【アレの裏側までバッチシ】チキンレースならやっぱり山陽206!【いやらしい!】  

敵が206形を繰り出せば、もちろんこっちも繰り出す、
まるっきりチキンレースの様相を呈してきた山陽電車合戦!
(→敵の206はこちら!)

敵のは1980年の撮影でポールに復旧されてますが、1978年撮影のこちらは現役時代そのままのパンタ姿!
それではごゆっくり!

072 1978-11-20_02L
072 1978-11-20_03
072 1978-11-20_04
072 1978-11-20_05
072 1978-11-20_06
072 1978-11-20_07
072 1978-11-20_08
072 1978-11-20_09
072 1978-11-20_10
072 1978-11-20_11
072 1978-11-20_12
072 1978-11-20_13
072 1978-11-20_14
072 1978-11-20_15
072 1978-11-20_16
072 1978-11-20_17
072 1978-11-20_18
072 1978-11-20_19
072 1978-11-20_20
072 1978-11-20_21
072 1978-11-20_22
072 1978-11-20_23
072 1978-11-20_24
072 1978-11-20_25
072 1978-11-20_26
072 1978-11-20_27
072 1978-11-20_28
072 1978-11-20_29
072 1978-11-20_30
072 1978-11-20_31
072 1978-11-20_32
072 1978-11-20_33
072 1978-11-20_34
072 1978-11-20_35
072 1978-11-20_36
072 1978-11-20_37
073 1978-11-20_01
073 1978-11-20_02
073 1978-11-20_03
073 1978-11-20_04
073 1978-11-20_05
073 1978-11-20_06
073 1978-11-20_07
073 1978-11-20_08
073 1978-11-20_09
073 1978-11-20_10
073 1978-11-20_11
073 1978-11-20_12

1978年当時、原型にもどそうとしても資材不足でポールが調達できなかったと言い訳がましく書いてある理由がよくわかりません。
でも、おっちゃんとこの1980年の写真を見るとたった2年の間にちゃんとポールを調達した理由がよくわかりません!
でも1980年から33年経った今もそのまま朽ち果てたままの理由がよくわかりません!
(←2013年の206形はこちらだ!)

スポンサーサイト

【アレの裏側までバッチシ】今夜がつまり山陽60,70けー(60.61,70+80,71+81))!【いやらしい!】  

毎朝早朝に更新されるあのおっちゃんのブログをいつもの通り今朝も開けましたら・・・

バックリしました(びっくり)!

なんと、当糞ブログとの連動企画、と称して山陽事業用車を特集!
(→あのおっちゃんとこの山陽電車はこちらからどうぞ!)

いや、当ブログの写真を提供いただいている汽車好きクラーケン大佐はまあ、地元民。
(→汽車好きクラーケンはこちらからどうぞ。ただしディープ過ぎる内容はドコのダレにも理解できません(核爆))

対しておっちゃんは練馬民(爆)なので並みの根性ではコレは撮れません!
しかもこちらは1978年の撮影、おっちゃんは1980年。2年の差はあるといえ・・・
若かりし頃のおっちゃん・・・・

よっぽどヒマだったに違いありません(核爆)!

では今夜はクラーケンコレクション、二桁車、いってみよう!
本記事の写真は以前の第1回目とダブるため、第1回目は変臭× 編集〇 しなおしました。
特に、無蓋トレーラーの40と42の写真を新たに加えてますので、そちらも今一度ご確認を!
(←リニューアル版「アレの裏側までバッチシ】今夜は山陽20けー(20+41+21と40,42)!【いやらしい!】 」はこちらからどうぞ!)

