうです。

東急8500系8640F大井町線2015年(5) 東急8500系の顔と色 

5200形以来、6000、7000、7200、8000と装飾のないステンレスボディを誇ってきた東急電車において
この電車で正面赤帯が入ったときはものすごく悲しかった。
だけど、その後ヨコにも赤線が入って、現在のヨコに蛍光オレンジの矢印を描き、屋根まで真っ赤に塗ったヤツまで出るに至り、前面だけに赤帯を入れる8500系はもっともシンプルで、古きよき東急電車の最後の砦だ。

で、現在見られる8500系の顔、4種。

唯一のスカートなし編成になった8606F。
イメージ上の原型との差はHゴムの黒色化と車番のステンレス地肌が白のカッティングシートになったことだけ!
登場以来40年、これだけ原型を保つ電車もめずらしい。

RIMG0029_201501051201353fbs_20151219081255715.jpg
いま、もっとも数多いのがこちら。スカート付き。
国鉄103系にスカートを付けるのはキチガイ沙汰だと思うのだが、案外コレにはスカートも似合うと思うのはオレだけ?
なんで似合うのかな?
中央を貫く貫通ドアの存在と関係あるのかな?

RIMG0005_20130726220659s_20151219081253951.jpg
こちらは8631F以降の軽量車。
屋根のカーブが微妙に上の2例と違い、特に両脇の種別、運番窓のあたりが近代的に見えます。
軽量車はたぶん、登場時から黒Hゴムだったので、これとて、登場時からの違いは車番が白になったことと、スカートがついたことだけ。

DSC_7991s_20151219081252adc.jpg
もっとも登場時からかけ離れたのが大井町線用5連。
全車軽量車。
5+5で田園都市線を走っていたときのままの姿で2002年に大井町線へ移籍。
その後、
1.シングルアームパンタに換装
2.帯色のグラデーション化
3.すぐに大井町線ステッカー貼り付け
4.スカート取り付け
の順番で2006年にはこの姿に。

まあ、全部糞改造なんですけどね!

駄菓子!


オレ、割とすきなんですよ(大糞核爆)。
だから、この姿のモケー化をタクランデいたのです、が・・・・・

菓子!

写真 2
コレだけは許せねー!

もちろん、田園都市線沿線諸君に
さあ、右へ曲がって田園都市線を離れて東横線も目黒線も池上線も渡って海に突っ込んで死ね!
というコンセプトはよくわかる。
だけどこのデザインはないでしょう?!
あまりにみすぼらしいドシロートデザイン・・・・
コレを全ドア脇に貼るのもアレだけど、正面ど真ん中にやっちゃうのはホント、どうなんでしょうか!?

それでは、モケー編です。
先日のわんわん大暴年会に持参するため、ちょっとキレイにした状態の大井町線8500系です。
(←わんわん大暴年会)
R1111103.jpg
うっわ!ぜんぜん似てへんやんけえええええええええええええ~~~!
似てないことで有名なカツミ製品の中でも群を抜いて似てない!
窓とヘッドライトが高すぎて、おでこが狭くなっちゃってる!
ヘッドライトとテールライトの間隔が実物とくらべて伸びきってる!

R1111101.jpg
見下ろしたり

R1111102.jpg
見上げたりしても
似てないものは似てない!

R1111104.jpg
こちらは古い古いいさみやキット。
軽量車ではありませんが、8500系のイメージはよく伝わってきます。

・・・コレだけ間延びしたカツミの顔にスカートを取り付けたらもうジャイアントババ状態ではなかろうか、
と現在の大井町線仕様をあきらめ、スカートなし赤帯の2002年の転属直後にしようかと、悩んでいます・・・・・

東急8500系8640F大井町線2015年(4) 妻面のディテール3 

二日間にわたり、3427Dちゃんとハイジーちゃんのスラバヤしい山陽電車をごランいただいた後でアレですが、
オレのコレもほぼ1ヶ月ごぶさた、もうダメにしちゃったのではないかとご心配いただいておりましたが、
本当にダメにしてしまっています(大糞核爆)!

R1110285.jpg
前回、妻面右端のステップを取り付けようとしたらハンダが回ってとんでもないことになった雨樋をいったん撤去!
そして先にステップを取り付けてから雨樋を再生することに!
(←前回)
まずはステップの取り付け。

8639F_11s_20151113213051e7c.jpg
いきなりですが実物編です(糞爆)!
雨樋と同時に右下のステップの脇に見えるドアコックを作ってしまいます。


R1110771.jpg
右側の雨樋を再生。
ドアコックは0.25mm線を逆U字に曲げ、途中に内径0.3mmのパイプを0.75mmに切ったものをコックとして通しておいて、先に取り付けておいたNゲージ用のエアホース台座にパンダづけ。

R1110768.jpg
全5両完了!
机の上に敷いた汚れ防止のための紙に書かれた回文の創作メモが痛々しい(おまる爆発)!