60
048 1977-08-05_31
073 1978-11-20_26
073 1978-11-20_28
073 1978-11-20_29

61
048 1977-08-05_23
048 1977-08-05_24
048 1977-08-05_25
048 1977-08-05_26

70+80
047 1977-08-05_21
047 1977-08-05_22
047 1977-08-05_23
047 1977-08-05_24
047 1977-08-05_25
047 1977-08-05_26
047 1977-08-05_27
047 1977-08-05_28
047 1977-08-05_29
047 1977-08-05_30
048 1977-08-05_16
048 1977-08-05_17
048 1977-08-05_18
048 1977-08-05_19
048 1977-08-05_20
048 1977-08-05_21

71+81
048 1977-08-05_07
048 1977-08-05_08
048 1977-08-05_09
050 1977-08-05_01
050 1977-08-05_02
050 1977-08-05_03
050 1977-08-05_04
050 1977-08-05_05
050 1977-08-05_06
050 1977-08-05_07
050 1977-08-05_04
050 1977-08-05_10

単機の荷電もイイけど編成もんになったホッパー列車もモノスゴクいい!
おっちゃんとの連動企画で
今年のブルーリボンショーは山陽荷電で決まりだ(糞爆)!

【アレの裏側までバッチシ】今夜はついに山陽0けー(1,3,5,6)!【いやらしい!】  

今夜もクラーケン大佐の貴重画像のご紹介!
オレのヘタな説明ヌキでどうぞう~!

1
073 1978-11-20_18
073 1978-11-20_19
073 1978-11-20_20
073 1978-11-20_21
048 1977-08-05_12
073 1978-11-20_23
073 1978-11-20_24
073 1978-11-20_25
073 1978-11-20_27

3
048 1977-08-05_27
048 1977-08-05_28
048 1977-08-05_29
048 1977-08-05_30
048 1977-08-05_32
048 1977-08-05_33
048 1977-08-05_34
048 1977-08-05_35
048 1977-08-05_36

5
047 1977-08-05_18
047 1977-08-05_19
047 1977-08-05_20
047 1977-08-05_31
047 1977-08-05_32
047 1977-08-05_33
047 1977-08-05_34
047 1977-08-05_35
047 1977-08-05_36
047 1977-08-05_37
047 1977-08-05_38
047 1977-08-05_39
048 1977-08-05_05
048 1977-08-05_06
048 1977-08-05_10
048 1977-08-05_11
048 1977-08-05_12
048 1977-08-05_13
048 1977-08-05_14
048 1977-08-05_15

6
050 1977-08-05_09
050 1977-08-05_11
050 1977-08-05_12
050 1977-08-05_13
050 1977-08-05_14

クラーケン大佐アーカイブスはまだまだ後日、ご紹介します!

【アレの裏側までバッチシ】今夜は山陽20けー(20+41+21と40,42)!【いやらしい!】 

昨日の朝、パソコンを開けるとメーラーがフリーズしそうなほど重たいメールがっ!

*********************************************
うちのブログに載せるのも・・・・
というわけで、いいのが有れば載せてくれればうれしいねぇ。
撮影は1977/8/5と206が1978/11/20です。
ちなみに、山陽は添付の形式図のように、本当はクハとかモハとかが付くのが正式で、
クモチ20とか、サチ40とかになるよ。

まだほかにもあるけど、普通の車はあんまりないねぇ。

汽車好きクラーケン
*********************************************

さらに
「ネガは600本近く、ほとんど部分写真やけど、色んなとこの得意分野で使ってもらえればと思うんよ。」
と・・・・・

なんと心も体も(核爆)広いお方であることよクラーケン大佐様!

ともかくタナからボタっと降って来ました~!
では、どうぞ~~!

20+41+21
049 1977-08-05_02
049 1977-08-05_03
049 1977-08-05_04
049 1977-08-05_05
049 1977-08-05_06
049 1977-08-05_07
049 1977-08-05_08
049 1977-08-05_09
049 1977-08-05_10
049 1977-08-05_11
049 1977-08-05_12
049 1977-08-05_13
049 1977-08-05_14
049 1977-08-05_15
049 1977-08-05_16
049 1977-08-05_17
049 1977-08-05_18
049 1977-08-05_19
049 1977-08-05_20
049 1977-08-05_22
049 1977-08-05_23
049 1977-08-05_24
049 1977-08-05_25
049 1977-08-05_26
049 1977-08-05_27
049 1977-08-05_28
049 1977-08-05_29
049 1977-08-05_30
049 1977-08-05_31
049 1977-08-05_32
049 1977-08-05_33
049 1977-08-05_34

40、42(単体留置)
047 1977-08-05_15
047 1977-08-05_16
047 1977-08-05_17
048 1977-08-05_22
049 1977-08-05_21
050 1977-08-05_15
050 1977-08-05_16
050 1977-08-05_17

いやあすばらしい!
途中で若干一名、昔のヲタが写ってますがともかく頂戴したファイル全部をご説明ヌキで順番とおりお届けしました!
オレがヘタな説明せんほうがより貴重な写真をお楽しみいただけると思うです!
クラーケンちゃん!ありがとーございました!