ここで再度、実物編です。
8640F-3-0702-2s_20151113213052742.jpg
8638F_T_kaminoge3s_20151113213049bc8.jpg
前々回ご説明したサハ8900のはしご。
(←前々回)
よせばいいのに自殺することに(おまる糞爆)・・・・

R1110769.jpg
あらかじめ、はしごが取り付くところに0.5mmの穴を開けておきます。

R1110770.jpg
まずは縦材として0.5mm線を穴に差込み、パンダ。

R1110772.jpg
続いて足掛けを0.4mm線で。
これは銘板やさっきのドアコックのある1位側。

R1110773.jpg
2位側にも同じものを作ります。
歪んでますがっ! 足掛けのピッチもむちゃ怪しいですがっ!
・・・まあ、所詮こんなもんです、、、

R1110774.jpg
全5両の連結妻が出来上がりました!

R1110779.jpg
続いて運転妻の製作に移っております。

R1110781.jpg
車体すそ左右に取り付いている足台は0.3mm厚の帯材を曲げたもの。このあと、角を丸く削ります。

R1110783.jpg
キット付属の手すりはむっちゃくちゃごついので0.25mm線で作り直し。

ここでまたまた実物編です!
201510120028329bds_20151113221737dab.jpg
コノ左右非対称の前面用ステップも!

写真 2
写真 3
宇宙人のタコ踊り工法で!
上から4つ目は帯の塗装後、接着しようと考えています。

やっと終末!
また雨みたい!
ココロおきなくモケーで遊ぼう!

東急8500系8640F大井町線2015年(3) 妻面のディテール2  


全壊× 前回ご覧いただいた妻面8面両側の雨樋、ついに全部付きました!
(←前回)

R1110114_20151017205203dbb.jpg
さらに雨樋上端には側面の軒樋につながるジョイントボックスがあります。
小さなものなのでいちいち整形できません。
そこで、0.5w-0.4tの帯板を長いままハンダ付けし、取り付けた後にニッパーで切り、ヤスリで整形します。

R1110121_2015101720520479f.jpg
ジョイントボックスのほか、銘板もパンダ。
下はちゃんと「東急車輛」と書いてありますが上は例によって「日本国有鉄道」です(大糞核爆)。

R1110122.jpg
妻板最下部には前回ご案内したとおり、1エンド側(8500形のみ2エンド側)だけですが左右にドアコックがあります。
カツミの伊豆急100系用配管止めをドアコック配管用として取り付けましたがあまりにも出杉ですね♪
なお、写真の面はパンタ付きM1車8700形の2エンド。8500系では当初から8700形にだけこの貫通路ドアが設置されていました。
軽量構造(8631F以降)では8500形にも設置されています。
カツミのこの製品、そのあたりもちゃんと出来ています。

次にいよいよステップの取り付けです。
ステップの形状については前々回考察しました。
(←前々回)

R1110118_20151017205313ea3.jpg
結局、連結妻用にはマッハの差し込みステップのうち、右側の中央に足のあるものを利用することにしました。
あらかじめ開けておいた穴に差し込みステップを差し、パンダを流すと・・・・・

ハンダが流れてせっかくNゲージ用の配管押さえの割ピンで車体から浮かせた雨樋が車体と一体化(大糞核爆)!
そこで!

R1110123.jpg
ステップと隣接する右側の雨樋を一旦すべて取りました(大糞核爆)・・・・

R1110261.jpg
ついでに「出杉」たドアコック配管ステーをカツミの伊豆急用からなんとNゲージ用のエアホースステーにとりかえました。

さて、一番問題の前面のステップ。
一番かんたんなのはさきほどのマッハの差し込みステップのうち、左側の足がオフセットしたものを取り付ける方法。

駄ー菓ー子ー菓ー子ー!
R1110115_20151017205322791.jpg
すでにステップ1こにつきふたつの穴を開けてしまっています(糞爆)。

そこで!
R1110119_20151017205331364.jpg
まずトレジャータウンから発売されている東急8500系用エッチングパーツのうち左下のステップを検討します。
いやーすばらしい造形ですね!まったく実物通りの形状です!
駄ー菓ー子ー菓ー子ー!
Nゲージ用ではさすがに小さすぎます・・・・・


つぎに検討したのがコレ
R1110116_20151017205353f9c.jpg
昨年の蒲田モケーショウのUトレブースで大量に買ったエッチング手すり。
左のヤツをすこし歪ませればバッチリのものが出来るのデハ?!

結果は!
R1110117_2015101720535471a.jpg
宇宙人のタコ踊りにしか見えません(大糞核爆)!

駄ー菓ー子ー菓ー子ー!

R1110120_20151017205356ad5.jpg
1本だけ試しに差してみるとごらんのとおり、まあまあそれなりに見えます!

・・・というワケで引き続き、終末× をお楽しみください!
チャオ!