イヌパブ刊SM Library 山陽2000系 


去る10月26日に東二見で開催された山陽・鉄道フェスティバルの時に展示された3バカトリオです。
(←山陽・鉄道フェスティバルはこちら!)

RIMG0096_20131107131025a9a.jpg
その隣、はるか遠方にちらりと往年の名車2000系アルミ車が顔を覗かせていたのはすでにお知らせしたとおり!

RIMG0105_20131107131025c7c.jpg
会場からはいくらがんばってもこのふたつのアングルからしか撮れません!

実は模型運転会とならんでこの2000系が見学できると期待していたものですから
ガッカリです!
この日に引きずりださないといつ出すねん!?
(←この日の模型運転会はこちら)

しかし!
そこでヘボサルさんがっ!

北側回ったら柵越しに見えるで~と言うではないかっ!
(→「ヘボサルの作業日(週)報」はこちらから!)

RIMG0139_201311071310260dd.jpg
でた~~!

手前にコンクリート枕木が積まれていてアレですが、それでも2000系でっせ!
それでは神戸方から順に姫路方へ向かってご覧ください!

RIMG0140_20131107131027b2c.jpg
RIMG0141_20131107131028096.jpg
RIMG0142_201311071312034dc.jpg
RIMG0143_20131107131206040.jpg
RIMG0145_20131107131207fde.jpg
RIMG0147_201311071312082e9.jpg
RIMG0146_20131107131209695.jpg
RIMG0149_201311071312102b4.jpg
RIMG0152_20131107131353ad4.jpg
いやあ!すばらしいデザインです!
初期高性能車の魅力を余すところなく表現した、シンプル&ビューティーなスタイル!
でも・・・

この8月、汽車好きクラーケン工房を訪ねた後、健太郎Tと姫路モノレールに向かう途中、ステンレスカーも一瞬見えたのです!
(←この8月の山陽電車はこちらから)

・・・あれは夢だったのか?!

いや!

RIMG0153_20131107131354a8f.jpg
い!?

RIMG0154_201311071313557c0.jpg
で!

RIMG0156_20131107131357bf9.jpg
で!

RIMG0158_20131107131358707.jpg
で!

RIMG0155_20131107131356dc0.jpg
でた~~!

RIMG0157_2013110713151171c.jpg
RIMG0159_201311071315122d0.jpg
RIMG0161_2013110713151304a.jpg
RIMG0163_20131107131514bfd.jpg
RIMG0162_201311071315154c3.jpg
RIMG0164_2013110713151611b.jpg
RIMG0165_20131107131643e98.jpg
RIMG0167_20131107131644062.jpg
RIMG0173_20131107131646ef9.jpg
RIMG0171_20131107131647260.jpg
RIMG0172_20131107131648fe8.jpg
RIMG0169_201311071316458e0.jpg
それぞれ1~数本に過ぎませんが、山陽2000系は鋼製、ステンレス製、アルミ製の3つの車体にさらに鋼製、ステンレス製には2ドアと3ドアがあるというバラエティに富んでいます。
この2506は「タイプ5」と呼ばれる1本しかなかった3ドアステンレス車。
しかも中間車1両だけですからなんの資料にもならんかもですが、
それでもニッポンの高度経済成長期の息吹を今に伝えるこの電車を間近に見ることができて本当にうれしかった!

「ここまで来たら東二見より西二見に歩いた方が近いで」というヘボサル殿のご案内で玉子焼きを喰いにいきました(爆)。
(←玉子焼もこちら(爆玉))